30歳の転職前に考えるべきこと。転職成功に導く5つのアクションとは

人生の節目でもある30歳は、安易に転職を決めてはいけない年齢でもあります。よって30歳だからこそ「絶対に転職を失敗したくない」と思う方も少なくありません。ここでは、30歳の方が転職する前に考えるべきことと、転職活動を成功させるために起こすべき5つのアクションについてご紹介します。

そもそも、一般的に30歳で転職を意識するきっかけや理由とは

30で転職を成功させる転職エージェントの選び方

30歳といえば、長く職場で働き続けてきて大きな仕事を任されたり、部下がいたり、役職を持っている方が多くなってきます。そんな、会社でそれなりのポジションを確立している方が、転職を意識するにはきっかけや理由があります。次に、一般的な30歳の方が転職を意識するきっかけや、その理由について順に見ていきましょう。


① 30歳という“人生の節目”を迎えた、という意識が強い

30歳といえば、60歳で定年退職と考えるとちょうど半分の位置にあたります。また、人生でも結婚や妊娠、出産など重要なイベントも多く発生する時期です。人生の節目を迎えたという意識を持つ方も多く、30歳になったことをきっかけに人生の今後を考え直し、かつ今の会社や今の仕事よりも高いレベルで仕事をしたい、または、かねてより挑戦したかった職種や業種にチャレンジする時期に来た、と思って転職を決意する方も少なくありません。


② 年齢が不利にならないうちに、転職をしたい

30歳になると、転職市場では「30代」というくくりになるため、若年層の求人には応募しづらくなります。さらに、未経験者も可能な募集の場合、応募条件が29歳以下で切られてしまうことも多いため、より新しい職種や業種にチャレンジしにくくなります。それでも30歳ならまだチャレンジできる求人も多いため、これ以上年齢が理由で転職活動が不利にならない内に、転職活動を思い切って始める決意をする方が多くなっています。


③ 即戦力として通用するスキルと経験を更に磨いていきたいと思った

30歳は既に仕事の業務上での経験は十分培われていて、スキルや知識にも自信が持てる方も多くなっています。ところが、今の職場や仕事を続けていても、スキルや知識がこれ以上高まる見込みがない、と感じている場合があります。既に即戦力として通用するスキルと経験があるからこそ、より高いレベルで仕事をしてみたい、または、さらにスキルや経験を磨き続けられる職場を目指したい、という理由も30歳の転職のきっかけとして多くなっています。


④ 入社以来7〜8年経ったことで、仕事に対する明確なビジョンができていた

30歳は、大学卒業後新卒で入社し働き続けていると、すでに7~8年経過していることになります。7~8年間働き続けていると、同じ会社の中でも幅広い部署や仕事を経験している方も多くなり、入社当時と仕事に対する考え方が変わっていることがあります。また、今の仕事の今後の明確なビジョンも持てるようになり、ライフスタイルに合わせた年収やキャリアの形成に不安を感じると、30歳を機に転職を決意する方も少なくありません。


⑤ 20代から頑張ってきた転職のための武器ができた

新卒で就職活動を行っても、自分の第一希望の職種や会社に就職できなかった人もいます。よって、ひとまずは就職した会社で経験を積んでから、希望の職種や会社へ転職しようと考えることも。20代から30歳になる数年間今まで仕事を続けたり、資格を取得したりセミナーに参加したり、転職のために頑張ってきたことが積み重なり、満を持して希望する仕事や会社へ転職を決意するきっかけになるのも、30歳という時期が多くなっています。


30歳で転職活動をする時に考えるべきこと、やるべきこと

30歳で転職活動をすると、積み重ねてきたキャリアを一度リセットすることになるため、転職するか慎重に検討しなければいけません。さらに、転職活動が長引くとよりキャリアを形成をする期間が短くなるので、できるだけスピーディに転職活動を成功させるのも重要です。30歳で転職活動する前に考えるべき、やるべきことを見てみましょう。


