キスフレの意味とは?キスだけを求める男女の心理&キスフレの作り方を解説

「キスフレ」という言葉を聞いたことはありますか?本記事では、キスフレの意味や、キスフレを求める男女の心理や理由、キスフレを求めやすい人の特徴、キスフレを作るメリット/デメリットを解説!さらには、キスフレの作り方から、キスフレと出会う方法までお教えします。

キスフレをする人達が増えてきましたよね。

キスだけを求める男女の心理&キスフレの作り方

最近は「キスフレ」をする男女が増えていているそうです。キスフレをする人には、一体どのような心理が働いているのか気になる人も多いでしょう。

この記事では、「キスフレとは」という意味から、キスフレをする男女の理由や心理、さらにはキスフレを求めやすい人の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

ぜひ参考にして、キスフレを作る人の特徴をチェックしてみてくださいね。


そもそもキスフレとは?キスフレの意味を解説!

キスフレの意味について疑問に思っている人もいるでしょう。キスフレとは、恋人でない男性と女性がキスをするだけの関係のことを指しています。

キスは本来、恋人など特別な関係の人とする行為だと考えられていました。ですが、現在においては、そうした考えを古いと思う人も少なくなく、キスフレという新しい関係性に興味を持っている人もいます。


「セフレ」と「キスフレ」は違いとは?

よく耳にしやすい「セフレ」との違いがわからない人もいるでしょう。セフレとキスフレの違いは、身体の関係があるかどうか

どちらもキスはする関係ですが、キスフレの場合はキスだけ。身体の関係はない点が、セフレとは大きく異なります。


恋人がいる場合、キスフレは浮気にならないの?

恋人がいる場合、浮気だと思ってしまう人もいるでしょう。浮気かどうかは個人の価値観によって大きく異なります。そのため浮気か浮気ではないかという境目に関しては、グレーゾーンになりがち。

そのため、既に恋人がいる場合は、キスフレは避けることをおすすめします。


キスフレを求める男女の心理や理由

キスフレを求める人には、いったいどのような心理が働いているのでしょうか。ここでは、キスフレを求める男女の心理や理由について解説します。

周りにキスフレがいる男女がいる場合は、どんな心理なのか想像してみてくださいね。


キスフレを求める男性心理

キスフレを求めている男性には、いったいどのような心理が働いているのか気になる人も多いでしょう。ここでは、キスフレを求める男性心理や理由について解説します。

「キスフレがほしい」と言っている男性が周りにいる場合は、どの心理に当てはまりそうか確認してみましょう。


男性心理1. ただただ、キスが好き

ただ自分の本能に忠実になって、キスフレを求めている男性も少なくありません。キスフレをいつも求めている人は、純粋にキス魔だったり、キスが気持ち良いと思っていたりすることもしばしば。

性欲は強くなくてもキスはしたいと考えており、「お互い執着し合わない関係性でキスを楽しみたい」という理由からキスフレを求めます。


男性心理2. 寂しさを埋めたい

男性の中には、自分から引っ張っていくような男らしい人だけでなく、かまってちゃんのような人も多いといえます。

かまってちゃんは、いつも心の中に寂しさを抱えているのが特徴。そのため異性と触れ合うことで、その寂しさを埋めようとすることもしばしば。単なる友達ではなくキスフレを作ることで、心が満たされやすいのです。


男性心理3. セフレにしたいと思っている

キスを一つのきっかけにしたいと考えており、キスすることでさらに関係性を深めたい男性も少なくありません。

キスをすることによって性的興奮が高まりやすく、「そのまま身体の関係に発展させたい」と思っていることも。キスをすれば、キスだけでなく身体の関係にも発展しやすいという理由から、まずはキスフレになろうとします。


