「爪を噛む癖」に隠された心理|すぐに爪を噛む人の特徴&癖の直し方を解説

大人になっても爪を噛む癖が直らない人っていますよね。本記事では爪を噛む癖に隠された心理や原因から、爪を噛む癖がある人の性格や行動の特徴を解説!さらに爪を噛むことによるデメリットや、爪を噛む癖の直し方をお教えします。

爪を噛む癖がある人っていますよね。

「爪を噛む癖」に隠された心理

爪を噛むという行為は、爪や歯に過度な負担がかかるため、形が変形してしまうことがあり、あまり行儀の良くない行為です。周囲を気にして直そうと思っても、無意識に行っていることもあり、なかなか改善できない人もいるでしょう。

きっかけは些細なことでも、なぜ苦しい思いをしている人がいるくらいの癖になるのでしょうか?

今回は、爪を噛む癖の心理や原因について解説し、対処法もご紹介します。癖を直せるように意識して読み進めてくださいね。


なんで爪を噛むの?爪を噛む癖に隠された5つの心理や原因

爪を噛むという行為には、何かしらの心理的負担などの原因が潜んでいます。あなたが、どんな理由で行っているかを知ることで最適な対処法が見つかるはず。

日頃の生活を振り返り、爪を噛みたくなる気持ちを探りましょう。


心理や原因1. ストレスを抱えイライラしている

興奮した気持ちを抑える行動として、爪を噛む行為に走る人がいます。これは仕事や人間関係などでストレスを抱え、イライラしている大人にありがちな特徴。

特に、高血圧の人やストレスが溜まりやすい環境にいる人に起こりやすいはず。ちょっとしたことで物に当たる人や暴言を吐く人がいるように、爪を噛む人がいるのです。


心理や原因2. 不安や緊張を和らげようとしている

人が心を落ち着けるためには、何か別のことに意識を向けることで安定を図ろうとします。無意識に不安や緊張を和らげようと防衛本能が働いてしまう結果、爪を噛んでしまうのです。

本能的に体が動いているのため、癖になっていても本人はあまり自覚していないことが多いでしょう。

何もしていないと精神的にどんどん追い込まれてしまうため、体を守ろうとする行動として爪を噛む癖がつくのです。


心理や原因3. 寂しさや甘えたい気持ちによるもの

爪を噛むのは、愛情に飢えており、構ってもらいたい気持ちの表れです。自分の寂しさや甘えたい気持ちを誰かに気付いてもらいたい時に、訴える方法として使います。

それに加えて、自分の気持ちを落ち着かせる働きがあることも理由の一つ。

他に人に甘える方法が見つからないため、爪を噛むことで自分の存在をアピールしています。


心理や原因4. 退屈で時間を持て余している

特に深い心理的理由がなくても、思いつきで爪を噛み始めて癖になる人もいるでしょう。

初めは「暇だから」「退屈」という理由で、何の気なしに爪を噛んでいるつもりでも、何度も繰り返し行うことでやめられないほどの癖になっている特徴があります。

退屈で時間を持て余している時は、「爪を噛む」ことが反射的な行動として、身に付いてしまっているのです。

【参考記事】はこちら▽


心理や原因5. 爪を噛む感覚が快感になっている

人は一度体験した楽しいことや嬉しいことを、何度でも繰り返したくなるものです。特に「爪を噛む」という、いつでも簡単にできる行為なら、気軽に行ってしまいがち。

無意識に噛んでいるだけでなく、自分から意識的に噛む人も多く、一種の中毒症状のような特徴があります。

そのため、「あまり良くないこと」だと認識していながらも、爪を噛むことがやめられないのです。


大人でも多い!爪を噛む癖がある人の性格や行動の特徴7つ

爪を噛む癖がある人は、自身の性格や考えが大きく関係しています。極端に物事を捉えがちな人ほど、癖になりやすい傾向と言えるでしょう。

年齢を重ねて大人になると、考え方も凝りかたまるのでより顕著に表れます。では、どんな性格や考えが爪を噛む癖に繋がりやすいのか、具体的に見ていきましょう。


性格や行動1. 完璧主義者でこだわりが強い

何事においても妥協しない人は、自分の思い通りにいかないとそれだけでイライラしてしまい、気持ちを落ち着かせるために爪を噛んでしまいがち。

多くの苛立ちが募るほど、気持ちを静めようと無意識に手が口の方に動いてしまうのです。

そのため、完璧主義者で細かい部分のこだわりが強い人ほど、爪を噛んでしまう傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


性格や行動2. ストレスを発散する方法がない

仕事などが忙しくてなかなか気分転換する機会がないと、鬱憤が溜まってしまい手軽な方法で解消しようと試みます。

大人になるとストレスを発散できる機会も減るので、解消方法として爪を噛んでしまうのです。

その行為が癖になったり快感になったりして、いつまでもやめられなくなります。爪を噛む行為が少なからずストレス解消になってしまうからこそ、続けてしまう人がいるのです。


