彼女を怒らせた時の対処法と謝り方│別れを回避して仲直りする方法とは

彼女がデート中に機嫌が悪くなったり、LINEの未読無視が続いて「もしかして彼女を怒らせた…?」と不安になっている彼氏へ。怒っている彼女への対処法や上手な謝り方をレクチャー。また、絶対にしてはいけないNG行動の注意点も解説していきます。別れを回避して円満なカップルに戻ってくださいね。

彼女を怒らせた時、どう対応してますか?

彼女を怒らせた時の対処法

彼女を怒らせたというと、浮気がバレてしまって、ふたりの関係が危機的状態になっているところを想像してしまいますね。謝り方などの対処方法によっては、彼女と別れてしまうという結果にもなりかねません。

この記事では、いろんなシチュエーションで彼女を怒らせた彼氏が参考にできる、仲直りの仕方について解説します。


彼女を怒らせた時の上手な対処法や謝り方

彼女を怒らせてしまったなら、最善を尽くして円満な解決をしたいところですよね。どのようにすると、怒っている彼女の機嫌を取り戻して、仲直りできるのでしょうか。

ここからは、怒らせたときの対処法や謝り方について解説します。


対処法1. まずは理由を述べてきちんと謝る

怒らせた理由が彼氏側にあるなら、彼女としては男性が誠意を持っているかどうかを知りたいという心理が働きます。

誠意を示すためにまずしなければならないのは、起こってしまったことの理由を丁寧に説明して、きちんと彼女に対して謝ることです。

言い訳をするわけではありませんが、どうして怒ってしまうような事態が起こってしまったのかは説明する必要があります。質問されたことにも正直に答えましょう。


対処法2. 彼女が感情的になっている場合は、落ち着くまでなだめる

彼氏の謝罪を受け入れようと思うかどうかには、彼女の機嫌が大きく関係します。怒らせてしまった事態について知ってまだ間がなく、怒りの気持ちがまだ大きいようであれば、謝る前に、機嫌を直してもらうために、彼女をなだめることが先決である場合があります。

感情的になっているときは、事態の説明をするというより、謝罪の態度を示しながら、機嫌を取り直してもらうように努めましょう。


対処法3. LINEや電話で一時的に怒っている場合、次の日に何事もなく再度連絡を入れてみる

LINEや電話などで、関係がちょっとぎくしゃくしてしまうというケースもよく起こりえることです。こんな場合でも、連絡をしないまま長時間放置してしまうということがないようにすることが大切です。

直接会って謝るということができないシチュエーションもあることでしょう。LINEや電話で、これまでと同じように何事もなく連絡を入れてみると、案外受け入れてもらえるものです。


対処法4. お菓子など彼女が好きなものをプレゼントして機嫌をとる

彼女としては、気分が害されたのを取り返すために、彼氏側が最大限の誠意を見せてくれることを期待しています。誠意のあらわし方として、彼女が絶対に喜んでくれるようなものをプレゼントとして選んでみましょう。好みのお菓子などが分かれば、機嫌を直してもらうきっかけとなることでしょう。

まだ怒りの気持ちが強く残っていたとしても、プレゼントをするということは、大きな中和剤として効果を発揮してくれます。


【参考記事】はこちら▽


対処法5. 理由が分からない場合、まずはきちんと謝ってなぜ怒っているかを聞く

どんな理由で怒っているのかがわからないという場合もあります。ただ単に機嫌が悪いだけだと決めつけて放置するようなことがないようにしましょう。

こちら側に非がないと思える場合でも、男性の方から積極的に相手の機嫌を気にかけてあげることは、優しさとして理解してもらえます。

こちらから率先して話題を切り出し、機嫌が悪くなってしまった理由が自分にあるなら申し訳ないと言って、なぜ怒っているのかを聞き出せます。


対処法6. ミスや失敗をした場合は、次はしないことを約束する

彼氏側のミスによって、彼女が猛烈に怒ってしまうということが起きたなら、すぐに謝りましょう。

交わしていた約束をすっぽかしてしまったなど、些細なミスは誰にでもあるものですが、彼女側としては、大切にされていないというふうに感じてしまい、怒りの気持ちがこみ上げてしまうのです。

丁寧な謝り方をしながら、怒らせた直接の原因となったミスや失敗を二度と繰り返さないようにするということを、説明することで理解してもらいましょう。


対処法7. 謝る時は彼女の目を見て、誠実にお詫びの気持ちを伝える

彼女を怒らせたときの謝り方もとても大切です。彼女は、男性側に誠実さがあるかどうか、今後も大切に扱ってもらえると信じられる根拠をきちんと確認したいと思っていることでしょう。

