良い求人の探し方、効率的な検索とは。自分に合う仕事の探し方を解説

家に居ながら転職サイトや転職エージェントを通じて、たくさんの求人に目が通せる時代です。しかし、いくら求人があっても良い求人を効率的に検索できないと宝の持ち腐れ。今記事では、自分の条件にマッチする求人を見つける方法をご紹介します。

良い求人が見つからないとお悩みの方へ、良い求人の探し方ヒントをお教えします

良い求人の探し方

転職サイトや転職エージェントを使っても、めぼしい求人が見つからないとお嘆きの方も多いかと思います。検索慣れしていない方だと、求人探しだけで気持ちが折れてしまうこともよくあるそうです。ここでは、転職希望者向けに効率が良い求人の探し方のヒントをお教えします。転職サイトや転職エージェントの検索機能を利用して、マッチングする求人をたくさん見つけていきましょう。


条件を並べすぎるとどんな求人もマッチしないように見えてしまう

求人を探す時、頭の中に職種、年収や待遇、休暇日数、企業の場所などいくつかの条件を思い浮かべることでしょう。そして実際に求人を見ていくと、「会社の場所はいいけれど、給与に不満がある」「待遇はいいけれど、会社が遠い」など理想からどんどんかけ離れて、マッチングしない求人だらけのように思えてくることもあります。


良い求人の探し方のポイントとは

良い求人を転職サイトや転職エージェントの検索機能を使って見つけようと考えたら、いくつかのポイントがあるので覚えておきましょう。それは決して難しいことでも、面倒なことでもありません。事前にポイントを押さえておくと、スムーズにフィットする求人を探し出すことができ、検索効率も上がります。それでは、4つのポイントをご紹介します。


① まずは自分が求める条件をはっきりと決める

まずは、自分の求める条件をはっきりと決めましょう。見落としがあってはいけないと、求人を最初から見ていく方も多いのですが、膨大な数の求人があるので、途中で頓挫してしまいます。職種、スキル、年収の金額や、企業の場所などを使って検索をしぼり込めますが、あまりその項目が多いと検索機能によっては該当なしとなってしまうのでご注意ください。自分の中で優先順位を決め、条件は3つほどに絞った方が見つけやすいでしょう。


② 企業の口コミサイトも併用してみる

転職サイトや転職エージェントで求人を見つけていくうちに、知らない企業をたくさん見かけることでしょう。自分の条件にマッチする企業でも、聞き覚えがない企業に応募するのは不安になってしまいます。そんな時には企業の口コミサイトも併用してみましょう。企業の口コミサイトとは、文字通り匿名の社員や元社員の口コミ中心に集め、企業の評価を見ることができるサイトです。マイナス意見も多い企業の口コミサイトですが、意外な発見もありますので、応募しようとしていた会社が掘り出し物だと判明する可能性も高いです。


③ 自分の置かれている立場にあった転職サービスを利用する

転職サイトや転職エージェントに登録されている求人はそのサイトごとに特色があることがほとんどです。20代向け、30~40代向け、キャリア向け、外資系企業中心、ハイキャリア向けなど様々です。もちろんそれにともない求人のカラーも違いますので、自分にぴったりの転職サイトや転職エージェントを選ぶ必要があります。具体例でいえば、20代の初めての転職なのに、管理職求人を中心にあつめたサイトで検索していても仕方がないといえます。


④ 非公開求人を中心に探す

転職サイト、転職エージェントのほとんどは、登録しないと見られない非公開求人が用意されていることがほとんどです。非公開求人とは、企業側が2つの理由で非公開にしている求人です。1つ目は応募が殺到し、質が玉石混淆にならないようにしているという理由です。また、2つ目は同業他社のライバル企業に募集内容を把握されたくないという理由です。非公開求人は年収や待遇が良いことが多いので、まず転職サイトや転職エージェントに登録してログインし、非公開求人を中心に探してみましょう。


