恋人と別れたくない時に説得する方法とは?別れ話をされた時にすべき行動を解説

恋人に別れ話を切り出されたけど別れたくないと思っている方へ。今記事では、別れたくない主な理由から、別れたくない時の対処法や復縁のコツまで詳しくご紹介します。恋人から別れを告げられた時に説得する方法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

別れを切り出されたけど「恋人と別れたくない」と思った時はどうする?

恋人と別れたくない時の対処法

彼氏・彼女からの突然の別れ話。理由や原因は色々あるかもしれませんが、すんなり受け入れることは簡単ではありませんよね。

そこでまずは、別れを切り出されたけど別れたくないと思った時に取るべき行動パターンを紹介していきます。

「突然別れ話をされてどう行動すればいいか分からない...」という人はぜひ参考にしてください。

別れたくないと思った時の行動パターン
  1. 距離を置く
  2. 恋人を引き止める
  3. 素直に諦める
タップすると移動します

行動パターン1. 距離を置く

別れを切り出している相手は、つい感情的になって勢い任せに行動している可能性があるものです。

喧嘩が派生して別れ話になってしまっていたり、相手が冷静でなさそうだったりする場合、一旦離れることで気持ちが落ち着く可能性もあるでしょう。

従って、ひとまず距離を置くことは、別れたくない場合にはおすすめできる手口であると考えられます。


行動パターン2. 恋人を引き止める

彼氏や彼女が別れの言葉を告げても、交渉次第では考え直してくれる可能性はあるものです。

「別れたくない」と素直に伝えると気持ちを分かってくれたり、話し合い次第でやり直せる道が開けたりすることは、決して少なくはありません。

まだ相手への気持ちが強くある場合は、恋人を引き止めるのも別れを回避するのに有効なパターンであると言えるでしょう。


行動パターン3. 素直に諦める

別れ話をする相手の中には、こちらが何をしようが心が決まっているという場合もあるもの。

相手が一度決めたことは曲げない性格であったり、悩んだ末に出した結論だったりする場合は、相手の決意を変えることは難しいでしょう。

従って、相手の意見を尊重し素直に諦めるのも、状況によっては選ぶべきパターンであると考えられます。


別れ話を切り出されても恋人と別れたくない理由とは?

恋人同士は何があるかわからないので、付き合いを続ける中で別れを選ぶ場合も当然あるでしょう。しかし、そうは言ってもすんなりと別れを受け入れるのは難しいはず。

そこでここからは、なぜ恋人と別れたくないと思ってしまうのか、その主な理由について詳しく解説していきます。


恋人と別れたくない理由1. まだ好きだから

自分の気持ちがまだ相手にある場合、到底別れなど受け入れられないものです。

相手のことをこれまで通り深く愛していたり、他の人など見えないぐらい大好きだったりする場合、離れるという選択肢などありません。

このように、別れを告げられてもまだ恋人を好きな場合は、振られたくないと思ってしまうものでしょう。


恋人と別れたくない理由2. これ以上の人に出会う自信がないから

いくら彼氏や彼女が別れを強く決意していても、「手放すのが惜しい」と感じる場合は簡単には諦められません。

相手が自分の理想のタイプの男性・女性だったり、苦労して手に入れた存在だったりする場合、すんなりと身を引くことはできないでしょう。

これ以上の人には出会えないと思っているため、別れたくないと思うのだと考えられます。


恋人と別れたくない理由3. 結婚を考えているから

相手との将来を考えていた場合、納得できる理由がないとなかなか別れ話を受け入れられないものです。

既に家族公認の仲でお互いの親にも紹介し合っていたり、結婚式や新居のために貯金などをしていたりする場合、簡単に引き下がることなどできないはず。

強く相手との結婚を意識していたというのも、恋人と別れたくない大きな理由であると言えるでしょう。


恋人と別れたくない理由4. 自分に非があるのを自覚しているから

自分が原因で相手が別れを切り出した場合、「自分さえ変われば元に戻れる」と思う人は多いです。

恋人が不満に感じていた部分を直したり、もっといい彼氏・彼女になるよう努力したりすれば、「考え直してくれるかも」と期待してしまいますよね。

自分に非があることを自覚した上で関係の修復ができると感じていることも、恋人と別れたくない理由の1つでしょう。


恋人と別れたくない理由5. 突然切り出されて、気持ちが整理できていないから

相手が別れたい素振りなど全く見せなかった場合、急に別れを告げられるとどうしても動揺してしまうもの。

最近まで普通にラブラブだったり、今後デートや旅行の約束などもしていたりする場合、頭が混乱してなかなか現実を受け入れられないでしょう。

このように、突然切り出されて気持ちの整理ができていないことも、恋人と別れたくない理由であると考えられます。


別れたくないと思った時に恋人を説得する方法はあるの?

