35歳転職限界説の本当の理由とは。転職が成功する人の特徴を解説

現在の仕事は自分に適していない、もしくは正当な評価を受けていないと感じている方で、転職を考えている方は多いはず。35歳転職限界説という言葉が広まっていますが、それは本当でしょうか。35歳転職限界説の理由を探りながら、成功するために必要なポイントを解説します。

35歳転職限界説とは?

35歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

転職するなら入社してから3年が良いといわれています。なぜかというと、3年で自分に適しているか仕事がどうか判断でき、転職してやり直すための年齢的な余裕があるからです。ですが、35歳というのはある程度のキャリアがある年齢で、会社での地位も安定期に入ります。この年齢で未経験の仕事へチャレンジするのは冒険です。自分のスキルを活かせる会社へ転職するとしても、給料面や待遇面でのハードルが高くなります。このような意味で35歳転職限界説がささやかれるわけです。


なぜ、35歳が転職のデッドラインになのかを解説します

35歳転職限界説が広まっているということは、現実に転職の壁もあるはずです。それは具体的にどのような壁なのか、これから35歳を迎えるサラリーマンは知っておいて損はないでしょう。また、現状に不満を抱いている人にも参考になります。なぜ35歳が転職のデッドラインなのか、その主な理由について5つご紹介します。


理由① そもそも35歳を境にして、一気に求人数が減る

そもそも転職というのは転職先が豊富にあり、その中から自分に適した会社を選べるという環境が必要です。転職するなら入社3年目が良い、といわれるのは求人数がたくさんあって取捨選択の幅が広いからです。求人数が多いというのは、それだけ可能性が広がるということ。それが30代になると求人数がガクッと減ります。35歳は四捨五入すると40歳です。どの会社もこの年代はキャリアとスキルを積んだ社員を抱えているため、新たに募集する必要があまりないといえます。


理由② 希望条件を細かく設定してしまって、満たす企業が少ない

35歳という年齢はそれなりのスキルを身につけており、会社の方針や考え方に批判的な意見を持つことができる年代です。それだからこそ新たな可能性を求めて転職するわけです。しかし35歳まで積み上げたスキルや実績があるため、転職の希望条件を細かく要求しすぎる傾向があります。自分のスキルに応じた待遇を求めたり、実績を活かせる業務を指定したりと細部に至るまで希望条件を設定するので、なかなか条件に見合う転職先が見つかりにくいのです。


理由③ 転職を自分一人で決められない環境に置かれる

35歳ともなれば結婚して家庭を持っている立場の人が多いです。会社の仕事内容が不満でも家族のことを考えると、自分1人で決めることはできません。奥さんに相談すれば反対されることもあるでしょう。奥さんにとってみれば子供の成長や教育などを考えれば、反対するのは当然のことです。また社内にもこれまで自分を支えてくれた同僚や部下がいます。目をかけてくれた上司もいることでしょう。勝手に転職するのはその人たちへの裏切りにもつながります。このように35歳には自分1人で決断できない要素があるので転職が難しくなります。


理由④ 今まで築いてきたキャリアや人脈が、転職でリセットされる恐怖を感じる

35歳のサラリーマンには10年以上会社で働いてきた自負とプライドがあります。それなりのキャリアや人脈もあるはずです。しかし転職先の会社にとってそれらの自負やプライドは個人的なもので、会社には関係ありません。重要なのは採用する人間が会社にとって戦力になるかどうかなのです。もし転職がうまくいったとしても、それまで築いたキャリアは無価値になる可能性もあります。また転職することでそれまで作り上げた人脈の絆を断ち切ることになります。今まで自分を支えていた全てを失う恐怖感に勝たないと転職はできません。


理由⑤ 35歳に近づくにつれて適応力や柔軟性が足りなくなって来ている

人間には老化はつきものです。早い遅いの違いはありますが、誰でも精神的肉体的に衰えていきます。サラリーマンの35歳はふと老化の兆しを感じる年代です。20代の頃と比較して適応力や柔軟性がなくなっていることに気づく年代です。それに気づいた時、果たして全く新しい環境の中へ飛び込んでやっていけるだろうかという不安が込み上げます。その不安に捉われると、転職後の働き方に将来性を感じにくくなります。適応力や柔軟性の衰えを抱く35歳は、まさに転職デッドラインといえますね。


35歳で転職活動に成功する人の特徴

35歳が転職のデッドラインといわれる理由をいくつか上げてきましたが、実際に35歳で転職して成功している人もたくさんいます。では転職デッドラインに乗り上げてしまう人と成功を勝ち得る人では、一体何が違うのでしょうか。そして、成功するには何が必要なのでしょうか。35歳転職限界説を覆すためにも、成功する人の特徴についてお伝えします。


① どんな職場でも通用するスキルを持っている

転職後にうまくやっていくには柔軟性が必要です。同じ業種であっても会社が変われば仕事内容も変わります。どんな環境にも対応できる精神的な柔軟性と共に、スキルの柔軟性も重要です。以前の会社に適応していたスキルでも、転職先では通用しない場合が多々あります。そのような場合に備えて自分のスキルを新しい職場に合わせられる柔軟性が求められるのです。35歳でもこのような柔軟性があれば、転職しても成功する確率は高くなります。


