休職中の転職活動は不利?避けるべき理由と転職する時の注意点とは

休職中に転職活動をする人が増えています。しかし、休職中の転職には、活動しやすいというメリットがある一方でリスクもたくさんあります。できることなら、休職中の転職活動は避けた方が良いでしょう。その避けるべき理由と、転職活動をする場合の注意点を紹介します。

休職中に転職活動を避けるべき理由を解説していきます

休職中の転職はやめる

休職中は、昼間の時間を自由に使えるので転職活動をするのに好都合です。時間がたっぷりあるので、求人の検索などもしっかりできます。しかし、休職中は転職活動をしても良いのでしょうか。できれば避けるべき理由をご紹介します。


そもそも休職状態とは

休職というのは、業務と関係ない原因で心身の状態が悪くなり、仕事をすることが困難な場合や、事故を起こしたり、起訴されたりしたりという理由、また、出向や留学などで休職するケースがあります。一定期間、会社の許可を取って療養などで休職できます。普通は、最初に有給をとり、その後休職扱いにするケースが多く、休職中は会社に席があるものの、収入がなくなるのが一般的です。最近は、メンタルの不調による休職が増えているようです。


休職中の転職活動は違法ではないが、何のための休職か考えるべき

在職中に転職活動をしている人もいますから、退職をしないで転職活動をすること自体は、違法ではありません。しかし、人事から見ると、フォローアップをして復職に向けて動いているのに、転職をすると言われるとびっくりしてしまいます。新しく働くことになった会社と前の会社の間で、トラブルが起きる可能性もあります。ただ、最近はメンタル面の問題で、休職をする人も多く、復帰すると考えただけで気分が悪くなる人も多いようです。そのような人は転職が必要かもしれませんが、きちんとけじめをつけてから始めましょう。


応募先企業に休職状態を疑問視されることが多い

応募先企業も休職中であれば、採用に慎重にならざるをえません。休職中の人が籍を置く会社との間にトラブルが起きる可能性もあります。また、どのようなことが原因で休職中なのかを知りたいと思うでしょう。体調の悪い人を採用することにメリットを感じないかもしれません。もし、休職中であることを隠して転職活動をするのであれば、経歴詐称ということにもなります。仕事が決まらなければ、元の会社に戻るというような気持ちの人を信頼できないと見る会社もあります。


どうしても転職をしたい時に気をつけるべきこと

できれば避けた方が良い転職活動ですが、自分自身の人生ですから、転職しなくては幸せになれないと思えば実行するしかないでしょう。もし転職できなくても、元の会社に戻れるというメリットのあるこの時期を利用する場合、メリットがある反面、気をつけないと大変なことになってしまいます。どのようなことに気をつけるべきなのかをピックアップしました。


① まずは体と心を休めることが第一

まずは、休職中なので休むことが大事です。疲れている時は、考えもネガティブになりがち。少なくとも、最初の1週間はとにかく眠りましょう。何も考えずいくらでも眠ってもいいのです。長い間、寝る時間も惜しんで仕事をしていたのですから、疲れもたまっています。眠ることで、体も心もリフレッシュして、どうしたらいいのかがはっきり見えてきますよ。転職には、肉体的にも、身体的にもパワーが必要ですから、休むことでパワーをしっかり蓄積してください。


② 在籍中の会社にばれないように行う

しっかり休んで冷静に考えて、転職活動をすると決心しても、在籍中の会社にばれないように活動しましょう。休職中というのは、在籍している会社に復職することを前提にしてお休みしているのですから、休職中に転職活動をしていることがわかれば処分が科せられる可能性があります。処分はなくとも、仮に転職が成功しない場合は収入面を考えて復職せざるを得ないのですから、ばれないように気をつけましょう。また、休職中でなくても、在籍中の転職活動は、内定をもらうまで現職の会社にわからないようにした方がベストです。


