職場で孤立しやすい人の特徴とは?会社で浮いてしまった時の対処法を解説

職場で孤立しやすい人の特徴や対処法について詳しく知りたい方へ。今記事では、職場で孤立しやすい人の特徴から、孤立してしまった時の対処法まで詳しくご紹介します。会社で浮いてしまった時に気にしないコツも解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

職場で孤立感を覚える人は意外と多い。

職場で孤立しやすい人の特徴

職場にうまく馴染めず、周囲から距離を置かれていると居心地が悪いもの。雑談の輪に入れず一人で休憩時間を過ごすなど、寂しさを我慢している人もいるでしょう。

実は職場において、孤立感を覚える人は意外と多くいるのです。

今回は職場で孤立しやすい人の特徴を解説した上で、孤立した時にとるべき対処法をご紹介します。


職場で孤立しやすい人の特徴とは|多くの人に共通する点を解説

職場にうまく馴染めない人には、いくつかの共通点があります。当てはまるものが多ければ、今は大丈夫でも今後職場で孤立する可能性もあるので要チェックです。ここでは、職場で孤立しやすい人の特徴を詳しくご紹介します。


職場で孤立しやすい人の特徴1. 職場の人とコミュニケーションをとらない

人見知りな性格で職場の人と積極的に関わらない人は、浮いた存在になりやすいです。

自分から挨拶や話をしない無口な人は、周囲もどう接して良いか迷うもの。一人でいることが多いと単独行動を好んでいるように見えて、話しかけるのもためらってしまいます。

距離感がつかみにくいと思われるので、自発的なコミュニケーションがないと遠ざけられてしまうのです。


職場で孤立しやすい人の特徴2. 真面目過ぎる

フランクなコミュニケーションが苦手な人は、集団の中で浮いてしまいがちです。

休憩中のくだけたムードで冗談が飛び交う時、多くの人はその場を盛り上げたくて冗談を言います。けれど真面目過ぎる人はそれが冗談だと分からず、真に受けてしまうことも。

ノリが悪い人だと思われるので、真面目過ぎると孤立しやすいのです。


職場で孤立しやすい人の特徴3. 仕事のミスが多い

仕事はチームプレーで行うことが多く、一人のミスが周囲に影響することが多々あります。

ミスを連発する人は、周囲から見れば仕事ができない人という印象です。新人の頃は大目に見てもらえても、改善がみられなければ「しっかりしてほしい」と突き放したくもなるもの。仕事仲間というよりは迷惑をかけてくる人だと思われ、嫌われる可能性もあるでしょう。

誰でも信頼しきれない人と親しくするのは難しいので、距離を置かれやすいのです。


職場で孤立しやすい人の特徴4. 高圧的な態度をとる

いつも上から目線で話をしてくる人とは、あまり仲良くしたいとは思えません。

依頼した資料がなかなか出来上がってこない時、進捗状況やいつ頃できる予定なのか、確認する場面はよくあること。高圧的な態度をとる人はすぐに「まだ出来ないの?今まで何してたの?」と相手を責める姿勢をとりがちです。

受け手によっては敵意を感じ取ってしまうので、周囲から孤立しやすくなるのです。


職場で孤立しやすい人の特徴5. 嫉妬されている

自分よりも優れた人を嫌う人は、意外と多くいるもの。

例えば仕事が出来る有能な人は、周囲から嫉妬されてしまうことがあります。嫉妬している相手とは一緒にいたくないと考える人も多く、しだいに周囲の人はあなたから距離をとるようになるでしょう。

優秀な人や性格のいい人ほど理不尽な理由で目を付けられがちなので、孤立しやすくなります。


職場で孤立しやすい人の特徴6. 空気が読めない

その場の雰囲気をしらけさせる言動を繰り返していると、周囲の人はウンザリしてしまいます。

仕事のミスをして落ち込んでいる人に対して、励ましの言葉をかけたりそっとしておく配慮をする人も多いでしょう。けれど空気が読めない人は、良かれと思って追い打ちをかける言葉を浴びせてしまうことも。

