添い寝をする男性心理とは?言動でわかる女性への愛情&添い寝テクを解説

彼氏が添い寝をしてくる時ってどんな気持ちが気になりますよね。そこで今回は、添い寝をする男性の心理から、添い寝する言動からわかる彼氏の愛情、彼女からする胸キュン添い寝テクや可愛いセリフ、添い寝の注意点や効果まで徹底解説します。カップルで寝る時の参考にしてみてくださいね。

男性が添い寝をしてくるのはどうして?

添い寝をする男性心理

「添い寝する男性って、どんな気持ちなのか分からない!」と思っている女性のみなさん、今回は、添い寝をする男性心理を詳しく解説します。そして、添い寝の時に注意した方が良いことも徹底レクチャー。

彼氏をキュンとさせる、添い寝テクニックもご紹介するので、この記事を参考にして2人の距離を縮めて下さいね。


添い寝をする4つの男性心理

「彼氏がいつも添い寝してくるけど、一体どんな心理なんだろう?」と思うことはありませんか?

男性が添い寝をしてきたら、あなたに対する愛情表現です。ここでは、詳しく男性心理を解析していきます。


心理1. 彼女に甘えたい

男性は、深層心理で、母親のように甘やかさせてくれる女性を求めているものです。幼少期に母親が添い寝してくれたように、彼女が添い寝してくれると安心します。

嫌なことがあった時や、日々のエネルギーチャージをしたい時に、添い寝をして彼女に甘えて、心を回復させているのです。

彼氏は、彼女に対して「子どものように、甘えたい。」と思っているのでしょう。


心理2. 彼女のことが好き

男性も女性も、好きな人とはいつまでもくっついていたいですよね。彼女のことが好きで、一時も離れたくないと、「寝ている時も一緒にいたい!」と思い、添い寝をします。

添い寝をしている時に、手を繋いできたり、「好きだよ。」と言ってくれるなら、あなたのことを愛している証拠。

添い寝は、「好きだから一緒に寝たい。」と思う彼氏の愛情表現です。


心理3. 彼女からの愛情を求めている

「もっと愛して欲しい!」と思う相手とは、できるだけ距離を縮めたいもの。男性は、添い寝で体を密着させ、極限まで物理的に距離を縮めようとします。

物理的に距離が縮まれば、彼女との精神的な距離も縮まり、より愛情が深まると考えているからです。

もしあなたが、彼氏との時間が中々取れないなら、彼氏は彼女からの愛に飢えているのかもしれません。


心理4. ムラムラしている

男性が、彼女と肉体関係を持ちたいと考えている時は、添い寝をして彼女の体に手を伸ばそうとします。

いきなり襲い掛かるのは、紳士的ではないので、まずは添い寝をして少しずつ大人のムードに持ち込もうとしているのです。

添い寝をして、ベタベタ触ってくる時は、彼氏がムラムラしていると考えて良いでしょう。


添い寝の時の「言動」から男性心理を見抜く方法

彼氏が添い寝をしている時に、手を繋いできたり、「好きだよ。」と言われたら、「嬉しい!もしかして私は本命彼女?」とキュンとしてしまいますよね。

ここでは、彼氏の言動に隠された、男性心理を読み解いていきます。


言動1. 手を繋いでくる

男性は、大切な人が目の前にいたら、「この手をずっと離したくない」と思います。そして、寝ている間に彼女がいなくなるのを恐れて、しっかりと手を繋ぐのです。

「彼女とずっと一緒にいたい。大切にしたい!」というメッセージなので、彼氏の気持ちを察して手を握り返してあげると、彼氏は「嬉しい」と喜びます。


言動2. 腕枕をしてくる

「自分が彼女を守りたい!」と思っていると、無意識に外敵から彼女を守ろうとして、横向きで腕枕をしてしまいます。

彼女のことを、自分より弱い生き物だと考えているので、男らしく守ってあげたいという気持ちです。

男性の本能的な心理なので、素直に「腕枕をしてくれて、本当に嬉しい!」と受け入れてあげましょう。


言動3. 髪や顔を触ってくる

可愛くて愛おしい対象に対しては、なでなでしたり、キスしたくなりますよね。髪や顔を触るのは、「彼女を愛している。」という心理です。

添い寝をしながら彼女に触れる時、男性は「可愛い。キスしたい。」と思っています。ムラムラしているわけではなく、純粋に彼女のことを愛おしいという気持ちから、触れています。