① これまでのキャリアを棚卸しする

30歳での転職は、20代よりも年齢面では劣ってしまいますが、その分即戦力としても働けるだけの知識やスキル、経験を持っている強みがあります。履歴書や職務経歴書に自分の強みを効果的にアピールできれば、20代のライバルよりも転職市場では価値が出やすくなります。これまでのキャリアを棚卸ししてみると、自分では気が付かなかったスキルや経歴、能力に気付くことがあるので、より効果的な自分だけが持つ強みのアピールにもつなげられますよ。


② 未経験職種ではなく、同業他社や同職を狙う

30歳での転職は、未経験職種へのチャレンジは難しいと言わざるを得ません。なぜなら、未経験でも応募できる求人は、若年層のキャリア形成のために29歳以下の人材を求めていることが多いからです。逆に30歳を求めている求人が、同業他社や同職の「経験者優遇」の求人です。すでに仕事の経験やキャリアを積んでいて、仕事に必要な知識や技術も身に着いているので、即戦力として活躍できる人材であることをアピールできれば、転職の成功につながります。


③ 情報不足にならないよう求人情報にはアンテナを張る

新卒での就職活動や、第二新卒など若年層の転職と異なり、30歳での転職は中途採用へ応募することになります。特に中途採用で即戦力が求められている求人への応募は、人員が抜けた時に募集が出されるので、求人がいつ出るかの予測がつきません。あらかじめ自分が応募したい職種や企業の求人情報には常にアンテナを張り、募集が出たら見逃さないようにすぐに応募できるように準備しておきましょう。求人情報や転職サイトや企業の公式サイト、ハローワークのサイトなどで確認できます。


④ 応募書類や面接の対策をしっかりとする

30歳での転職を成功させる鍵が、「自分が即戦力として活躍できる人材であることをアピールできるか」です。即戦力が求められている求人はそれだけ募集も少なく、人気も高いためライバルに勝つためにはまず手に取ってもらえる応募書類を作成しなければいけません。キャリアの棚卸しをして自分の強みが把握できたら、今度は効果的なアピールができるように、ハローワークや就職フェアなどを利用して、応募書類の書き方を学んだり、添削指導を受けたり、面接対策をしておきましょう。


⑤ 転職経験者や同年代に話を聞き、客観的に今の行動が正しいか確認する

30歳で転職するには、今の会社で培ったポジションや経歴を一度白紙に戻して、新しい職場でキャリアを積みなおさなければいけません。さらに、30歳で転職活動に失敗してしまうと、次はさらに理想や希望からかけ離れた求人しか残っていない可能性もあります。具体的な転職活動を始める前に、転職経験者や同年代に話を聞かせてもらい、本当に転職をするべきか、今の自分の行動は間違っていないかを客観的に判断してもらうのがおすすめです。


転職に時間を割けないなら転職エージェントの利用もおすすめ

30歳の転職を成功させるために心がけたい5つのポイントを紹介しました。とはいえ、役職に就いていたり大きな仕事を持っていたりする30歳の方が、仕事をしながら転職活動をするのはとても困難です。在職中に転職活動を行うため、転職に時間が割けないなら転職エージェントを利用すると、効率良く限られた時間の中で転職活動を進められます。


転職エージェントを利用するメリットとは

転職エージェントを利用すると、専任のキャリアアドバイザーから転職サポートをマンツーマンで受けられるようになります。求人情報を自分から探すだけでなく、希望条件や自分のスキル、キャリアに合った求人の紹介を受けられます。さらに、キャリアの棚卸しによるスキルや自分が持つ強みの見直しから、応募書類の添削や面接対策も受けられるので、企業や職種ごとに効果的な自己アピールもできるようになります。面接など採用に関する日程調整なども、全てキャリアアドバイザーに任せられるので、忙しい中でも転職活動が進められますよ。


転職エージェントを利用するデメリットとは

ほとんどの転職エージェントは、求職者が無料で転職サポートサービスを受けられます。これは、求職者が転職エージェントを介して採用が決まった場合、採用先の企業から入る手数料で利益を得ているからです。よって、転職エージェントによっては、無理に希望していない求人を勧めてきたり、応募のセッティングを勝手に進めてしまったりもします。多くの求職者の満足度が高い、など信頼と実績のある大手の転職エージェントを選ぶことで、このデメリットは回避できます。


