【カップル】どこからが浮気?男女別で異なる浮気の定義を大公開!

カップルや夫婦において、永遠に議論が飛び交うテーマといえば「浮気」ですよね。「一体、どこからが浮気なの?」と悩みを抱えている男女は多いはず。そこで今回は、男性と女性で異なる浮気の定義を一挙大公開!男女の浮気に対する認識がどのくらい違うのか、心理や本音を詳しく解説していきます。

「どこからが浮気か?」について徹底レクチャー

浮気はどこから?

浮気と聞くと、夫婦やカップルの関係に大きなヒビが入ってしまうことをイメージしてしいますよね。

でも、一方が浮気と思っていなくても、その相手のかたがそれは浮気だと解釈してしまう場合も多く、煮え切らない問題となってしまうことも多いようです。

では、浮気とは何なのでしょうか。どこからが浮気となってしまうのでしょうか。この記事で、詳しく解説していきます。


男性、女性によってどこからが浮気なのかは基準が微妙に異なる

まず、最初に抑えておきたいのが、どこからが浮気かということに関する理解が男性と女性でその基準が微妙に異なってしまうという点です。

男性が浮気と思っていない範囲の行為が、実は相手の女性にとっては、十分な裏切り行為としてうつってしまうことがあります。では、基準の違いを見てみましょう。


男性が思う「どこからが浮気か」の基準とは

男の浮気の基準はどこでしょうか?

まず、男性が、女性の行動に対して、浮気だと思ってしまうのがどこからなのかというポイントについて解説します。

これからシチュエーションに応じて、男性が思う浮気のラインはどこなのかを解説していきます!


基準1. 2人だけで食事に出かけるは人によって異なる

食事に行くだけなら良いと感じるケースと、食事だけでも二人だけであることが気になるというケースに分かれるようです。

浮気と思われないためには、前もって誰とどこに行って、どんな雰囲気のところでどれくらいの時間を過ごすかを説明しておくと良いでしょう。

単なる友達との付き合いということで、疑われることなく、良い理解を示してもらえるようになることでしょう。


ただし、泊まりやオールは基本的にNGな男性が多い

ただし、その予定が泊まりで出かけるものであったり、夜遅くまでの予定であったりすると、前もって説明したとしてもちょっと良い感情を持てないという場合がほとんどです。

仕事上の予定であったとしても、なかなかその状況は理解しづらいでしょう。そういう予定で出かけたいなら、他の女友達の参加者がいるように手配することができるでしょう。

男性と二人きりで泊まりは許せなくても、他の女友達がいるのであれば、状況が違うと思ってくれることでしょう。


基準2. バレなければ基本的にOK、ただし、バレたら即別れる

また、バレなければなにをやっていても大丈夫というふうに考えている男性は多いです。

浮気をするなら、自分にバレないようにやってくれれば良いという意見です。

男性心理として、0か1かという白黒をつけて判断したいということがあり、自分が白と思えるなら、なんでも良いという考え方です。

バレないようにするというのは、怪しまれる要素をほとんど0にしておくことが求められます。

また、万が一、浮気の関係がバレてしまうなら、即離婚であったり、カップル解消であったりの結末を求められます。


基準3. 恋人以外の男性を好きと思ったら

相手の女性の好きという想いを第一にする男性心理が強いという場合は、誰が一番好きなのかということだけが重要であるというケースもあります。

そういう場合では、二人で出かけたり、キスをしたりすること、さらに不倫関係を持つことさえも許すことができるけれども、その相手を好きになってはいけないというのです。

浮気ではないことを示す唯一の証拠として受け入れられるのが、好きという気持ちをその相手の男性に持たないことだからです。


基準4. 男友達などとキスをするのも浮気と判断する

より一般的などこからが浮気かという男性心理は、キスをすることといえるでしょう。

食事に二人きりで行ったりすることはOKであるという男性の場合でも、または、他の男友達とふざけて手をつないで歩いたりすることも許すことができるという場合でも、キスをするということは、完全に浮気であると考えるのです。

パーティーなどの特殊な雰囲気の中で、場のシチュエーションとして他の男友達としてしまうキスという場合でも、浮気として見られることでしょう。


基準5. 肉体関係を持ったら完全にアウト

肉体関係を持つことは、完全にアウトです。これは女性側の基準でも同じ意見が大多数を占めます。

このような関係が明らかになってしまったなら、関係を修復するためには、最大限の誠意を持って謝ることが不可欠です。

既婚者の夫婦の場合は、不倫関係となるわけですから、離婚へと状況が発展してしまうというケースも多くあります。

どこからが浮気かという観点で見ても、肉体関係を持つことは、一番最後のステップですから、納得できる結果といえるでしょう。


女性が思う「どこからが浮気か」の基準とは

では、続いて、女性の目線で、浮気と判断する基準がどこからになるのかについて解説していきましょう。

女性の場合は、前もって説明してもらっていることが大きな分かれ目となることがあります。詳しく見ていきましょう。


基準1. 彼女には内緒で女性と二人っきりで会ってたら

女性側の心理としては、他の女友達と会うということに対しては、さほど浮気と思うことはなく、嫉妬したり裏切られたと思ったりすることはほとんどありません。

ただ、問題となりえるのが、そのことをきちんと前もって報告してもらっているかどうかということです。

女性にとって、カップルの彼氏や夫婦の旦那が、その彼女や妻に前もって説明できないことがあるという事態は、とても疑わしく、やましい関係になろうとしていると勘繰られることになります。


