夫婦関係を修復する方法とは?夫婦仲が悪化する原因から改善するきっかけまで解説

夫婦関係を修復したいとお悩みの方へ。今記事では、夫婦関係が悪化しやすい主な原因から、修復する方法まで詳しくご紹介します。少しずつ円満な夫婦関係を築くコツも解説するので、夫婦仲が良くないと感じる方は、ぜひ参考にしてみてください!

夫婦関係を悪化したら素早く修復することが大切。

夫婦関係を修復する方法は?

日頃の生活態度が悪く不満が募ったり、些細な喧嘩が長引いていたり、夫婦なら每日一緒にいれば喧嘩することもあるでしょう。

いつの間にか仲直りできるならいいですが、仲直りのきっかけが掴めないまま時間が経ってしまうと夫婦関係がさらに悪化してしまいます。

ギスギスした夫婦関係を修復したいなら、早急に関係改善するのが好ましいですよ。


夫婦関係が修復する余地が残されているケースはあるの?

今は仲悪い夫婦でも、愛し合って結婚した2人なら、話し合いで夫婦関係を修復したいと思うはず。でも、「もう手遅れなのかも…。」と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

まずは、どんな状態の2人なら夫婦関係を修復する余地があるか詳しくご紹介します。

むやみに離婚を選択しなくても修復が望める夫婦とは、どんな夫婦なのでしょうか。


夫婦関係を修復できるケース1. お互いに素直な意見を口にできる

仲直りをする上で、両者の意見を交わし合うのはとても重要なこと。

「こんなことが嫌だった」「私はこう思った」など、自分が感じたことをお互い素直に話せば、相手の気持ちも分かりしっかりと話し合いができますよね。

言いっぱなし言われっぱなしにならず、嘘偽りのない気持ちを伝えられるのであれば、夫婦関係を修復することは可能と言えるでしょう。


夫婦関係を修復できるケース2. 結婚生活を円満にする意思がある

「やめて欲しい。」「改善して欲しい。」と訴えることを無視され続けては、言っても無駄な相手だと呆れられてしまいます。

夫婦でお互いの生活態度を改めるよう努力が見えるならば、自分だけが我慢している状況も打破でき、家庭内のストレスも解消しやすいです。

今は決して円満とは言えなくても、改善の意志があれば問題なく修復が可能ですよ。

【参考記事】はこちら▽


夫婦関係を修復できるケース3. 相手への好意を抱いている

ギクシャクした夫婦関係を悪化させたくないのは、自分が相手を必要としているから。愛がなければ、一緒にいることも毛嫌いするようになるはずです。

仲直りできなくて寂しい気持ちも、「側にいたい。」「笑い合って過ごしたい。」という思いの表れでしょう。

相手を結婚当初と変わらず今も想っている場合にも、話し合いのきっかけさえできれば問題なく修復が可能ですよ。


反対に、夫婦関係が破綻して修復が不可能なケースとは?

以下のケースだと、夫婦関係の修復は難しいと考えられます。

  • 一切話し合いに応じず話し合い後も改善する気がない
  • モラハラやDV、浮気などを繰り返す
  • 歩み寄る努力や「冷静になる時間が欲しい。」という言葉さえない

夫婦のどちらかが一切話し合いに応じず話し合い後も改善する気がないような場合は、夫婦関係も悪化するだけ。

離婚を焦ってはいけないものの、長引かせるだけ苦痛が続くなら、区切りをつける時期なのかもしれませんよ。


夫婦関係を修復する方法とは|夫婦仲を改善するのに最適な対処法を解説

少しでも早く夫婦関係を修復したいけれど、きっかけも作れず、具体的な修復方法も分からないという人は意外に多いのではないでしょうか。

ここからは、夫婦仲を修復したい時に最適な対処法を詳しくご紹介しましょう。


夫婦関係を修復する方法1. 好意や感謝を口にしてみる

褒め言葉や感謝の言葉は、喧嘩中の夫婦でもあっても言われて悪い気になることはありません。

少しでも家事を手伝ってくれたら「○○やってくれたんだ。ありがとう!」、いつも車を綺麗に洗車してくれるなら「綺麗好きなところが良いよねぇ。」など、相手ができることに注目してみます。

