2017年5月18日

「妊娠しても、無事に産まれるとは限らない」僕は彼女に妊娠を告げられた|第2話

妊娠報告から一週間、少しずつ父親になる覚悟が決まり、迎えた妊娠5週目の産婦人科。この日はエコー写真で赤ちゃんの入った小さな袋(胎嚢)が確認できる予定でした。しかし・・・。

僕は彼女に妊娠を告げられた


「妊娠した。」

彼女の突然の電話報告から、一週間が経った水曜日。少しずつ「自分が父親になる」という自覚が持ててきた頃。その日は、彼女が改めて産婦人科に足を運ぶ日でした。


僕はこのとき初めて知りましたが、そもそも妊娠とは、妊娠前の最終月経(生理)から『◯週目』というカウントがスタートします。先週の時点で、彼女は『妊娠4週目』と診断されていました(最後の月経が4週間前でした)。一週間後の今日は『妊娠5週目』。


一般的に、妊娠5週目になると子宮内に胎嚢(たいのう)と呼ばれる赤ちゃんの入った小さな袋がエコー写真で確認できます。不安と期待が入り混じりながらも、僕らは胸を弾ませて診察日を迎えました。


しかし、いざ診察を終えて戻ってきた彼女の表情は、とても穏やかなものとは言えませんでした。


その理由は、妊娠5週目にも関わらず、エコー写真で胎嚢が確認できなかったため。医師いわく、考えられる理由は全部で3つでした。


1つ目は「流産の予兆ではないか?」とのこと。流産とは妊娠22週よりも前の段階で妊娠が終わることをいい、タイミングとしては妊娠初期が最も高いらしく、初期流産や早期流産とも呼ばれます。


2つ目は、子宮外妊娠の可能性。子宮外妊娠とは子宮内膜に着床する予定の受精卵が、子宮内膜外で着床してしまうこと。この場合、妊娠続行はおろか、手術が必要となるため、心理的・身体的・経済的、そのすべてにおいて負担がかかると告げられました。


そして3つ目が、もともと彼女が生理不順だったため、妊娠周期のカウントを間違えていたパターンです。実際に妊娠してから5週間も経っていないので、エコーに写らなかった可能性です。


どれにせよ数日経てば理由がはっきり究明できるらしく、また1週間後に来院することになりました。


その話を聞いた僕は希望的憶測も含めて、3つ目のパターン以外考えませんでした。むしろ、考えられなかったし、考えたくなかったという言い方が正解でしょう。


「子供ができた」そんな幸せな気持ちも束の間、恐怖や不安を抱えたまま、僕たちは一週間後の診察を待つことになりました。


<続く>


僕は彼女に妊娠を告げられた

過去の連載はコチラ

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。