やりたいことをやる人生は最高!本当に好きなことを見つける方法とは

やりたいとをやるって簡単そうに見えて意外と難しいですよね。そこで今回は、やりたいことをやる為の対処法やメリットについて詳しくご紹介します。さらに、好きなことが出来ない原因も解説するので、ぜひ参考にして、やりたいとをやりきる人生を送りましょう!

やりたいことをやる人生を送る方法をレクチャー

やりたいことをやる人生

人生は一度きり。後悔しないように、やりたいことをやる人生を送りたいですよね。

しかし、なかなか現実はうまくいかないもの。今回の記事では、やりたいことをやるメリットや、自分がやりたいことをやれない原因について解説します。

本当にやりたいことを見つける方法も紹介するので、自分の人生を送りたい方は、是非参考にしてくださいね。


やりたいことをやるべき!好きなことをする人生のメリット

やりたいことを我慢することは、ストレスが溜まって精神衛生上も良くないですよね。満足感や達成感を得るためにも、やりたいことをやる人生を送るよう努めるべき。

ここでは、やりたいことや楽しいと思えることをするメリットを紹介します。


メリット1. 幸福度の高い日々を過ごせる

やりたいことは、自分の欲求や欲望と直結するものです。欲求や欲望を満たすことで満足感や達成感が得られ、人間は幸せを感じます。行きたい場所に行ったり、食べたいものを食べたり、恋愛なら付き合いたい人と付き合えたらとても幸せなはずです。

やりたいことを我慢せずにやれば、日々の生活を楽しいと感じるメリットがあるのは間違いありません。


メリット2. 好きなことが出来ているため、ストレスが溜まりにくい

好きなことをやるのは、自分の欲求を満たすことと同じです。だから、やりたいことができないと欲求不満になってストレスが溜まってしまいます。

やりたいことがやれないと精神の不自由さを感じるので、人生が窮屈で嫌なものになるのも無理のないことです。その逆に、好きなことができれば十分にストレスを発散できるので、もっと楽しい日々を過ごせるでしょう。


メリット3. 仕事の場合、成果を出しやすい

好きなことには熱中して取り組むことができますよね。やっつけ仕事ではなく、よりクォリティの高いものを生み出そうという気持ちにもなるはずです。納得いくまで試行錯誤し、責任感を持って成し遂げる人が多いでしょう。

やりたい仕事や楽しい仕事なら、努力を苦にせず全力を尽くせます。結果として良い仕事ができ、周囲にも認められるなど成果が出やすいというメリットがあります。


メリット4. 後に人生を振り返った時に後悔をしなくて済む

歳をとってからだと、やりたいことがやれなくなる場合があります。「若い時にやっておけば良かった」と後悔しても時間を巻き戻すことはできません。また、今やりたいことが、後からできる保証など一切ないのです。

人生は一度きり。やりたいことをやりきって悔いを残さない日々を送れたら、いつか振り返った時に「幸せだった」と思えるはずですよ。


なぜ出来ないの?やりたいことをやれない主な原因

やりたいことがあっても思うようにできなくて、暗い気持ちで日常を過ごしている人も多いでしょう。

では、どうして好きなことができないのでしょうか。ここでは、やりたいことをやれない原因や理由を探っていきます。原因がわかれば対処法もきっと見つかるはずですよ。


原因1. 「どうせ出来ない」と諦めているから

やりたいことがあっても、やる前から諦める人がいます。今までの人生経験の中で、恋愛などが思うようにいかなかった人に多く、チャレンジ精神を自分で抑えてしまう傾向にあるようです。

失敗は自信を失くさせ、劣等感を持たせる原因になります。やりたいことがあっても「どうせ出来ない」と考え、やろうという気持ちすら持てなくなるでしょう。


原因2. 頭ではやりたいと思っても、実際の行動へ移せていないから

強制力がないと行動に移せない人っていますよね。自分の意志で動くのが苦手で、他人に急かされないと行動できないタイプです。やりたいことがあっても、行動力がないせいで結局やらずじまいになってしまいます。

頭の中では「こうしたいなあ」と思っても、思った通りに体が動いてくれないため、実際の行動が伴わないのです。


原因3. 仕事が忙しくて、やる余裕がないから

社会人になれば1週間のほとんどは仕事をするのですから、好きなことばかりできるわけではないですよね。特に、残業や休日出勤などが多い人は、自分の趣味を楽しむ余裕もなかなか作れません。家庭があったり子供がいたりすれば、なおさらです。

やりたいことができない場合、仕事が忙しくて時間が捻出できないのが原因の大半を占めると言っても過言ではないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


原因4. 新しい挑戦をする勇気がないから

現在の生活が変化するのを嫌う人っていますよね。いつも同じパターンを繰り返すことに安心感を持つ保守的傾向がある人です。新しいことに興味を持ち「やりたい」と思っても、今の生活が崩れる気がして思い切れません。