希望業界に強い転職エージェントを選びましょう

転職エージェントを利用するのは30歳の転職にとても有効ですが、「初めて転職エージェントを利用するので、どの会社を選んでよいか分からない」という方も少なくありません。30歳の転職エージェント選びのポイントは、自分が転職を希望する業界に強いことです。業界ごとの応募書類や面接対策、求人情報や求められている人材像など、内部でしか分からない情報も得られるようになりますので、効率よく、かつライバルに差を付けながら希望業界での転職活動を進められます。


リクルートエージェント

業界ナンバーワンの累計41万1,000名以上の求職者へ転職支援を行った実績を誇る転職エージェントが「リクルートエージェント」です。大手広告代理店であるリクルートグループの持つ他業種へのコネクションを活かし、業界最大級の10万件以上の非公開求人数も持っています。各業界に精通したキャリアアドバイザーからの転職サポートは、全て無料で利用できるほか、相談もできるので、まだ転職を迷っている状態でも相談できます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントのおすすめポイントは、独自に分析した各業界や職種の情報や傾向を持っていることです。希望職種に特化した応募書類や面接の対策ができるので、即戦力として求められている30歳の転職にも心強い転職エージェントです。求人が出にくい人気の職種や企業の求人に関する情報も常に仕入れているので、応募のタイミングも逃しません。転職支援サービスの申し込みは、公式サイトの入力フォームから簡単にできるだけでなく、個人情報や秘密も遵守しているので、安心して利用できます。業界ナンバーワンの実績を誇るため、希望しない求人を無理に勧められるなどの心配もありませんよ。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

20代から信頼されている転職エージェントナンバーワンの「マイナビエージェント」20代や第二新卒など若年層の転職に強みがあるだけでなく、ミドルクラスに満たない30代前半の転職にも特化した転職サポートを提供しているため、30歳での転職にもぴったりです。取り扱っている求人案件の約80%が非公開求人のため、なかなか募集の出ない職種や企業への求人紹介も受けられます。各業界の経験者が専任アドバイザーとして転職サポートを行うため、業界別の対策も万全です。


マイナビエージェントのおすすめポイント

転職支援サービスの中でも、応募書類の添削と面接対策に強みがあるのが、マイナビエージェントのおすすめポイントです。業界や職種別に効果的な自己アピールのできる応募書類の作成が可能ですので、ライバルの多い企業や職種への応募も通過率がアップします。30歳の転職なら、即戦力としてのスキルや能力、実績を応募書類上でしっかりアピールできます。面接対策は、キャリアアドバイザーが面接官役としてシミュレーションを行い、面接での質疑応答内容はもちろん、話し方や態度、身だしなみもきちんとチェックされます。面接では緊張してしまいがちな方でも安心ですね。

公式サイトで見る


JAC Recruitment

幹部や幹部候補、管理職や専門職など、エグゼクティブやハイクラスと呼ばれる高年収層への転職に強みを持つ転職エージェントが「JAC Recruitment」です。より高い収入やポジションを目指しての転職希望者が多いため、全体的な求職者の年齢も高めの傾向にあります。年齢面で転職を躊躇しがちな30歳の方や、より高いレベルや年収、待遇を目指して転職したい方、転職すべきか迷っている方にも心強い転職エージェントです。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

JAC Recruitmentのおすすめポイントは、JAC Recruitmentを通じて転職に成功した求職者の約70%以上が35歳以上ということです。管理職や高年収層への転職に強みがあるので、ミドルクラスの転職なら最適な転職エージェントといえます。今の年収やポジションに満足していない30歳の方の転職にもおすすめ。各業界や職種の内部事情や風土にも詳しい専任のアドバイザーからの業界別対策や転職支援サービスが受けられるだけでなく、個別相談会や転職セミナーも各種開催し、多角的な転職サポートを展開しています。