性格や行動3. 物事をネガティブに捉えてしまう

後ろ向きな考えばかりで不安が大きくなるので、その気持ちを少しでも和らげるために爪を噛む人がいます。

ちょっとしたことでも悪い方へ想像が膨らむネガティブな思考の人に多い特徴です。子供の頃に何か重大な失敗や経験があると、その時の気持ちを思い出してしまい、精神的に不安的になることもあるでしょう。

特に、1人なると頭の中でダメな方向に物事をどんどん考えてしまうので、爪を噛むことに繋がりやすいです。

【参考記事】はこちら▽


性格や行動4. プライドが高く、人に悩みを相談することができない

1人で何でもできると思っている人は、自分の中に不満や悩みを溜め込みます。とにかく自分で解決しようというプライドがあるので、上手く行かない時に焦りや苛立ちが芽生え、爪を噛むことでその気持ちを抑え込もうとするのです。

他人に頼ることができない人に多く見られる特徴で、自分が優秀だという気持ちが強い人ほど、周りに悩み事を相談できません。

【参考記事】はこちら▽


性格や行動5. 子供の時に両親からの愛情不足だった

子供の頃にあまり両親から愛情を注がれていないと、大人になってからも愛情に飢えており、誰かと繋がりが欲しいもの。

1人になりたくないからこそ「かまって欲しい」「愛されたい」という気持ちが膨れ上がり、その寂しい思いを爪を噛んで紛らわそうとします。

親しい人と居る時は気持ちが満たされているので問題ないことが多いですが、誰からもかまってもらえない時は寂しい気持ちに耐えきれず爪を噛んでしまうのです。


性格や行動6. 常に何かをしていないと落ち着かない

他にやることがなく、「口寂しい」という理由で爪を噛む癖がついた人もいるでしょう。こうした人は、ただ単純に何かをしていないと落ち着かないせっかちな性格からきています。

体を動かしているのであれば、その癖が出ることは少ないですが、じっと座っている時やなにか考え事をしている時などは無意識のうちに爪を噛んでしまう傾向があるでしょう。


性格や行動7. 傷つきやすく繊細で、ストレスを抱えやすい

他人の言動に敏感な人は、不安や苛立ちを溜めやすく、その感情をどこかで発散したくなります。

だからといってアクティブな行動ができない人も多いため、定期的に爪を噛むことで少しずつ解消しようとするのです。

そんな繊細な心を持っている人は、日頃から生きづらいと感じることも多々あるでしょう。精神的に不安定になりやすい人ほど傷つきやすいため、爪を噛む癖がついてしまいます。


爪を噛む癖がある人は要注意!デメリットや悪影響とは

実際のところ、「爪を噛む癖ぐらい大したことない」と思っていませんか?

