働きたくないと思う10の理由|やる気が出ない時の解決策とは?

働きたくないと思っている人へ。本記事では、働きたくないと思う理由から、やる気が出ない時の対処法まで大公開!働きたくない人におすすめの仕事も解説しています。仕事をする意欲が湧かない方は、ぜひ確認してみてくださいね。

働きたくない!と思う人は多い。

働きたくないと思う理由

「社会人になったら働かないといけない。」という価値観が日本では当たり前とされていますが、収入など待遇面の不満や精神的な疲れから、内心働きたくないと思っている人は多いです。

電通総研が18歳~29歳の男女を対象に行った調査では、全体の3割が「できれば働きたくない」と思っているという結果が出ました。

つまり、若者の約3人に1人が働きたくない気持ちを抱えながらも、生活のために働いているといった状態なのです。


働きたくないと思う10の理由|具体的な改善策も解説!

そもそも仕事とは、生きる喜びややりがいを感じさせてくれるものであるはずなのに、なぜ多くの人が働きたくないと思ってしまうのでしょうか。

ここからは、人が働きたくないと思う理由として代表的なものを10個ご紹介し、それぞれの対処法について説明していきます。


働きたくないと思う理由1. 人間関係が上手く行ってないから

仕事の内容自体は好きでも、職場の人間関係が上手くいっていないと、心理的なストレスがどうしてもかかってしまうもの。

気が合わない同僚との連携が上手くとれず仕事が円滑に進まなかったり、上司の気まぐれに振り回されて疲れてしまったりと、実際の仕事以外の負担が大きすぎるのです。

1日の多くの時間を過ごす職場だからこそ、人間関係が上手くいっていないと、毎日仕事に向かうのが憂うつになってしまうでしょう


対処法① 上司など周囲に相談をする

同じ部署内に気が合わない人がいると、気疲れするだけでなく、業務にも支障を来たしていしまいます。とはいえ、当人同士で話し合って仲を改善するのはなかなか難しいもの。

そこで、なるべく相談しやすい上司などにに一度相談してみるのがおすすめ。

自分より上の立場の人に相談することで、上手く仲を取り持ってくれたり、なるべく同じ業務をさせないよう配慮してもらえる可能性があります。

少しでも働きやすい環境になるよう、ぜひ行ってみてくださいね。


対処法② 自分からコミュニケーションを取る

苦手意識を持っている相手でも、実際に話してみたら意外と打ち解けられたというケースは、実は珍しくありません。あなたが一方的に嫌われていると思い込んでいた相手が、実は何とも思っていなかったという可能性も十分に考えられます。

職場に好きになれない人や苦手な人がいる場合は、あえて何度か自分から話しかけてみましょう。

思いがけず心を開いてくれたり、たとえ相手側もあなたに苦手意識を持っていたとしても、何度か話すうちに印象が変わってくるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


働きたくないと思う理由2. 今の仕事にやりがいを感じないから

自分がいつもしている仕事にやりがいを感じられないと、努力したいという気持ちや向上心が低下し、働く意欲が失せていきます。

頑張っても誰からも評価されなかったり、自分の仕事が何の役になっているかわからないまま働いても、達成感は得られませんよね。

自分が成長している、人の役に立っているという実感がないと、働きたくないという気持ちが日に日に大きくなってしまうのです。


対処法① とにかく仕事打ち込んでみる

仕事にやりがいを感じられない原因として、「ただなんとなく業務をこなしているから」というものが考えられます。

同じ仕事でも、取り組む姿勢によってはやりがいが変わってくるもの。自分なりに目標を立てたり、今までより仕事に打ち込んでみてはいかがでしょうか。

思わぬ達成感を感じられたり、上司から評価されて、やる気が湧いてくるかもしれませんよ。


対処法② どうしても仕事を楽しめないなら異動を申し出る

仕事には向き不向きがあるため、気の持ちようや取り組む姿勢だけでは解決しない場合もあります。こういった場合、業務内容を変えないと無気力な状態を改善できないかもしれません。

