薄っぺらい人の特徴とは?中身がない人と良好な人間関係を築く方法を紹介

薄っぺらい人と思う人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、薄っぺらい人の特徴から、薄っぺらい人と思う人と上手く付き合うコツまで詳しくご紹介します。身近に薄っぺらいな感じてしまう人がいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「薄っぺらい人」とはどんな人を指すの?

薄っぺらい人の特徴

言葉が軽くなんとなく心に響かないような人。

会話をしていると楽しいんだけど、よくよく聞いてみると考えや知識が浅いような人。

そんな人のことを「薄っぺらい人」と言います。

発言や行動がうわべだけでその場しのぎな薄っぺらい人は、人間関係において信頼を得られにくく、仕事や恋愛で不都合を生じることも多くなってしまいます。


薄っぺらい人の特徴とは|どんな人が当てはまるの?

薄っぺらい人たちは人当たりはいいので、見極めるのが難しいですよね。しかしよく観察すると、薄っぺらい人に多く見られる共通点があることがわかってきます。

ここからは、周囲から薄っぺらいと思われやすい人の特徴について詳しくご紹介します。


薄っぺらい人の特徴1. すぐに見栄を張る

自分に知識や経験が少ないことが分かっているので、それを隠したいと考えています。

「仕事の能力が低いと思われたくない」「相手を失望させたくない」といった理由から、実力以上に自分を大きく見せようとし、中身に伴わない言動や行動をするケースが多いです。

そのため周りの友達などに「口だけ」「軽いヤツ」と思われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


薄っぺらい人の特徴2. 日によって言動が変わる

薄っぺらい人は、場の雰囲気や相手の立場に合わせて自分の意見を変えるという特徴をもっています。

その場その場で自分に1番メリットのある言動をするため、「あれ?昨日こう言ってたのに今日は違うの?」というようなことが頻繁に起こります。

言葉、行動に一貫性のない人は、薄っぺらい人と思って間違いないでしょう。


薄っぺらい人の特徴3. 浅い知識をひけらかす

薄っぺらい人は実力がないことをできるだけ悟られたくないと思っています。

今朝テレビやニュースで見たものを、職場で自分の知識のように述べます。そうすることで「自分はできる人間だ」というアピールをしているのです。

深く理解せず表面的なことばかり話してしまうため、浅はかな性格の人間だと思われてしまうのです。


薄っぺらい人の特徴4. 極度の飽き性

一つを極めることをしないため、どれも中途半端になってしまう薄っぺらい人。

仕事や勉強、夢など、自分で決めたことさえもコロコロ変えてしまいます。目標を立てて最後までやり遂げたという経験が無いため、途中で飽きてしまうのです。

知識を深く学んだり、物事を深く考えたりした経験が乏しいのも、薄っぺらい人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


薄っぺらい人の特徴5. 質問に対してすぐ返答ができない

薄っぺらい人は頭で考えずその場しのぎの言葉を発しています。そのため、質問で返されるとその後を考えておらず、返事ができません

例えば会社で上司に「これはこうです」と説明したところ、「それは何故だ」と聞かれることは多いですよね。しかし薄っぺらい人は先を考えていないので「それは…」と黙ってしまいます。

その場だけで先のことを考えていないのは、薄っぺらい人の性格の1つです。


薄っぺらい人の特徴6. 自分の意見を述べない

基本的に周りに合わせようとする薄っぺらい人は、自分の意見をもっていません。

「〇〇が言っていた」など、人の意見を言うことも多いです。周りに合わせるのが癖になっているので、自分で考えることをしません。そのため自分の意見が出てこないのです。

会社で意見を言えないと「薄っぺらい人だな」と思われて、昇進など仕事に影響が出ることもあるでしょう。


薄っぺらい人の特徴7. 深い人間関係が構築できない

薄っぺらい人は相手の表面的な部分しか見ておらず、中身まで深く見ようとしない傾向があります。

職場での会話もその場しのぎでしているだけなので、次会った時に内容を覚えていません。出てくる言葉も社交辞令のような言葉ばかり。そのため相手に信頼されないのです。

うわべだけの付き合いしかできないことも、薄っぺらい人の特徴の1つです。


薄っぺらいと感じる人との付き合い方|上手く接するコツを大公開

薄っぺらい人の言葉や行動はうわべだけ。関わっているとこちらが不快な思いをしてしまうことも。

会社のような毎日行く場所にこのような人がいる場合、どのように付き合えばいいのでしょうか。

ここからは、薄っぺらいと感じる人との上手な付き合い方を詳しくご紹介します。


薄っぺらい人との付き合い方1. 相談事は控える

薄っぺらい人は共感力が著しく低い傾向にあります。そのため話している相手の気持ちを深く理解することができません。

そんな人に相談しても、誰でも思いつくような浅い回答しか期待できないため、相談事や大事な話は信頼できる人にするようにしましょう。

そうすることで、うわべだけの回答に振り回されることもありませんよ。


薄っぺらい人との付き合い方2. 程良い距離感を保って接する

薄っぺらい人は深く人間関係を築くのが苦手な性格なので、近づきすぎるとお互いに疲れてしまいます。

お互いが心地良い適度な距離感を持って接するのがおすすめ。例えば職場は職場、プライベートはプライベートなど、どこまでお付き合いするかきちんと線引きしておくと良いでしょう。

お互いにとってプラスになる関係になれば、仕事もプライベートもはかどりますよ。


薄っぺらい人との付き合い方3. 端的に話すのを心がける

薄っぺらい人は表面的にしか考えていないので、複雑な物言いだと本質まで理解されないことも。

相手にしっかり理解をしてもらうために、分かりやすく端的に会話をするのを心がけましょう。話す時は結論から。その次に理由を話せば論理的な話し方になりますよ。

こちらが注意してわかりやすく話せば、上手に薄っぺらい人と付き合えるようになりますよ。


薄っぺらい人とは適度な距離感で接してみて。

今記事では、薄っぺらい人の特徴・薄っぺらい人との付き合い方についてご紹介してきました。

薄っぺらい人と付き合うと、嫌な気持ちになることも多いもの。しかし会社や学校にいて、付き合っていかなければならない場合もありますよね。

そんな時はこの記事で紹介した付き合い方を試してみてください。

仕事でもプライベートでも、お互いに嫌な気分になることなく過ごすことができるようになりますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事