幼馴染や職場の女性の場合、事前に言ってくれれば基本はOK

他の女友達を持つことがアウトというわけではなく、どういう関係かを説明できないという状況がアウトなのです。

男性としても、女性との付き合いは常にあるものです。

幼馴染であったり、ビジネスの関係での女友達や先輩や後輩であったり、いろんな関係があることでしょう。

二人で出かけなければいけないというシチュエーションがあるなら、前もって、どういう関係の相手であるのか、どこに行くのかなどを詳しく説明しておくようにしましょう。


基準2. まだ何も起きていなくても“隠した時点”でアウト

女性の心理として、相手の男性の誠実さを高く評価したいという思いがあります。

ですから、なんらかの女性関係を隠すようなそぶりには、大きく反応してしまいます。

まだ二人であったりしたことがまだないという関係であっても、何かを隠そうとしていることがとても不誠実にうつってしまい、信頼を大きく落としてしまうことになります。

どこからという観点でいうと、隠しているという段階でアウトということになります。


基準3. 手をつなぐなどスキンシップをとったら

別のどこから浮気かの分岐点としては、スキンシップをとることを上げることができます。

手をつないだり、ハグをしたり、身体を接触させる行為を自分の旦那や彼氏が、他の女性とするということに大きな嫌悪感を抱きます

身体の触れ合いによって、その二人の男と女としての意識が芽生えてしまうという考え方に由来した心理状態であり、二人で出かけたり、メールやLINEで連絡を取り合うのはよくても、スキンシップはNOという線引きをしているのです。


基準4. 彼女以外の女性とキスしたら完全に浮気

キスも大きなどこから浮気化の分岐点となりえます。女性心理としては、肉体関係は完全に一線を越えた関係です。

キスは、そこまでの基準ラインというわけではありません。

しかし、特定の相手とキスをするということは、その旦那や彼氏が完全に下心を持ってその女性との関係を持っていることの証拠となります。

肉体関係があるかないかにかかわらず、キスをしている関係というのは、ほぼ肉体関係を持った間柄であるとして理解されることでしょう。アウトです。


基準5. 肉体関係は言わずもがなで完璧アウト

最後に、肉体関係ですが、これはどんな言い訳も通用しない完全にアウトな浮気の証拠となります。

結婚した夫婦の場合は、離婚してほしいということになりかねません。

カップルの場合でも、関係の修復が難しい深刻な状況に陥ってしまうことでしょう。

男性側としては、誠心誠意謝ることが求められます。

反省していることを言葉や態度で示す必要があります。どういうことがあったのかの説明を求められる場合は、誠意を持って答えてあげると良いでしょう。


男女別の浮気に走ってしまう主な原因とは?

では、つづいて、浮気をしてしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。原因は、男女別に異なる理由があります。