キスフレを求める女性心理とは

キスフレは、男性だけでなく女性にも様々な心理が働いていますよ。ここでは、キスフレを求める女性の心理や理由について解説します。

男性とは異なる心理も多いので、ぜひチェックしておいてくださいね。


女性心理1. 安心感を得たい

キスフレを求める人の中には、いつも一人でいることに不安を感じるケースも。そんな時、誰かと一緒にいることで安心を欲しがる人も少なくありません。

そこで単なる友達ではなく、相手と繋がりが感じられるキスフレを求めがち。異性の男女とキスをすることで、「相手から必要とされている」と感じて安心したいのです。


女性心理2. 癒やしが欲しい

日々ストレスを抱えている女性は、キスフレを求めやすいです。仕事などで上司や先輩に怒られたりすることが多い場合、どうしてもストレスを溜めてしまいがち。

そんな時、キスをすることで癒しになる女性も少なくありません。恋人ではなく気軽にキスができるキスフレを作ることで、ストレス解消して心を癒そうとするでしょう。


女性心理3. ドキドキ感を味わいたい

恋愛体質でいつも恋をしていたい女性に多い心理です。彼氏がいない時は、どうしてもドキドキする場面が少なくなってしまいがち。

ですが、恋愛体質な女性はドキドキ感が癖になっており、どんな時でもドキドキを求めています。そこでキスフレを募集することで、ドキドキ感を堪能しようとすることも。ちなみに、不倫体質の女性心理にも近いといえますよ。


キスフレを求めやすい人の5つの特徴

キスフレを求める男女には、いったいどのような特徴があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、キスフレを求めやすい人の特徴について解説します。

周りにキスフレがいる人場合は、ぜひ参考にしてどういった特徴があるのか照らし合わせてみてくださいね。


特徴1. 寂しがりやで、誰かと一緒にいたい

キスフレを求めやすい人は、いつもどこか心に隙間を抱えているケースが多いのが特徴。基本的に寂しがりやなことが多く、「いつも誰かと繋がっていたい」と思うこともしばしば。

キスをすることで「不安がなくなり気持ちが楽になりやすい」と考えており、心の隙間を埋めるためにキスフレを作ることで、自分の中で安心感を得ようとするでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 恋人を作るのはめんどくさいと思っている

過去の恋愛でトラウマを抱えている人も、キスフレを作りやすい傾向にあります。恋愛にいい思い出がないので、付き合うことには抵抗してしまいがち。

恋人を作ることにはめんどくささを感じていても、心のどこかには寂しさを抱えている可能性も。その寂しさを埋めるために、キスフレを作って幸福感を得ようとすることもあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. ノリが良く、自由な考え方を持っている

普通の人であれば、キスフレを作りたくても周囲の目や固定概念に囚われてキスフレを作りづらいでしょう。

ですが、キスフレを求めやすい人は固定概念にとらわれないので、「友達だからキスはダメ」という考えになりにくいです。キスフレになる人は柔軟な思考の持ち主なので、友達同士でキスをすることに抵抗感を覚えません。


特徴4. 相手に求められると断れない

相手に流されやすい性格を持っていると、キスフレを作りやすいといえます。友達だと思っていた相手から「キスしたい」と言われた時、断った時の関係性がつい不安になってしまうことも。

流されやすい人は、自分の意見がはっきりと相手に言えないこともしばしば。ついその場に流されてしまい、キスフレの関係性になってしまいます。


特徴5. 現在の恋人に不満を感じている

キスをする相手に恋人がいるケースも少なくありません。彼氏彼女がいるにも関わらずキスフレを求める場合、恋人と距離を置いていたりするケースも少なくありません。

関係性がうまくいっていないことで、ついストレスも溜まってしまいがち。そのストレスをキスで解消したくなり、気軽にキスができるキスフレを募集して気持ちを楽にさせようとします。


キスフレを作るメリットとデメリットとは

キスフレを作ると、様々なメリットやデメリットが存在しています。一体どのようなものがあるのか気になる人もいるでしょう。

ここでは、キスフレを作るメリットやデメリットについて解説します。キスフレがほしいと思ってる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


キスフレを作るメリット

キスフレを作ると、気軽関係性が築けたり幸福感を味わえたりメリットも様々。ここでは、キスフレを作るメリットについて解説します。

キスフレを作ってみたいと考えている人は、ぜひメリットを確認してキスフレを作ってみましょう。


メリット1. 恋愛感情がない気軽な関係を築ける

お互いに恋愛感情がない場合、キスをした後に別れる時も恋人みたいに名残惜しくなることもないので喧嘩になる可能性も低いでしょう。

それだけでなく、嫉妬や束縛がないのも大きなメリット。恋人ではないので、キスフレ以外の人とキスをしてもあれこれ言われません。お互いに居心地のよさを感じやすく、さっぱりとした関係を築きやすいです。


メリット2. 幸福感を感じることが出来る

日々仕事などでストレスが溜まっているような時、つい不安になったり寂しくなったりしてしまいがち。何をやっても幸せに感じず、マイナスの感情がどんどん強くなることもあるはず。

