彼氏を自慢したくなるのは何故?友達へ彼氏の話をする時に気をつける注意点5つ

彼氏の自慢をしたいと思ってしまう女性へ。今記事では、彼氏の自慢をしたい女性の心理から、気をつけたい注意点まで詳しくご紹介します。恋人が魅力的すぎてつい周囲に自慢したくなってしまうとお悩みの女性は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として、いくら彼氏が魅力的でも自慢話はほどほどにすること。

彼氏の自慢をしたい女性の心理

かっこいい、優しい、お金持ちなど彼氏に魅力的な要素が多いと、つい友達に自慢したくなるもの。

聞く側も、最初は「羨ましい」「素敵」「良かったじゃん」と前向きな反応が多いかもしれません。しかし、ずっと自慢話ばかりだと、「うざい」「またか」など、否定的な印象も持たれやすいため注意が必要です。

彼氏がいくら魅力的でも、自慢話はほどほどにしましょう。


彼氏の自慢をしたい女性の心理とは|気になる本音を解説

友達から少々うざいと思われるのはわかっているのに、つい彼氏ののろけ話をしてしまう。彼氏のことを自慢したくなる。

その理由はなぜだと思いますか?ここからは、彼氏の自慢をしたい女性の心理について詳しくご紹介しますので、当てはまる点がないか確認してみてください。


彼氏の自慢をしたい女性の心理1. 私の彼を知ってほしい

友達には自分に関係することは何でも知ってほしい。そんな女性は、彼氏に関する情報も共有したいと考えます。

そのため、「イケメンなの」「大企業に勤めているんだ」といった自慢話をしてしまうこともしばしば。その心理は自慢したいというよりも、彼氏のことを知ってほしいというのが本音です。

友達に何でも共有したいタイプの女性は、彼のことも知ってほしいという気持ちから、つい自慢話が多くなってしまいます。


彼氏の自慢をしたい女性の心理2. とにかく彼氏が好きでたまらない

人は自分が好きなこと、興味のあることを話題にすることがほとんど。

とにかく彼氏が好きでたまらない女性は、頭の中が彼のことでいっぱいなので、彼の話をすることが多くなります。「彼がモテるから心配なんだ~」と素直な自分の感情を伝えただけだとしても、聞く側には自慢話にしか聞こえません。

彼氏が好きという気持ちが強い女性も、彼氏の自慢話が多くなります。


彼氏の自慢をしたい女性の心理3. 優位に立ちたい

ライバルには、自分が優れていることをしっかりとアピールしたいと考える女性もいます。

そんな女性にとって、いかに自分の恋人が優れているかという点はしっかりとアピールしたいポイント。「容姿がかっこいいの」「職業が医師で、彼の弟は大企業に勤めているの」などと、素敵な恋人を選んだことを自慢したいのです。

そんな女性の彼氏自慢には、素敵な恋人に選ばれた私は優れていると周りに示したいという心理が隠れています。


彼氏の自慢をしたい女性の心理4. 注目されたい

人から注目されたい人は、自分の持ち物や特技などを自慢しがち。

彼氏のことも「とってもかっこいいの」「やさしくて、何でも買ってくれるの」などと自慢することで、人から「すごいね」「羨ましい」と思われたいと考えるのです。

人から「素敵な彼氏がいる人」として注目されたい女性も彼氏の自慢話が多い傾向にあります。


彼氏の自慢をしたい女性の心理5. 幸せアピールがしたい

自分が幸せだということを、周りに見せつけたいと考える女性もいます。特に人からの評価を気にする女性はこの傾向が強め。

「彼がね、ずっと欲しいって言ってたブランドのバッグを記念日に買ってくれたの~」なんてアピールすると、「彼に愛されてるんだな」「幸せそうでいいな」と周りは思うもの。

このように幸せアピールをしたい女性も、彼氏の自慢話をすることがしばしばです。


彼氏の自慢をしたくなる女性が気をつけたい注意点とは

彼氏がイケメン、人気の職業に就いているなど優れた点があると、つい自慢したいと思うものですが、やり過ぎると周りに嫌がられるため注意が必要です。

ここからは、彼氏の自慢をしたくなってしまう女性が気をつけるべきポイントを詳しくご紹介します。


彼氏の自慢をしたい時の注意点1. 相手の反応を見つつ話す

「彼氏ってどんな人?」と聞かれると、「なかなかのイケメンで、やさしくて…」と自慢したくなるかもしれません。

でも、最初は「そうなんだぁ。いいなぁ」」と聞いていた人も、徐々に口数が少なくなってきていることはありませんか?あまりにも自慢話が長いと、うんざりする人は多いもの。

彼氏の話をする時は一方的に話すのを避けましょう。相手の反応を見ながら、適度なところで別の話題にするのがおすすめです。


彼氏の自慢をしたい時の注意点2. 相手の恋愛状況を理解する

いくら友達でも、自分が幸せじゃない時に幸せアピールをされるとイラッとくるもの。

特に相手に彼氏がいなかったり、彼氏と上手くいっていなかったりする時は要注意です。そんな相手に、「彼氏がね…」と彼氏から愛されてることをアピールすると、関係が悪くなるかもしれません。

相手の恋愛状況によっては、彼氏の自慢はしないほうが良いでしょう。


彼氏の自慢をしたい時の注意点3. 同じ内容は1回にする

彼氏のことが好きすぎて、彼氏に関する同じ話を何度もしてしまうことがありませんか?

いくら彼氏のことが好きだからって、彼にまつわるのろけ話や自慢話をしょっちゅうすると、聞く相手は「またその話か」とうんざりするもの。

いくら自慢の彼氏でも、相手に嫌がられないためには、1回話した内容の話は何度もしないようにしましょう。


彼氏の自慢をしたい時の注意点4. SNSにアップしすぎない

彼氏の写真や彼に関するエピソードをSNSで大量にアップするのも考えものです。

彼氏とのツーショットばかりをアップしたり、彼氏にこんなことを言われたとか、彼氏がこんなことをしてくれたなどと自慢したりすると、くどいと思われる恐れがあります。

周りの人と上手くやっていくためには、SNSでの彼氏自慢もほどほどにしましょう。


彼氏の自慢をしたい時の注意点5. プレゼント自慢

彼氏から素敵なプレゼントをもらったら、「このバッグ、彼が買ってくれたの」などと自慢したくなることはありますよね。

「そうなんだ。良かったね」と喜んでくれる友達もいるかもしれませんが、人によっては嫌な思いをすることもあるので注意しましょう。特に高級ブランドなど高価な物をもらったことを自慢されると、相手によっては差を感じてしまうかもしれません。

プレゼント自慢も相手に不快な思いをさせない程度で留めるのがおすすめです。


素敵な彼氏を自慢したい時は、周りの反応を見つつ話してみて。

自慢の彼氏だと、周りにも知ってほしいと思うのは自然な気持ち。

でも、彼氏の自慢話が多いせいで、周囲の人に嫌な思いをさせることもあれば、友達が離れていく要因となることもあります。

彼氏の自慢をしたい欲求に駆られた時は、この記事で紹介した注意点をもう一度思い起こしてみてはいかがでしょうか。その上で彼氏のことを話すと、周りの人とも上手くやっていけるはずです。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事