それぞれの原因について詳しく解説しましょう。夫婦の場合もカップルの場合も、原因を避けることで、良い関係を保つことができるでしょう。


男性が浮気する主な5つの原因

まず、男性側の浮気をしてしまう理由について考えます。

シチュエーション上の勢いであるケース、夫婦やカップルの関係がうまくいっていないことに起因するケースなど、様々な理由があるので詳しく解説していきます。


原因1. お酒の勢いやその場の雰囲気でつい関係を持ってしまう

男性は、性的な感情がコントロールできなくなるタイミングがあります。

お酒を飲んだ時などには、性欲のコントロールがさらに弱くなってしまいます

好意を抱いているという愛でではなくても、浮気となってしまう行為をしてしまうということに陥る可能性が大きくあります。

その場にいる女性とちょっと良い関係になってしまったという場合もコントロールを失って、好意がなくてもつい浮気をしてしまうということも起こりえます。


原因2. 彼女が夜の営みの相手をしてくれないから

原因が、夫婦やカップルの相手にある場合もあります。

必要とする性的な関心を相手の女性が持ってくれないなら、男性としては、他の女性にその関係を持ってもらうようにしてしまうことがあります。

夫婦やカップルの中で親密な関係がないので、それを他の女性に求めても良いではないかという心理の言い訳を持ってしまい、その浮気行為を正当化しているのです。

しかし、原因の一旦は、夫婦やカップルの関係にも起因します。


原因3. 単純に自分好みの女性だったため

単純に、浮気をしたいと思うぐらいの女性が現れてしまったというケースもあります。

それでも、その既婚の夫婦関係やカップル関係を解消したいわけではありません。

妻や彼女のことも好きで、大切にしたいと思っていますが、どうしても本能的にその女性との関係を持ちたいと思ってしまうというシチュエーションです。

女性の側としては、とても大きなショックを受けてしまいます。自分がいながら、他の女性に大きな魅力を感じていることを知ってしまうからです。

【参考記事】はこちら▽


原因4. 彼女と上手くいっていないから

現在の関係がうまくいっていない時に、男性が浮気をしてしまうという可能性が大きくなります。

既婚の夫婦が妻とうまくいっていない場合、またカップルの彼女とうまくいっていない場合に、男性心理として、嫉妬心から他の女性に目を向けて、妻や彼女の関心を得ようとすることがあります。

少し投げやりに見える作戦のようですが、多くの男性が、このような心理状態を経験して際に、浮気をしてしまうという事態に陥ってしまうのです。


原因5. 相手の女性からのアプローチに根負決して

男性側が学生であるケースなどで若くて経験がなく、積極的なアプローチに慣れていない場合や、押されに弱いという場合には、浮気の相手となる女性に、一方的に押し切られてしまって、浮気の関係を持ってしまうということもあり得ます。

どこからを浮気と見るかによりますが、押され具合いによっては、ただ単にメッセージのやり取りをするだけにとどまらず、二人きりで食事に出かけたり、黙って旅行に出かけたりして、いつの間にか深い関係の間柄になってしまうということもあります。


女性が浮気する主な5つの原因

では、ここからは、女性側の浮気に至ってしまう理由としての主な原因について取り上げます。

さみしさを感じてしまったゆえのケース、ときめきを欲しているゆえのケースなど、現状に満足できていないことが、浮気の引き金となってしまうことが多くあります。詳しく解説しましょう。


原因1. 純粋に愛が足りずに寂しかったから

寂しいという感情は、男性より女性の方が強くより鮮明に感じることが多いです。

社会の中でも一般的な役割にも由来するものと思われます。

家庭に入って旦那を待つという女性にとって、旦那が外で忙しくしているということも、感情に強く影響を与えることになります。

長期にわたって、一人で待っているというさみしさに直面したら、他の男性のところにいって、愛されていることを感じたいと思ってしまうのにも無理はないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 彼氏や恋人より魅力的で素敵な男性に出会ったから

旦那や彼氏にはない、魅力的な面を持つ男性と出会ってしまったなら、その人に好意を持ってしまうという傾向が、男性の場合より女性の方が強くあらわれます。

その魅力的な面が、もともと理想の男性像の中で求めていたもので、現在のパートナーが持ち合わせていないものであるなら、この好意の感情は加速してしまう可能性がとても高くなります。

既婚の女性の場合でも、場合によっては、浮気にとどめておくこともできず、離婚してしまったりするケースもあります。

【参考記事】はこちら▽


原因3. マンネリ化して彼氏にトキメキがなくなったから

現在のパートナーとの関係に、マンネリ化を感じてしまい、ときめきがなくなってしまっているということも、浮気の引き金となりかねません。

新鮮な感覚にときめきを感じてしまうというのはとても普通のことです。

恋愛事情に関しても、このことは大きく影響します。

現在の関係に、新鮮味やときめき感を持つことができなくなってしまったなら、新しい恋や、不倫関係や、なんらかのドキドキを与えてくれるものに、関心を持ってしまうということがあり得ます。


原因4. 他の男性に言い寄られて断れなかったから

押しに弱いという性格も、男女別なく浮気の関係になってしまう要因のひとつです。

積極的にアプローチしてくる他の男性がいて、どのように断れるかに関するノウハウを持ち得ていない学生などのケースなら、そのまま流れにのって、浮気の行為へと発展してしまうこともあり得ます。

男性側が、とても恋愛に関する経験が豊富であるなら、より危険度は増してしまいます。

原因となる要素の中に、現状のパートナー関係の不満という根本的な問題があるというケースもあります。


原因5. 彼氏に不満を抱えていて、自分を理解してくれる人が現れたから

現状のパートナーとの生活に、とても不満を覚えている場合にも、大きな浮気の原因があります。

既に現状のパートナーとの関係を諦めているという場合もあるでしょう。

そういった時に、自分のシチュエーションをよく理解してくれる男性があらわれたなら、一気に思いはその新しい出会いのほうに、向いてしまうことでしょう。

正式に現状のパートナーとの関係は解消されていないので、浮気であることには間違いないですが、時とともに新しい関係の方を選ぶということになることでしょう。


恋人が浮気した時は許すべきなの?