③ 休職中の収入を考えて転職活動をする

休職中は収入がかなり減少します。仕事をしていることが原因のケガや病気で休業する場合は、休業補償給付・休業特別支給金を申請できます。収入の約3分の2が休業4日目から支給されます。休業特別支給金と合わせると給料の約8割を受け取れますが、厚生年金、健康保険の自己負担額は、支払わなくてはいけません。ローン返済が苦しくなったら、利子だけを支払う元金返済の一時停止という制度がありますから、銀行と相談してみましょう。どのくらいのお金が入り、出費があるのかきちんと計算して、転職活動をしましょう。


④ 面接時に休職中の理由を明確に答えられるようにする

休職中に転職活動をしていると、面接時は言いにくいかもしれませんが、もし転職が決まれば、源泉徴収票を提出すれば休職中であったことはわかってしまいます。ですから、下手に隠してしまわずに、ちゃんとした理由をはっきりと伝えることが肝心です。つまり、面接で大切なポイントは「嘘をつかないこと」です。


⑤ 休職から退職までの流れが通常と違う場合があるのでしっかりと確認する

休職中に転職活動をして内定をもらった場合は、速やかに休職中の会社を辞めなければなりません。休職中に転職活動をしていたことを言わなくてはいけないので、少々気がひけるかもしれませんが避けられないことです。休職から退職への流れが通常とは違う場合もあるので、その点もしっかり確認しましょう。まず、直属の上司に相談してみましょう。もし聞き入れてもらえない場合は、その上の上司に相談するのもひとつの方法です。会社側としては気持ちのいいことではないかもしれませんが、誠意を見せてきちんと手続きをしましょう。


⑥ 在籍中の会社が第一であることを忘れない

休職中で、会社に行っていないとはいえ、会社に在籍しているということを忘れてはいけません。会社としても、休職をして回復したらしっかり働いてもらおうと思っています。ですから、道義的な意味合いにおいても、在籍中の会社が第一であることを忘れないようにしましょう。もし、転職が決まったら、すぐに在籍中の会社に復職して、引き継ぎをします。転職活動をしていたのですから、会社側も気分を害していて、決して居心地がいい状態ではありませんが、最後にきちんとした形で退職してください。


⑦ 「時間があること」を最大限活かしてスケジュールを立てる

休職期間中に転職活動をする最大のメリットはやはり「時間があること」です。時間がたくさんあるので、企業情報をたくさんピックアップでき、それぞれの企業の特徴なども把握しやすいので、面接傾向も研究できます。また、平日の昼間にどこにでも行けますから、いつでも面接を受けられ、面接の日程が組みやすいので、比較的早く仕事が見つかる可能性が高いです。また、履歴書や職務経歴書もきちんと書けて、準備も万端で臨めるのも大きなメリットです。


⑧ 効率よく転職を進めるならエージェントの利用を

以上のように、休職中の転職はおすすめではありませんが、それでも深く考えた末にどうしても転職しようと決心したのでしたら、転職エージェントの利用が効率的です。内定が決まった後のフォローもあり、退職する時の書類などの煩わしい手続きなどのヘルプもありますから、スムーズに新しい生活が始められます。体調が悪く、求人を探すのが大変な時にも、貴方にぴったりの仕事を推薦してくれますよ。その他の相談事にも乗ってくれるので積極的に利用しましょう。


休職中の転職が不利かどうかの相談にも乗ってくれるエージェントを利用してみて

転職エージェントは、ほとんどの場合無料で登録ができます。まずは、最初から1社に絞り込まずに問い合わせてみましょう。ご自分の現在の状況を正直に話して、その上でしっかりサポートをしてくれるエージェントを選びましょう。休職中の転職が不利かどうか、また、実行するにはどのような方法が良いのかなど、ちゃんとアドバイスをしてくれますよ。


