ワイドスクワットは効果ない?効かない原因と正しい筋トレ方法を徹底解説!

ワイドスクワットが効果ない理由や原因を知りたい人へ。本記事では、ワイドスクワットが効果ないと感じる原因から正しいトレーニング方法まで大公開!脚痩せに効果的な方法はもちろん、短期間で引き締めるやり方も紹介しているので、気になった方はぜひ活用チェックしてください!

ワイドスクワットの効果が出ない原因|脚痩せしない理由とは

ワイドスクワットが効果ない原因|脚痩せしない理由とは.jpg

普通のスクワットよりも足幅を大きく広げて行うワイドスクワット。

しかし、ワイドスクワットは「効果ない」、「脚痩せしない」と感じている人もいるでしょう。

なぜワイドスクワットは効果ないと思ってしまうのか、その理由を紹介していきます。


効果が出ない原因1. フォームが間違っていて余計な筋肉が付いているから

効果が出ない原因1. フォームが間違っていて余計な筋肉が付いているから.jpg

トレーニングをする時には、正しいフォームで行うことが大切です。

スクワットはお尻の筋肉と太ももの筋肉をバランスよく鍛えるトレーニング。フォームが崩れていると、前ももだけに負荷がかかったりしてしまいます。そうなると、余計な筋肉がついてしまい逆に足が太くなることに。見た目のバランスも悪くなってしまいます。

また、正しいフォームで筋トレしないと、腰やひざに負担がかかり、体を痛める可能性もあります。

足が痩せない、効果ないと感じる時は、フォームが間違っているサインかもしれません。


効果が出ない原因2. 体の状態にあった負荷をかけられておらず、効果が表れていないから

例えば全く負担なく楽にこなせる重さのバーベルを持ち上げても、筋肉は育ちません。かといって重すぎるバーベルでは変に力んでフォームが乱れて、余計なところに筋肉がついてしまったり、負担のかかりやすい腰やひざなどをを痛めてしまう恐れがあります。

そのため筋トレで効果を出すには、適切な負荷をかけるべき。自重だけでは足りないと感じるならダンベルを持ったりして負荷を調整しましょう。


効果が出ない原因3. ワイドスクワットだけでは消費カロリーが足りていないから

効果が出ない原因3. ワイドスクワットだけでは消費カロリーが足りていないから.jpg

ワイドスクワットは確かに、ダイエットに効果的です。しかしスクワットのみでは消費カロリーが足りず、痩せない可能性もあるでしょう。

そもそもスクワットを含む筋トレは無酸素運動に分類され、その運動自体の脂肪燃焼効果は高くありません。筋トレによるダイエット効果とは、筋肉量が増えることによる基礎代謝の向上や、筋肉が付くことによる引き締め効果です。

「体重や体脂肪を落としたい」という方なら、ランニングやウォーキングといった有酸素運動を取り入れるなど、他の方法でダイエット効果を高める体づくりをする必要があります。


効果が出ない原因4. そもそも摂取カロリーが多すぎて燃焼できていないから

そもそも消費しているカロリーよりも摂取しているカロリーが多ければ、太っていきます

そのため、どんなにワイドスクワットをしていても、それを上回って太ってしまうほどのカロリーを摂取していれば、当然脚も細くなるわけがありません

「今日は筋トレを頑張ったからごほうびにおやつを食べよう」など、自分を甘やかしてカロリーをとりすぎていると、せっかく頑張った筋トレの効果が台無しです。筋トレの効果を高めるには、食事もよく考える必要があるといえるでしょう。


効果のあるワイドスクワットのやり方とは|確実に脚痩せする方法を解説

正しいワイドスクワットのやり方

効果のある正しいワイドスクワットの方法は以下。

  1. 脚を肩幅の2倍に開く
  2. 手は胸の前で握っておく
  3. つま先を外側45度の方向に向ける
  4. おなか周りに力を入れる
  5. 上半身を真っ直ぐにしながら、腰を入れて骨盤を前傾させながら膝を曲げる
  6. 膝はつま先と同じ方向をむくように意識して、内側や外側に膝が行かないようにする
  7. 太ももが床と平行になる位置まで下がる
  8. 腰を上げて最初の状態に戻る

回数は1日50回からスタート。少しずつ回数を増やして、1か月で250回できるようになるのが目標です。

【参考記事】ワイドスクワットの効果的なやり方を解説▽


短期間で脚を細くするコツとは|注意すべきポイントも解説

短期間で脚を細くするコツとは|注意するポイントも解説.jpg

前ももなど足のたるみは、服のサイズに影響したり、まわりからもわかりやすかったり、できるだけ早く何とかしたいですよね。

ここからは短期間で脚痩せするための方法をご紹介します。正しいワイドスクワットのやり方も踏まえて足を引き締めていきましょう。

短期間で脚を細くするコツ
  1. 慣れてきたら回数を増やす
  2. 有酸素運動を組み合わせる
  3. 摂取カロリーを抑える
タップすると移動します

短期間で脚を細くするコツ1. 慣れてきたら回数を増やす

短期間で脚を細くするコツ1. 慣れてきたら回数を増やす.jpg

筋トレでは、ケガをしない範囲で負荷を高めることで、より筋トレの効果を高められます。

正しいフォームを身につけ、自分の限界がわかって慣れてきたら、回数を増やして自身の限界の回数に挑戦していきましょう。回数の目安として、1日50回からスタートして、慣れてきたら100回200回と増やしていきましょう。1か月後には250回こなせるようになるのが目標です。


短期間で脚を細くするコツ2. 有酸素運動を組み合わせる

体がぶよついていて、脚回りの脂肪の多さを感じていたり、体重計で量った時に体脂肪率が高い人は、ワイドスクワットだけでは短期間での脚痩せは難しいでしょう。

筋トレだけではなく、ランニングやウォーキング、ヨガやサイクリングなどの有酸素運動を取り入れて、脂肪を燃焼させ、筋トレ効果を高めるのがコツ。

有酸素運動は脂肪燃焼に効果があり、しっかり脂肪を落としていけば、筋トレだけでは得られない脚痩せ効果を実感できますよ。

【参考記事】家でできる有酸素運動を解説▽


短期間で脚を細くするコツ3. 摂取カロリーを抑える

短期間で脚を細くするコツ3. 摂取カロリーを抑える.jpg

どんなにトレーニングをしても、摂取カロリーが多いと当然体に脂肪がついてしまい、どんどん脚は太くなるでしょう。

そこで摂取カロリーを抑えて、トレーニング効果を高める必要があります。自分の食事を振り返って、摂取カロリーが適切かを確認するのがおすすめ。

食べすぎの人は、カロリーを抑える食生活を身につけていないと、筋トレで一時的に痩せられても、やめた瞬間に太ってしまいます。今のうちに、食生活も見直しましょう。

【参考記事】ダイエット中におすすめの摂取カロリーを抑える食べ物を紹介▽


ワイドスクワットは必ず効果が出ます!原因を知って正しい筋トレをしましょう。

ワイドスクワットをやっても、なかなか脚回りが痩せず、効果ないと感じてしまうこともあるかもしれませんが、やり方が間違っていたり何か原因があるはず。

「効果ない」と思った時には、フォームや回数、自分の食生活を今一度見直してみましょう

正しいやり方でワイドスクワットに取り組み、ダイエットを成功させてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事