【自己診断】空気が読めない人の特徴│KYと思われないようにする方法とは?

空気が読めない人の特徴や改善方法を知りたい人へ。本記事では、空気が読めない人の特徴から空気が読めるようになる改善方法まで大公開!KYな人の言動や行動はもちろん、人間関係がうまくいく方法も解説しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

空気が読めない人の特徴10選│該当するか自己診断してみよう!

)空気が読めない人の特徴

職場など身近な場所に空気が読めないといわれる人が一人はいるもの。

ここでは空気が読めない人の特徴を詳しく紹介します。

「空気読めてないよ」と言われた経験がある人などは、自分が当てはまるか参考にしてみてくださいね。


空気が読めない人の特徴1. 共感力が低い

他人が抱く感情を一緒に共有できないのが、空気が読めない人の性格的な特徴。

職場などで同僚が仕事のミスで落ち込んでいるのに、それに気づかずに自分にあった楽しい出来事を話し出すような姿を見せるもの。

他人の喜びや悲しみ、怒りなどの気持ちを理解して、寄り添うことができないので、空気が読めていないと思われるのです。


空気が読めない人の特徴2. 人の話を聞かない

自分の気持ちばかりが先走ってしまいがちになっていませんか。

恋人同士でも「今日はゆっくりしたい」などと会話で言っているのに、「どこかに遊びに行こうか」と全く相手の気持ちに応えないことを言い出すようなところがあります。

人の話を聞いていないので、相手の希望や気持ちなどを読み取れないの人の気持ちが分からない人だと思われてしまうのです。


空気が読めない人の特徴3. 声が大きい

空気が読めない人は、その場に応じた行動が取れない人が多いです。

職場などで仕事の愚痴など、あまり多くの人に聞かれたくない話をしているのに、「この会社はその辺ダメだからなぁ」と周囲に聞こえるような大声で話して同僚をヒヤヒヤさせるような面があります。