また、失敗を必要以上に怖がる人も、新しい挑戦を避ける傾向にあります。どちらにせよ、やりたいことをやろうと思っても一歩を踏み出す勇気がなくて、できないままという人が多いものです。


原因5. そもそも自分が本気でやりたいことが分からないから

やりたいことを見つけられない人って多いですよね。自己分析がきちんとできていない人は、やりたいことや好きなことが自分でもわかっていません。

本気でやりたいことがわからなければ、全力で取り組もうという気持ちも起こらず、不完全燃焼な毎日を送ることになります。

「やりたいことができていない」と感じたら、そもそもやりたいことが何なのかを見つける必要がありそうです。

【参考記事】はこちら▽


自分の本当にやりたいことを見つける方法を解説

自分がやりたいことをやれたら満足感や達成感を得られるため、自分が何をやりたいのか理解するのは、人生に幸福感を持つためには重要。それは、自分がやりたいことをやれたら満足感や達成感が得られるから。

ここでは、本当にやりたいことを見つけ出す方法を伝授しますので、やりたいことをやれる人生を送るための知恵として役立ててください。


見つけ方1. 自分の好きなことや興味のあることを紙に書き出す

思っているだけでは考えがまとまらないもの。何をやりたいかを明らかにするためにも、自分の好きなことや興味のあるものを、お金や時間などを度外視して思うままに書き出してみましょう。紙に文字情報として記すことで、客観的に自分の趣向や適性を測ることも可能になります。

趣向や適性を把握すれば、自分が楽しいと思える分野を見つけられたり、どんな仕事に満足感や達成感を持ちやすいのかを知ることができるでしょう。


見つけ方2. 周囲の人に自分の長所や特技を聞いてみる

自分でやりたいことが何なのかわからない場合は、多角的に自分の特徴を見てみる必要があります。自己判断しようとしても主観的になりやすいので、周囲の人に協力してもらうのが得策です。

自分の長所について周りの人の意見を聞いてみましょう。趣味や特技などから、自分がどんなことに向いているか理解しやすくなります。自分の向き不向きがわかれば、本当にやりたいことを見つけ出す助けとなるはずですよ。


見つけ方3. 何をしている時に幸せを感じるか考え直す

日々の生活の中で、楽しさや幸せを感じる時が何かあるはずです。テレビや映画などの映像表現を見る時や、読書や絵画鑑賞など文化的なものに触れる時などの趣味もあれば、旅行やレジャー、スポーツなど、それなりにお金や時間がかかるものかもしれません。

その中でも本当に幸せを感じるものかどうかを考え直す必要はあります。惰性や習慣で行っているだけで、実際は楽しいと思えなかったり、ストレスを感じる原因になっていたりするものもあるからです。やりたいことの見極めを時々行うようにしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


後悔したくない!やりたいことをやる方法とは

やりたいことをやれないままだと、ストレスが溜まっていくものです。それだけでなく、機会を逃すと二度とチャレンジできなくなることもありますよね。

後悔しなくて済むように、やりたいことをやる方法を解説しますので、頭の中にとどめておくようにしてくださいね。


やりたいことをやる方法1. やる前から出来ないとブレーキをかけない

やりたいことが見つかっても、お金や時間の関係で「無理だな」と考えてしまうことがあります。また、自分の能力的にも「出来ない」と思うと、やりたいことを諦める人がほとんどでしょう。

やりたいことをやれている人は、やる前から「出来ない」とは考えないのです。やるためにはどうしたらいいか知恵を絞ったり、工夫したりして何とかやってみようとします。始めからブレーキをかけないことがやりたいことをやる大事な心構えです。


やりたいことをやる方法2. 人の目ではなく、自分が本気でやりたいか?で物事を判断する

世間体や評判を気にして、やりたいことをやれない場合は多々あるでしょう。もちろん、社会的に問題のあるようなことは避けるべきですが、そうでなくて、自分が本気でやりたいことならやってみるべきです。

自分の人生は他人の意見で決められるものではないはず。人の目を過剰に意識せずに、自分がやりたいことかどうかを判断基準にするのをおすすめします。


やりたいことをやる方法3. 本気でやりたい仕事があるなら、転職してみる

やりたくないことを気が進まないまま続けるのは、精神衛生上も良くないことですよね。今のままではやりたいことがやれないと思うのなら、現状を変える勇気を持つべきです。

もし、今の仕事よりも本気でやりたいことが見つかったら、思い切って転職してみるのも大切。本当の生きがいを得るためには、zZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ今やっていることをやめる選択も必要になります。

【参考記事】はこちら▽


資格が必要な場合、まずは資格の勉強をしてみるのもアリ!

