「不信感」の意味とは?相手を信じられないと思った時にすべき対処法を解説

不信感を抱いた時の対処法について詳しい知りたい方へ。今記事では、不信感を抱く原因から、主な対処法まで詳しくご紹介します。相手のことを信じられないとお悩みの方に最適な解消法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「不信感」の意味とは

不信感の意味とは?

不信感、は比較的よく聞く言葉ですが、どんな意味なのでしょうか。

不信感とは「信用できないと思っている気持ち」を表す言葉。

職場の同僚や上司、プライベートでは友達や恋人など、に「裏切っているんじゃないか」「いざという時は助けてくれないのでは」など信用できない気持ちを持ってしまうことがあるでしょう。

そのような時は、「同僚に不信感を抱いている」「恋人の行動に不信感がある」などの使い方をします。


不信感を抱く原因とは|主な理由について詳しく解説

信じられない気持ちを表す「不信感」ですが、どのような理由が原因になるのでしょうか。

ここでは、人に対して不信感を抱く原因について詳しく紹介。

職場やプライベートで、人を信じられない気持ちになっている人は、原因を探る参考にしてみましょう。


不信感を抱く原因1. 嘘をつかれたから

どのような理由があれ、嘘というのは相手をだますこと。つかれた側はいい気持ちはしません。

例えば、彼女が「女子会をしてきた」と言っていたのに、後日その場には男性もいたことが判明すると、浮気していたわけじゃなくても、彼女に対する信頼は下がりますよね。

無用なトラブルを避けたかっただけでも、嘘をつかれると、不信感になってしまうのです。


不信感を抱く原因2. 挙動不審な態度だから

相手がどこか落ち着きがなかったり、言動がおかしかったりすると、相手を信じられない疑う気持ちにさせられます。

信頼している職場の先輩が、急によそよそしくなって、言動も他人行儀になってしまうと、「何か隠しているのかな?」と思わざるを得ないですよね。

挙動不審な態度を取られてしまうと、怪しむ気持ちになってしまい、不信感を抱くことになるのです。


不信感を抱く原因3. 言動が日によって変わるから

主義や主張というのは一貫しているほうが説得力があり、信頼性も高まります。

職場の上司などで、その日の気分や、相手の好き嫌いで言動がコロコロ変わって、部下から信頼されていない人を見かけることがあるもの。

言動が日によって変わる人は「言っていることに信頼性がない」「本音が見えない」など不信感を覚える原因となるのです。


不信感を抱く原因4. 自分本位な事ばかり言うから

他人に対して思いやりを持つことや、誠実に対応することは、円満な人間関係を気づく上で大切なポイント。

いつも自分優先の発言ばかりで、他者に対する気遣いができない人に対して、頼み事や相談をしたいとは思えないですよね。

自分本位なことばかり発言する人に対しては、「こっちのことは大切に考えてもらえない」と思われて不信感を覚えるのです。


不信感を抱いた時の対処法|不安を取り除くコツを大公開

人に対して不信感を持ってしまうと、人間関係に恐怖心を覚えることになり、メンタルにもよくありません。

不信感を抱いても、克服して、元の気持ちに戻りたいもの。

ここでは不信感を抱いたときの最適な対処法を詳しく紹介したいと思います。


不信感を抱いた時の対処法1. 検証する力を身につける

相手の言動や行動は、必ずしも聞いた通り、見た通りではありません。そのまま正直に受け止めてしまうと、自分が振り回されることになります。

相手の言動に対して、「本音を言っているのか」「本心は何を言いたいのか」など検証して、分析できる力を身に付けましょう。

検証する力が身に付けば相手が何を言っても、「信じていい」「本音ではない」と理解できるようになり、余計な不信感を持たずにすみますよ。


周囲の信頼できる人に相談するのもアリ

「人の言動を検証するなんて難しい…。」と考える人も、いるのではないでしょうか。

自分で相手の言動の意図を考えるのが難しい場合は、頼りになる先輩や友達など信頼できる人に相談してみるのも、おすすめの対処法です。

当事者よりも第三者のほうが冷静に分析できるもの。信頼できる人のアドバイスは参考になりますよ。


不信感を抱いた時の対処法2. 不信に思う点を指摘してみる

納得できないことや、おかしいと思うことを、そのままにしておくと、疑う気持ちは大きくなるばかりです。

腑に落ちないことや、気になる点があるのなら、相手に対して積極的に質問や確認をしてみましょう。

納得できずにモヤモヤして、不安になっていた気持ちを取り除くことができてスッキリするのでおすすめですよ。


不信感を抱いた時の対処法3. 話半分で聞き流す

その場その場で話が変わるような、信用できない人の言動を、真剣に受け止めすぎると、何が本当か分からなくなってしまいます。

主義主張に一貫性がない人の言動は、話半分で聞き流すのもおすすめの対処法です。

「この人の話はあてにならない」と初めから割り切れてしまえば、相手に対する余計な不信感を抱かずに済みますよ。


不信感を抱いた原因を知って、上手に対処してみて。

相手の言動や行動によって、不信感を抱いてしまうことがあります。

現在、職場の人間関係や、恋人との関係で不信感を抱いてしまい、苦しい思いをしている人も、いるのではないでしょうか。

不信感から脱却するポイントは、相手の言動や行動を分析すること、疑問を流さないこと、話を聞き流す気持ちを持つなどです。

うまく不信感から解放されれば、余計な不安を持たずに明るい気持ちですごせますよ

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事