50代は転職できない?成功に導くおすすめの転職エージェントとは

50代になり、やりがいやスキルを生かした転職をしたいと考える人もいるのではないでしょうか?今回は、50代で転職活動をするときに意識したいことやおすすめのサービスをまとめてご紹介します。ぜひ、転職を考えるときの参考にしてみてくださいね。

そもそも50代で転職は可能なのか。

50代におすすめの転職エージェント

50代にもなると20代や30代のように、転職先の選択肢や選べる業種は決して多くはありません。しかし、定年退職まであと少しとなり、社会人生活の中で本当にやりたい仕事に挑戦しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか?

まずは、50代になってから転職を視野に入れるときに抑えておきたいポイントをご紹介します。


年収や待遇以外に、求める条件があるなら転職の可能性はある

転職をする動機が「年収」や「待遇」にある場合、客観的に評価されるキャリアや実績がなければ理想の転職先を掴むことはなかなか難しいかもしれません。しかし、今までのキャリアを活かした「やりがい」を重視した転職や、自分自身の「ブランド力」を活かした転職なら可能性があります。

転職先の会社に求める条件を明確にして、譲れない条件や重視したい条件を書き出してみましょう。そして、その条件に合った転職先を探してみることで、理想の転職となるかどうかを判断することができます。


ミスマッチでも再びの転職は厳しい、実質チャンスは一回!

50代で1度転職をしてしまうと、再度の転職活動は厳しくなります。若年層とは異なり、いくらミスマッチだったとしても短期間に何度も転職をすることを快く受け入れてはもらえません。そのため、50代での転職のチャンスは実質1回だけ。

だからこそ、どのような会社で定年を迎えたいのか、どのような仕事を最後の職種としたいのかまで考えながら選ぶ必要があります。一時的な感情で決めるのではなく、じっくりと自分と向き合いながら判断してみるといいでしょう。


50代での転職エージェントを選ぶ時のポイント

50代が転職エージェントの選び方を解説していきます。

(1) 50代以上の求人数は十分あるか

(2) 50代の転職サポートに慣れているコンサルタントがいるか

(3) 応募書類添削や面接対策は十分か


(1) 50代以上の求人数は十分あるか

まずは、50代以上の求人情報をしっかりと確保しているのか確認しましょう。全体の求人情報数が多くても若年層に焦点を当てている場合は、応募できる企業が少なくなってしまいます。また、50代以上の求人情報を確保している場合でも幅広い業界や業種に対応しているか、条件は厳しくないかも併せてチェックすることが大切です。自分が応募できる求人情報が多い方が理想の転職活動ができる可能性が増えるので、確認しておくと安心ですよ。


(2) 50代の転職サポートに慣れているコンサルタントがいるか

転職活動をする年代によって、重視するポイントや転職活動のコツが異なります。とくに、50代ともなると転職活動の難易度も必然的にあがります。そのため、50代の転職活動に慣れているコンサルタントが在籍しているかどうかもチェックしたいポイント。

今までのノウハウを生かしたアドバイスをしてもらえるので、不安を解消しながら転職活動を進めていくことが可能です。一人で進めていくよりも、短期間で効率よく転職活動をすることができますよ。


(3) 応募書類添削や面接対策は十分か

理想の転職先に就職するためには、面接や書類選考などに合格する必要があります。とくに、50代の転職活動では自分をしっかりとアピールできる応募書類を作成することが欠かせません。

そこで、応募書類の添削をしてくれる転職エージェントを選ぶことも一つの方法です。魅力的な応募書類の作成をサポートしてもらえるだけなく、面接対策や転職先との交渉などもしてくれる転職エージェントもあります。その結果、スムーズに転職活動を進めていくことができるようになります。


50代におすすめのエージェントをご紹介します

転職エージェントは、知識が豊富なプロのコンサルタントから手厚いサポートを受けられるところが大きな魅力。転職エージェントを利用するなら一人で転職活動を進めるよりも心強く、スムーズに進められますよ。ここからは、50代におすすめの転職エージェントをご紹介します。数ある転職エージェントの中から厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営している転職エージェントです。転職支援実績がNo.1で、業界の中でも大手なので多くの求人情報を抱えているところが特徴。中でも、非公開求人情報が80%以上で、その数は10万件を超えています。

