【女性必読】断られないデートの誘い方とは?好きな人を誘う時の注意点も紹介

男性がOKしやすいデートの誘い方を詳しく知りたい女性へ。今記事では、男性に断られないデートの誘い方について詳しくご紹介します。男性をデートに誘う際の注意点も詳しく解説するので、気になる人をデートに誘いたい女性は、ぜひ参考にしてみてください!

女性から男性をデートに誘っても全然大丈夫!

女性からの上手なデートの誘い方とは

好きな人や気になる人がいる場合、「なんとかデートの約束を取り付けたい」と思う女性は多いでしょう。ただし、前提として女性からデートに誘うのはアリなのか、疑問に思ってしまいますよね。

結論から言うと、女性からデートに誘うという行為は全く問題ありません。「ガツガツしていると思われるかも...」と心配になる人もいるかもしれませんが、男性も女性から誘われて悪い気はしないもの。

好きな人と距離を縮めたいと思うなら、積極的にデートに誘ってみるのがおすすめですよ。


男性に断られないデートの誘い方|上手に誘うテクニックを大公開

基本的には、男性に喜ばれることが多い女性からのデートの誘い。しかし、ストレートにいきなり誘っても断られないか、心配に思ってしまう女性は多いでしょう。

そこでここからは、男性に断られない上手なデートの誘い方を詳しく解説していきます。


上手なデートの誘い方1. 男性が興味を持つ場所へのデートを提案する

いくら女性からの誘いが好意的に受け止められやすいといっても、自分が全く興味のない場所へ行くのは誰だって気が進まないもの。

そこで、気になる男性の好きなものを事前にリサーチしておき、相手の関心のある場所へデートに行くことを提案してみましょう。

相手の好物の物を食べに行こうと言ったり、相手が興味のあるスポットへ出かける予定を立てたりすることで、デートを前向きに考えてくれるため、OKされる確率が高まりますよ。


上手なデートの誘い方2. 相談を理由に食事へ誘う

男性は基本的に頼られるのが好きなため、女性に「プライベートな悩み事を聞いてほしい」とか「仕事に対してのアドバイスをしてほしい」などと言われて悪い気はしません。

従って、相談事などを理由や口実として、食事へと誘ってみるのもおすすめの方法となります。

初めての場合はかしこまった形式ではなく、LINEなどを使ってラフに誘い、そこから関係を深めて次の予定を上手く立てていくことで、自然な流れでデートの約束を取り付けることができますよ。


上手なデートの誘い方3. 買い物に同行してとお願いする

男性の友人や上司へプレゼント・餞別などを渡さないといけない場合、女性の感覚だけでは選びにくいというのは自然な事です。

従って、「男性目線の意見を聞きたいので買い物に同行してほしい」とお願いすることも、成功しやすいデートの誘い方だと言えるでしょう。

「○○くんはセンスが良いから一緒に来てほしい」とか、「アドバイスが的確だから選んでほしい」などと言って褒めつつ誘うと、相手も悪い気はしないため、成功する可能性が高くなりますよ。


上手なデートの誘い方4. イベントへ一緒に行こうと誘う

世の中には、女性だけだと参加しにくい企画や、一人参加だと安全性が気になるイベントなどがたくさんあるものです。

そこで、一人では少し参加しにくそうなイベントに、「一緒に行こう」とLINEなどで誘ってみましょう。

「一人だと不安で...」とか「一緒に行く人がいなくて...」などと言った口実を上手く使えば付き合う前でも自然に誘えるため、約束を取り付けられる確率が上がると考えられます。


上手なデートの誘い方5. お礼やお祝いを口実に誘う

人は、「お世話になったお返しがしたい」とか「お祝いがしたい」などと言われると簡単には断らないもの。

従って、お礼やお祝いを口実にして誘うのも、上手なデートの誘い方となります。

同僚や上司であれば仕事で助けてもらったお礼に、友人であれば昇進・誕生日などのお祝い事にかこつけて食事やデートなどに誘うと、相手も素直に嬉しいため、デートが実現する可能性が高くなるでしょう。


男性をデートに誘う際の注意点|気をつけるべきポイントとは

好意的に捉えられ、テクニックを駆使すればすんなりOKされる可能性が高い女性からのデートの誘い。しかし、どんな誘い方をしてもいいという訳ではありません。

そこでここからは、男性をデートに誘う際の注意点について解説していきます。

男性をデートに誘う注意点
  1. 自分の都合で誘う
  2. 相手にプランを丸投げする
  3. ご馳走してとねだる
タップすると移動します

男性をデートに誘う注意点1. 自分の都合で誘う

いくら女性からの誘いが好意的に捉えられるといっても、自分の予定ばかりを優先する人にはうんざりしてしまうもの。

相手のスケジュールを考えずに日にちを決めたり、自分が空いている日に急に誘ったりすると、「社会人として常識がない人」だと思われてしまいます

従って、自分の都合だけを優先してデートに誘うことは絶対に避けましょう。


男性をデートに誘う注意点2. 相手にプランを丸投げする

たとえ普段はデートプランを率先して決める男性であっても、自分が誘われた側である場合は相手に予定を立ててほしいもの。

従って、何をするか、どこへ行くかなどを決めることを相手に任せたり、「調べておいて」とLINEしたまま放置していたりすると、男性をイライラさせてしまいます。

女性側から誘ったのであれば相手にプランを丸投げせず、自分で相手が興味を持ちそうなプランを立てるようにした方が良いでしょう。


男性をデートに誘う注意点3. ご馳走してとねだる

デート中、男性が女性に奢る場面は少なくはありませんが、男性も全ての女性に奢ってあげたくなる訳ではありません。

甘える感じならまだかわいいものの、最初から「男性が払うでしょ」というスタンスで来る女性には違和感を覚える男性は多いです。

男性にガッカリされないためにも、ストレートに「ご馳走して」とねだるようなことは避けるようにしましょう。


デートの誘いをOKされる確率を高めるならタイミングも重視する

基本的には好意的に感じられることが多い女性からのデートの誘い。しかし、より成功率を高めたいのであれば、誘うタイミングも重視する必要があります。

LINEやメールなどがコンスタントに続いている状態か、相手の仕事が落ち着いているかなど、上手くいくタイミングを見極めることでデートが実現する可能性が高まりますよ。

事前に成功しそうなタイミングを調べておき、確実に約束を取り付けましょう。


好きな男性とのデートが成功するように上手にアプローチしてみよう。

好きな男性や気になる相手がいると、なんとか取り付けたいと思うデートの約束。勇気を出して誘おうとするものの、女性から声をかけると相手に引かれてしまいそうで、「ストレートに誘ってもいいものか...」と悩む人は多いでしょう。

しかし、上手なデートの誘い方を理解し、注意点などに気をつけながら誘うことで、女性からのアプローチであってもOKされる可能性は高まりますよ。

デートを誘うタイミングなども考慮しながら、意中の人との約束を上手く取り付けましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事