誠実さを伝えるためには、相手の目を見て謝罪の言葉を優しいトーンで述べることが効果的です。二度と悲しませるようなことはしたくないと思っていることを、表情で伝えるのです。


【参考記事】はこちら▽


彼女を怒らせた時に避けたいNGな言動や行動

怒ってしまった彼女と仲直りするために、一生懸命対処しているのに、一向に状況が改善していかないという経験は誰しも持っているのではないでしょうか。

彼女を怒らせたときにやってはいけない発言やアクションについて解説します。


NG行動1. 相手に反発したり、逆ギレしたりする

怒っているときには、誰しもアクションが大げさになってしまうものです。彼女が怒っているときも、怒っているゆえに態度が荒くなっていたり、言ってはいけないような発言をしてしまうこともあるでしょう。

こちら側が、相手の怒りの反応についてコメントしたり、そんな態度をとるべきではないなどと諭そうとするなら、いくら謝ろうと思っていたとしても、そんな気持ちは伝わらなくなってしまいます。反発したり逆ギレしたりするのは、絶対に避けましょう。


NG行動2. 言い訳ばかりして謝ろうとしない

起こってしまったことについて説明することは必要なことですが、一番重要なのは、誠実な気持ちで相手に謝ることです。謝罪の言葉がないなら、こちらが言い訳のつもりではなく説明として話している内容にも、聞く耳を持ってもらえることはありません。

怒っている状態の心理状態では、自分の非を認めない説明などは、言い訳に過ぎないと判断されてしまいます。説明をしたいと思うなら、しっかりと謝りの言葉を述べてから状況を説明するようにしましょう。


NG行動3. 「まぁまぁ」と笑いながら流そうとする

相手が怒っているという事実を軽く見ているような態度は、状況を悪化させてしまいます。怒っている自分が間違っているというようなメッセージを伝えてしまっているようなものです。

悪気はなかったという場合でも、相手の感情を深く傷つけてしまったのは事実なので、怒りの気持ちが取り除かれるまで、丁寧に対応するべきです。

「まぁまぁ」などと言って笑いながら対応し、起こったことに真剣に向き合わず流そうとするなら、相手の怒りはさらに大きくなってしまうだけです。


NG行動4. 「そんな怒ることある?」と皮肉をいう

やってしまったミスの重大性と比べて、釣り合わないと思うぐらい、相手の怒りが大きいという場合もありますよね。

そんな場合でも、男性が加害者で、彼女が被害者であるという事実を思い起こしましょう。相手が深く傷ついてしまったと言うなら、相手の怒りの度合いに合わせて対応するべきでしょう。

決して「そんなに怒らなくてもいいのに」などと、皮肉めいたコメントをしてしまうべきでは決してありません。


NG行動5. ふてくされて彼女を無視する

怒っている相手をなだめるのは、誰しもやりたくないと思ってしまうものですよね。だからといって怒らせた状況を放置したり、彼女を無視したような態度をとるべきではありません。

そのような態度は、ミスをしてしまった自分に対して怒りの感情がわいてしまったり、彼女の怒りのリアクションに逆ギレしてふてくされていることの表れです。

彼女が被ったミスの被害が見えなくなるくらい、ふてくされるというのは、大人の男性がとるべき態度とはいえませんよね。


本気で怒らせたら別れ話に発展する恐れも。別れを意識した彼女の前兆サイン

彼女を本当に怒らせたという場合には、ふたりの関係性の大きな危機となりえます。仲直りする方法がなく、円満な状態に戻ることができないのです。

どんな彼女の反応があれば、危機的状態なのでしょうか。別れを意識した彼女がやってしまいがちなサインを解説します。


別れの前兆1. 謝罪のLINEを送っても未読無視される

ふたりの関係が致命的になるほど彼女が怒っているという場合は、こちらとの連絡を全く取らないようにすることがありえます。会いに行くこともできず、電話にも出てもらえないという日が続きます。

こちら側が誠意を持って対応しようとして、LINEなどに謝りの言葉を含めた文章を送っても、一向に確認してもらえず、未読無視の状態になっているなら、かなり怒っているというサインです。


【参考記事】はこちら▽


別れの前兆2. きちんと誠実に謝っても「もう良いから」と一蹴される

誠実な態度を示して、ちゃんと謝ることができた場合でも、相手が謝罪を受け入れようとせず、破局になってしまうというケースもありますよね。謝罪の言葉を信じてもらえないような状況になっている可能性があります。