場にそぐわない言動が目立つ人とは、なるべく距離を置きたくなるのは当然でしょう。


職場で孤立しやすい人の特徴7. 付き合いが悪い

周囲と合わせず自分を優先せる人は、職場でも一人でいることが多い傾向にあります。

会社の飲み会やイベントなどに誘われた時、付き合いを気にしない人は基本的に不参加です。そんな人に対して周囲は「無愛想な性格なんだな」「声かけても断られるだろう」と思うので、積極的に誘いにくくなります。

そのため、誘いを断ってばかりいると交友を拒否されていると感じるので、職場で浮いてしまいがちです。


職場で孤立するメリットとデメリットとは?

職場で孤立するメリットとして、無駄な詮索などをされずに済むので気楽な点があります。会社の人との付き合いもないので疲れた日にまっすぐ家に帰れるなど、自分のペースを守りやすいのも魅力です。

その一方で、仕事上のコミュニケーションの取りにくさや、職場での居心地の悪さを感じやすいのがデメリットです。

良い点も弱点も知っておくと、孤立した時どう対処すべきか判断しやすくなるでしょう。


職場で孤立感を覚えた時の対処法|改善するコツも大公開

仕事上のコミュニケーションが取りにくかったり、居心地が悪い環境で働いたりするのは避けたいもの。職場の人たちから距離を置かれてしまったら、どんな対処法をとればいいのでしょうか。

ここからは、職場で孤立感を覚えたときの対処法をいくつかご紹介します。


孤立感を覚えた時の対処法1. 仕事で結果を出す

仕事ができる人は、上司から厚い信頼を受け同僚から一目置かれるなど、人一倍の存在感を放ちます。

まずはしっかり仕事の成果をあげることを心がけましょう。多少無愛想や真面目過ぎる性格でも、結果が出せるなら周囲もさほど気にしないもの。

優秀な人になれば周囲から注目されるので、孤立している状況からすぐに抜け出せます。


孤立感を覚えた時の対処法2. 積極的にコミュニケーションをとる

職場での孤立は、距離感がつかみにくくて遠ざけられているケースが多いです。

そんな時は自発的なコミュニケーションを心がけると効果的です。今までなんとなく他人行儀だった相手に、意外と話しやすい人だという印象を与えられます。

密なコミュニケーションが取れると人間関係も円滑になり、仕事がしやすくなるでしょう。


孤立感を覚えた時の対処法3. 気にしないで仕事に励む

孤立しても仕事に支障をきたさず、あなた自身が浮いてても平気なら、孤立することはさほど問題ではありません。

そんな時は、職場はあくまでも仕事をする場と開き直るのも良いでしょう。距離を感じるけど仕事はきっちりやる人だと周囲に認識されれば、嫌われることもありません。

職場のいざこざに関わらなくて済むので、人間関係によるストレスが激減しますよ。


孤立感を覚えた時の対処法4. 転職を検討してみる

会社の空気感や上司と合わないなど、自分ではどうしようもないことが原因で孤立することもあります。

そんな時は無理して馴染もうとせず、思い切って転職を検討するのも一つの対処法です。あらかじめ転職先の雰囲気を調べておくと、転職後のミスマッチも起こりにくいですよ。

あなたらしく働ける職場に出会えれば、今まで以上の成果もあげやすくなるでしょう。


職場で孤立してしまったら、原因を素早く対処していきましょう。

職場で孤立してしまう人の特徴や対処法について、詳しく解説してきました。なかには理不尽な理由で孤立するケースもあり、あなたが原因とは限りません。

一人でいると寂しく惨めに感じてしまいやすいですが、孤立するメリットにも目を向けてみましょう。

孤立しても状況を冷静に見極めて対処することで、ストレスフリーな働き方に繋げることができますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事