そこでキスフレとキスをすることで、充足感が高まりやすいです。心も自然と満たされて幸せを感じ、気分もリフレッシュしやすいでしょう。


メリット3. 恋人のような面倒がない

彼氏や彼女の場合、キス以外にもデートや記念日もしくは誕生日のお祝いなどをすることも多いです。しかし、中には、そうしたイベントをめんどくさいと考えている人も少なくありません。

キスフレであれば、そうした面倒なことをする必要もありません。気軽にキスができていいとこ取りしやすいのも、大きなメリットになりますよ。


キスフレを作るデメリット

キスフレを作る場合、浮気だと恋人に思われたり肉体関係を持ってしまい、後に戻れない可能性も。ここでは、キスフレを作るデメリットについて解説します。

デメリットの部分にもしっかりと注視して、キスフレを作るかどうかしっかりと検討してくださいね。


デメリット1. 肉体関係を持ってしまうことが多い

キスフレの関係になると、ついテンションが高まって興奮してしまう人も少なくありません。そこで勢い余って、肉体関係までいってしまうこともしばしば。

ですが、肉体関係に一度なってしまうと、なかなか後には戻れない関係になってしまうことも。だんだんと関係性がこじれてしまい、いざこざになってしまう可能性も考えられます。


デメリット2. 恋人がいる場合は、浮気だと思われる可能性が高い

自分もしくはキスフレ相手に恋人がいる場合、恋人にキスフレの関係性がバレたときは大きなデメリットになってしまいがち。

個人の価値観にもよりますが、他の異性とキスをすることを浮気だと考える人は少なくありません。キスをする相手がいることで浮気だと見なされてしまい、恋人と別れることに発展することもあるといえます。


デメリット3. 好きになってしまい関係が崩れてしまうことがある

キスフレになり始めた時は恋愛感情がなくても、キスをし出して相手を好きになってしまう可能性も。好きになると、付き合ってないのに相手に嫉妬したり束縛したりするケースも少なくありません。

そうすると次第にめんどくささを感じるようになり、お互いの関係が崩れてしまいやすいのもデメリットとして挙げられます。


キスフレの作り方を3つのステップで解説

実際にキスフレを作りたいと思った時、どのようにすればいいのかわからない人もいるでしょう。ここでは恋人がない人向けに、キスフレの作り方を解説します。

キスフレを作ろうと考えている人は、ぜひ作り方を参考にして理想のキスフレをゲットしてみてくださいね。


ステップ1. 出会いを探す

まずは出会いがなければキスフレは作れませんよね。まずは、キスフレの対象になりそうな異性を探してみましょう。

出会いのある場所に出かけてみたり、友達に紹介してもらったり、出会いの探し方は様々存在しています。異性との出会いの数を増やすことで、キスフレになれる相手に出会う確率もアップしやすいといえますよ。

【参考記事】はこちら▽


ステップ2. 信頼関係を築き、相手を見極める

出会いを探して異性と出会えたら、キスフレになれる相手かどうかチェックすることも必要不可欠。昔からの価値観を大事にしている人やガードが固い人とキスフレになろうとしても、なかなかうまくいかないでしょう。

ノリが良かったり柔軟な価値観を持っていたりする人は、キスをすることに抵抗がないことも多いのでキスフレになりやすいですよ。


ステップ3. ストレートにお願いをしてみる

キスフレになれそうな異性を見つけたあとは、「キスフレになってほしい」とはっきり相手に伝えてみてください。

はっきり関係性を伝えていない場合、相手は勘違いして肉体関係や恋人になりたいと思う可能性も。

そうなると関係性がギクシャクして、キスフレが解消されることも多いので、はっきり伝えてお願いすることが大切です。


キスフレ募集!キスフレと出会うための4つの方法

キスフレと出会いたいけど、どのようにして出会えばいいのかわからず悩んでしまう人もいるかもしれません。ここでは恋人がいない人向けに、キスフレと出会う方法について解説します。

キスフレを募集している人はぜひ参考にして、積極的に出会いを求めてみてくださいね。


出会い方1. 合コンや飲み会で出会う

まずおすすめしたいのが、お酒の力を借りてみること。お酒を飲んで酔っ払うことで、テンションが上がって会話も弾みやすいはず。

合コンや友達との飲み会で意気投合すれば、その日のうちにキスフレになれることもあるのでおすすめ。場合によっては後々トラブルに発展する可能性もあるので、相手選びには少し気をつけてくださいね。