相手にどんな理由があったとしても、大好きな恋人とはそう簡単に別れられないもの。しかし、どうすれば恋人が考え直してくれるのかが分からず、困ってしまう人は多いでしょう。

そこでここからは、別れたくないと思った時に恋人を説得する方法を解説していきます。


恋人を説得する方法1. 嫌な部分を教えてもらい改善する

別れを告げた恋人は、多かれ少なかれあなたに不満や直してほしい部分などがあるものです。

そこで、恋人を説得するためにも、自分の嫌な部分を直接聞いて、改善するように努めましょう。

自分のために努力している姿や、変わろうとしている様子を見せることで、別れを決意した恋人が考えを改めてくれるかもしれませんよ。


恋人を説得する方法2. 別れたくない気持ちを伝える

遠距離恋愛中だったり、長年付き合っていてマンネリ化していたりするカップルの場合、お互いの気持ちがすれ違って別れを告げられた可能性もあるでしょう。

そこで、あなたが相手を好きな気持ちを分かってもらうためにも、別れたくない気持ちをストレートに伝えることをおすすめします。

「まだ好きだ」とか「これからも一緒にいたい」などと言って感情を表に出すことで、恋人の気持ちが動かされ、考え直してくれる可能性が高まりますよ。


恋人を説得する方法3. 自分磨きに力を入れる

別れを告げた恋人の中には、あなたに魅力を感じなくなったことが原因の人もいるものです。

従って、恋人を説得してもう一度好きになってもらうためにも、自分磨きに力を入れてみましょう。

外見や服装が恋人の好みに合っているかどうかを見直したり、スキルアップや自己啓発をしたりして自分を磨くことで、「もう一度やり直してみよう」と思ってもらえるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


恋人を説得する方法4. 返事を保留にする

相手が一時の感情や気持ちの向くままに勢いで別れを告げてきた場合、冷静な判断ができずに行動してしまったパターンもあるものです。

そこで、じっくり考えてもらうためにも、一旦返事を保留にしてもいいか相手に確認してみましょう。

少し時間を置いて相手を落ち着かせることで、考え直してくれたり撤回したりする可能性が高まると考えられますよ。


恋人を説得する方法5. 今までの感謝を伝える

カップルというのは、どうしても慣れてくるとお互いを雑に扱ってしまうもの。従って、別れを決意した恋人の中には、あなたに大切にされていなかったかのように感じてしまっている人もいるでしょう。

そこで、恋人を説得したいのであれば、これまでの感謝の気持ちなどを伝えてみることをおすすめします。

「今まで支えてくれてありがとう」とか「感謝している」などとストレートに伝えることで、相手は自分が大切に思われていたことを実感し、別れを考え直してくれるかもしれませんよ。


どうしても無理そうなら別れてから復縁を考えよう。

恋人から別れを告げられた場合、相手を説得できるのが一番ですが、どうしても難しそうな場合もあるでしょう。そのような場合は、一度別れてから復縁を試みるのもおすすめの方法ですよ。

こちらが適切な冷却期間を置いたり、別れた原因を整理したりすることで、復縁できる可能性は高まるものです。

復縁のコツは色々とあるので、以下の記事を参考に、状況に応じて一旦別れを選ぶことも考えてみるといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


恋人と別れたくない時は、色々な手を尽くして別れの危機を乗り越えよう。

大好きな恋人からの突然の別れ話。簡単に別れを受け入れられる人など少なく、「なんとか考え直してもらえないのか...」と思い悩んでしまう人は多いでしょう。

しかし、恋人と別れたくない理由をしっかりと理解し、相手の性格や2人の状況に応じた対処法を用いれば、恋人を説得できる可能性は高くなります。

必要に応じて一旦別れることなども視野に入れながら、恋人との別れの危機を乗り越えていきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事