劣等感が強い人の特徴|他人より自分が劣っていると感じる原因とは?

劣等感を抱くのを克服したいと思っている方へ。今記事では、劣等感が強い人の特徴や原因から、克服するコツまで詳しくご紹介します。周囲と比較して劣等感を覚えやすいとお悩みの方に最適な対処法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「劣等感」の意味とは?

劣等感が強い人の特徴

劣等感とは「自分が他人と比べて劣っていると感じる否定的な感情」のこと。

何が劣っているかは人それぞれです。例えば、勉強の成績、運動神経、身体的な特徴など。周りから見れば些細なことでも、本人にとっては真剣な悩みになることが多くなる傾向があります。

実際にはそうでなかったとしても、自分のほうが劣っていると思い込んでしまっているケースも多いです。


「劣等感が強い」とはどんな意味なの?

劣等感が強いとは文字通り、「劣等感を強く持っている」という意味です。

自分がコンプレックスと思っていることを他人に比べ、自分が劣っていると強く感じることで、自信をなくし、明るい気持ちでいられない状態になっていることを指します。

自分と他人を比較し、大きな挫折することによって生まれてしまう辛い感情です。


劣等感が強い人の特徴|多くの人に共通するポイントを解説

劣等感が強い人は、基本的に性格がネガティブです。

例えば、相手の長所と自分の短所を比較する癖が付いている、自信がないため「どうせ自分なんて」というような言葉を使う、劣っていることを隠すために自分を大きく見せるなど。

強い劣等感を持つ人は、後ろ向きな考え方をもっていたり、ネガティブな言葉を使ったりするという様々な特徴を持っています。

【参考記事】はこちら▽


劣等感が強くなってしまう原因とは|主な理由を徹底ガイド

他人と比べてかなわないから悔しい、羨ましいと思うことは、男性・女性問わず誰にでもあるはず。

しかし、そこで劣等感を抱いてしまう人と、そうでもない人がいるのもまた事実です。その原因は何なのでしょうか。

ここからは、どんな原因で劣等感が強くなりやすいのか詳しくご紹介します。


劣等感が強まる原因1. コンプレックスを抱えているから

誰もが自分に対して自信を持てない一面がありますが、自信のない人ほど周囲と比べる癖がついてしまっているもの。

例えば、容姿に自信のない人ほど、芸能人やSNSで目立っている人と自分の自信のないところを比べ、「なんで私はこんななんだろう…」と落ち込んでしまっています。

そんな自分が嫌になり、ますます劣等感が強くなってしまうのです。


劣等感が強まる原因2. 兄弟と比較されて育ったから

親や先生の心無い言葉は、強く頭に残っているもの。

できの良い兄弟と比較され、「あなたはどうしてできないの」「〇〇の小さい時はできたのに…」と否定的な言葉を繰り返し言われると、子供は当然のように「自分はダメな人間なんだ…」と思い込んでしまいます。

大人の言葉に影響されてしまうことで、劣等感の強い人間が育ってしまうのです。


劣等感が強まる原因3. 大きな挫折をしたから

自分よりも優れた人に出会って、心が折れてしまうこともありますよね。

自分は必死になって精一杯勉強してきたのに80点。しかし、対して頑張ってもいないように見えるのに100点を獲得している人がいると「なぜ自分は…」と強く感じますよね。

このような挫折も前向きに捉えられれば成長に繋がります。しかし、前向きに捉えられないと「どうせ次も無理」「頑張っても無駄」などと思い込み、劣等感が強くなってしまいます。


劣等感を克服するコツとは|最適な対処法を大公開

劣等感が強まる原因が理解できても、「どう克服すれば良いのか」はわかりませんよね。

ここからは、劣等感を克服するコツを詳しくご紹介します。

劣等感を克服して、妬みや苦しい気持ちを頭から追い出してしまいましょう。


劣等感を克服する方法1. 周囲と比較する癖をやめる

自分には自分の、他人には他人の良いところと悪いところがあるもの。周囲と比較して優劣をつけたところで、幸せになれることはありません。

すぐに「あの人はどうかな」「この人はどう考えているかな」と比較することをやめましょう。

誰かと比べなければ、嫉妬も感じにくいですし、コンプレックスも気になりませんよ。

【参考記事】はこちら▽


劣等感を克服する方法2. 劣等感を反骨心に変換する

「自分はできない奴だ」と心が折れて、何もしたくなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時はできない自分がダメと思うのではなく、伸び代だと捉えて、努力する糧に変えるよう心がけてみましょう。

そうすれば、「今できていないことが明確になった」「自分は成長の余地がある」という考え方になるので、劣等感を抱かなくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


劣等感を克服する方法3. 自己肯定感を高める

劣等感の強い人は、自分が価値のない存在だと思い込んでしまう癖があります。

自分を認めてあげられるようになるには、小さな成功を積み重ねましょう。例えば、「毎日10分ウォーキングする」「ゴミ出しを忘れずにする」など。本当に些細なことでも、続けてできるようになれば「自分はできる」と思えるものです。

「自分もやればできるんだ」ということが分かれば、劣等感は無くなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


劣等感を克服する方法4. なりたい自分像を明確にする

嫉妬感の強い人は、自分の理想と現実にギャップを感じると、「自分はダメだ」と自分を卑下してしまいがち。

まずは自分を責めるのを止めましょう。次に、なりたい自分像を今以上に明確にしましょう。

理想の姿がはっきりすれば、そこに近づく努力をするのに注力できます。そうすれば自分に意識が向き、周りに嫉妬する必要も無くなるので、劣等感が無くなりますよ。


劣等感を克服する方法5. ありのままの自分を受け入れる

完璧主義の人の場合、できない自分が許せないという考え方になっていることも。

そんな方は、できない自分も素直に受け入れてあげましょう。そうしない限りずっと劣等感に苛まれてしまうので、まずは自分を受け入れてあげるのも大切ですよ。

完璧じゃない自分を許すことができれば、劣等感というネガティブな感情も無くなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


劣等感を感じたら、自分に合う方法で克服してみて。

今記事では、劣等感が強まる原因、劣等感を克服する方法をご紹介しました。

「どうして自分はできないんだろう…」「自信なんて持てないよ…」と悩んでいる人は多いはず。

そんな方はこの記事を参考にして、少し考え方を変えてみませんか。

気がつけばコンプレックスが無くなって、嫉妬や自己嫌悪の気持ちが無くなっていますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事