怒られるのが怖いのはなぜ?心理的な理由と恐怖を克服する方法を解説

会社でミスをしてしまい、怒られるのが怖いなと感じる人へ。本記事では、怒られるのが怖い人の心理的な理由から、怒られるかもしれない前日に考えておくべき怖さが和らぐ心の準備、怒られている時の対応方法、怖い気持ちの克服方法まで大公開!さらに、怒られないように仕事をする方法もご紹介します。
SaoRi0

2019.04.14

LINE はてなブックマーク
お気に入り

怒られるのが怖い時の対処法をレクチャー

怒られるのが怖い心理

「怒られるのが怖い」と感じるのは、人としてある意味普通のことでもあります。

しかし、怒られたくないと思いながら仕事をしていると、逆にそれがプレッシャーとなってしまうこともありますよね。

では、どうすれば「怒られるのが怖い」という感情を克服できるのでしょうか。

本記事では、怒られるのが怖い心理的な理由と恐怖を克服する方法について解説していきます。「怒られるのが怖い」という感情を克服して、ポジティブな毎日を過ごしましょう。


怒られるのが怖い人によくある心理的な理由とは

子供が怒られるのが怖いと思うのはごくごく普通の感情ですが、大人になっても怒られるのが怖いと感じる場面は多々あるはず。

そもそも、怒られるのが怖いという感情にはどのような心理的理由があるのでしょうか。

まずは、大人になっても怒られるのが怖いと感じる人によくある心理的な理由について解説していきます。


心理的な理由1. 人からどう見られているかを過剰に気にしてしまうから

「怒られたくない」と常に考えている人は、他人のちょっとした表情の変化からその人の感情を想像してしまいます。

ちょっとした表情の変化から「あ、多分この人すごい怒ってる」と想像し、過剰に気にしてしまうという心理です。

怒られたくない人は、「怒られたくない」という感情が強過ぎるあまりに人の顔色ばかり伺ってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


心理的な理由2. 見捨てられると感じてしまうから

怒られるのが怖い人は、「怒られる=嫌われている」と考えがちです。

相手は自分のためを思って怒ってくれているにも関わらず、「この人は自分に対して心の底から腹を立てている」と勘違いしてしまいます。相手の感情を勘違いすることが、怒られるのが怖いという気持ちに繋がります。

怒られるのをマイナスな意味に捉えてしまうのは、怒られるのが怖い人の1つ特徴です。


心理的な理由3. 自分を批判されていると感じるから

相手の怒りの言葉は、時に自分への批判のようにも聞こえます。特に相手が感情的になっている場合は言葉にも角が立つので、相手の言葉を受け入れるのが辛いと感じてしまうものです。

相手にはその気がなくても、自分が否定されているかのように感じてしまいます。

相手の怒りを批判と受け取ってしまうと、怒られたくないという気持ちは大きくなりがちです。


「明日怒られるかも…」前日に考えておくと怖さが和らぐ心の準備とは

仕事でミスをして「明日、上司から怒られるかも」と自分でわかっていると、会社に行く足取りも重くなってしまいますよね。

では、「明日絶対に怒られる」と自分でわかっている場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

事前に怒られるとわかっている時に、前もって考えておくべき心の準備について紹介します。


前日にする心の準備1. 自分の犯した失敗に対する反省や改善策、再発防止策を考えておく

失敗を次にどう活かすかを考えていると、自然とポジティブな気持ちになれます。

失敗をマイナスに捉えないのがとにかく大切。「次は絶対に失敗しない」という自信は、怒られることへの恐怖を和らげますよ。

「明日怒られるのが怖い」という感情を打ち消すためにも、失敗を繰り返さないためにどうすれば良いのかを考えるようにしましょう。


前日にする心の準備2. 怒られた後に、楽しいことや好きなことをすると決める

明日自分が上司から怒られている姿を想像していると、辛い感情が増すばかりです。

怒られたくないというマイナスな感情をなくすためにも、とにかくポジティブなことを考えるのが大切。具体的には、明日怒られた後に何か楽しいことや好きなことをすると決めてみましょう。

怒られた後には良いことが待っているという気持ちが、明日怒られるのが怖いという気持ちを和らげてくれますよ。


仕事で怒られる時に行うべき対処法とは

仕事で怒られた時は、その場を穏便に済ませ、その失敗を次に活かしたいものです。怒られた瞬間は、どんな対応を取るのが正解なのでしょうか。

ここでは、仕事で怒られた時に行うべき対処法について解説していきます。


対処法1. まずは誠意を込めて謝罪をすること

怒られるということは、多かれ少なかれ自分に悪い部分があったということなので、まずはきちんと謝罪をするのが先決。

謝罪をすれば怒っている相手に対して反省の姿勢を見せられます。反省の姿勢を見せることが、相手の気持ちを落ち着かせることにも繋がるでしょう。謝罪は怒られた時にまず最初に取るべき行動ですよ。


