「嫁が怖い!」と思った時の対処法|不機嫌になる理由や上手な接し方とは

嫁が怖いと不安を抱えている既婚男性へ。今記事では、妻が怖くなってしまう理由から、嫁が怖い時の対処法まで詳しくご紹介します。奥さんが怖くて家に帰るのが億劫になっている男性は、ぜひ参考にしてみてください!

嫁が怖いと感じている既婚男性は意外と多い

妻が怖いときの対処法

結婚すると付き合った当初と比べて気分屋になったり、重い発言をしたりして、家に帰りたくない気持ちにさせてしまう嫁は意外と多いもの。

家庭的な嫁で笑顔で帰りを迎えてくれると思っていたのに、理想と違う現実のギャップに悩んでしまう完成もいるでしょう。

人によって理由は様々ですが、結婚後に嫁のことを怖いと感じている男性は意外と珍しくありません。


妻が怖くなってしまう理由|不機嫌になる主なきっかけを解説

本来なら安らぎの場である家が、怖い妻によって逆に安らげない場所になってしまうことはあるものです。

なぜこんなにも世の中の女性は、結婚後に性格が変わったようになってしまうのか気になる人も多いでしょう。

ここからは、付き合ってる時は優しかった妻が結婚後に怖くなってしまう主な理由について詳しくご紹介します。

妻が不機嫌になってしまう理由とは何なのでしょうか。


妻が怖くなってしまう理由1. 自分の思い通りにいかないから

人に対して「こうして欲しい。」と期待が大きくなってしまうことってありますよね。突然怖くなる妻はこの傾向が強いものです。

子育てをしていて、夫にとって欲しい行動やあるべき父親の姿像が自分の中に強くあると、期待に沿う行動ができなかった時に不満を多く語るようになってしまうでしょう。

思い通りに動いてくれない不満が溜まって、常に不機嫌な態度をとってしまうようになるのです。


妻が怖くなってしまう理由2. ストレスを抱えているから

共働きや専業主婦問わず、毎日家の仕事を行うというのは大変なことです。特に仕事と家事の両立に悩む妻は少なくありません。

会社でお客様や上司に日々叱られていたり、毎日残業続きで自分のやりたいことができていないなど。にも関わらず、料理を作ったり掃除をしたり。

身近な存在である夫に、溜まってしまったフラストレーションをぶつけてしまうパターンと言えるでしょう。


妻が怖くなってしまう理由3. 疲れているから

家事や育児で手が離せず、ぐったりと疲れてしまっていると、誰しも自分のことで精一杯で人を気遣う余裕がなくなるものです。

嫁が家事や子どもの夜泣きでろく寝られず、疲労ばかりが溜まっていると冷静に物事を考えられなくなり、ちょっとしたことでもキレるようになってしまうでしょう。

日々リフレッシュできず限界に近くなっていると、いつも何かにつけて怒るような態度になってしまうのです。


妻が怖くなってしまう理由4. 心に余裕がないから

日々仕事などで繁忙であると、自分の感情をうまくコントロールできなくなってしまうこともあります。

夫のテレビの音がうるさいなど、怒る沸点が低くなり、些細なことでもキレるようになってしまうでしょう。

心に余裕がなくなり、感情に振り回された結果、夫にキレてしまったり物に八つ当たりなどをしてしまうのです。


妻が怖くなってしまう理由5. 夫が非協力的だから

妻が怖くなってしまう理由の一つは、自分が普段行なっている仕事量と夫の仕事量との不公平感があること。

旦那さんが毎日遅くまで呑みに行っていたり、休日は自分の趣味に明け暮れていたりする一方、妻は溜まった家事を消化しなければならないなど。

こんな時に旦那さんが家事を手伝ってくれなかったりすると、明らかに仕事量が多いと感じてしまい、怒るようになってしまうのです。


妻が怖くなってしまう理由6. 価値観が合わないから

家事のやり方や完成度が合わないと、いちいちやり直しをしなければならず、妻が怖くなってしまうこともあります。

夫がゴミの分別や掃除などを大雑把にしている一方で、妻が細かく几帳面な性格だと、行動が理解できずにイライラが溜まってしまうこともあるでしょう。

そもそもの価値観が合わないと、いちいち正すことにフラストレーションが溜まり、当たりが強い妻になってしまうのです。


嫁が怖い時の対処法|気持ちを和らげる

嫁にはできるだけ優しくいてもらいたいと思いますよね。

本来の優しい嫁に戻って欲しい時、どのようなアプローチをすれば良いのか知りたい人もいるでしょう。

ここからは、嫁が怖い時の対処法について詳しくご紹介します。


嫁が怖い時の対処法1. 妻の話を冷静に聞く

自分が抱えている不満や、思っていることを聞いてもらえると、怒りの気持ちがだんだんと引いてくることがあります。

嫁がイライラしたり不機嫌だったりする時は、特に怒っている理由をきちんと妻に確認すると良いですよ。

話すことで妻の心も少し楽になり、夫の優しさを感じて、「自分も優しくするようにしよう。」と自戒することもあります。


嫁が怖い時の対処法2. 正直に怖いと伝える

冷静さを失うと、自分の発言によって相手がどう思うか分からなくなる時があります。

自分の気持ちを分かってもらうために、正直に怖いと伝えるようにしましょう。面と向かって伝えづらい時は、LINEで伝えるのも良いですよ。

自分の行動を振り返って「少し機嫌が悪いことが多かったかもしれない。」と反省し、気をつけてくれることもあるものです。


嫁が怖い時の対処法3. できる限り協力する

結婚生活は独身で一人暮らしをしている時とは違い、洗濯や料理など、あらゆる家事を二人分行わなければならず、作業が少し大変になります。

妻のイライラの原因である家事負担を減らすために、できるだけ協力するのもとても効果的。

二人で行うことで家事が半分のスピードで終わる喜びから、妻の態度が穏やかになっていくでしょう。


嫁が怖い時の対処法4. 冷静に話し合ってみる

何がストレスの原因になっているか冷静に分析し対処できていないことで、妻がイライラを引きずってしまうことがあります。

何を不満に思っているか、どのようにしたいか冷静に一度夫婦で話し合う時間を持ちましょう。

話し合うことで原因を分析できて、解決に向けて二人のすべき行動が明らかになるため、今よりも夫婦仲を改善していけますよ。


我慢の限界なら、別居や離婚を検討する

嫁の話を冷静に聞いたり、気遣って家事を協力しても、機嫌が直らず辛く当たられ続けてしまうこともあるでしょう。

結婚はお互いの幸せのためにするもの。それなのに、結婚によって活力までをも奪われてしまうと、本末転倒です。

どう歩み寄っても厳しいと思う場合、別居や離婚を検討するのも致し方ないものですよ。


優しい嫁に戻ってもらえるよう、上手く接してみてくださいね。

本来であれば優しい妻。できることならずっと付き合った時の優しく、しおらしい嫁でいて欲しいと願うことは多いでしょう。

時にはとても強く当たられてしまい、家に帰りたくない気持ちになり、今後の結婚生活を続けることさえも迷ってしまうこともあるかもしれません。

まずは相手の気持ちに寄り添って話を聞く、協力できるところは家事を協力するなどして歩み寄り、優しい嫁へ戻ってもらえるようにアプローチしていきましょう。


【参考記事】夫婦関係を元に戻す方法とは?

【参考記事】結婚を後悔してしまった時に行うべき事を解説!▽

【参考記事】夫婦喧嘩が起きた際に仲直りするコツ▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事