同じ言葉を繰り返す人の心理とは?同じ話をする人への上手な対処法も紹介

同じ言葉を繰り返す人の心理を知りたい人へ。本記事では、同じ言葉を繰り返す人の心理から、反応の仕方や対処法まで大公開!何度も同じ話をする人がいる方は必見の内容になっていますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

何度も同じ言葉を繰り返す人の心理|どうして同じ話をするの?

同じ言葉を繰り返す人の心理

たった今話したばかりなのに、何度も同じ言葉を繰り返す人って、大人でもたくさんいますよね?

「あれ?今、同じ言葉言ってたよね?」「同じ言葉を繰り返すばかりで、話がちっとも進まないな〜。」

なんて感じてしまう、その人の話し方は一体なぜなのでしょうか?

まずは、何度も同じ言葉を繰り返す人の心理について、一つずつチェックしていきましょう。


同じ言葉を繰り返す人の心理1. 大事なことなので、確認のために言っている

忘れないでほしい大事なことなので、同じ言葉を繰り返すという心理。

「このドア、オートロックだから、鍵は必ず持って出てね?いい?鍵は必ず持って出るんだよ?」

などと、うっかり忘れてしまうと大変なことになってしまう場合、確認の意味をこめて、同じ言葉を何度も繰り返します

この繰り返しは、相手がしっかりと確認したと認識できるまで何度も何度も執拗に繰り返す場合もあるのが特徴です。


同じ言葉を繰り返す人の心理2. 自分に言い聞かせるつもりで言っている

誰かに向かって話をしている時、それはその相手だけにではなく、自分に対しても話している時があります。

その場合、1回目は相手に、そして、2回目は自分に言い聞かせるように繰り返しているのです。

「転職したからって、新しい会社や職場環境が絶対ブラックじゃない保証はないのよ。そう、ブラックじゃない保証はどこにもないのよ。」

などと、自分自身にも思い当たる節がある場合、同じ言葉を繰り返し口に出します。


同じ言葉を繰り返す人の心理3. 癖になってしまっている

誰しも何かしらの癖はあるもの。同じ言葉を繰り返すことが、単なる癖の場合もあるのです。

この場合、繰り返している言葉が重要な意味を持っているのかどうかは、全く関係ありません。

「昨日スーパーの入り口でね、岡田さんの奥さんにあったのよ。岡田さんの奥さんに。」

その人個人の話し方の癖で、ただ繰り返しているだけなのです。


同じ言葉を繰り返す人の心理4. どこまで話したか覚えていない

話に夢中になっているうちに、どこまで話したか忘れてしまった場合、とりあえず、この辺りだろうと思う部分まで遡って話すため、結果として同じ言葉を繰り返してしまう場合があります。

「上司がさ、昨日、有給取ってたんだけど、家族には仕事って言ってたらしくてさ。奥さんから昨日会社に電話きたんだよ。えっと、昨日、上司、有給だったんだよね。」

などと、話の展開に夢中になりすぎていたり、逆に考え事をしていたりして、今どこのあたりまで話したのか曖昧になってしまった場合、同じ言葉を繰り返してしまうのです。


同じ言葉を繰り返す人への対処法|どんな反応をしたら良いの?

何度も同じ言葉を繰り返されたり、ちょっとお喋りしただけでも、繰り返し同じ発言をされたりすると、その人との会話自体が面倒に感じてしまうもの。

同じ言葉や発言を会話の中で何度も繰り返す人には、一体どのように対応するのが良いのでしょうか?

ここからは、事あるごとに同じ発言や会話を繰り返す人への上手な対処法や反応の仕方をチェックしていきましょう。


同じ言葉を繰り返す人への対処法1. 気にせず聞き流す

スマートな大人の対処法の一つでもある、「聞き流し」。この対処法は、同じ言葉を繰り返す人にも大変有効的な対処法です。

特に、相手が職場でしか関わりがない相手だったり、年の数回程度しか合わない知人だったりする場合、同じ言葉の繰り返しを指摘して、お互いに気まずい思いをするよりも、とりあえず、聞き流して穏便に関係を続けるのがおすすめですよ。


同じ言葉を繰り返す人への対処法2. 話してくれたことをオウム返しする

念押しのように、何度もしつこく同じ言葉を繰り返す人には、「もう十分伝わってますよ。」とアピールするために、同じ言葉をオウム返ししましょう。

「11時になったら、部長を呼びに行くんですね。それから、会議室でプレゼン資料の最終確認ですね。」

同じ言葉を何度も繰り返すのは、心配性な性格から来る場合もあるので、同じように言葉をそっくり繰り返すと安心して、それ以上繰り返さなくなるという対処法になります。


同じ言葉を繰り返す人への対処法3. 理解していることを相手に伝える

言葉の繰り返しが、相手にきちんと理解させるためにしている場合は、「その話、理解してますよ。」という反応をはっきり示しましょう。

「13時だよ。13時までに、資料持ってきてね。ちゃんとミスないようにね。13時だからね。」

「分かりました。では、その資料が完成したら13時までに〇〇先輩に確認して貰ってから提出しますね。」

などと、相手の言葉を踏まえたうえで、その先の行動までしっかりと提案すると、角を立てずにスマートに言葉の繰り返しをストップさせることが可能です。


同じ言葉を繰り返す人への対処法4. 指摘して治してもらう

無意識になんでも言葉を繰り返してしまう癖がある人には、根気よく指摘して治して貰いましょう。

言葉を繰り返す癖が酷すぎると、スムーズな会話の障害になってしまいます。

「ほら、また、3回も言ってるよ。何度も繰り返しちゃうと、会話が進まないって。」

もっとも、あまり頻繁に指摘しまうと、言葉の繰り返しを意識しすぎて、普段の会話がよりぎこちなくなってしまいます。

また、言葉の繰り返しを指摘するのは、指摘してもお互いに気まずくならない仲の良い間柄の場合に限定するのがおすすめです。


同じ言葉を繰り返してしまう人がいたら、上手に対応してみよう。

大人になると、同じ言葉を何度も繰り返す人に、はっきりと指摘しにくくなるもの。

特に、それが会社の上司や同じ職場でたまに顔を合わせるだけの同僚の場合、言葉の繰り返しに対してあからさまに嫌な反応を返すわけにはいきません。

言葉を何度も繰り返す人の心理を理解した上で、上手な対処方法を活用して、スマートに言葉の繰り返しをやめて貰いましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事