本当は頭がいい人の特徴とは?勉強の良し悪しとは違う“地頭がいい人”の共通点を紹介

本当は頭がいい人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、本当の意味で頭のいい人の特徴について詳しくご紹介します。勉強ができるとは違う、地頭力の高い人の共通点について解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

本当の意味で頭が良い人と学力が高い人は異なる

本当は頭がいい人の特徴とは

一般的に地頭力が良いと言われているのは、いわゆる学力の高い人のことを指します。

しかし実はそれ以外にも、頭が切れるタイプといった別のベクトルで頭が良い人も存在しているのをご存知でしょうか。

そのため、単純に勉強ができるような学力が高い人と、本当の意味で頭が良い人というのは違うということは覚えておくようにしましょう。


本当は頭が良い人の特徴とは|本当の意味で賢い人の共通点を解説

見た目では判断ができない、本当の意味で賢い人というのは稀にいますよね。

とはいえなんとなく「頭が良い人」と感じていても、具体的に何故頭が良いのかって分かりづらいものです。

そこでここからは、実は頭の回転が良いという人の共通点や特徴についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


本当は頭が良い人の特徴1. 好奇心や探究心が強い

新しいことなど色々なことに興味を持てる人というのは、保守的な人に比べて自ずと経験値や知見も増えていきます。

仕事でもどんどん新しいことにチャレンジしたり、知らない人とも分け隔てることなく接していけたりもします。

そのため、職場でも新規プロジェクトに抜擢されたりすることで、人よりも知恵・知識も増えるため、結果的に頭も良くなっていくというのはあるあるです。

【参考記事】はこちら▽


本当は頭が良い人の特徴2. 数手先まで考えられる

地頭力が良い人というのは、目の前の答えだけに執着をすることがないため、成功するパターンだけでなく、失敗した時にどうすれば良いのか考えられたりもします。

例えば、仕事などでも一つの販路が失敗した時を想定して、別の販売先も同時に開拓してくというように、一つの結果だけを信用して動かない事が多いです。

そのためAパターン、Bパターンと物事を多角的に見ていろいろな状況を想定しているので、結果がブレてしまった場合でもある程度対応することができます。


本当は頭が良い人の特徴3. 周囲から求められている役割を理解できる

頭が賢い人は自分の置かれている立ち位置を把握しているため、言われる前に先回りして行動することができます。

無駄なことや意味のないことには時間を使わずに、必要な部分や足りないことなどを事前に考えてこなしていくのが特徴的です。

そのため、周囲からは感謝されたり頼れる存在として認識されていく傾向にあります。


本当は頭が良い人の特徴4. 物事を多角的に捉えられる

一つの考えに凝り固まることがないため、いろいろな結果を受け入れることができます。

「このケースは絶対にこうする」ということがなく柔軟に対応し、様々な場面で受け答えすることができるので、周りからの評価も受けやすいです。

いろいろな角度で物事を見ることで、自ずと失敗も減っていくため、このような見方ができる人は頭の回転が良いと言えます。


本当は頭が良い人の特徴5. 本音と建前を使い分けられる

地頭力が良い人というのは、相手の気持ちを理解するのが人一倍早いので、対応の仕方などを細かく分けていくことができます。

そのため本音を伝えていい相手と、建前で接していく人間を自分の中できちんと切り分けていることが多いです。

仕事上では特にこの能力が必要になることも多いので、瞬時に判断して対応できる人間というのは頭が良い証拠です。


本当は頭が良い人の特徴6. 今打てる最善の策を見分けられる

本当は頭が良い人というのは、何かしらのトラブルが起きたとしても、感情的にならずに今何をすべきか冷静に判断することができます。

そのため、慌てふためいて「どうしよう…」とならないように、普段から失敗した場合など、あらゆるケースを想定していることが多いです。

準備を怠る事をしないため、想定外のシーンが起きたとしても冷静な判断で対応するので、周りからは優秀で頭の良い人として認識されます。


本当は頭が良い人の特徴7. 諦めない精神を持っている

人生には様々なトラブルが起きますが、そのような機会に遭遇したとしても、解決策を見出すまで努力できる人が頭の良い人には多いです。

基本的にすぐに諦めることをしないので「なぜこのトラブルが起きたんだ」と冷静にその場を分析したりして、問題を放棄したり諦めたりすることはありません。

物事をきちんと解決していくことができるので、頭の回転が良いと思われる事も多いです。


本当に頭の良い人の特徴を参考にして、自分にも活かしてみよう。

本当は頭の良い人というのは、学歴や経歴などからは分からない部分が多いですよね。

パッと見では分からないので判断が難しい部分もありますが、話し方や思考などの要所で「もしかしてこの人頭いいかも」と思えるような特徴があるのも事実です。

地頭の良い人間というのはあまり多くはありません。このような人を見つけたら自分自身にも参考になることが多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事