対処法2. 次は失敗しないようにするという目標を持つこと

失敗を失敗のまま終わらせてしまったら、成長はできません。

何が原因で失敗して、次はどうすれば失敗しないのかを考えるのが大切。失敗を二度と繰り替えさないことが、二度と怒られないことにも繋がります。

怒られた時はまずは自分の失敗を一度受け入れて、二度と失敗しないような目標を設定するようにしましょう。


対処法3. 指摘に対してメモを取って、二度とミスをしないという姿勢を見せる

会社の上司があなたのことを怒っている時、大抵の場合はあなたの成長を促すために怒っています。

上司の言葉は同じ失敗を繰り返さないための指摘でもあるので、必ずメモを取るようにしましょう。またメモを取るという姿勢が、相手への誠意を見せることにも繋がります。

怒られている時はただ相手の話を聞くだけでなく、しっかりメモを取るのが重要です。


対処法4. 質問をして、自分から学ぼうとする

上司があなたのためを思って怒っていても、ただ話を聞いているだけでは成長は見込めません。

怒られている最中でも、次は失敗しないために学ぼうとする姿勢が求められます。自ら質問をして、自分のどこが本当に悪かったのかを突き止めるようにしましょう。

自ら学ぼうとする姿勢が、二度と同じ失敗を繰り返さないことに繋がります。


対処法5. 怒られたら、最後に「ありがとうございました」と感謝を述べる

基本的に上司はあなたを怒りたくて怒っている訳ではありません。

怒ることであなたが成長できると思っているからこそ、怒っています。自分のために怒ってくれたからこそ、感謝の気持ちをしっかり伝えるべきです。

「ありがとうございました」という感謝を述べることで、相手への誠意を伝えることができるし、怒られた後に気まずい雰囲気にならなくて済みます。


怒られるのが怖い感情を克服する効果的な方法

よく怒られる人ほど、怒られるのが怖いという感情を克服したいと思っているはず。どうすれば、怒られるのが怖くないと思えるようになるのでしょうか。

怒られるのが怖い感情を克服する方法について解説していきます。


怖い気持ちの克服方法1. ささいなことでも良いので、成功体験を積み重ねて自信をつける

怒られるのが怖いという感情は、自分への自信の無さからくることが多いです。

自分に自信があれば、他人から怒られたとしても自分の心がマイナスな方向に揺れないようになり、相手の言葉をポジティブに受け入れられるようになります。

自分に自信をつけるためにも、小さな成功体験を少しずつ積み重ねていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


怖い気持ちの克服方法2. 「周囲に認めてもらいたい」という意識を捨てる

承認欲求が強い人ほど、怒られた時に凹みやすくなります。

常に周囲から認めてもらいたいと思っているからこそ、怒られた時「自分はダメな人間なんだ」と思い込みがちです。周囲に認めてもらいたいという気持ちが、怒られたくないという気持ちに繋がります。

怒られるのが怖いという気持ちに対処したいのであれば、承認欲求を排除するよう心掛けましょう。


怖い気持ちの克服方法3. 自分の成長のために怒っていると考える

怒られるのが怖い人は、怒っている相手の気持ちをマイナスに捉えがちです。

相手が自分のために怒ってくれていたとしても、「この人は自分に腹を立てている」と考えてしまいます。

しかし、相手が自分の成長のために怒っていると捉えられれば、怒られるのはむしろポジティブなことと考えられるはず。

「怒られるのが怖い」という感情は、結局は相手の気持ちをどう考えるかですよ。


怖い気持ちの克服方法4. ミスがない人間はいないと思い込む

仕事をしていれば、誰だって怒られる瞬間はあります。特に新人は怒られる機会が多いですが、知らないことがあるから仕方がないと割り切るのも大切です。

もちろん「怒られても良い」と適当な気持ちで仕事をするのはよくありませんが、完璧主義もよくありません。

ミスがない人間なんていないと思い込めば、怒られることに対して抵抗はなくなりますよ。


どうしても怒られるのが怖い場合はどうしたら良い?

怒られることに対する恐怖を常に抱えていたら、仕事もしづらくなってしまいます。

怒られるのがどうしても怖い場合は、自分一人だけで抱え込まず、周りの先輩や上司に相談してみましょう。

自分の正直な気持ちを打ち明ければ、周りの人は仲介役になってくれたり心のケアをしてくれたりと味方になってくれることが多いです。


【番外編】怒られないように仕事をする3つの方法

怒られたくないという感情は当たり前の感情ですが、そもそも怒られるようなミスをしなければ余計な不安を抱く必要はありません。

続いては、怒られないように仕事をする方法について解説していきます。仕事でよく怒られるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


怒られないようにする方法1. ミスをしたらノートにまとめて、意識しながら仕事をする

同じミスを何度も繰り返すのは、怒られる原因の1つです。

同じミスを繰り返さないためにも、過去にどんなミスをしたのかを自分自身で把握しておくことが大切。

具体的には、ミスをしたらノートにまとめて、定期的に見直すという方法がおすすめです。

同じミスをしないよう意識しながら仕事をすれば、怒られる回数がグッと少なくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


怒られないようにする方法2. 約束事や期限はしっかり守るようにする

約束事や期限はみんなが守る前提で会社全体の仕事は回っているので、誰か一人が守れなかっただけで周りの人に対して大きな迷惑かけてしまうこともあります。

社会人として約束事や期限を守るのは当たり前のことですが、当たり前のことだからこそ守れなかった時は怒られてしまいがちです。

仕事でよく怒られるという人は、まずは自分が小さな約束事や期限をしっかり守れているかどうか見直してみましょう。


怒られないようにする方法3. 誤りが発覚した場合、すぐに謝る

本来怒られない内容でも、放って置くと大事になって怒られる要因となります。

また自分自身は小さなことだと思っていても、上司にとっては大きなことである可能性も。どんな小さなミスでも、すぐに報告・連絡・相談を心掛けるのが大切です。

不用意に怒られる回数を減らすためにも、誤りが発覚した時点ですぐに謝るようにしましょう。


怒られるのが怖い時は、事前にミスをなくすようにしましょう。

仕事をしていれば、大人になっても怒られることはあります。とは言え気持ちよく仕事をするためにも、できればあまり怒られたくないですよね。

怒られるのが怖いという感情は、行動や考え方次第で対処できます。

日々怒られるのが辛いと思っている人は、「怒られるのが怖い」という感情にしっかり向き合うことが大切です。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事