職場で“両片思い”だとわかるサインとは?二人の関係を進展させるコツも解説

職場における両片思いのサインについて詳しく知りたい方へ。今記事では、職場で両片思いになった時のサインから、関係を発展させるコツまで詳しくご紹介します。お互いに奥手だと関係が進展しづらいため、両思いかもと思っている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

職場で両片思いになった時のサインとは|わかりやすい行動を解説

職場で両片思いな時のサインとは

片思いしている男性と「もしかして両片思いなのかも」と思うことがあったら、希望を感じますよね。好意を持つ人から好かれることは何より嬉しいものです。

でも、確信がなければ、こちらからアプローチすることも難しいでしょう。

そこでここでは、職場で両片思いになった時のサインについて解説します。わかりやすいポイントを5つご紹介しますので、社内恋愛に発展させるヒントにしてください。


職場で両片思いになった時のサイン1. 周りに付き合わないの?と聞かれる

本人たちがお互いの気持ちに気付いていないだけで、周りの人にはバレバレというのはよくあること。

そのため、「何で付き合わないの?」と周囲から聞かれる場合は、両片思いになっているサインです。

2人の雰囲気や態度から好き同士であることは明白な状態。客観的に見られる分、会社の同僚など、周りからの視点の方がより現実に近いものですよ。


職場で両片思いになった時のサイン2. 目が合う回数が多い

好きな異性を無意識に目で追ってしまうのは自然なこと。それは男女に共通する恋心と言えるでしょう。

そのため、目が合う回数が多い場合は両片思いになっているサイン。お互いが同じように相手を頻繁に見るために、必然的に目が合う回数が多くなるのです。

会社で好きな人と目が合ってドキドキしているのは、あなただけではないかもしれませんよ。


職場で両片思いになった時のサイン3. 他の社員と接し方が違う

好きな相手には誰でも優しくしたいと思うもの。ただ、シャイな人同士の場合、お互いに意識しすぎて対応がぎこちなくなることもあります。

そのため、男性があなたに他の社員とは違う接し方をする場合も両片思いになったサインと言えます。

「妙に優しい」「変によそよそしい」など、それがどういう形かは関係なく、他の女性とは違う対応なら脈あり。相手もあなたに好意を抱いている可能性が高いでしょう。


職場で両片思いになった時のサイン4. 仕事終わりにご飯へ行く機会が多い

好意を持つ相手とは、できるだけ一緒にいたいと思うのが当たり前。たとえ2人きりでなくても良いから、少しでも長く同じ時を過ごしたいと思うものです。

そのため、仕事終わりにご飯や飲みに行く機会が多い場合も両片思いになっているサイン。

あなただけでなく、相手の男性も退社時間を合わせようとしているからこそ、いつも同席することになっているのですよ。


職場で両片思いになった時のサイン5. 職場でプライベートの会話をする

好きな相手のことは何でも知りたいと思うもの。そのため、好き同士の場合は職場でも自然とプライベートな話題に発展するものです。

あなたが意中の男性とよく会社で、趣味や休日の過ごし方などの会話をするようなら両片思いになっているサイン。通常、男性は好きでもない女性のプライベートには興味がありません。

相手が個人的なことを話すのは、あなたのことを知りたいのと同時に自分のことも知ってもらいたいからでしょう。


職場の人と両片思いになった際に関係を発展させるコツ

片思いだと思っていた人と好き同士であることがわかったら、それはとても嬉しいことでしょう。憂鬱だった通勤ラッシュも、彼に会えると思ってどこかウキウキしたものになるかもしれません。

でも、両片思いの場合、お互いシャイなために、なかなか職場恋愛に進展しないところが問題。

そこでこれから、両片思いから関係を発展させるコツをご紹介します。うまく活用して幸せな両想いになりましょう。


両片思いから発展させるコツ1. 周囲に後押しをしてもらう

両片思いの難点は、なかなか自分たちだけでは関係を発展させられないこと。お互い奥手なことが原因かもしれません。

多くの両片思いの場合、友人・知人にはバレバレですが、その状況はある意味好都合。思い切って周囲に後押ししてもらいましょう。

共通の知り合いを介して「あの子、あなたのことが好きみたい」と、それとなくこちらの気持ちを伝えてもらえば、男性の方からアプローチしてくる可能性は高まるはず。

一緒にいる場面で「仲いいね。付き合っちゃえば?」などと振ってもらうという手もあります。その時、良い雰囲気なら「そうする?」と、あなたから促すのも良し。もしかしたら、相手から「付き合おうか?」と言ってくれるかもしれませんよ。


両片思いから発展させるコツ2. 彼氏が欲しいアピールをしてみる

シャイな男性が相手の場合、ただ待っているだけではいつまで経っても告白してこない可能性もあります。相手も一歩踏み出すきっかけを欲しがっていることでしょう。

そういう状況では、「彼氏、欲しいなあ」とアピールしてみるというのも1つの方法。それだけで相手には、あなたが今フリーであることが明らかになり、同時に恋愛したい気分であることも伝わります。

あなたのことが好きな場合、他の人と職場恋愛されたらたまらないという思いは当然あるはず。どれだけ奥手な男性でも告白するなど、何らかの行動に踏み切ることでしょう。


両片思いから発展させるコツ3. プライベートで会う約束をしてみる

どれだけ好きかはひしひしと伝わってくるのに、それでも告白してこないという男性もいるものです。もしかしたら、あなたのことを高嶺の花と感じて「俺なんかじゃあ」と思っているのかもしれません。

そういう場合は待っていても無理。こちらからプライベートで会う約束をしてみましょう。喜んで承諾するはずです。

2人きりのデートに誘われたら、いくら鈍感な男性でもあなたの好意に気付くはず。そこまでいけば、奥手な彼も頑張って告白してくる確率は高くなりますよ。


両片思いな雰囲気を感じたら、自分から勇気を出して関係を発展させてみて。

2人の雰囲気から周囲にはバレバレなのに、なかなか関係が進展しない両片思い。男性からしても、同僚だけに失敗して気まずい思いをしたくないということも歯止めになっているのでしょう。その場合、次のステップに進むためには、あなたからアクションを起こす必要があるかもしれません。

そのため、両片思いサインが1つでも出ているなら、ご紹介した方法で相手に告白しやすい状況を提供してみましょう。

あと一押しで彼からの告白を受けられ、職場恋愛に発展する可能性は高いですよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事