“喋り方”を意識して好印象に!自分の変な喋り癖を改善する方法とは

自分の喋り方が変だと思ったことはありませんか。本記事では、人から好かれる喋り方を大公開!さらに、人から気持ち悪いと思われてしまう喋り方や、喋り方を改善する方法まで徹底解説します。喋り方は第一印象にも大きく左右するので、おかしい人と思われないようにするために参考にしてみてくださいね。

相手に好印象を与える喋り方を大公開!

喋り方で相手に好印象を与える

人によって違いがある喋り方。会話をすると喋り方には人それぞれの個性があって、人の持つ特徴の一つとも言えます。

しかし、自分が変な喋り方をしていないか気になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、好印象を持たれる人の喋り方や気持ち悪いと思われてしまう喋り方、変な喋り方を改善する方法についてお送りしていきます。

どんな喋り方をすると好印象を与えられるのか、早速見ていきましょう。


そもそも、喋り方は第一印象に大きく影響する!

初対面の人に接する時に、第一印象を左右するのは見た目だけではありません。

声の質や早さ、口調、大きさなどなどの喋り方によっても印象が変わります。あまりにも変な喋り方をしてしまうと、相手をイライラさせてしまうこともあるでしょう。

喋り方一つで相手に与える印象は大きく変わるので、喋り方に気を配ることはとても大切です。


周りから好印象を持たれる人の喋り方5つ

ボソボソと喋って何を言っているのかわからない人よりは、ハキハキとした明るい喋り方をする人の方が、相手に与える印象はいいでしょう。

まずは、どのような喋り方をする人が相手から好印象を持たれやすいのかを解説していきます。


好印象な喋り方1. 話題によって声のトーンを変えている

言葉に気持ちがこもっているなという印象を相手に与えられると、説得力があり相手からの印象も良くなります。会話の内容によって声のトーンを変えるなど話し方に気をつけるだけで、感情がこもっていると思われやすいです。

特にプレゼンテーションなどでポイントを強調しながら伝えたいシーンでは、内容応じて声のトーンを気をつけるだけで、相手に与える印象が変わってきますよ。


好印象な喋り方2. 自信を持ってハキハキと言葉を口にしている

会話をしていても自信がなさそうな喋り方をする人は何となく頼りない印象を相手に与えてしまいます。

言葉をはっきりと発音するよう気をつけるだけで、自身があるのだなという印象を相手に与え、強いインパクトを与えるでしょう。

本当は不安な気持ちを抱えていても、言葉をハキハキと口にするだけで堂々とした印象を与え、相手から信頼されやすくなります。


好印象な喋り方3. 抑揚をつけて喋る

何を話していても同じトーン・同じ速度で抑揚がない人は、何だかつまらなそうな印象を与えがち。楽しいことを喋る時には、大きな声で明るい様子で話すなど、喋り方に抑揚をつけると、楽しそうな人だなという印象を与えられます。

周りの人となかなか打ち解けられないなと感じているなら、喋る時に抑揚をつけるようにしてみましょう。


好印象な喋り方4. ジェスチャーを入れながら喋る

会話をする時の喋り方に工夫するのと同時に、視覚にも訴えるのもおすすめです。

ジェスチャーを入れながら話すことで、伝えたい内容を強い印象を与えながら伝えられます。また、視覚的に聞く人を注目させる効果もあり、強い印象を与えやすいでしょう。

営業先などでジェスチャーをしながら話すことで、視覚と聴覚両方に訴えられ、強い印象を残せます


好印象な喋り方5. 主張した部分を強調して伝える

ずっと同じトーンで喋っていると、何を伝えたいのかが印象に残りにくい場合も多いです。プレゼンテーションなど強調して伝えたいことがあるなら、強く主張したい部分を強調するよう喋り方や速度を変えてみましょう。

重要な部分は声のボリュームを上げたりゆっくり話したりすることで、伝えたい内容を相手にしっかりと認識してもらいやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


反対に、気持ち悪いと思われてしまう変な喋り方とは

喋り方一つで相手にいい印象を与え与えられるのと同時に、変な喋り方をすると気持ち悪いと思われてしまう場合も。

そこで、どんな喋り方をすると相手から気持ち悪いと思われてしまうのかを解説していきます。


気持ち悪いと思われる喋り方1. 相手の目を見ないで、キョロキョロしながら喋る

感情を込めて相手に何かを伝える時には、相手の目をまっすぐ見ながら喋るのが一般的です。商談などで相手の目を見ずにキョロキョロ視線を泳がせながら喋ってしまうと、挙動不審で変な人だなと不信感を抱かせてしまい、なかなか成果に結びつきません。

