決断力がない人の特徴とは?必要な判断力を身につける方法を徹底解説

決断力を高める方法を詳しく知りたい方へ。今記事では、決断力を高めるメリットから、決断力がない人の特徴や身に付ける方法まで詳しくご紹介します。優柔不断で物事をジャッジできないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

決断力を身につけるメリットとは?自己判断ができる良さを解説

決断力のない人の特徴

人生は決断の連続です。優柔不断よりも決断力があるほうがメリットがあります。

決断力を身につけると得られるメリットは

・決めきれずに、一度しかないチャンスを逃さない

・即座に決めるので、無駄な時間を使わない。

・周囲の人から頼られる。

・人任せを卒業して自立した人間になれる。

など決断力があることで、得られるものは多いのです。


決断力がない人の特徴|決められない人の共通点を大公開

決断力がある人になるには、決断力がない人の特徴を知ることも方法の一つ。

ここからは決断力がない人の特徴について詳しく紹介してみたいと思います。

決断力がある人になりたい人、決断力がないと言われた経験がある人など、ぜひ、参考にしてみてくださいね。


決断力がない人の特徴1. 行動に移すのが遅い

物事を決める時に常に迷いが生じてしまうのが、決断力がない人の性格といえるでしょう。

でかける時の服で迷う、でかけた先の飲食店をどこにするかで迷う、入った飲食店で何を食べるか迷うと、あらゆることに迷ってしまう人がいますよね。

ことあるごとに迷うので、決断して行動に移すまでにどうしても時間がかかってしまうのです。


決断力がない人の特徴2. 失敗を過度に恐れる

なにかを行う時に、「失敗したらどうしよう」「悪い予感がする」などと考えるのが決断力のない人の特徴。

現在の仕事に嫌気が差していて、転職したい気持ちが強いのに、「今よりひどいことになるかも」と失敗することを考えて、行動に移せない人を見かけることがあります。

失敗のリスクばかり考えているので、不安感が勝ってしまい、決断して実行することができなくなってしまうのです。


決断力がない人の特徴3. 計画性がない

決断力がない人は、その場しのぎな性格で、長期的な展望を持っていない人が多いです。

いつも計画性がなく、場当たり的な行動ばかりで、自分の行動から何も学ばないまま、成長が見えない人は少なくありません。

人生の展望もなく、人間的な成長もしないままなので、いざという時に、自分では何も決められない事態に陥ってしまいます。


決断力がない人の特徴4. 頼みごとを断れない

決断力がない人は押されると断れない面や、ついつい求められると人を助けてしまうようなお人好しな傾向があります。

職場で、同僚からいろいろ面倒な頼みごとを押し付けられて、断りきれずに受け入れてしまう、損な役回りにな人がいますよね。

お人好しで優しい面もある性格が、優柔不断さにつながって、決断力のない人になってしまうのです。


決断力がない人の特徴5. 人の意見に流されやすい

決断力がない人は、自分の意見を持っていないケースが多く見受けられます。

会社のような組織の中で、特に自分の考えがなく、意見を求められても、「みなさんに合わせます」などと発言する人が当てはまるでしょう。

自分の意見がなく周囲の意見に流されてばかりなので、いざという時に自分で決められない、弱い部分が顔をのぞかせるのです。


決断力がない人の特徴6. 他人に頼りがち

自分ですべきことも、できることなら他人がやってくれるほうが楽と考える傾向が決断力がない人にはあります。

恋人関係でも、自分ですべきことや、判断しなければならないことも、全部「できないよ~」などと言って、彼氏任せにしてしまう人がいるもの。

基本的に他人任せに生きているので、いざ決断を求められるシーンに直面しても、自分で決められないのです。


決断力がない人の特徴7. 自己肯定感が低い

決断力がない人は自分自身への満足感や自身が低く、自分の行動や考え方に自信がない人も少なくありません。

「こうしたほうが良い」「これはやめるべき」と考えつつも、その行動で周囲の人たちがどう思うか考えると、実行できないケースがあるもの。

自分がやることに自信が持てずに、周りの目ばかりを気にして、行動に移せない意思の弱いところが決断力を奪うのです。


決断力を高める方法|弱みを改善するコツを徹底ガイド

自分で判断することが苦手で、周囲から「決断力がない」と言われてしまった人もいるでしょう。

ここからは、決断力を高める方法について詳しく紹介。

優柔不断を克服したい」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。


決断力を高める方法1. 迷ったらとにかくやってみる

決断に迷った時に、どうすべきか、あれこれ考え続けても、結論はなかなか出ずに時間を無駄にしてしまうこともあります。

決断が必要な場面で、選択に迷った時は、あれこれ考えるよりも、実行してみるのもおすすめの改善方法です。

あれこれ迷って何も決められないよりも、とにかく行動することが決断力につながっていきますよ。


決断力を高める方法2. 日常の小さな決断から意識する

日頃のささいなことさえ決断できないようだと、人生を左右するような大きな決断を迫られても決めることはできません。

レストランに入った時のメニュー選び、デートでどこに遊びに行くかなど、小さな決断を素早く決めるように意識して行動してみましょう。

常日頃から、一つ、一つしっかりセルフジャッジをすることで、次第に決断力が養われていくものです。


決断力を高める方法3. 計画を立てて過ごす

何事も大まかなディティールがないと、いざという時に、どうしていいのか分からなくなってしまいがちです。

仕事に取り組んでいる時や、目標などがある時など、計画を立てて、それにそった行動をしてみるのも対策法の一つ。

計画が立っていると、全体を把握して、先々に起きることを予測して行動できるので、決断が必要な場面でも迷いが少なくなりますよ。


決断力を高める方法4. 読書をして知識を入れる

決断する時に、思い切りをつけてくれるのは、それまでの人生で培った経験や知識です。知識不足は決断する時に弱みになりがち。

経験はすぐに身につけることはできませんが、知識は学べば身につくもの。読書などに励んで、自分の中に知識を蓄積していきましょう。

知識を備えることで、自分に自信を持つことができて、決断が必要な場面でも知識を活かした行動ができるはずです。


決断力を高める方法5. 自己肯定感を高める

自己肯定感が低いと、自分に対する自信が弱い状態になってしまい、周囲が気になり、他人の意見に流されてしまいます。

決断力を高めるために、自己肯定感を高めてみましょう。物事をポジティブな見方をする、その日あったいいことを書き出すなど方法はいろいろあります。

自己肯定感が高まれば自分の判断に自信が持てて、周囲の目を気にしなくなれるものですよ。

まとめ


失敗を怖がりすぎたり、計画性がなさすぎたりが原因となって、「決断力がない」といわれる人がいます。

決断力のなさは、少ないチャンスを逃してしまうなど、デメリットも多いです。自分に決断力がなくて、悩んでいる人もいるかと思います。

決断力を高めるには、ささいなことから決断する習慣をつけたり、知識をつけたりすることが大切。自分に自信を持てるようになれば、決断力のある人になれるはずですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事