そのため、キャリアアドバイザーから条件に合った企業を紹介してもらえる可能性も高くなっています。また、キャリアアドバイザーが応募先企業との条件交渉を代行してくれるので、自分の条件をしっかりと伝えた上で転職活動を進められます。


リクルートエージェントが50代におすすめの理由

リクルートエージェントは、業界内の最大手なだけあって求人情報数が多いところがポイントです。そのため、50代向けの求人情報も探しやすくなっています。また、経験豊富なキャリアアドバイザーが転職活動のアドバイスやサポートをしてくれるところもポイント。初回の面談で提示した条件やスキルに合わせて、条件に合う企業情報の提供もしてもらえます。また、提出書類の添削や面接対策などのサポートもあるので、50代の転職に合った方法で進めていくことが可能ですよ。他にも、転職をするべきか迷っている場合の相談にも乗ってもらえます。

公式サイトで見る


ビズリーチ

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営しているサービスです。「求めているのは即戦力」をモットーに、国内最大級のエグゼクティブ向けの転職サービスを展開しています。8,200社以上の厳選された幅広い業界や業種の求人情報を抱えているところが特徴です。

中でも、管理職やグローバルな人材を求めている求人情報が多く、スキルや能力を重視した転職にも有利。さらに、年収アップ率も高く40代や50代での転職にもおすすめです。


ビズリーチが50代におすすめの理由

ビズリーチは、エグゼクティブな求人情報に特化しており、自分のスキルや能力を生かした転職ができるところがおすすめポイントです。また、審査基準をクリアしたヘッドハンターが多数在籍しており、条件に合わせて直接スカウトしてもらえるところも大きな魅力。希望の条件に合った転職先をスムーズに探すことができますよ。さらに、本格的に転職活動を進めたい人のために有料の「プレミアムプラン」も用意されています。スカウトを受け取るだけでなく秘匿性の高い求人に直接応募できるようになるので、より自発的に転職活動を進められます。

公式サイトで見る


DODA

DODAは、パーソナルキャリアが運営している転職エージェントです。年間18,000人以上もの転職を支援している実績があり、転職を成功させるための手厚いサポートを受けられます。また、DODAも業界大手として幅広い業界や業種の求人情報を抱えており、非公開求人情報も多くあります。

そのため、面談で条件やスキルをカウンセリングし、一人一人の状態に合った転職先を紹介してもらうことも可能です。キャリアアドバイザーからのサポートを受けながら、転職活動を進めたい人に向いています。


DODAが50代におすすめの理由

DODAは登録をすることで、経験豊富なキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当者の2名の担当者がついて手厚いサポートを受けられるところがおすすめポイントです。キャリアアドバイザーは転職の相談やアドバイスをしてくれるのはもちろんのこと、長期的な目線でキャリアプランを考えてくれます。また、採用プロジェクト担当者は企業との直接やり取りで感じたことや企業の求める人物像をしっかりと伝えてくれます。それを踏まえて面接対策をしたり企業への交渉をしたりできるので、より効率よく条件に合わせた転職活動を進めていくことができます。

公式サイトで見る


JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、ハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。サービスのクオリティーが高く忙しい人でも効率よく利用できるように配慮されています。また、国内外問わずエグゼクティブ職や管理職、専門職などスキルや能力の必要な転職先を多く抱えています。

外資系企業やスペシャリストの求人情報も多く、グローバルに活躍したい人にもおすすめです。さらに、転職者の70%以上が35歳を超えており、50代での転職にも向いています。


JAC Recruitmentが50代におすすめの理由

JAC Recruitmentはキャリアや知識を活かせるハイクラスな求人情報や専門性の高い求人情報が多いため、50代など年齢が高い人の転職活動に向いているところがポイントです。また、業界や職種に特化した転職コンサルタントに相談することもできるので、転職したい職種や業界に合わせたアドバイスやサポートを受けられます。さらに、サービスクオリティも重視しており、問い合わせには原則として24時間以内に返信できるように努めています。そのため、忙しい人でも利用しやすく働きながら転職活動を進めていくことができます。