では、浮気が発覚した時には、浮気をされてしまった方としては、どのように反応したら良いのでしょうか。

もちろん、それぞれのシチュエーションが異なり、それぞれの人のこれまでの関係などの状況によるのは間違いないですが、浮気を許すことができるパターンと、許してはいけないパターンがあります。


恋人の浮気を許しても良いパターン

それぞれのシチュエーションによって異なりますが、悪気がなく浮気をしてしまって、本人が深く反省していると思える場合には、その浮気行為を許してあげて、パートナーとの関係をもとに戻すようにすることもできます。

許すというのは、裏切られたと感じる方からすれば、簡単なことではありません。

これまでのその彼氏や彼女との出来事をよく思い起こしたりして、特別な感情を取り戻していくことができるでしょう。

反省している過去のことは、水に流してあげましょう。


恋人の浮気を許してはいけないパターン

これも、それぞれのシチュエーションによって異なることは間違いないですが、浮気が確信犯的な行為として行われているという場合には、許すというよりも、そのパートナーとの関係を見直すということがより実際的であるということになります。

浮気をしたことを深く反省している様子でもないという場合ならよりそれが当てはまります。

それは、完全な裏切り行為であり、それを許しているなら、その対応に甘えて、さらに別の浮気をする可能性があります。


【男女共通】浮気しやすい人の5つの特徴とは

では、浮気をしやすい人にはどんな共通の特徴があるのでしょうか。

いろんな要素が関わっていますが、性欲の強さやノリのよさなどの性格によって大きく左右されます。

では、具体的にどんな特徴があるか解説していきましょう。


特徴1. 異性の友達が多く、二人っきりで飲みに行く機会が多い

異性の友達がたくさんいるという人は、要注意です。

異性の友達と二人きりで遊んだり食事をしたりするということにも、あまり抵抗がない環境で生きていますから、浮気となることに誘われる機会も多いでしょう。

男女関係にけじめがあまりない、軽い男性や軽い女性がこのグループに当てはまります。

自分のしている好意を浮気と思っていないというケースもあり得ます。

こちら側はそれは浮気に当てはまると感じていても、取り合ってくれないことでしょう。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 好奇心が旺盛で、性欲も強い人

性欲をコントロールできていないなら、他の異性にそんなに強い魅力を感じていないとしても、浮気となる行為をしようとする動機づけを、いつも強く感じていることになります。

性欲のはけ口が見つかったら、すぐにそちらに行ってしまうことでしょう。

好奇心が旺盛であることも、浮気に関していえば、大きなネックとなってしまいます。

常に新鮮な感覚を得たいと思っているので、新しい出会いや新しい体験を探して、浮気であることには目もくれないかもしれません。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽


特徴3. ノリがよく人と距離を縮めるのが上手な人

ノリがよくて、いろんなひととの距離感を縮めるのが得意な人も、浮気をしてしまいやすい環境にいるといえます。

ノリが良いので、相手が異性であったとしても、雰囲気よく盛り上げることに長けています。

場合によっては相手が勘違いをしてしまい、浮気をする意図が全くなかったとしても、その場の状況のノリで、浮気の行為にまで発展してしまうということもあり得るのです。

ノリでちょっとしたハグからはじまって、浮気に発展するというケースも考えられます。


特徴4. 親族や友人など、浮気症な人が身近にいる

浮気がその人にとって、悪いことではないと思わせる環境で生きている人は、やはり浮気を悪いことと認識することができず、浮気をしてしまう確率が高いといえます。

親族や友人の影響としてそうなってしまっているというケースもあるでしょう。

浮気をしても、何の害もなかったという間違った経験から、自分も浮気をしても問題ないというふうに結論付ける習慣が身についてしまっているのです。

この考え方から脱出するのは、相当難しいのではないでしょうか。


特徴5. 周囲に流されやすく、断るのが苦手な人

押しに弱いという性格が、浮気となってしまう関係を断れないということにつながってしまいます。

学生など恋愛における経験が圧倒的に少なく、どのように拒否したら良いかがわからず、的確に行動することができないまま、押し切られてしまうというケースもあります。

場の雰囲気を大切にするあまり、本当に大切な、現在の恋人との関係の重要性を顧みず、流されるままになってしまうのです。

事後に反省して今後に活かしてくれると確信できるなら、許すこともできます。


「浮気」の基準は人それぞれ。一番は勘違いしない行動をすること

どこからが浮気となってしまうのかは、それぞれの人によって、また男女別に異なるものです。

食事に行く、ハグをする、肉体関係を持つ、感情的に好きになるなど、どこからの線引きで、浮気を判定していることがよくわかりました。

恋人とうまくやっていきたいなら、いつでも愛情を持ってあたたかい関係を保てるようにして、浮気が発生してしまうことを防ぎましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事