離婚の危機かも…!関係が冷めていきやすい夫婦の特徴&共通点とは?

冷めていく夫婦の共通点について詳しく知りたい方へ。今記事では、冷めていく夫婦に共通するポイントを詳しくご紹介します。離婚しやすいカップルに多い特徴を解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

段々と仲が冷めていく夫婦の共通点|関係が悪化しやすい特徴とは?

冷めていく夫婦の共通点とは

いまや3組に1組の夫婦が離婚すると言われている時代。離婚に至らなくても、実は仮面夫婦だというケースも。

しかし、冷めていく夫婦の共通点が分かっていれば、夫婦仲が悪化する前に対策を取れるかもしれません。

そこで今回は、仲が冷めていく夫婦に共通して見られる特徴をご紹介。

離婚が心配な人やいつまでも夫婦円満でいたい人は、当てはまっていたら要注意ですよ。


冷めていく夫婦の共通点1. 夫婦間のコミュニケーションが少ない

夫婦といえども、伝えたいことはきちんと言葉にしないと相手には届かないもの。

「言わなくても伝わるだろう」と思い込み、感謝や謝罪の言葉を言わなかったり、愛情表現をしなかったり。普段から会話が少ないと、誤解があった場合もすぐに解消ができず、夫婦喧嘩や仲違いの原因になることもあります。

会話がない夫婦は相手の本心を正しく受け取れないため、すれ違いが起こりやすいのです。

【参考記事】はこちら▽


冷めていく夫婦の共通点2. 義両親との反りが合わない

結婚している間は義両親との関係もずっと続くもの。

帰省の時など、義両親との関係が良くないと妻は気まずさを覚えます。いくら苦手でも結婚した以上は義両親も家族なので、冷たくあしらうわけにもいきません。そんな時、旦那が妻を気遣えなければ、妻は義両親だけでなく旦那にもがっかりするでしょう。

反りの合わない義両親との間にパートナーが入ってくれない場合、しだいに夫婦仲も冷めていきます。


冷めていく夫婦の共通点3. どちらかが我慢する機会が多い

パートナーに言いたいことを我慢し続けるのは、良好な関係とは言えません。

妻も働いている場合「旦那にも家事を手伝ってほしい」「子育ては二人でしたい」と思っていることがほとんど。しかし旦那が聞く耳持たずでは、妻の不満は溜まる一方です。

二人の立場が対等でない場合、一方の負担が大きくなりすぎるため、円満な夫婦関係を築くのは難しいでしょう。


冷めていく夫婦の共通点4. お互いに融通が利かない

冷めやすい夫婦は、お互いパートナーの意見よりも自分の意思を優先させがちという共通点があります。

料理の味付けや洗濯ものの干し方一つ取っても、育ってきた家庭によってずいぶん違うもの。お互い「相手が自分に合わせるべき」と考えていては、落としどころが見つからず喧嘩の原因になるでしょう。

相手の意見を聞き入れられないため、どんどん相手に愛情を感じにくくなるのです。


冷めていく夫婦の共通点5. 些細なことで喧嘩が絶えない

言われた相手がどう感じるかを考えず、不満やいら立ちをストレートにぶつけると喧嘩になりやすいです。

ふとしたことでも、「なんでゴミ出ししないの?」「いつも遊んでばっかり!」など、突然強い口調で言ってしまいがち。言われた方は不愉快な思いになり、口答えや無視をしたくなることもあるでしょう。

相手の立場になってコミュニケーションが取れないのも、離婚しやすい夫婦の特徴です。


冷めていく夫婦の共通点6. 勢いやノリで結婚した

入籍前にお互いを十分に理解できていないと、夫婦としての相性の良し悪しも分かりません。

スピード婚をした夫婦は、お互いの良い面しか知らずに結婚したケースが多いです。一緒に暮らして初めて悪い面に気付き、「こんな人だったなんて」と驚くことも。

好きな気持ちだけで一緒になった夫婦は、徐々に冷める傾向にあります。


冷めていく夫婦の共通点7. 性格や価値観を合わせる努力をしない

結婚生活がうまくいってない夫婦は、パートナーの意見に耳を傾けるよりも自分の考えを主張してしまいがち。

きちんと片付いた家で生活したくても、パートナーが散らかしてばかりだと困ってしまいます。どちらか一方が片付けのルールを強制したり、片付けを相手に丸投げしたりすれば、お互いに不満がたまるでしょう。

相手を尊重する気持ちが薄れてしまっているのも、冷めていく夫婦の共通点です。


冷めていく夫婦の共通点8. 信頼関係を築けていない

二人の間に不信感が生まれてしまうのも、離婚に繋がるサインです。

パートナーが浮気をしていたら、男性でも女性でも大きなショックを受けるでしょう。相手を信じられなくなり、疑心暗鬼になったり愛情が薄れたりする人も多いはず。

信頼できない相手を深く愛することは難しいため、一度信頼関係が壊れた夫婦は冷めていくのです。


関係が冷めないように、いつまでも夫婦円満でいるための秘訣とは?

ちょっとした心がけがあれば、良好な夫婦仲を続けるのは難しくありません。

コミュニケーションや愛情表現を大切にすることはもちろん、お互い自立した大人として相手を尊重することも大切。一緒に記念日をお祝いしたり、二人きりのデートに出かけたりするのも効果的です。

相手への思いやりを忘れず二人の時間を楽しむことで、いつまでも夫婦円満でいられますよ。

【参考記事】はこちら▽


夫婦愛が冷めないように、日頃からコミュニケーションを忘れずに。

冷めていく夫婦の共通点は、どれもそのまま離婚の原因に繋がりやすいもの。会話や思いやりが欠けてしまうほど、夫婦仲も冷めやすくなるようです。

「せっかく結婚したのに、仮面夫婦になったらどうしよう……」と不安な人は、日頃からパートナーとしっかり向き合ってくださいね。

パートナーを思う気持ちがきちんと伝われば、これからも仲睦まじい夫婦でいられますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事