そんな時は、勇気を出して人事に異動を申し込んでみるのも一つの方法です。

異動したい理由を具体的に伝えれば、あなたの適性を考慮して、向いてる部署へと異動させてくれる可能性も十分に考えられます。


働きたくないと思う理由3. 通勤が面倒だから

これから1日頑張ろうと思って出勤しても、何かとストレスの多い通勤でやる気を削がれてしまうという人は多いはず。

知らない人と密着する満員電車に揺られたり、面倒な渋滞に巻き込まれていると、職場に着く前からヘトヘトに疲れてしまいます。

最も生産性が高い朝の時間を無駄にしてしまう通勤は、人が働きたくないと感じる大きな原因なのです。


対処法① 職場の近くに引っ越す

今の職場に在籍したまま通勤のストレスから解放されるには、物理的な距離を縮めるしかありません。

思い切って会社と同じ最寄り駅に引っ越してみてはいかがでしょうか。社外で職場の人と会うのが気まずければ、駅を挟んで反対側に住むのがおすすめです。

通勤疲れがなくなるだけではなく、電車の遅延や道路の渋滞によって遅刻する心配もなくなり、毎朝快適に出社することができますよ。


対処法② リモートで働ける仕事をする

実は、毎日同じ時間に決まった場所へと行くという行動は、向いてる人と向いていない人がいます。向いていない人にとって、毎日の通勤は相当なストレスのはず。

そんな場合は、自宅にいながら働ける会社へと転職するというのも一つの方法です。

通勤というストレスの元がなくなることによって、仕事しやすくなるはずですよ。


働きたくないと思う理由4. 仕事で大きなミスをしてしまったから

一度大きなミスをしてしまうと、罪悪感や「また失敗したらどうしよう」といった不安から、仕事に行くのが苦痛になってしまいます。

上司が不機嫌そうな顔をしているだけで自分が何かしたのではないかと心配になったり、委縮して自分の意見が言えなくなってしまったりと、職場の居心地はどんどん悪くなる一方です。

肩身の狭い思いを毎日していては、働きたくないと感じるのも無理はありません。


対処法① ミスの原因を考えて、対策をする

他の人がしないような大きなミスをすると「自分はおかしいのではないか、何かの病気ではないか」と自信を無くしてしまうかもしれません。しかし、自分を責めるよりも、同じミスを繰り返さないようにするにはどうしたらいいかを考えるのが先決です。

ミスが起こってしまった時の状況を振り返って原因を突き止め、再発を防ぐ方法を考えましょう。

あなたがしっかり反省して行動を起こしていけば、それを見ている周りの人もサポートしてくれるはずです。


対処法② 切り替えて仕事をする

ミスによって会社に損害が出てしまったり、社内の人に迷惑をかけてしまうと、どうしても自分を責めてしまいがち。ですが、いつまでも過去のミスを引きずっていても、状況は変わりません。

十分に反省したら、スパッと頭を切り替えて目の前の仕事に集中することが重要です。

気持ちを切り替えてバリバリ仕事をしていれば、一度落ち込んでしまった気持ちも前向きになっていくことでしょう。


働きたくないと思う理由5. 頑張っても思うような成果が出ないから

仕事を頑張りたいという気持ちがあっても、努力がなかなか実らないと、「自分に向いている仕事じゃないのかも…」とやる気がなくなってくるもの。

きちんと目標を立てても達成できずに終わってしまったり、色々な手を試してみても、業績が上がらないといった体験を繰り返すと、自己肯定感がどんどん下がっていってしまいます。