転職をするにしても、必要な資格を持っていないために断念する人もいます。しかし、資格の勉強がどのような内容なのかを知る前から諦めてしまうのは早すぎる判断ですよね。

まずは資格勉強を少しでもしてみてから、転職できるかどうかを検討しましょう。やりたいことであれば興味のわく内容で、勉強するのが意外と楽しいものになるかもしれません。やる前から諦めずに、資格試験の参考書などを書店などで手にとってみてください。


やりたいことをやる方法4. 気になることや興味のあるなら、とりあえず体験する

やってみたい仕事や関連する業務を、可能なら体験してみるべきです。アルバイトの形で関わるか、それが無理なら顧客や利用者として仕事ぶりを見るのも良い経験になるでしょう。

気になることや興味のあることを体験すれば、自分の向き不向きがよく理解できます。自分の本業、あるいは生きがいとして、チャレンジする価値のあるものかどうかがわかるはずです。


やりたいことをやる方法5. 実際にやりたいことをやっている人に出会う

自分のやりたいことをやっている人に憧れますよね。憧れるだけでなく、SNSなどを通じてコンタクトを取ることもできるのは、ネット社会の大きな利点です。

もし実際に出会って話を聞けたら大きな刺激になるでしょう。自分のやりたいことをやっている見本を目の前にしたら、「いつか自分も」と強い意志が持てるようになり、やりたいことをやれる人生を目指せますよ。


好きなことをやりたいと思っている方へ読んで欲しいおすすめの本

やりたいことや好きなことをしたいと思っているのに実現できずに悩んでいるなら、関連書籍を読んでヒントを得るのが良い方法です。

ここからは、好きなことをやりたい人に読んでもらいたい、おすすめの本を3冊紹介します。


おすすめの本1. 『やりたい事を全てやる方法』須藤 元気著

やりたい事をすべてやる方法 (幻冬舎文庫)

元総合格闘技の選手であり、現在も多方面で活躍している須藤さんの著書。独特の考え方に基づいて書かれているので興味深い一冊です。語りかけるような文章で読みやすく、たとえ話も面白くて気軽に読めます。

恋愛や仕事において、やりたいことをやるのに元気や勇気がほしい人にはぴったりの本です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『「本当にやりたいこと」を見つける本』近藤 裕著

サイコセラピストであった近藤裕氏が「やりたいことを見つける」をテーマに書いた本です。自分の本当にやりたいことを見つけるために、自分らしさを大切にすると同時に、他人との関わり合いの重要性にも言及した内容となっています。

自分を見つめ直すところから初めたい人におすすめの本です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『やりたいことを全部やる! 時間術』臼井 由妃著

やりたいことを全部やる! 時間術 (日経ビジネス人文庫)

実業家で作家の臼井さんが、仕事の効率化を中心に解説した本で、忙しいビジネスマンや実業家が参考にできる内容です。

時間をうまく作り出すことで、やりたいことを余すことなくやるためのテクニックやコツが散りばめられています。仕事が忙しく、時間がなくてやりたいことがやれない人におすすめの本です。

Amazonで詳細を見る


好きなことをやりたい人の背中を押してくれる名言3選

好きなことができない原因は、踏み込む勇気がなかったり、やれる自信がなかったり、人によって様々でしょう。そんな不安を取り払うには、輝かしい実績を残した有名人の言葉が役に立つはずです。

やりたいことをやるのに一歩を踏み出せない人の背中を押してくれる名言を紹介します。


おすすめの名言1. 『できると思うから挑戦するのではなくて、やりたいと思えば挑戦すればいい。』イチロー選手

日米通算4367安打を放ち、数々の記録を打ち立てたイチロー選手。メジャーの野球殿堂入り確実と言われている彼が述べた言葉です。できるかどうかの「能力」で判断するのではなく、やりたいかどうかという「欲求」に素直に従って挑戦すべきだと説いています。

イチロー選手は才能だけでなく努力の塊のような人。やりたいと思う気持ちが強かったからこそ、努力と才能を両立させることができたのでしょう。


おすすめの名言2. 『人生にリハーサルはない、チャンスは一度だけ、だから「今」やりたいことをやれるだけやる。』アニータ・ロディック

自然派化粧品が主力の『ザ・ボディショップ』。その創業者アニータ・ロディックの言葉です。

「リハーサルがない、チャンスは一度だけ」とは「やり直しがきかない」と解釈でき、今やりたいことを後悔のないようにやり遂げるべきだと教えてくれます。


おすすめの名言3. 『理由は一つ、やりたいからやるのだ。他に理由はない』ウエイン・ダイアー

アメリカのテレビやラジオに出演している心理学博士であるウエイン氏の名言。著書の『自分のための人生』の中で述べられています。

「他に理由はない」という言葉から、他の要因は無視しても良いほど、「やりたい」という気持ちが一番大切であることを訴えています。


やりたいことをやって、充実した人生を送りましょう。

今回の記事では「やりたいことをやる」うえで、ヒントになる内容をまとめました。好きなことができない原因を探り、やりたいことや生きがいを見つけることで、より人生が豊かになるはずです。とは言え、思うようにやりたいことができなくて悩む人も多いでしょう。

心の底から本当にやりたいことであれば、その気持ちを第一に考え、勇気を持って新しい挑戦をするべきです。人生は一度きりですから、後悔しないように自分の意志を尊重してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事