告白後の「考えさせて」は脈なし?返事を保留にされて振られるパターンを解説

告白の返事を考えさせてと保留にされた際、脈なしのパターンについて詳しく知りたい方へ。今記事では、告白を保留にする相手の心理から、脈なしのパターンまで詳しくご紹介します。告白したけど厳しいかもと思う方は、ぜひ参考にしてみてください!

告白の返事を保留にする人の心理|気になる心の内を解説

告白を考えさせては脈なし?

告白の返事で「考えさせて」と言われると、答えが気になっていろいろ考えてしまいますよね。

ここからは、告白の返事を保留にする人の心理について詳しくご紹介します。

思い当たるものがないか、チェックしてみましょう。


告白の返事を保留にする人の心理1. もう少し考えたい

大事なことはしっかり考えてから決めたいという人もいますよね。

自分のためにも、相手のためにも「この人と付き合っても大丈夫か」「うまくやっていけるのか」といったことを、じっくり考えるでしょう。

真面目だったり、慎重な性格の人は、その場の感情に流されず冷静に考えて告白の返事をしたいと思っており、返事を保留しているのです。

【参考記事】はこちら▽


告白の返事を保留にする人の心理2. 他にも良い人がいる

あなたが相手の女性や男性のことを好きになったように、その人にも別で好きな人がいる可能性は十分あります。

とはいえ、告白されること自体は嬉しいもの。自分の好きな人を追うか、OKを出せばすぐ付き合えるあなたと恋愛するか考えるために、答えを保留にしているのでしょう。

他に気になっている人がいるため、あなたからの告白にすぐOKは出せない場合もありますよ。


告白の返事を保留にする人の心理3. 相手をもっと知りたい

よく知らない人と、いきなり付き合うのは不安や心配の方が大きいですよね。

何が趣味なのか、デートはどういうところに行くのか、など付き合うとなったら事前に知っておきたいことはたくさんあります。

告白された時点では脈ありだけど、相手の情報が足りない場合、相手について知る時間が欲しいので、考えさせてということもあるでしょう。


告白の返事を保留にする人の心理4. 突然だったから困惑している

予想外の人から急に告白されたら、誰でもびっくりしますよね。

知り合いや友達だったけど、全然恋愛対象としてみておらず、相手もそうだと思っていたら告白されたパターンなど、告白というイベント自体が予想外なので、相手も動揺しているでしょう。

告白を嬉しく思ったりするよりも、「なんで今?」「なんで私?」といった疑問が大きく、いったん返事を保留にして、考えを整理したいと思っています。


告白の返事を保留にする人の心理5. すぐに断るのは気まずい

好きな人から振られるというのは、大きな心のダメージとなるので、脈なしの相手でも断り方には気を遣うもの

すぐその場で断るのも相手に失礼なのではと思ったり、断るにしても厳しい言い方にならないように、と悩むことも。

友達や知り合いの場合、告白を断ったその後に関係を悪くしたくない気持ちもあるので、その場で断るのをとりあえず避けておくという判断をする人も少なくありません。


告白して「考えさせて」と言われた際の脈なしパターンとは?

告白した相手からの「考えさせて」が、脈ありか脈なしか、自分でも心づもりをしておきたいですよね。

ここからは、どんなパターンだと脈なしのケースが多いのか、詳しく解説していきます。

最近の相手の様子を想像しながら、チェックしていきましょう。


脈なしパターン1. 告白の返事を長く待たされてる

好きな人相手なら、返事を長く待たせることはしないでしょう。そのため断るのも面倒だったり、優先順位が低かったりと、相手が告白の返事をすること自体どうでもいいと思っている可能性があります。

そのため「考えさせて」といわれてから、長く返事を待たされているなら脈なしで振られる可能性が高いでしょう。

相手があなたをキープするために、返事を先延ばししているなど、都合よく使われている恐れもあり、いずれにしても脈なしといえます。


脈なしパターン2. 誘っても会えない

好きな人から誘われたり、会えるのは嬉しいですよね。また、相手のことをもっと知りたいと思っている場合も、会いたくなるもの。

そのため、食事に誘ってもどこかに出かけようとデートに誘っても断られてばかりの場合、脈なしの可能性が高いといえます。

あなたにその気があるのは分かっているので、強引にこられたり、変に既成事実を作られないようにあなたを警戒しているのかもしれません


脈なしパターン3. 告白後連絡があまり取れない

告白をきっかけに、あなたとどう接すればいいのか困っているのかもしれません。

LINEなどでも余計なことを言ったら、あなたを傷つけてしまうのではないか。あるいは、脈なしだけれどもあなたを勘違いさせてしまうのではないかと不安に。

結果、告白を「考えさせて」といった後、連絡を取ること自体避けているかも。そのような場合は告白が成功する可能性は低いでしょう。


脈なしパターン4. 素っ気なくなった

脈なしの相手からのアプローチは、断るのにも気を使います。そこに時間と労力をかけたくないので、できるだけ相手を避けるようになるもの

話している時の相槌や返事が「へぇ」「そう」だけだったり、あいさつした時にも目線が合わなくなったり。

その気はないけれども、告白によってあなたのことを変に意識してしまい、以前と同じような態度がとれなくなっているのかもしれません。


脈なしパターン5. 連絡の返信が遅くなった

好きな人との連絡は嬉しいので、脈ありの人にはすぐに返信したくなるもの。つまり、好きでもない脈なしの相手にすぐ返信してしまっては、誤解を生む可能性があるといえます。

返信が来ても、「すぐ返信して、勘違いされないように」と、わざと返信を遅らせていることも。

返信が遅くなっているのには、脈ありと勘違いされないための戦略の可能性があり、付き合うのは厳しいでしょう。


脈なしパターン6. 告白した時困ったような反応だった

何気ない表情や態度に、思いの他その人の気持ちは表れてしまいます

告白した時に、嫌そうな表情をしていたり、声の感じが冷たかったり。脈ありの相手なら、嬉しさの方が勝って、そんな反応はしないでしょう。

告白に対する「考えさせて」も、断り方に困っている可能性が高いといえます。


脈なしパターン7. 告白後のテンションが低い

好きな相手から告白されたら普通はテンションが上がるもの。告白後にテンションが下がっているなら、あなたの告白が原因かも。

告白後にテンションが上がっている様子を見せて、勘違いされたら面倒ですよね。笑顔を見せなくなったり、あまり会話をしなくなったり、意図的にテンションを下げることもあるでしょう。

テンションを下げて、遠回しに「脈なしです」というメッセージを伝えているのかもしれません。


返事保留時の脈なしパターンも確認して心を決めておきましょう。

告白に対しての「考えさせて」は、脈ありのこともあれば脈なしのこともあるでしょう。

厳しい現実ながらも、振られる確率が高いなら、事前に覚悟をしておいてショックを減らしておきたいですよね。

脈なしの場合には、いくつかの代表的なパターンがあります。この記事で紹介した内容を、ぜひあなたの恋愛に役立てていってくださいね

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事