言動4. 向かい合ってギュッとハグしてくる

自分の正面を無防備に相手にさらけ出す、ハグという行為は、本当に信頼している相手にしかできません。向き合って彼女に抱きつくのは、あなたを信頼しているから。

また、向き合えば、彼女の顔が直視できます。ハグする時、男性は「ずっと彼女の可愛い顔を見ていたい。」という気持ちなのです。


言動5. 後ろからバックハグしてくる

彼女の小さな背中を見ていると、男性は「俺が守ってあげなきゃ!」と思うものです。バックハグする時、男性は、か弱いプリンセスを守るナイトのような心理になっています。

後ろから抱きつくと、男性の体全体で、女性の体を包むことができます。愛おしさを感じると同時に、彼女を守ってあげたいという使命感にかられているのでしょう。


言動6. キスをしてくる

男性の欲求が溜まってくると、もっとイチャイチャしたいという気持ちから、女性にキスをしてしまいます。キスをしながら彼女に手を伸ばし、大人の関係へ繋げようとするのです。

もし肉体関係後なら、単純におやすみのキスや、挨拶代わりのキスでしょう。状況に応じて男性の心理は変わってきますよ。


言動7. 「可愛い」「好き」と愛情を伝えてくる

歯の浮くようなロマンチックなセリフを言うのは、男性のストレートな愛情表現です。

「○○ちゃん、本当に可愛いね。」「好き過ぎてヤバい。」といった、キュンとするセリフは、男性の気持ちそのもの。決して裏があったり、恋愛テクニックを使おうとしているわけではありません。愛情を感じるセリフは言葉通りの心理ですよ。


言動8. すぐ寝る

疲れが溜まっていると、本能的に眠りについてしまいます。

疲れている時にベッドに横たわり、大好きな彼女と添い寝していると、温かさと安心感が一気に押し寄せ、すぐに眠たくなってしまうもの。

添い寝をしていて、すぐに寝てしまう時は、「もっと一緒に過ごしたいけど、疲れていて睡魔には勝てない。」という心理です。


言動9. 携帯を見ている

添い寝していても、SNSやLINEが気になってしまうのは、彼女よりもスマホに興味がある、という状態です。

彼女との関係がマンネリだったり、添い寝に慣れてしまっていると、彼女の存在が空気のようになってしまい、より刺激のあるネットの世界に夢中になります。

「彼女よりもスマホ」と思っているので、2人の関係を見直す必要があるでしょう。


彼氏がキュンとする彼女の可愛い添い寝テク

「今以上に、彼氏を自分に夢中にさせたい!」と思うなら、添い寝中に彼氏をキュンとさせる必要があります。

男性がドキッとする添い寝テクニックで、彼氏の心をガッチリ掴みましょう!優しいスキンシップや、色っぽいポーズが効果的ですよ。


添い寝テク1. 彼氏の頭を撫でてあげる

まるで小さな子どものように、頭を撫でられると、男性は安心します。

「○○くん、いつも頑張ってて偉いね」と言いながら、頭を撫でたら、彼氏はホッとした気分になりますよ。彼女の包容力も感じるので、あなたと一緒にいることが癒しになるでしょう。

社会人で忙しい彼氏だけでなく、勉強を頑張っている学生の彼氏に対しても効果的です。


添い寝テク2. 彼氏に抱きついて、上目遣いで見つめる

添い寝中に、彼女からドキッとする色っぽいポーズを見せられたら、男性は我慢できなくなってしまいます。

抱きついて、下から彼氏を見上げながら、じっと見つめてみましょう。少し酔ったような、おフェロな表情で上目遣いをするのがポイント。

「上目遣いがセクシー!もう無理!」と、ムラムラした彼氏から襲われちゃうかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


添い寝テク3. 体をトントンしてあげる

添い寝しながら、彼氏の体に触れてあげると効果的です。特に、トントンしてあげると、男性は「俺を小さな子どもみたいに寝かしつけてくれようとしている!可愛い。」と思います。