② マネジメント経験がある

転職がうまくいくケースで最も多いのがマネジメント経験です。チームのリーダーとしてプロジェクトをまとめ上げた経験があると、転職先でも重宝されます。なぜかというとチームをまとめ上げてプロジェクトを引っ張っていく人間力があると判断されるからです。人間的魅力や指導力がないとマネジメントはうまくいきません。マネジメント能力がある人は、転職先でも力を発揮できるのです。35歳までにマネジメント経験があれば転職成功組になれるでしょう。


③ 主体的に仕事に取り組み、ルーチンワークに甘えていない

会社という組織内での35歳は中堅にさしかかる年代です。上と下に挟まれて疲労やストレスが溜まる年代でもあり、自己防衛のためにルーチンワークに甘えて仕事をしたくなります。そもそもこのような考え方をする人は転職に積極的にはならないでしょう。ルーチンワークに魅力を感じないからこそ転職を志すのです。ただ単にルーチンワークがつまらないという消極的な考えではなく、主体的に仕事に取り組みたいがためにルーチンワークを否定する人は転職しても成功します。


④ 新しい職場でも即戦力になれる柔軟性や対応力がある

転職者を採用する会社にとって一番欲しいのは即戦力になる人材です。35歳という年代にはそれなりのキャリアや実績がありますが、それが即戦力になるとは限りません。転職後も教育やサポートを受けないと動けないような人は採用されません。即戦力になる人材というのは柔軟性と対応力があります。違う環境に飛び込んでも、自分のスキルをそれに合わせて活用できるのです。35歳で転職しようという人は、即戦力になれるように仕事をこなしながら自分磨きをしています。


⑤ 未経験求人ではなくある程度今のスキルが通用する業界に転職している

転職で失敗するケースで多いのが、前職と全く違う仕事を選んでしまう場合です。35歳で全く新しい仕事を選んでしまうと、それまでのスキルや実績を活かすことができず、ゼロからのスタートになってしまいます。つまり10代や20代の新卒と同じスタートラインに立つわけです。この時点で年齢的なハンディを負ってしまいます。結局、前職の方が良かったということになりかねません。35歳はこれまでのスキルを生かせる業界に転職するというのが、成功を勝ち得る基本的な条件です。


プロのアドバイスを貰える転職エージェントの利用もおすすめ

転職を成功させるには十分な準備が必要です。今の仕事をこなしながら一人で準備をするというのは、かなりの負担です。準備不足に陥る可能性もあり、準備の方向性が間違っている場合もあります。それを防ぐには転職エージェントを利用して、プロのアドバイスを受けることです。一人では気づかないことや的確なアドバイスがもらえるので、転職の準備と心構えができます。


リクルートエージェント

数ある転職エージェントの中で、転職支援実績ナンバーワンを誇るのがリクルートエージェントです。その理由として実績豊富なアドバイザーがいることが挙げられるでしょう。転職エージェントを選ぶ時はアドバイザーの質がポイントになります。各業界に精通したプロのキャリアアドバイザーでないと、有利な転職ができません。リクルートエージェントのアドバイザーは実績豊富で、転職者の希望やスキルに沿った会社を紹介してくれます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

おすすめポイントは業界最大級の非公開求人数です。大企業などは公開求人にすると多勢の希望者が殺到するので、非公開求人をしている場合が多いのです。リクルートエージェントでは全求人数の80パーセントが非公開求人なので、大企業や有名企業へ転職できる可能性が多くなります。また豊富な実績を持つアドバイザーが、転職者との面談を通じて強みや適性を把握し、転職に有利なキャリアプランを作成してくれます。そのため初めての転職経験者や転職デッドラインといわれる35歳の転職希望者でも安心して任せることができ、余裕を持って転職活動ができます。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

就職情報サイトの「マイナビ」や転職情報サイトの「転職マイナビ」などを幅広く運営するマイナビが提供している人材サービス、それがマイナビエージェントです。幅広く就職や転職事業を行っているので、転職希望者には心強いサポーターとなるでしょう。全国的に幅広い営業活動を展開しているので多くの企業人事との接点があり、転職には有利なリソースが豊富。大手の上場企業から将来有望なベンチャー企業に至るまで、多くの優良企業を紹介してくれます。


マイナビエージェントのおすすめポイント

おすすめポイントは、転職活動をトータルにサポートしている点です。特に転職初心者は応募書類の書き方など、不安要素がたくさんあります。マイナビエージェントでは応募書類の添削によって、企業に応じた指導をしてくれます。転職活動では面接が非常に重要ですが、キャリアアドバイザーが人事担当役となって模擬面接を行います。身だしなみから会話のスピード、質問の応答の仕方など押さえるべき基本を指導してくれますよ。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界初の専任制となっており、各業界の出身者がたくさんいることも強みです。