公式サイトで見る


50代が転職する時に意識したいこと

最後に、50代が転職活動を進めていく上で意識したいことをまとめてみました。50代の転職活動はなかなか思うようにいかない部分も多いはず。だからこそ、転職活動をする理由や条件を明確にすることはもちろんのこと、さまざまなポイントを自分に当てはめながら考えてみることで、転職をする意味や転職活動への意識を掴むことができるようになりますよ。


(1) 50代ではそもそもキャリアアップはかなり厳しいことを認識する

まずは、キャリアアップを目的とした転職は難しいことを念頭におきましょう。50代でのキャリアアップとなると、それなりの役職を希望する場合が多くなります。そうでなくても、今よりも給与や待遇のいい転職先を探す人もいるでしょう。

しかし、会社は信頼や実績のある人材に役職を与えるのでヘッドハンティングなどの理由がない限り、自社の中から優秀な人を選びます。そのため、50代になってから今まで携わったことのない環境でキャリアアップを目指した転職活動をするのはかなり難しくなります。


(2) 年収や役職以外に求める条件は何かを明確にする

年収や役職などのキャリアアップを前提とすると、50代での転職活動はなかなか思うように進みません。そこで、年収や役職以外の求める条件があるのか考えてみましょう。例えば、他業種に挑戦したい、やりがいを重視した仕事をしたいなど他の視点で転職を捉えて、転職をする意味が本当にあるのかチェックしてみます。

このときに、できるだけ転職に求める条件を明確にすることで転職活動を進めていくときの基準を作ることができますよ。


(3) 転職でしか解決できない問題なのかを今一度考える

転職をする条件を明確にしたときに、その条件は転職でしか解決しないことなのかもう一度確認してみましょう。もし、給与やキャリアアップだけを念頭に置いているのならば、このまま今の会社で頑張った方がよいかもしれません。

また、人間関係や職場環境に不満がある場合には、人事や上司に相談することで、希望の部署や勤務地に移動することができるかもしれません。このように、現状のままでも解決できる問題が転職の理由となっている場合は、一度転職活動をする前に考え直してみるのも一つの手段です。


(4) 転職の意志は周囲に漏らさず密かにやる

50代となると多くの部下を抱えるポジションにいる人がほとんどではないでしょうか。その状態で転職活動をしていることや転職しようとしていることを周囲にもらすと、職場の規律を乱してしまう場合があります。

もちろん、職場での人間関係や仕事へも影響を与える可能性があります。そのため、転職を考えていることを現在の職場で相談したり公表したりすることは避けるほうが無難です。もし、悩みや不安などを抱えている場合には転職エージェントのカウンセラーに相談してみると良いでしょう。


(5) 落とされて当たり前というマインドを持つ

50代での転職は、なかなか思うようには進みません。1度面接をしてみて落とされたからと言って弱気になったり転職活動を辞めたりするようでは希望の企業に巡り合うことが難しいかもしれません。

そのため「落とされて当たり前」というスタンスで、何がなんでも転職活動を続けるという意志を持ち進めていくことが大切です。転職エージェントを上手く利用しながら、自分のペースで理想の転職を目指して根気よく続けていきましょう。


年収や役職以外にやりがいを求めるなら、転職も一つの案です

今回は、50代で転職をするときに意識したいポイントやおすすめの転職サービスについてご紹介しました。20代や30代とは異なり、年収アップやスキルアップを目指すことは難しいかもしれません。しかし、やりがいやスキルを生かした職種に就きたいと考える場合にはまだまだ可能性はあります。迷ったときにはプロのカウンセラーのアドバイスを受けながら進めていくのも一つの手段ですよ。

【参考記事】50代の転職を成功させる転職エージェントのサービスとは?▽

【参考記事】転職エージェントって何?基本情報から求人紹介の流れまでご紹介します▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事