自分の能力を認めてあげられず、どんどん働く意欲が低下してしまうかもしれません。


対処法① 目標設定を見直してみる

仕事で思うような成果が出ないのは、あなたの努力が足りないのではなく、あらかじめ立てている目標が高すぎるという可能性も。

実現可能で具体的な目標が立てられているか、今一度見直してみましょう。

手が届きそうな目標を立てて達成していくことで、自己肯定感が上がり、働きたくないという気持ちも薄れていくはずですよ


対処法② 成果が出ない理由を周囲に相談してみる

成果が出ない原因というのは、あなたの仕事ぶりを客観的に見ている人でないと、なかなか見つけることができません。

同じ部署の同僚や先輩に、成果が出ない理由について相談してみてるのは、有効な方法です。

自分が見落としがちな部分についての意見をもらえたり、問題の原因がクリアになることで、無気力な状態を抜け出せるかもしれません。


働きたくないと思う理由6. 成果を認められなかったから

努力して成果を出しても、それが正当に評価されないと不満が募りますよね。少しずつ蓄積された不満は、仕事への情熱を徐々に奪っていきます。

どんなに頑張って会社に貢献しても昇進や給与のアップをしてくれない、自分よりも成果が出ていない人が評価されるなど、何のために努力しているのかわからなくなるのではないでしょうか。

「努力すれば報われる」という構造がきちんと機能していない職場では、やる気を維持するのが難しいのも当然です。


対処法① 評価される基準を聞いてみる

自分では仕事で成果を出せていると思っていても、実は会社側にとっては別の形での成果を求めているといったケースもあります。

そんな場合は、上司や人事担当者などに、評価の基準を聞いてみるのがおすすめです。

直接評価につながるような正しい方向性の努力ができて、頑張った分だけ給与などの待遇面に反映してもらえる可能性がありますよ。


対処法② 成果を認めてもらえる会社に転職する

どう考えても自分だけ不当な評価をされていると感じる場合は、その会社にいる限り成果を認めてもらうのは難しいかもしれません。

そこで、努力した分だけきちんと評価してもらえるような、実力主義の会社に転職してみてはいかがでしょうか。

一から就活をするのは大変かもしれませんが、収入や仕事へのモチベーションが上がることに繋がるかもしれません。


働きたくないと思う理由7. 給料が少ないから

どんなに好きな仕事でやりがいがあっても、現実問題としてお金がなければ生活していけません。給与が生活を圧迫するほど少ない場合、好きだったはずの仕事もだんだん苦痛になっていってしまうもの。

生活費を稼ぐために休みなく働いたり、給与の少なさを補うために副業をするなど無理をしては、心身のバランスが崩れてしまいます。

どんな仕事も、収入とやりがいのバランスを保てていないと、長続きさせることは困難になってしまうでしょう。


対処法① 給与が上がる方法を周りに聞いてみる

社内に自分よりも収入の高い人がいる場合、あなたにも努力次第で今よりも給与をもらえるチャンスがあります。

給与の高い先輩や上司が、どうやってその地位まで上り詰めたのか、仕事ぶりを観察して原因を突き止めましょう。気軽に話せる仲であれば、収入アップの秘訣を直接聞いてみるのもいいですね。

実際に収入の高い人の意見や仕事を参考にして真似ることで、その人たちと同等の評価をしてもらえるかもしれません。

お金が欲しいなら、ぜひ自分から給料が上がる方法を知るようにしてみましょう。


対処法② 今の会社で収入アップが難しいなら転職も考える

世の中には、どうしてもお金を稼ぎにくい業界や会社というものが存在します。そういった場所で働いている限り、いくら頑張っても、もらえるお金には上限があります。

そんな場合は、もっと稼げる業界や会社へ転職するのが最善の策です。

転職がうまくいけば、以前より拘束時間が少ないのにお金はたくさんもらえるといった好待遇の会社に就職できる可能性も十分にありますよ。


働きたくないと思う理由8. 連休明けで仕事の気分になれないから

春の大型連休や年末年始などの連休明けは、なかなか頭を仕事モードに切り替えられず、仕事へ行くのがいつも以上に億劫になります。

仕事に休暇は欠かせないものですが、楽しい思いをした分日常に戻ると夢から覚めたような気分になり、それまで普通にこなせていたはずの仕事が辛く感じてしまうことも。

連休とは、始まる前は仕事のやる気を上げてくれますが、いざ終わってみるとやる気を低下させるものなのです。


対処法① 仕事に行く楽しみを作る

休みの日は楽しいことばかりなのに、職場に楽しみが一つもないと、そのギャップによって「働きたくない」という気持ちが増長してしまいます。

お気に入りのお菓子を引き出しに入れておいたり、休み明けに同僚と美味しいお店でランチする約束を取り付けておくなど、仕事に行きたくなるような楽しみを作ってみましょう。