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績が国内でナンバーワンといわれる転職エージェントです。リクルートブランドにより、優良企業と強いパイプを持つことでも有名な高い信頼と実績があります。リクルートエージェントは、求人数の約90%が非公開求人。特定の業種に限らず、幅広い分野の特別な求人が用意されており、選択肢も豊富です。また、リクルートエージェントには豊富な知識と豊かな経験を持つキャリアアドバイザーが揃っているのも魅力の一つです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、リクルートグループの中でも力を入れている事業です。そのため、人材も選りすぐられて、キャリアアドバイザーの質が高いといわれています。キャリアアドバイザーに細やかな指導をしてもらえ、面接対策も万全で、各企業の過去のデータから、良い評価をされた人や採用が決まった人のデータから的確なアドバイスをしてもらえます。また、休職中であることからくるデメリットへのフォローも万全で、休職中であることが後からバレたらどうしようなどという余計な心配も不要です。面接日時を調整してもらったり、就業条件の交渉もしてもらったりできるので、スムーズな転職活動が実現します。

公式サイトで見る


DODA

DODA(デューダ)は、大手の転職エージェントで、年間18,000人以上の転職を実現しています。専門知識を持つ経験豊かなキャリアアドバイザーが貴方をしっかりサポートしてくれます。求人も多く、特に非公開求人には、公開すればすぐに求人が殺到してしまうような極秘ポジションの求人情報などが満載されています。内定したら休職中のちょっと面倒な退職手続きなどのサポートもありますから、安心。ストレスなく、次の仕事へ移行しましょう。


DODAのおすすめポイント

休職中は、どうしても孤独になりがちです。休職中に転職活動をしているとなおさら。相談する人もいませんし、仮に相談しても倫理的に問題があるなどと転職していることを非難されるかもしれません。そんな時に心強いのがキャリアアドバイザーです。どんなに小さな悩みや疑問にもすぐに答えてくれ、折れそうな心をケアしてくれます。キャリアアドバイザーは、もちろん、心をサポートするだけではありません。キャリアアドバイザーは、人事で働いていた人や自分自身が転職した人、あらゆる企業の内情に詳しい人など転職のプロですから、テクニックの面でのサポートも安心です。

公式サイトで見る


転職サイト【リクナビNEXT】で休職中に情報を集めるだけでもOK

リクナビNEXTはリクルートが運営している転職サイトです。リクルートエージェントとは違って、キャリアアドバイザーのサポートはつきませんが、求人をしている企業の種類も多く、情報収集には便利です。随時、新着の求人が1,000件以上あり、希望の業種などを登録しておくと新着情報がメールで送られてきます。ページも見やすく、「ITエンジニア特集」「女性の転職特集」など特集から探すことも可能です。転職エージェントと併用してリクナビNEXTを使えば、効率的に転職活動ができます。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTは、転職サイトですから、自分で閲覧してこれだと思ったらすぐに行動に移せるので、自分のペースで転職活動ができます。職務経歴や希望条件などを登録しておけば、求人をしている企業や転職エージェントから直接コンタクトを取ってくるスカウトサービスを利用できます。スカウトサービスへの登録は匿名でできますから、休職中の会社に知られる心配はありません。スカウトサービスを利用すると、ご自分では気づかなかった貴方の持っている「強み」なども発見でき、これからの転職活動の方向性が見えてきます。また、スカウトサービスでコンタクトを取ってくる企業は公開求人をしていないところも多いのでチャンスが広がります。

公式サイトで見る


休職中の転職活動は慎重に。復職後の準備期間と捉えるのがベター

休職中は、のんびりと過ごし、身体を休ませることが一番大事です。復職後の準備期間だと捉えて、心と体のケアをしていきましょう。休職中の転職は、メリットがある一方でリスクもあります。ですから、ストレスにならない程度にやっていきましょう。無理せず転職活動を行える転職エージェントを利用して、転職を成功させましょう。

【参考記事】仕事を辞めたい時に試すべき、おすすめの気分転換方法とは▽

【参考記事】転職エージェントの具体的なサービス内容を詳しく解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事