自力で求人を探すなら【リクナビNEXT】に登録をしましょう

転職エージェントに登録すれば、コンサルタントがあなたの登録データに基づき、マッチングしそうな求人を探してくれます。しかし、自力で見つけたいなと考えたらリクナビNEXTに登録すると良いでしょう。リクナビNEXTは豊富な業種・職種・地域を網羅し、多くの求人が掲載されています。非常に細かく指定検索ができるサイトで好みの求人が探せます。また、スカウト機能もあり、職務経歴書を登録しておくとリクナビNEXTに登録している企業や、連動しているリクルートエージェントからお誘いがくるシステムとなっています。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTをおすすめするポイントは、なんといっても優れた検索機能です。職種とこだわり検索の項目の充実で、求人サイトの検索として使いやすいと評判です。希望職種だけでも86の項目に分けられているので探したい職種を簡単に抽出することができます。また、こだわり検索の項目も多く、24項目にも分かれています。項目は、会社の特長や、休暇の特長などあり、例えば「土日祝休みの会社」などで検索することもできます。この機能によってあいまい検索の精度も上がり、希望求人に巡り合う確率が大幅に上がりました。検索条件を保存することができますので、次回より新しい求人がないか簡単に検索することができます。

公式サイトで見る


転職エージェントに求人を紹介してもらうのも良い求人の探し方の一つ

検索での求人の探し方のポイントをお伝えしましたが、転職エージェントのコンサルタントにあなたにマッチングする求人を探してもらうのも、良い求人の探し方です。あなたの希望条件に合う企業はもちろん、コンサルタントというプロの目から見て、あなたのスキルや経歴、性格にぴったりくる企業を選んでくれることもあります。


業界最大手の【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、人材派遣・就職・転職についての代名詞ともいえるリクルート社が運営する国内最大手の転職エージェントです。登録された求人案件は約15万件に達しているため、利用者も多い転職エージェントです。多くの職種をカバーしており、なかなか見つけられない職種もカバーしています。営業職に次いで、IT・通信系エンジニア、事務系スペシャリストの採用決定者の比率が昨今では高くなっています。コンサルタントの質もよく、提案力にも定評があります。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントのおすすめポイントですが、まずは種類豊富で多彩な求人件数です。他サイトにはない珍しい職種もカバーしている場合があります。また、おすすめするポイントとして長い企業の歴史の中で培われた企業との信頼関係が挙げられます。母体がリクルートというだけあって、多くの企業とのパイプがあります。それが企業との年収交渉の巧みさにも現れています。さらに、エージェント力も高く、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーからの適切なアドバイスがきっとあなたの転職の大きな手助けとなるでしょう。

公式サイトで見る


業界2位で若手転職者に強い【DODA】

DODAはパーソルキャリア運営のリクルートエージェントに次ぐ規模の転職エージェントです。一斉を風靡した転職情報誌時代のノウハウがあり、リクルートエージェントに並ぶ求人数・決定数の実績があります。求人数だけでみると、リクルートエージェントも上回っています。ウェブ上だけのサービスにとどまらず、DODAではDODA転職フェア、合同転職面談会等も開催しています。また、コンサルタントにさまざまな転職にまつわる相談をすることができます。


DODAのおすすめポイント

DODAの最大のおすすめポイントはリクルートエージェントに匹敵する豊富な求人数です。専門職にはあまり特化しておりませんが、営業職や一般職を探している場合には非常に有益なサイトです。検索もしやすく、15種類(営業職・企画管理・技術職・販売サービスなど)の分類から職種を選別していく仕組みとなっています。こだわり検索も充実しており、週休2日制、年間休日120日以上、未経験歓迎、学歴不問、転勤なし(勤務地限定) などの項目があります。また検索機能も充実していますが、コンサルタントの提案力もあるため、求人を紹介してもらうのも良いでしょう。

公式サイトで見る


譲れない自分の条件を決めることが大切。基準を定めて良い求人を見つけよう

転職をするのなら、前職よりいい企業にしたいものです。職種、年収、休暇、企業の場所など自分の中で譲れない条件はクリアにして、マッチングする求人を選び取りたいですね。検索機能が良い転職サイトや、良い求人を提案してくれるコンサルトがいる転職エージェントなどを活用し、見落としなく良い求人を見つけるようにするのが転職成功の決め手です。

【参考記事】仕事は辞めるタイミングが大切。退職におすすめの時期とは?▽

【参考記事】転職エージェントのメリット・デメリットとは?▽

【参考記事】転職エージェントってどんなサービス?求人紹介の流れも解説します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事