彼氏の嫌なところが目につくのは別れのサイン?不満を感じた時の解決方法も解説

彼氏の嫌なところばかりが目につくとお悩みの女性へ。今記事では、彼氏の嫌なところが目につく時の対処法について詳しくご紹介します。彼の嫌な部分ばかりが気になってしまってどうしようと悩んでいる女性は、ぜひ参考にしてみてください!

彼氏の嫌なところが目につく時の対処法|女性がとるべき対応を大公開

彼氏の嫌なところが目につく時の対処法

付き合う前や、付き合いたては「こんなに素敵な人っているの…!」と不満なんてなかったですよね。

次第に恋愛の盛り上がりが落ち着き、冷静になるとだんだん彼氏のいやな部分が見えてきてしまうもの。

これは当たり前のことで男女関係で不満がなにも無いほうが珍しいです。

この記事では彼氏の嫌なところに気付いたときの対処法をおすすめしていきます。不満を乗り越え、お互いが満足できるようになれたらこれまでよりも素敵な関係になれますよ。


彼氏の嫌なところが目につく時の対処法1. 自分とは違うと受け入れる

親兄弟でも考え方が違うことはよくあります。違う家庭で育った彼氏が、100%あなたと同じ価値観なわけがないですよね。

自分とは価値観が違うと反射的に否定したくもなりますが「そういう考えもあるのね」「私とは違うけど、そのやり方もあるんだ」と、いったん聞いてみては。

受け入れられてる感覚があれば、彼氏ももう少し丁寧に自分の考えをあなたに説明してくれるはず。お互い理解しあえば彼氏の嫌な部分も気にならなくなるでしょう。


彼氏の嫌なところが目につく時の対処法2. 良い部分に目を向けるようにする

最近、嫌なところが気になる彼氏でも「こういうところが大好き」という部分が必ずあるはず。

彼氏と一緒にいる時、意識的に良いところを探してみましょう。また、交際し始めた頃の写真を見たり、思い出の場所に行ったりするのもおすすめ。

もともと好きで恋人になった彼氏ですから、きっと良い部分をたくさん再発見できますよ。嫌なところなど吹けば飛ぶくらいに思えるでしょう。


彼氏の嫌なところが目につく時の対処法3. 優しく指摘して直してもらう

直して欲しいところを指摘する時は、ソフトな伝え方をする方が彼氏も素直に受け入れやすいでしょう。

「気持ちは嬉しいんだけど…。でも、今度はこうしてもらえると嬉しいなぁ」などと、どうして欲しいかをセットで伝えると親切です。

たとえあなたが正しく、彼氏に非があるとしても、頭ごなしに注意するのは禁物。彼氏は「お前はおかんか?」「上司じゃあるまいし」と不満に思い受け入れるのは難しいかも。

男性は好きな女性を喜ばせたいという純粋な人が多いので、どこが嫌でどうすれば嬉しいのか分かれば直してくれるでしょう。


お互いの嫌なところを指摘し合うのもおすすめ

我慢をため込んである日爆発、というのは別れる原因になりかねません。嫌なところがあったら、イライラをためずに最初の内にさらっと指摘して直してもらうのもおすすめです。

軽い感じで「そういうのはちょっと」と言ってしまえば、彼氏も気軽にあなたの気になるところが言えるでしょう。

風通し良く言い合える関係になれば、長く付き合えるカップルになれはずですよ。


彼氏の嫌なところが目につく時の対処法4. お互いの価値観をすり合わせる努力をする

合わせるか譲るかしかないと、いつも合わせる方の人はストレスがたまっていきがち。2人の関係も悪くなってしまいます。

彼氏を言う通りにさせるより、歩み寄ってお互いに心地良い着地点を探すのも大切です。

自分から譲ったり、相手の価値観を尊重したりする努力はきっと伝わります。彼氏も、同じようにあなたの価値観を尊重して嫌なところは控えてくれるでしょう。


どうしても価値観が合わないなら別れを検討する

交際期間中にどうしても許せないところがあったり、価値観が全く合わなかったりするなら、悲しい決断が必要かもしれません。

イライラするのは精神衛生上良くないですよ。頼んでも状況が変わらないと、無力感に陥ってしまう場合もあります。同棲や結婚を望んでいても、我慢することになるのは目に見えています

対処法を試しても状況が改善しないなら、別れを検討してみましょう。もっと価値観が合う人と巡り合えるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


不満が出た時こそ正念場。焦らず落ち着いた判断を

交際し始めの頃は気付かなくても、カップルになってしばらくすると彼氏への不満の1つや2つはでてくるもの。嫌なところが目につくのは、2人の関係が次のステージに上がった印です。

「このまま恋人と付き合って、幸せになれるかな」と不安な時もあるでしょう。そんな時は責めずに落ち着いて紹介した対処法を試してみては。

嫌なところが改善したら、長期的な関係も視野に入ってくるはず。恋人と受け入れ合い、手を取り合って人生のステージを進んでいきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事