彼女はこちらの謝罪に対して、「もう良いから」というコメントしか述べないのなら、もう関係を改善してカップルとしてやり直していく気持ちを持っていないと解釈できます。


別れの前兆3. 仲直りできなくて落ち込んでいても、歩み寄ろうとすらしてくれない

仲直りをするために、いろんな対処方法を試みたけれども、まだ関係を修復できないなら、落ち込んでしまいますよね。

彼女側がまだカップルとして一緒にいたいと想っていてくれているなら、男性の謝罪のための努力を評価してくれるはずです。

こちら側が落ち込んでいるタイミングで、なんらかの歩み寄りを示してくれないという場合は、完全に関係を断ち切ろうとしていると理解できます。


別れの前兆4. 怒るを通り越して冷めている

怒らせた相手の彼女が、もはや怒りではなく、冷めたような態度をとり続けているというケースはどうでしょうか。

仲直りのために、冷静さを取り戻そうとしているというわけではなく、怒りの向こう側にある感情としての冷静さの境地に至っているということも考えられます。

もう修復してやり直そうという気持ちは一切なく、関係を終わらせるために、気持ちを高ぶらせないようにしているのです。


【参考記事】はこちら▽


彼女と円満でいたい!仲良しカップルでいるコツ

大好きな彼女と、これからもずっと長く仲良しカップルとして続けていきたいなら、彼女といつでも円満にやっていくための秘訣を心得ていなければなりません。

彼女を怒らせたくないなら、日ごろからどんな努力を重ねていく必要があるのでしょうか。ポイントを紹介します。


コツ1. きちんとお互いを尊重し、日頃から素直な意見をぶつけ合う

お互いに敬意を持てる関係性を保つということがとても重要なポイントです。日常の中から、お互いに素直にコミュニケーションを交わしあって相手のことをよく知るように努めましょう。

相手のことがよく分かっているなら、些細なことで不一致が生じてしまったり、誤解が重なって仲たがいしてしまったりすることがなくなるはずです。

きちんとお互いを尊重して、敬意を持てるような努力を払うようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽


コツ2. 仮に喧嘩をしても、次の日には持ち越さない

努力をしていても、喧嘩になってしまうということは、必ず起こることです。どれだけ似たものカップルであったとしても、すべて同じである人はいないからです。

大切なのは、喧嘩をしたとしても、ずるずると仲違いの状態を長期にわたって継続させないということです。できれば、誤解や意見の相違が生じた当日中には解決するようにしましょう。次の日に持ち越すなら、解決するのがもっと難しくなってしまうからです。


コツ3. 日頃から感謝や好意の言葉は口に出して相手へ伝えるようにする

円満な関係性を続けるには、相手を尊敬する気持ちを持ち続けることも大切です。相手の良いところを発見するようにいつも心がけておきます。

ちょっとしたことでもいいので、相手の良いところを見つけたなら、言葉にして伝えるようにしましょう。感謝の言葉を彼氏からいつも聞いているなら、何らかの不和が生じても、一緒に仲良くやっていきたいと思ってくれるはずです。

彼女を特別な存在と思っているということも、言葉にして伝えるようにしましょう。


コツ4. 忙しくても定期的に二人でお出かけする日を設ける

いつも一緒にいることは、相手のことを深く思いやったり尊重したりするための大きな助けとなります。誤解が生まれたとしても、すぐに話し合って解決することができるからです。

忙しくてふたりで過ごすことが少なくなってしまっているとしても、必ずふたりで出かけたりする時間を定期的に持つようにしてください。少しずつ、相手に対する怒りを感じることがなくなってくることに気づくはずです。


コツ5. 強い信頼関係を築くためにも、約束はきちんと守る

約束をしょっちゅう破られてしまうということも、彼女を怒らせてしまう主要な原因のひとつです。交わした約束は、きちんと守るようにしましょう。残業があるなどの些細な状況の変化で、約束が果たせなくならないように努力してください。

いつも約束を守ってくれるという強い信頼関係があるなら、いざ約束が守れなくなってしまう状況が生じてしまったとしても、問題なく円満な関係を続けていくことができるのです。


彼女を怒らせたら、誠実な態度で対応して。

彼女を怒らせたときには、誠実さがとても重要で、心から謝るようにすることが大切ですね。言い訳をしてしまうというのが、火に油を注ぐような行為であることもポイントでした。日ごろから仲違いすることがないように、敬意や信頼関係を培うようにすることが重要ですね。

大好きで大切な彼女とずっと一緒にいるために、信頼関係を高めていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事