前向きになれる言葉がけの習慣ができれば、相手も自分を認めてもらえた気がして喜び、夫婦関係も修復しやすくなっていきます。


夫婦関係を修復する方法2. 共通の趣味を見つける

結婚後、物理的な距離ができてしまう場合には、夫婦関係も離れやすい傾向があります。

ゴルフやテニスなどのスポーツや、キャンプ、DIY、ガーデニングなどのアウトドアなど、一緒に楽しめる趣味を見つけてみるのもいいでしょう。

夫婦で同じ趣味に時間を割ければ、共通の楽しみが増えて2人で過ごす時間が充実するはずです。


夫婦関係を修復する方法3. 2人だけの時間を設ける

仕事や育児で忙しい夫婦は、すれ違いの時間が増えてしまい些細な喧嘩でも仲直りのタイミングが持てません。

仕事が忙しい時は、休日にデートをするのもいいでしょう。育児が忙しくて夫婦の時間がもてないなら、お互いの両親や育児サポートに預けることも対処法の1つです。

「私(俺)だって一緒にゆっくり過ごしたい。」を実現できれば、愛を深める時間が持てるので関係性も良くなりますよ。


夫婦関係を修復する方法4. 夫婦仲を円満にしたい旨を伝える

夫婦関係を修復したいと思っているだけでは、相手に思いは届きません。

冷戦状態で声を掛けにくいかもしれませんが、自分の気持ちを伝えることこそ仲直りのきっかけになります

「ちゃんと話し合おう。」「笑顔がない家庭は疲れるよね。仲直りしたいな。」など、勇気を持って夫婦円満にしたい思いを伝えてください。

どんなに意地を張っていても内心では声掛けを待ち望んでいる人の方が多いから、また仲睦まじい夫婦に戻れますよ。


夫婦関係を修復する方法5. 感情的にならないよう意識する

夫婦関係が悪化するのは、感情的な売り言葉に買い言葉で冷静さを見失うから。

言いたいことがあっても発言する前に深呼吸をして、すぐに攻撃的な言葉を言わないように自分をコントロールしてみましょう。難しい場合は、相手の前から離れることが最善です。

「私は大人になるんだ。」と言い聞かせ、冷静な状態で話し合うのを心がけるのも、夫婦関係を修復するのに最適な対処法ですよ。


夫婦関係を修復する方法6. お互いに隠し事はしない

夫婦喧嘩は、隠しごとや言えなかったことなど「しこり」を残すとさらに深刻化し、関係性も悪化します。

話し合いをする時には、嘘偽りのない真実を話すように心掛けまましょう。隠しごとをしないことで後ろめたさもなくなり、素直な気持ちでお互いに歩み寄れるようになります。

隠しごとがなくなると態度も対応も気持ちよくなり、素直な意見を言い合える関係を築くのにも最適な対処法です。


夫婦関係を修復する方法7. 一人の時間も大切にする

いくら夫婦といえども、年がら年中一緒にいるとプライベートな時間がなく鬱陶しい存在になってしまうもの。

友人同士の会に無理矢理参加したり、ゆっくり読書したいのに邪魔したりするような行動は控えましょう。相手の予定を確認するなどして1人時間と一緒時間のバランスが偏らないように過ごすのがベストです。

一人時間は心の充電時間ですので、本人が無理に一緒の時間を作らないように配慮することも夫婦関係を修復させるコツですよ。


最悪の危機にならないよう、早めに夫婦関係を修復しよう!

長年連れ添う夫婦。喧嘩してもいつの間にか仲直りしていることもありますが、なかなか関係修復できない時期だってあります。

しかし、喧嘩の内容によっては夫婦の危機に直面することもあるため、関係修復は早いに越したことはないでしょう。

仲直りできれば、毎日気持ちのいいスタートがきれて帰宅するのも楽しみになりますので、ぜひ本記事を参考にしながら歩み寄ってみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事