「○○くん、ゆっくり休んでね。」と言いながら、トントンすれば、男性はキュンとすること間違いありません。トントンする場所は、添い寝した時に、自然に手が触れる場所で大丈夫ですよ。


添い寝テク4. 脚を絡ませる

添い寝でドキドキさせたいなら、ダイレクトなボディタッチがおすすめです。下半身を攻めると効果的なので、脚を絡ませて密着しましょう。

彼氏は「アピールの仕方が可愛い」と思い、キュンとします。

脚を絡ませる時は、ムダ毛の処理も忘れずに。すべすべの脚が絡んできたら、男性は喜ぶこと間違いありません。


添い寝テク5. 子供の頃の話をする

子供の頃の話をされると、男性は「彼女は俺のことを信頼して、小さい頃の話をしてくれているんだな」と思います。

また、子供の話は純粋に可愛くて癒されるので、話題としてもベストです。

家族構成や小さい頃に飼っていたペット、好きだった遊びの話をして、彼氏をほっこりした気分にさせましょう。


添い寝テク6. キスをする

添い寝しながらキスをされると、男性は彼女のことを愛しいと思います。キスの仕方は軽めがポイント。彼女から頬や額にチュッとされれば、彼氏はキュンとするでしょう。

もし、このまま肉体関係に持ち込みたいなら、唇に濃厚なキスをするのが効果的。「キスの仕方が積極的だな。OKのサインかな。」と男性は察してくれますよ。


可愛いボイスでハートを鷲掴み!添い寝中にかける可愛いセリフ

添い寝中の言葉かけも、男性をキュンとさせるためには重要です。

男性から「可愛い!」と思われる、必殺セリフをご紹介します。どのセリフも、とてもナチュラルなのに破壊力抜群なので、ぜひ試してみて下さいね。


セリフ1. 「手、つないでもいい?」

「手をつないでもいいかな?」と聞かれたら、男性は「そんな謙虚に聞かなくてもいいのに。もちろんOKに決まってるじゃん!可愛いなぁ。」と感じます。

添い寝をする親しい間柄なのに、ちょっとだけ距離感を感じる言い方に、男性は萌えてしまうもの。

なので、当然のように無言で手をつなぐのではなく、あえて許可を得るような言い方をするのがマストですよ。


セリフ2. 「チューして」

キスをおねだりされると、男性は「俺のこと本当に好きなんだな。可愛い女だ。」と思います。

「俺にぞっこんなんだ!」という自信もつくので、男性の自尊心も満たされるでしょう。

可愛らしく「チューして。」と言うのも良いですし、セクシーに「キスして欲しいな。」と攻めるのも良いですよ。男性にキスされたら、嬉しそうな表情をするのが、キュンとさせるポイント。


セリフ3. 「大好きだよ」

男性は、愛情を言葉で伝えられると、彼女の気持ちがハッキリ分かり、幸せな気分になります。

添い寝をしていても、男性は「○○ちゃんは、何も言わないけど俺のこと本気で好きなのかな?」と、彼女の本気度をいつも気にしているので、「大好き!」と言われると安心します。

「○○くんが本命彼氏だよ。」「大好きな○○くんと一緒にいられて幸せ。」など、愛情を言葉にして表現してあげましょう。ギュッと彼氏を抱きしめながら言うと、効果的です。


大好きな彼氏と添い寝する時の4つの注意点

彼氏と、添い寝をする時には、完璧な言動で彼氏を夢中にさせたいですよね。

ここでは、添い寝をする時の注意点をご紹介します。添い寝の時に間違った行動をしてしまうと、引かれてしまう可能性もあるので、NG行為は慎みましょう。


注意点1. 彼氏が疲れている時は、そっと布団をかけてあげる

疲れている時に、「もっとおしゃべりしようよ!」「せっかく一緒に寝てるんだから、イチャイチャしようよ!」と、彼氏にワガママを言うのはNGです。

彼氏が疲れて眠そうにしている時は、「ゆっくり休んでね。」と言いながら、布団をかけてあげましょう。

優しく相手を気遣える姿に、彼氏はもっとあなたに夢中になるはずです。


注意点2. ほのかな香りをまとっておく

匂いは、シーンを醸し出す大切な要素。ロマンチックな夜を過ごしたいなら、彼氏が喜ぶように素敵な香りをまとっておきましょう。

おすすめは香水やボディクリームです。彼氏が添い寝した時に、良い香りを感じるように自分自身を演出します。

ただし、キツ過ぎる香りはNG!香りが強い香水をつける時は、1~2箇所だけにとどめるなど、香りの強さを調節しましょう。


注意点3. タオル記事のパジャマがおすすめ!

