自由な人の定義&特徴|恋愛傾向や向いてる仕事を知ってあなたも自由に!

何にとらわれることもなく、自由に生きる人っていますよね。自由な人は周りから憧れられることもしばしば。そこで今回は、自由な人のそもそもの定義や特徴、恋愛傾向を大公開!また、自由な人で就いている人が多い仕事の種類も詳しく解説していきます。

自由な人って魅力的ですよね。

自由な人の定義&特徴

自由という言葉ほど、年齢を重ねるたびに、ありがたみがわかる言葉はありません。社会生活において、あらゆる束縛から逃れたいと思う瞬間は、男性女性を問わず間違いなく誰にでもあるはず。

一方で、責任や義務から完全に解放されることは不可能ですから、自由になれる時間は限られていることも事実です。

そこで今記事では、自由を謳歌するにはどうしたら良いのか、自由な人の定義から、特徴や性格、恋愛傾向、自由になれる仕事についてまで、具体的な説明や紹介をしていきます。


そもそも「自由な人」の定義とは?

自由な人とは

『自由人』と簡単に言いますが、その定義が何か考えると、案外困ってしまいますよね。

当然、自由人とは「自分の好きなように生きている人」と、そのまま定義することも可能です。

ただ、自由人は、「他人任せでわがままな性格」という、いわゆる『自分勝手な人』とは同じ定義ではありません。

つまり、自由な人とは、自分で責任を負った上で好きな生き方を出来る人と、まず大まかに定義付け出来ます。

更に具体的に定義すれば、自分のペースと自分の考えで仕事や生活をして、周囲にも認められているという、魅力的で羨ましい人達のことを指します。


「自由な人」に共通する特徴とは

自由な人の特徴

『自由な人』とは、あなたなら一体どんなタイプや性格の人を想像するでしょうか。

人によって様々な自由人のスタイルが思い浮かぶことでしょう。ところが、自由な人の共通項目は意外と少ないのです。

具体的には、自由な人の特徴は、基本的に6つに分類が可能で、以下で順番に解説していきます。

6つの特徴を把握することで、あなたも魅力ある自由人として生きるきっかけが得られるはずですよ。


特徴1. 仕事や恋愛、趣味など充実した日々を過ごしている

自由人は、単に自由な立場であるだけでなく、普段の生活に満足しながら暮らしています。

基本的に、自分の価値観に合った生活を送っているので、普通の毎日ですらストレス無く楽しめることが出来るのです。

彼氏や彼女との恋愛や趣味はもちろん、普通の人なら辛いと思うことが多い仕事でも、苦労も気にせず充実感を得られます。


特徴2. 自分に対して正直で、自分の好きな生き方をしている

自由な人は、自身の考えに従い、他の誰にも左右されない人生を送っています。社会のあらゆる不必要な常識やルールの外に出てみることで、自分を解放出来るからです。

もっとも自由人の特徴としてわかりやすい一方、一番難しいことでもあります。自分に正直に生きることは、自由な人であるための大前提と言えるでしょう。


特徴3. 常に前向きでバイタリティがある

自由な人はバイタルティがある

自由な人は、どんなことがあってもめげずに、元気一杯で日々を暮らしています。

他人の評価はもちろん、仕事や学業の成績を気にして縮こまることなく、自分自身と未来をいつも信じている性格なので、毎日ポジティブに考え、イキイキすることが可能だからです。

自由に生きることは、前向きな気持ちを持って、バイタリティあふれる生活を送れることに自然と繋がります。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 柔軟性があり、一つのこと固執しない