その場の状況や言動の内容などで声のトーンを変えられないので、周囲からはKYだと思われてしまうのです。


空気が読めない人の特徴4. 思ったことが口に出る

「これを言ったら相手がどう思うか?」と考えずに、発言

例えば、恋愛関係でも恋人が作ってくれた手料理が口に合わないと、「これマズくて食べられないよ」などと相手が傷つくような言動を平気でしてしまったり。

言葉にする前に一度大丈夫かどうかを考えない性格の持ち主だからこそ、周りからは空気が読めない人だと思われてしまうのです。


空気が読めない人の特徴5. 冗談が通じない

他人の発言に込められた気持ちを読み取るのが苦手な人もいるでしょう。

彼女がいたことのない友達が「俺ってモテモテだし」なんておどけてみせたら、「全然モテないでしょ」なんて真顔で言って気まずい空気を作ってしまいます。

会話を弾ませたり、場の空気を和ませようという人の気持ちを理解できない面があるので、的外れな返答をしてしまうのです。


空気が読めない人の特徴6. 口が軽い

あらゆることを自分の心に留めておけずに、しゃべってしまうことってありませんか。

同僚などが「絶対に誰にも言わないで」と秘密の話を教えてくれたのにも関わらず、約束を守れずに他の人に教えてしまうような口の軽さを見せるもの。

誰にも言わないだろうと信頼して話してくれたのに、その気持ちを裏切ってしまい、周囲からKYと思われがち。信用を失ってしまうような節があるため、注意しましょう。


空気が読めない人の特徴7. 期限や時間を守らない

決まりごとや約束を破ってしまうところがあるのも、KYな人あるある。

ビジネスシーンでも何度も遅刻を繰り返したり、納期を守れなかったりして同僚や取引先に迷惑ばかりかける人を見かけることがあります。

守らないといけないと周りが察していることを破ってしまうので、周囲からは「空気読め!」と思われてしまうのです。


空気が読めない人の特徴8. 自信過剰

自分に自信があるあまり、自己中心的な行動をとってしまいがち

仕事をしていても、上司や同僚が注意点を教えてくれているのに、「大丈夫です」としっかり話を聞かないで行動して失敗するケースがあるもの。

自信過剰なあまり周囲の人の話を聞かないで、勝手な行動をして迷惑をかけた挙げ句にKYと思われてしまうのです。


空気が読めない人の特徴9. お金にルーズ

空気が読めない人は、周囲が理解できない金銭感覚を持っています

お金の使い方が周囲の感覚とかけ離れているため、それが生活態度や会話の端々にあらわれて、仲間たちからドン引きされている人などが当てはまるでしょう。

「なんだかこの人の感覚にはついていけないな。」周囲を呆れさせるような空気の読めない発言をしてしまいます。


空気が読めない人の特徴10. 計画性がない

行き当たりばったりの行動で、周囲を振り回すことがあったら要注意。

恋人とデートをしても、行ったことのない場所に事前にルート確認しないまま出発して、予定時間を大幅に遅れてしまったり、予約必須の人気飲食店に予約無しで行って何時間も待つハメになったりするもの。

しっかり準備すれば何も問題ないのに計画を立てないので、周囲にKYな人だと呆れられてしまいます。


空気を読めるようになる方法│KYと思われないようにする改善方法を解説!

「空気が読めていない」と言われて悩んでいる人もいるでしょう。

空気を読むことができないと、人間関係がうまくまわらず、仕事でもプライベートでも損なことばかりです。

ここからは空気が読めるようになる方法について詳しく解説するので参考にしてみてくださいね。


空気が読めない人の改善方法1. 相手の話にきちんと耳を傾ける

人の伝えたいことをしっかり把握できないと、相手の気持ちに寄り添えないもの。

人と話をしている時は、「相手がどんな気持ちなのか」「何を伝えたいと思っているのか」を理解できるように話にきちんと耳を傾ける意識を持つようにしましょう。

話をしっかり聞いて理解できるようになれば、相手の気持ちに応えることができて、空気が読めない人から卒業できるものです。


空気が読めない人の改善方法2. 空気が読める人と行動する

空気が読めるようになりたいと思っても、お手本になる存在がいないと、自分を変えるのは難しいでしょう。

まずは「気遣いができる人」とか「思いやりがある人」などと評価されている「空気が読める人」と行動を共にして、学ぶのも対処法の一つ。

空気が読める人の行動を真似ることで、自分自身も空気が読める人になれるでしょう。


空気が読めない人の改善方法3. 一旦頭の中で整理してから発言する

思ったことをそのまま口に出せば、発言内容が吟味されていないので、傷つく人や気分を害する人がいるのは当然といえます。

発言する前には「これを言っても本当に問題ないのか」を頭の中で一度整理してから発言するようにしましょう。

「これは言っても大丈夫」「これはダメ」など取捨選択をしてから発言すれば、トラブルにつながる発言がなくなり、空気が読めない人とは思われないものです。


空気が読めない人の改善方法4. 計画を立てて行動する

いきあたりばったりの行動は円滑に進まないことも多く、周囲の人に「空気を読んで行動してほしい」と思われる原因になります。

仕事でもプライベートでもノープランはやめて、計画を立ててから行動する習慣を持つのもおすすめです。

計画を立てた行動は失敗を招きにくいので、周囲の人からKYだと思われる可能性が無くなりますよ。


空気が読めない人の改善方法5. 謙虚さを持つ

自信があるのは悪いことではありませんが、自信過剰すぎると周囲の声が耳に入らなくなって自己中心的な行動になりがち。

人とコミュニケーションを取る時は、謙虚な気持ちを持って真摯に相手と向き合いましょう。

謙虚な気持ちを持てれば、人の気持ちや考えを受け入れることができるようになり、場の空気が読めるようになりますよ。


空気が読めない人から脱却しましょう!

今回は空気が読めない人の特徴と、空気が読めるようになる改善方法を紹介しました。

職場や恋人などから「空気が読めていない」と言われて落ち込んでいる人もいると思います。

空気が読めない人は相手の気持ちを考えるのを怠っている人が多いもの。謙虚な気持ちを持って周囲の人を気遣う行動を心がければ、空気が読める人になれるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事