出会い方2. 出会い系アプリで出会う

最近はインターネットが発達したことから、オンラインで出会いを探す人も増えてきました。出会い系アプリであれば、友達など周りにバレることなくキスフレを募集しやすいのがポイント。

キスフレがほしいと思っている相手であれば、すぐに意気投合することも少なくありません。ですが、オンラインで顔が見えない状態なので、信用できる人かどうか注意しておく必要はあります。

【参考記事】はこちら▽


出会い方3. 職場で出会う

身近な環境にキスフレとの出会いが隠れている可能性も。

同じ職場の人であれば、あらかじめどういう人かわかっていることも多いですよね。キスフレにしやすい人を簡単に作れる可能性が高いのでおすすめ。

ですが、職場の場合は距離が近いのでキスフレを断られたときにリスクになってしまうことも。相手選びにはしっかりと配慮してくださいね。


出会い方4. 街コンで出会う

友達など親しい人にバレる可能性もなく、気軽にキスフレを募集できるのでおすすめの出会い方だといえます。

街コンには出会い系アプリと異なり、実際に会って話すので人となりがわかりやすいのもポイント。話していくなかでキスフレにできそうな人もわかりやすく、意気投合すればすぐにキスフレに発展することもあります。


キスフレ以外にもたくさんある?〇〇フレ5選

ここまでキスフレについて解説してきましたが、最近ではキスフレ以外にも様々なフレンドがあるのは後存知でしたか。

ここでは、キスフレ以外の〇〇フレについて解説します。キスフレ以外の関係性にも興味がある人は、ぜひ参考にしてみましょう。


種類1. ハグフレンドの「ハフレ」

「ハフレ」とは「ハグフレンド」を略したもので、キスや肉体関係を持つのではなく、ただハグをする関係性のこと。

ハフレは、片方が失恋して落ち込んでいる時になることも多いです。悲しい気分の時のハグをして支えてもらうことで、人の温もりを直に感じやすいのが特徴。安心感を覚えて心地よさを感じやすいでしょう。


種類2. 添い寝フレンドの「ソフレ」

「ソフレ」とは、恋人関係ではない男女がただ添い寝をするだけの関係性を指しています。一緒のベッドに入っても、キスや肉体関係に発展することもなく、ただ寄り添って寝るのみ。

肉体関係を持つことがめんどくさく感じたり、性欲があまりなかったりする人がなりやすく、一緒に添い寝をして落ち着きたいと思っています。

【参考記事】はこちら▽


種類3. お風呂フレンドの「オフレ」

「オフレ」とは、恋愛関係にない男女が一緒にお風呂に入ったり銭湯に通う関係性のことを指します。

例えば一人暮らしをしている時、「誰かと湯船に楽しく浸かりたい」と考えて、家のお風呂に一緒に入ったり銭湯に通ったりすることもしばしば。

一緒にお風呂を楽しむことでよりリラックスしたいと考えてオフレを求めます。


種類4. リハビリフレンドの「ビリフレ」

失恋で落ち込んでいる時、立ち直るためいサポートしてくれる友達のことを「ビリフレ」と言います。失恋で落ちこんでいると、つい自暴自棄になってしまうこともあるはず。

そこでビリフレを作って慰めてもらうことで、一人で抱え込まなくて済むので安心感を得やすいのが特徴。場合によっては、そのまま恋人になるケースも少なくありません。


種類5. カモフラージュフレンドの「カモフレ」

恋人関係ではない男女が、恋人のフリをして付き合う関係性のことを「カモフレ」と言います。例えばイルミネーションや夜景など、行きたいけどなかなか一人では行けないところも多いですよね。

そこでカモフレを作ることで、一人では抵抗感のある場所に行こうとします。ちなみに最近では、手を繋いだりキスをするカモフレも増えていますよ。


理想のキスフレを作ってみましょう。

キスフレを作ると、お互いに気軽な関係が築けたり幸福感を感じたり、様々なメリットがあります。ですが、相手がキスフレを望んでいないのにキスフレになろうとすれば、相手から嫌われてしまう可能性も。

街コンに参加したり出会い系アプリを使ったりして、キスフレになれそうな人かどうかしっかり見極めながら、理想のキスフレを作ってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事