自由な人は、考え方も自由で、細かいことにもこだわらない性格です。

というのも、無駄な常識や世間の固定観念にとらわれない生き方をしているので、仕事やプライベートでも柔軟な発想が出来るからです。

芸術家や科学者などによく見られる傾向でもありますが、彼らも自由人の典型的なタイプと言えるでしょう。

自由な思考は柔軟性を生み、物事に過度にこだわらない性格を生み出すのです。


特徴5. いつも心に余裕を持ち合わせている

自由な人は、簡単にイライラしにくい性格で、いつもにこやかに暮らしています。

自分自身の価値観に従って生きているので、精神的にストレスを受けることが少なく、余裕を持って生活出来ているからです。

実際、あなたの周囲や芸能界で自由人と言われるような人が、いつも若々しく笑顔に溢れた姿はイメージしやすいでしょう。

心が自由であれば、精神的な余裕も自然と生まれてくるのです。


特徴6. 人当たりがよく、交友関係が広い

自由な人は交友関係が広い

自由な人は、物腰が柔らかく人から好かれやすいので、人との繋がりもどんどん生まれていきます。

精神的に余裕があるので、人を思いやれる上に、大らかで狭い交流にこだわりません。更に、知らない人とも積極的に会話する姿勢も見られます。

また、自由人は、価値観が独特で話も面白い人が多く、その点もよく知らない人とのコミュニケーションに役立ちます。

自由な考え方は、人付き合いもポジティブにして、交友関係を更に広げてくれるのです。


自由な人に共通して見受けられる恋愛傾向とは

自由な人の恋愛傾向

男性でも女性でも、自由な人は魅力的でモテることが多く、嫌われる人は余りいません。

あなたもモテる男性や女性になりたいと考えるなら、単に羨ましいで済ませず、自由人を目指すことも1つの方法です。

ここからは、自由な人の恋愛傾向について3つのポイントを解説していきます。

あなたがモテるためのヒントや、自由な人と付き合うための方法が必ず隠されていますので、よく分析してみてくださいね。


1. 真面目すぎる人とは相性が悪い

自由な人は、いわゆる堅物(カタブツ)な人は嫌いであり、同時に堅物な人からも嫌いと思われやすい傾向にあります。

自由と不真面目は同一の意味ではありませんが、自由な人は常識にとらわれない性格なので、常識的にこだわり過ぎる性格の人は窮屈に感じ、嫌いになりやすいのです。当然、真面目な人から見れば、逆の理由で軽く見えるので嫌いになります。

お互いが常識という基準で相容れないので、真面目過ぎる人とは相性が最悪と言えるのです。


2. サバサバしていて、男勝りな女性と相性が良い

自由な性格の男性は、勝ち気な性格の彼女と上手く行く傾向にあります。

自由な人は物事にこだわらない性格であり、男性ならサバサバした性格の女性の方が価値観が合うからです。

もちろん、サバサバしていることは、わがままだったりガサツだったりすることと同じではありません。

男勝りな性格の女性は、「男性からすると彼女にしにくい」と気落ちする前に、自由な性格の男性を恋愛相手として狙ってみましょう。


3. 見た目より、一緒に居て楽しいかを重視する

自由な人の恋愛傾向は見た目より楽しいかを重視

自由な人は、彼氏や彼女には容姿ではなく、精神的な喜びを得られるかを基準にする傾向があります。

「周囲の人からどう見られるか」ではなく、「自分自身がどう思うか」を重視するのが自由人です。

価値観や趣味が共通だったり、話が合うかを中心にして彼氏や彼女を選びますから、選択肢も広くなりますし、上手く行く可能性も高まります。

見た目より中身を取るのが、自由な人の恋愛傾向なのです。


自由な人になりたい!融通が利く仕事とは

自由な人の融通の聞く仕事とは

自由を手に入れるために、社会人であれば、自由な時間を取れる仕事に就く必要があります。

しかし、仕事による収入面と自由は通常相反するので、どちらかを諦めている人が多いはず。

ただ、時間に融通が利く仕事はそう多くはありませんが、きちんと存在しています。

これから、自由な生活を可能にする仕事を3つ紹介します。ポジティブに自由を求める人なら、おすすめの職種ですよ。


職業1. フリーランス

フリーランスと言えば、ジャーナリストやカメラマンなどをイメージしますが、具体的には個人事業主のことを意味します。

個人の能力で仕事を請け負うため、出勤時間などが基本的に無く、自分のペースに合わせて仕事をすることが出来ます

つまり、時間の配分が自分次第ですから、自由な生活を送ること可能。

ただし、当然デメリットもあり、労働基準法などの適用がなく、給料は仕事の出来に応じ変化して収入が安定せず、病気になった場合の保証などもありません。

まさに、典型的な自己責任が問われる職種と言えるでしょう。


職業2. 職人

職人と言えば、建築物から製品や食品、工芸品に至るまで、高い技術を身に着けてモノを作り出していく人達です。

自分の技術で生きていくので、一般的な会社員より自分のペースで仕事をしていくことができます。

また、現代においては、職人と呼ばれる対象の職業の増加傾向も。

つまり、自分の興味や関心のあることでも、スキルを身につけることで、職人として、自由度が高い上に高い収入を得ることが可能な場合があるのです。

更に、伝統的な職人でも後継者不足の職種も多く、特に建設関係の職人は最近の人手不足で、高い収入を得ることが出来ます。


職業3. 完全出来高制の営業職

自由な人は営業職

労働時間が短くても、大きな収入を得られる可能性があるのが、完全出来高制の営業職です。

訪問販売やリフォーム契約の取得など、上手く行けば高額な報酬が得られますが、何も結果が出なければ、基本的に収入は一切望めません。

厳しい条件ですが、営業力や人脈の広さに自信があるのなら、短時間で高収入を得られた上に自由時間も多いという、自由人を目指す人にとっては魅力的な職種といえるでしょう。


自由な人の特徴を真似して、自由な人生を生きれる人になりましょう。

自由な人になろう

誰もが自由な人になりたいと憧れていますが、簡単に出来ないからこそ魅力的とも言えます。しかし、自由に生きるためのヒントは決して少なくなく、この記事でも解説した通りです。

不自由な生活に疲れたあなたも、それに従って思い切って自分を解き放てば、自由な生き方が可能になりますよ。

一方で、自分自身に素直な生き方は、わがままとは全く違い、責任を取る生き方でもあります。その違いをしっかりと意識出来れば、自由な生き方をしても、誰からも憧れられる人になれるはずです。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事