公式サイトで見る


DODA

希望の職種と勤務地で簡単に検索できる公開求人検索に加え、専任のアドバイザーによる転職エージェントサービス、スキルや希望を登録しておくと企業から求人の紹介が受けられるスカウトサービスなどの、幅広い転職支援サービスを展開しているのが「DODA」です。転職エージェントサービスやスカウトサービスでは、サイト上では検索できない非公開求人の紹介を行っているので、人気の高い職種や企業の求人紹介もタイミングを逃さずに受けられます。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは、転職エージェントだけでなく自分自身で求人を検索したり、スカウトを受けたりと色々な方法で転職活動を展開できるところです。DODAに会員登録をするだけで、全てのサービスを無料で利用できます。柔軟性の高い転職活動ができるので、部下の管理もしながら自分の仕事もこなさなければいけない立場の方も多く、忙しい30歳の方にも利用しやすい転職サイトです。さらに、即戦力を求めている求人も多いスカウトサービスは、応募書類作成の必要がない面接確約求人や、登録者限定オファーなどの秘匿性の高い求人紹介も多いです。

公式サイトで見る


パソナキャリア

総合人材派遣サービスのパイオニアであるパソナが提供する転職エージェントサービスが「パソナキャリア」です。各業界や企業と持つ多くのパイプを活かした取引実績企業の数は16,000社以上、取り扱い求人件数は25,000件以上を誇ります。25万人の転職支援を行ってきた実績がありますが、全体の67.1%が年収アップにも成功しており、同業他社や同職で年収アップやキャリアアップを目指したい方にもおすすめの転職エージェントです。


パソナキャリアのおすすめポイント

求職者の持つそれぞれのキャリアや希望に合わせたキャリアプランを提案し、転職支援サービスを提供するのがパソナキャリアのおすすめポイント。各専門分野の転職に精通した専門のキャリアアドバイザーからマンツーマンで転職支援を受けられますので、年収をアップさせたい、より高いポジションで働きたい、など30歳の希望に応じた転職が可能です。転職支援サービスのほか、公式サイトでの公開求人の検索や、各種セミナーや個別相談会への参加もできます。登録するだけで希望に合った求人の紹介が受けられるスカウトサービスも展開しているので、転職活動に時間が割けない30歳の方も活用できます。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

転職サイト型ながら、多数の転職成功実績を誇る総合型転職支援サービスが「リクナビNEXT」です。希望に応じた公開求人の検索のほか、あらかじめ登録しておいた希望条件に沿った求人の自動紹介も受けられるので、求人探しの時間が取れない方や、ほかの転職支援サービスと併用したい方も利用できます。希望条件と一緒に職務経歴書も登録しておけば、自分のキャリアや実績に沿った非公開求人の紹介も同時に受けられるようになります。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTのおすすめポイントは、求人情報の新鮮さです。毎週1,000件以上の新着・更新求人が届くので、自分の希望する職種の求人傾向や、具体的な転職活動の開始を決める前に情報収集だけしたい方にもおすすめです。さらに、職務経歴書を登録すると自動的にキャリアやスキルに合わせた求人の紹介が受けられるスカウトサービスを使えば、紹介される求人の傾向から自分の市場価値や独自の強みの発見にもつながります。30歳の転職活動において、効果的な自己アピールの手段や自分の市場価値が分からない方のヒントにもなりますよ。

公式サイトで見る


若さと経験を兼ね備えた30歳ならビジョン次第で栄転も夢じゃない

30歳で転職前に考えておきたいことと、転職を成功させるための5つのポイントについてご紹介しました。即戦力として自分のスキルや実績を効果的にアピールしたり、忙しい中でも転職活動をしたい30歳の方には、転職エージェントの利用が効果的ということも分かりました。自分の希望職種や業界への転職に強い転職エージェントや転職サービスを活用すれば、理想の転職にもつながります。

【参考記事】30代の転職を成功させるコツを徹底解説します▽

【参考記事】転職エージェントの具体的な内容をお教えします▽

【参考記事】福岡でおすすめの転職エージェントをご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事