センスのいい人になる方法とは?周囲が憧れるセンスがいい人の特徴を紹介

センスのいい人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、センスのいい人の特徴から、センスを磨くコツまで詳しくご紹介します。周囲からセンスがいいと言われる人の共通点について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

男女問わずセンスのいい人に憧れる人は多い

センスのいい人の特徴とは

センスのいい人は、周囲の人を惹きつける力がありますよね。

「あの人の服装はいつも流行の先端をいっていて、小物使いもおしゃれ」「言葉のセンスがよくて、話していると聞き入ってしまう」など、人から参考にされたり興味を持たれたりすることも。

ファッションや持ち物はもちろん、趣味や考え方など、センスの光る人に憧れる人は多いです。


センスのいい人の特徴とは|周囲からセンスが良いと言われる人の共通点を解説

独特のオーラを持ち、注目を集めやすいセンスのいい人。「自分もファッションセンスを磨きたい」と考える人も多いはず。一方で、「自分には似合わないのでは?」と感じる人もいるでしょう。

ここからは、センスのいい人の特徴について詳しくご紹介。おしゃれ感を出したい人は必見ですよ!


センスのいい人の特徴1. 自分に似合う服装を理解している

どんなに最新の服を着ていても、自分の体型や雰囲気に合っていなければ、ちぐはぐなビジュアルになってしまいます。センスのいい人は、単に好きだからというだけで服は選びません。

全身の鏡でチェックする他、ファッションと自分の個性を融合させたうえで総合的にイメージしているのがポイント。キャラや顔立ちなど、自分にマッチする服装を理解していて、きちんとコーデに反映しているのです。


髪型やメイクも自分に似合うものを取り入れる傾向にある

服装だけにとどまらず、全身に気を配るのがセンスのいい人。髪型も流行りを意識することはもちろん、自分に似合うヘアスタイルをチョイスしています。

また、女性ならば、自分の顔立ちをもっとも美しく引き立たせるためのメイクを心得ていることがポイント。

ファッション以外でも、きちんと自分に合うものを取り入れているからこそ、センスが良いと言われるのです。


センスのいい人の特徴2. トレンドのアイテムを取り入れている

センスのいい人は常にアンテナを張っていて、新しいものに対して敏感です。例えば黄色が流行りそうだという情報をキャッチすれば、一早くコーディネートにアクセントカラーとして取り入れます。

日本だけではなく世界のトレンドをしっかりキャッチしており、普段の着こなしに違和感なく合わせられるのも、センスのいい人の特徴です。


センスのいい人の特徴3. 小物使いが上手い

ファッションをより魅力的に引き立たせる小物。センスのいい人は、服装はシンプルでも、持ち物はビビッドカラーのアイテムを取り入れるなど、上手に小物を使います。

サングラスやベルト、靴、バッグなどのデザインもコーデのアクセントになるようなものを厳選。小物の取り入れ方を工夫しているのも、センスのいい人によく見られる傾向です。


センスのいい人の特徴4. ハイブランドにこだわりすぎない

センスのいい人にとっては、有名な人気ブランドイコールおしゃれには結びつかないことが多々あります。プチプラのアイテムもヘビロテするなど、ブランド物に固執しません。

ユニクロなどの親しみやすいブランドも自然に取り入れるので「どこのブランド?」なんて人に聞かれることもしばしば。

センスのいい人は、組み合わせでおしゃれに見せるのも上手です。


センスのいい人の特徴5. 自分磨きを怠らない

自分が向上するための努力は、結果的に成長につながることを知っているセンスのいい人。トレーニングやスキンケアなど、日頃から自分をブラッシュアップする習慣がついています。

目標を持って取り組もうとするので、実現するまでの時間も早く、継続できるのもポイント。きちんと自分をアップデートできる人も、センスのいい人と言われることが多いです。


センスのいい人の特徴6. 人目につかない部分にこだわりがある

コーデのメインとしてビジュアル化しない部分に関しても、決して手抜きをしないのが、ワンランク上のおしゃれを楽しむ人。小物使いにも似ていますが、人目につきにくい部分にもこだわっています。

ジーパンの下からさりげなく見える靴下がハイセンスなものであったり、珍しい名刺入れを持っていたり。

誰も見ないであろうアイテムに関しても、自分が気に入って使えるものをチョイスするのが、センスのいい人の特徴です。


センスのいい人の特徴7. センスのいい友達が多い

周囲の環境に人は影響を受けやすく、自然とセンスが磨かれることは珍しくありません。例えばアパレル系の会社に努めているおしゃれな友達がいる場合は、ファッションにも詳しくなりやすいはず。

また、クリエイティブ系の仕事をしている人も、個性的な感性を持つ仲間ができやすいでしょう。美的感覚が優れている友達がいる人も、同じようにセンスがよくなりやすいです。


センスのいい人になる方法とは|センスを磨くコツを大公開

どんなコーデでも素敵な雰囲気に見えてしまうセンスのいい人。「自分は何を着ても似合っていない気がする…どうしたらあんなふうに着こなせるのだろう?」そんな悩みを持つ人も多いのでは?

ここからは、センスのいい人に近づくコツを詳しくご紹介します。もっとオシャレになりたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


センスのいい人になる方法1. 自分に似合う物を見分ける

モデルが着ている服や流行りのアクセサリーが、自分に似合うとは限りません。まずは、自分の体型やキャラをしっかりと把握した上で、似合うファッションは何かを見分ける目を持ちましょう。

自分が着たいと思う服でも、身長によってはカッコよく着こなせないことも。人気のファッションではなく、自分の雰囲気に合う服を積極的に取り入れると、センスよく見えるようになりますよ。


周囲にアドバイスを求めるのもおすすめ

自分でいろいろ考えすぎると、まとまりのないコーディネートになってしまうこともあります。親しい友達はもちろん、服装ならショップ店員、髪型なら美容師など、詳しい人に相談してみましょう。

周囲に自分に合う物を最初は選んでもらうと、「すごくセンスのいい髪型してるね!」など人に褒めてもらえることが増えますよ。


センスのいい人になる方法2. センスのいい人を研究する

視野の広い感性を持つためには、様々なお手本から学ぶことが大切です。ファッション雑誌を読んだり、おしゃれな人のSNSをフォローしたりして、自分が好きだと思えるセンスの人を研究してみましょう。

おしゃれな人の服装や持ち物をよく観察し、自分に取り入れていくと、自然と質の高いセンスが身に付きますよ。


センスのいい人になる方法3. こだわりポイントを持つ

おしゃれな人は、適当な気持ちで持ち物やライフスタイルを選んではいません。自分が譲れないポイントや特定のスタイル、日々のファッションのテーマなどが、自分の中ではっきりしています。

外面と内面にもこだわりポイントを持つ習慣をつけるようにすると、自然と人からも注目されるようなセンスのよさを持てるようになりますよ。


普段の意識を変えて、周りが憧れるセンスのいい人になろう。

センスのいい人の特徴や共通点について、具体例を挙げながら紹介してきました。「ファッションスタイルを変えたい」「もっとおしゃれなライフスタイルを送りたい」そう思う男性や女性は、参考になる部分があったのでは?

本記事でお伝えしたセンスのいい人になる方法も実践して、周囲から素敵と思われるよう存在感を増していってくださいね!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事