いくらハキハキと喋っていても、キョロキョロと視線が定まっていないとうざいと思われ、信頼してもらえないことも多いです。


気持ち悪いと思われる喋り方2. 人によって口調やトーンを変化させる

相手によって話し方が大きく変わる人は、人として信頼できない人だなという印象を与えてしまいます。

自分にとってメリットがある人には媚を売るような口調で、自分より立場が下の相手には横暴な口調で話していると、良くない印象を与えるでしょう。

人によって態度や話し方が変わる変な人だなと思われ、距離を置かれてしまいます。


気持ち悪いと思われる喋り方3. とにかく早口で話す

プレゼンテーションなどでとにかく早口でまくし立てるような話し方をしていると、本当は自信がないのかなと思われてしまいます。

パッと見は自信満々でも、焦りや自身のなさが話す速度にあらわれるので、何だか気持ち悪いなという印象を与えかねません。

聞き取りやすさより早く終わらせることを優先しているのだなと、自分本位な人だなと思われてしまいます。


気持ち悪いと思われる喋り方4. ボソボソと聞こえないくらいの弱い声で喋る

相手が何を喋っているのかわからないと、イライラしてしまう人は多いもの。喋っている内容や自分に自信がない人は、ボソボソと何を言っているのかわからないような変な喋り方になりがちです。なかなか会話が成り立たずうざいと思われてしまうことも。

会話をしたくても意思の疎通ができず何だか気持ち悪いなと、避けられがちになってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


気持ち悪いと思われる喋り方5. 子供と接するような喋り方をする

大人同士で会話をしているにもかかわらず、子供と接するような上から目線な話し方をされると、相手に対してイライラしてしまうものです。

そんなつもりはなくても馬鹿にしているのかなという印象を持たれてしまい、距離を置かれてしまうことも多いでしょう。

人を見下す喋り方をする変な人だなと思われて、印象が悪くなってしまいます。


自分の変な喋り方を改善する“効果的な方法”とは

自分が変な喋り方をしている自覚があり、人からうざいと思われないためにも直したいと悩んでいても、どうすればいいのかよくわからない人も多いでしょう。

ここでは、変な喋り方を改善し、喋り方を上達させるにはどうすればいいのかを解説していきます。


改善方法1. まずは自分の喋り方を録音する

喋り方を直して上達したいなら、まずは自分の話し方の現状を把握することが大切です。録音した自分の喋り方を聞いて客観的な視点で聞き取った上で、どう直していけばいいのかを見つけていきます。

普段喋る時にはわからないことも、録音して聞き直すことで変な喋り方をしているかどうかを把握しやすくなりますよ。


改善方法2. ロールモデルを見つけて、喋り方の真似をしてみる

自分の喋り方を把握した後は、どう上達したいのかを明確にしましょう。上司や取引先の人、アナウンサーなど、こう喋りたいと思うモデルをはっきりさせて、真似をしてみてください。身近な人の喋り方に近づきたいと思っているなら、協力してもらうのもいいでしょう。

こうなりたいという理想像をはっきりさせ、真似をしていくことで、だんだんと理想像に近付いていきます。


改善方法3. ゆっくり落ち着いて話すことを心がける

人と話す時に緊張してしまい、早口になったりキョロキョロしたりとうまく話せずに悩んでいる人も多いでしょう。

そんな人は落ち着いてゆっくり話すよう心がけるだけで、相手に与える印象が変わってきます。ゆっくり話せるようになったなら、次は抑揚にも工夫することで、さらに印象がよくなることも。

焦って直そうとせずに、慌てずにゆっくり話すことから心がけるのがおすすめです。


改善方法4. 滑舌が悪い場合、滑舌の練習をする

ハキハキと会話できないことで変な喋り方と思われている場合は、滑舌が悪いことが原因の場合もあります。滑舌の悪さは練習するだけで上達することもあるため、滑舌がよくなるよう練習してみましょう。発生だけでなく、姿勢や呼吸などにも気を配ることが大切です。

滑舌が悪いのを直したい人は、滑舌対策の本やサイトなどを参考にしながら、喋るトレーニングを頑張ってみて。

【参考記事】はこちら▽


改善方法5. 話す内容に対して自信を持つ

話す内容に何らかの不安を持っている人は、ボソボソ喋ったり、早口で喋ったりしてしまいがちです。気持ちの持ちよう一つで変わることも多いので、喋る時には無理やりにでも自信を持って堂々と喋るようにしましょう。

心の持ち方が変わるだけで、ハキハキと余裕を持って、自信たっぷりに喋れるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


相手が聞きやすい喋り方をマスターしましょう。

喋り方や話し方は、人に与える印象を左右する大きな要素です。自分が変な喋り方をしていないか、気になってしまう人も多いでしょう。

「どうすれば変な喋り方を改善できるだろうか」と悩むこともあるかもしれませんが、理想像を見つけて練習し、堂々と喋ることで改善できるはず。

喋り方に気をつけながら、初対面の相手にもいい印象を与えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事