ギュッと抱きしめたときに、フワフワの感触だと、彼氏は「柔らかくて気持ち良い!」と感激します。反対に、ゴワゴワの手触りだと、彼氏はガッカリします。

ジェラートピケなどの有名ルームウェアブランドをチェックして、手触りの良いタオル記事のパジャマを選びましょう。

色は、ピンクや白の愛されカラーがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


注意点4. 歯磨きをしておく

添い寝をしていると、いつ彼氏からキスされるか分かりません。キスされたときに、口臭がしたり歯が汚いと、彼氏は引いてしまいます。

添い寝の前には、いつ接近戦になってもいいように、歯磨きをしておきましょう。

ミント系の爽やかな歯磨き粉を使って、しっかり磨いて下さいね。最後に、口臭を抑えるマウスウォッシュで仕上げれば、完璧です。


添い寝って実は凄い!添い寝がもたらす5つの効果とは

彼氏と添い寝をしている時、幸せを感じたり、嫌なことを忘れられたりしたことはありませんか?

実は、添い寝には、精神的に素晴らしい効果があると言われています。「毎日添い寝したい!」と思える、5つの効果をご紹介します。


効果1. 幸せを感じられる

添い寝をする時に、男性は、腕枕や彼女の方を向くといったポーズを取りますよね。すると女性は、「彼氏から守られている!幸せ。」と感じます。

男性も、「大好きな彼女と一緒に寝られて、幸せだな。」と思うため、お互いほんわかとした幸せ気分に浸れるのです。

幸せを感じられると、相手を大切にしたいと考えるので、2人の愛情も高まります。


効果2. 気分が落ち着く

小さい頃、両親が添い寝してくれたように、パートナーから添い寝されると、まるで親に守られている子どものように安心します。

信頼できる彼氏や彼女が隣にいて、一緒に寝てくれると、「一緒にリラックスできる。ホッとするなぁ。」と思い、落ち着くものです。

また、「私は一人じゃない!」と思えるので、安心して眠ることができますよ。


効果3. お互いの親密度が高まる

寝ている間は、無防備な状態になるので、誰にも見せない寝顔や、恥ずかしい寝言など、プライベートな側面を相手にさらけ出すことになりますよね。

そのため、1度添い寝をすると、お互い、他人には見せない部分を見せ合った間柄として、一種の仲間意識が芽生え、より距離の近い親密な関係を築くことができるのです。


効果4. ストレスが解消する

強いストレスを感じている時、誰かに愚痴や文句を聞いてもらうと、それだけでストレスが軽減されますよね。特に、添い寝をしながら、相手にトントンされたり、「頑張ったね。無理しなくていいんだよ。」と言われると、この上なく救われた気分になります。

普段の小さなストレスも、好きな相手と添い寝して、体温を感じるだけで、リリースされますよ。


効果5. 不安など嫌なことを考えずに済む

目の前に愛おしい存在がいて密着していると、相手のことに夢中になり、他のことはどうでも良くなります。

「上司が嫌だなぁ。」「明日のプレゼン失敗するかも。」などの嫌なこともや不安なことも、大好きな彼氏彼女の前では忘れてしまい、「キスしたいな。」「ギュッと抱きしめたいな。」といった、相手を求める欲求の方が気持ちの大半を占めてしまうのです。


彼氏と添い寝をして、もっと関係を深めよう!

添い寝をする男性は、基本的には彼女が大好きでしたね。ただ、女性からすれば、時には「彼氏が添い寝ばかりするけど、どういうつもり?」と思うこともあるでしょう。

でも、添い寝はお互いにとって、幸せを感じるなどの精神的メリットもあるので、できるだけ応じてあげると2人の親密度も高まりますよ。

添い寝テクも駆使して彼氏を夢中にさせて下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事