公式サイトで見る


JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

35歳転職限界説が広く流布しているため、これに該当する人は不安を抱えていることと思いますが、ジェイエイシーリクルートメントは30から50歳代の転職に強い転職エージェントです。転職者の約70パーセント以上が35歳以上という実績があります。ミドルからハイクラスの転職希望者に特化しており、役員や幹部、マネジメント職、スペシャリストなど年収の高い求人に強みを発揮します。中高年でもうワンランク上を狙いたいキャリア思考の方に向いています。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

国内の大手企業だけでなく、外資系や海外進出企業への転職もサポートします。イギリスとアジアの8ヶ国に独自のグローバルネットワークがあるので、外資系企業や海外進出企業への転職希望者に向いています。例えば、提出書類なども英文レジュメ作成に関するアドバイスを受けられますよ。支援するコンサルタントも総勢約550名もいるので、国内や海外を問わず、業種や職種に精通したプロフェッショナルによるサポートを受けられます。ジェイエイシーリクルートメントでは約25,000社の企業と取引があり、その70パーセントが非公開求人です。またジェイエイシーリクルートメントの独占求人も多数あります。

公式サイトで見る


DODA

デューダ(DODA)では年間18,000人以上の転職サポート実績があります。実際にデューダを利用した方は、キャリアドバイザーとの相性の良さ、転職活動のノウハウを聞ける、紹介される求人数、経験を活かせる求人数、求人紹介の頻度、の5つのポイントについて満足度ナンバーワンを獲得しています。特にキャリアアドバイザーとの相性は大切で、転職希望者の不安を払拭するだけでなく、積極的に転職活動をプッシュしてくれます。また経験を活かせる転職に強いのも大きなポイントです。


DODAのおすすめポイント

おすすめポイントは求人数の多さと、それに見合った実績の多さです。特にデューダの非公開求人数は数の多さだけでなく、デューダのサイトや求人企業のサイトでも公開されていないプレミアムな求人情報が豊富です。知名度が高い企業や大手企業の多くは非公開求人を行っているので、ワンランク上を目指す転職希望者にふさわしいエージェントといえるでしょう。デューダ独自のおすすめポイントして、2人の担当者制度があります。キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2名でサポートをしてくれるので、中身の濃い実のある転職活動ができます。

公式サイトで見る


パソナキャリア

パソナキャリアの取引企業は16,000社以上もあり、それらの企業とのネットワークを通じて転職をサポートします。転職希望者の中には自分の適性とは異なった職種を選ぶケースがありますが、パソナキャリアではキャリアカウンセリングによって実力を生かせる仕事、能力を正しく評価される職場を紹介します。専任のキャリアドバイザーが転職希望者の強みや経験スキルを引き出し、レベルアップした転職ができるような支援を行い、企業を紹介しています。


パソナキャリアのおすすめポイント

転職に関する全てをトータルにサポート支援するパソナキャリアですが、すべてを無料で利用できるのが最大のポイントです。パソナキャリアでは企業からの手数料で運営しているため、個人の求職者からの料金は発生しない仕組みになっています。転職しようかどうしようか迷っている段階でも、無料なので利用登録がしやすいです。提出書類の作成などもマンツーマンの指導が受けられ、面接対策も実際の面接を想定した模擬練習ができます。また無事に転職先が決まっても、現在の会社から退職する難しさがあります。退職フォローをしてくれる点もパソナキャリアの特徴です。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

転職エージェントとは別に、転職サイトも休職者には便利なサポーターです。リクナビNEXTは数ある転職サイトの中でも求人数の多さで有名です。新着と更新の求人数が毎週1,000件以上あるので、幅広く自分に適した会社を探せます。転職実績も豊富で、経歴を生かしたキャリアアップをサポートしてくれます。例えば35歳という転職デッドラインといわれる年代でも、それまでのスキルに見合った企業を紹介してくれますよ。異業種への転職サポートも充実しています。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTではレジュメ登録という制度があり、登録者にはサイト未掲載の特別求人を紹介してもらえます。職務経歴書を登録するだけで、リクナビNEXTと提携している企業や転職エージェントから求人案内がメールで届きます。仕事が忙しくて積極的に転職活動ができない人には嬉しいサービスです。また希望の条件を登録するだけで、情報が更新されるたびに希望条件に合った求人情報をメールで知らせてくれます。求人特集が多いのもリクナビNEXTの特徴で、女性の転職特集、ITエンジニア特集、第二新卒特集などが用意されています。

公式サイトで見る


35歳で転職に成功した人のやり方を参考にしてみましょう

35歳転職限界説といわれますが、ご紹介した転職エージェントや転職サイトでは限界を越えるサポートを徹底的に行っています。実際に35歳以上の転職で成功している実例もたくさんありますよ。転職において、何よりも大切なのは壁の前で立ちすくむのではなく、乗り越えることです。成功した人はご紹介した転職エージェントや転職サイトを上手に活用して、35歳の壁を突破しています。それを参考にして積極的に転職活動をしてみてくださいね。

【参考記事】転職の強い味方と言われる転職エージェントの内容とは?▽

【参考記事】仕事が辛い時に試せる気分転換方法をご紹介▽

【参考記事】転職が成功に近づく職務経歴書の書き方やポイントとは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事