爪を噛むことはあまり実害はないと感じる人も多いですが、実はかなりのデメリットがあります。

例えば、周囲の人に与える印象だけだと思いがちな行為ですが、自分自身の健康に関わるリスクもあるのです。では、実際に起こり得るデメリットを3つご紹介します。


デメリット1. 周囲に不潔な印象を与える

手は日常生活において様々なものを触るのにも関わらず、その手を口の中に入れる行為は汚く見えます。

自分で行う分にはあまり気にならないですが、他人が爪を噛んでいる様子を見ると不潔な印象を与えるため、周囲に不快な思いをさせてしまう迷惑な行為と言えるでしょう。

大人になっても他人がいるところで爪を噛む癖が出ると、自分に対する印象が悪くなるというデメリットがあります。


デメリット2. 爪や歯がガタガタになってしまう

爪を噛むことは、爪や歯を自分自身の行いで傷つけてしまっています。しかも癖になっているので、継続的に負荷を与えているのです。

いずれは爪や歯が削れてしまうため、普段からの見た目の印象も悪くなります。歯がガタガタで爪がボロボロだと、あまり他人に良い印象を与えないことは明白ですよね。

日頃から「自分の体の管理できないダメな大人」だと、周囲に思われてしまう悪影響があります。


爪を噛んでしまう癖を直す8つの方法

爪を噛む行為にはなんらかの原因や理由があり、あなたがなぜ爪を噛んでいるのかを理解することで自ずと解決策は導き出されます。

そして癖を直す方法には、爪自体に細工をしたり日々の生活を改善するなどの様々なアプローチがあるので、なかなか直せない人は参考にしてみてくださいね。


直す方法1. 常に爪を短く切っておく

爪が噛めるほどの長さがあるから、ついつい噛んでしまうのです。そのため、常に爪を短く切り揃えおけば、癖で手を口に持っていっても噛むことはできません。

無意識で行っている人もハッとなって気付き、自覚がある場合にも物理的に不可能な状態にできます。

強制的に爪を噛む癖をやめさせられる、有効な手段と言えるでしょう。


直す方法2. 爪を噛んでしまったら記録をしておく

自分がどれくらいたくさん爪を噛んでいるかを知り、「流石にやばい」と自覚させる方法です。

爪を噛むたびにスマホやメモ帳などに記録し、毎日どれくらいの頻度で行っているかを計測します。

重要なのは、何があっても記録を取り続けるという強い意思です。「こんなにいつも爪を噛んでいるのか」と異常なことを理解できます。

また、だんだんとメモするのがめんどくさくなるので、自然と爪を噛むことをやめるのも狙いとなります。


直す方法3. 爪を無意識に噛んでいたら周囲に指摘してもらう

自分で爪を噛む癖に気付くよりも、他人に注意された方が気が引き締まり「癖を直そう」と考えられます。

無意識であるなら、なおさらやめられないですし、周囲の人に指摘してもらう方が体裁を整えようとするからです。

特に外出している時でも爪を噛む人は、「自分は他人がいる前でもするのか」と意識できるようになり、次から気をつけようと努力できます。1人で全ての事柄を解決しようとせず、他人に頼ることで最上級の結果を得られることもありますよ。


直す方法4. 女性であればネイルをする

お金や時間をかけて爪を整えておけば、誰だって噛んでボロボロにはしたくないもの。女性なら、ネイルで爪をいつも以上に綺麗な状態に保つことで噛む気をなくせるでしょう。

また、爪の形が崩れているとうまく塗ることができないので、「ネイルをするため」に爪を噛まないよう努力することも、癖を直す方法に繋がります。

男性には難しい方法ですが、女性であれば綺麗になりたいという気持ちを利用して爪を噛みにくくできるのです。


直す方法5. テープや絆創膏を張って噛めないようにする

自覚して爪を噛む癖がある人は、噛めればなんでも良いという訳ではなく硬い材質の爪に快感を得ているのです。

そのため爪の周りをテープや絆創膏で保護すれば、変な匂いや感触に噛みたい気持ちが薄れてくるでしょう。

特に柔らかい材質のもので爪を覆えば、万が一癖が出てしまっても噛みごたえがありません。できるだけ「爪を噛むのは気持ちよくない」と頭に刷り込むことで、自然と噛む回数を減らせます。


直す方法6. ストレスを溜めないように生活を見直す

爪を噛む癖は、日頃の生活で苛立ちや緊張からくる精神的な疲れが募っている証拠。ストレスを溜めないよう自分の精神的な問題を解決し、改善を促すことで癖を直す方法に繋がります。

例えば、旅行や趣味の時間を作り心をリフレッシュする習慣を設ける、仕事に対しての不満や愚痴を信頼できる上司や部下に聞いてもらうなどです。

普段から無趣味で家からあまりでない人は、ストレスが溜まりがちなことが原因で爪を噛んでしまうので、心身共に休息できる時間を作りましょう。

【参考記事】はこちら▽


直す方法7. 爪を噛みたくなったら代替行動をする

無理やり爪を噛まないようにすると、余計にストレスが溜まることもあります。そのため、ガムを噛んだり飴を舐めたりして、代替行動をするのが精神的にも負担の少ない癖を直す方法です。

最初は満足できなくて、爪を噛んでしまうこともあるかもしれません。しかし、何かを口に含むことで徐々に回数を減らせれば、自然と癖を直すことができるでしょう。


直す方法8. 毎日爪やすりをかけて綺麗な爪を保つ

「自分が時間をかけて手入れしたものを無駄にしたくない」という気持ちを利用し、爪を噛む気をなくす方法です。

毎日爪やすりを使い綺麗に保つことで、爪を噛むたびにその努力を無駄にした気持ちになります。手入れに時間をかけて、「爪を噛んだら面倒になる」と自分に思わせることが重要です。

ネイルと違い男性でも実践しやすく、爪を噛む行為が自分にデメリットとして明確に返ってくる分かりやすい直し方と言えるでしょう。


彼氏/彼女が爪を噛んでしまう場合の対処法は?

好きな彼氏や彼女であっても、自分の癖をいきなり指摘されるのは、喧嘩やトラブルの原因になります。そのため、まずはお互い落ち着いて話し合うことがとても重要です。

「自覚はあるのか無自覚なのか」「いつ頃から癖になっているのか」「自分で対策はしてみたか」などの様々なことを聞き、できるだけ相手の立場になって考えてあげれば真剣に話してくれるでしょう。

そして、原因にあった改善方法を提案し、「自分も協力するから」と口だけではないことを証明すると相手も理解してくれるはずです。

彼氏としては頼もしく、彼女としては健気な姿に見えるため、相手からの好感度も悪くはならないでしょう。


爪を噛む癖は、日頃の意識で直していけますよ。

爪を噛む癖がある人の多くは、ストレスや不安な気持ちなどの精神的な負担が積み重なって引き起こされます。

最初は軽い気持ちでやり始めたり、無自覚のうちに癖になっていることもあるでしょう。

だからこそ簡単に直ると思ってしまい、実際になかなか改善できない場合には焦る気持ちが出てしまうもの。

でもタバコやアルコールなどとは違い、依存成分を摂取している訳ではありません。時間をかけて努力すれば、爪を噛む癖を直すことはできるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事