小さな楽しみを作っておくことで、憂うつな休み明けも、ちょっとだけ前向きな気持ちで出社できますよ


対処法② 次の休みの予定を立てる

旅行や出かける計画を立てるという行為は、それだけでストレス解消や幸福度アップの効果があるといわれています。

休暇が終わったタイミングで、次の休みの予定を立ててしまいましょう。

週末の予定を考えてワクワクすることで、職場で嫌なことがあっても切り替えられたり、平日の辛い仕事も不思議と乗り切れてしまうことはあるあるです。


働きたくないと思う理由9. 働きすぎで疲れているから

好きな仕事であれば何時間働いても苦にならない「ワーカホリック」の人は少なくありませんが、人間には限度というものがあります。

仕事のしすぎで疲れてくると判断力も鈍りますし、プライベートを犠牲にして働いていると何のために働いているのかわからなくなるはず。

あまり働きすぎると、本来自分が持っていたはずの仕事への意欲や向上心が奪われ、「これ以上働きたくない」と感じてしまいます。


対処法① 睡眠・運動・食事のバランスを整える

長時間の労働に耐えられるようにするためには、それ以外の時間で体をしっかりとケアすることがとても重要。特に女性は過労によってホルモンバランスが乱れると、体のあちこちに不調が出るため、生活リズムそのものを整える必要があります。

出来る限り睡眠時間を確保・適度な運動・栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

体のコンディションを整えることで、ハードワークにも耐えられるタフな心身が手に入りますよ。すぐ疲れて「働きたくないな。」感じるなら、まずは生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。


対処法② 有給を取得し、リフレッシュする

残業続きなどハードな仕事を続けていると、週にたった2日の休みでは疲れが十分に取れていないはず。

そんな時は、有給休暇を取ってある程度まとまった休みを手に入れ、心の底からリフレッシュするのがおすすめ。

温泉やリゾート地に行って日常を忘れることで、働きたくないと無気力になりがちだったメンタルも回復するかもしれません。


働きたくないと思う理由10. そもそも働くのが嫌だから

何か特定の理由があって仕事が嫌になるのではなく、「働かないといけない」という、世の中では当たり前とされているルールそのものに違和感を持つ人は一定数います。

仕事以外に夢中になっているものがあったり、生活に必要最低限のお金があれば十分だと思っていると、仕事を頑張ろうと心から思うことはできませんよね。

働くという行為そのものに抵抗があると、いくら努力してもやる気を出すのは難しいといえるでしょう。


対処法① 働きたいと思える仕事を探す

働くのがいくら嫌でも、1人暮らしの場合は生活のために働かないといけないのが現実です。

少しでも興味のある業界や職種を探して、働きたいと思える仕事を探してみてはいかがでしょうか。

就活にはエネルギーが必要ですが、求人サイトや転職エージェントを駆使して本気で探せば、思いがけず楽しそうな仕事が見つかるかもしれませんよ。


対処法② 一旦ニートになって仕事をしない期間を作る

今の仕事を辞めたくても、無気力で何も手につかず次の行動を起こせないという場合は、少し休んでエネルギーを溜める必要があるかもしれません。

お金に余裕があるのであれば、思い切ってニートになってみるのも一つの方法です。

「大人なのに働かないなんておかしい」と抵抗を感じるかもしれませんが、ニート期間中にしっかり自分と向き合うことで、自分が進むべき道や本当にしたいことが見つかることもありますよ。


働きたくない人に向いてる仕事8選|継続しやすいのはどれ?

働きたくない理由を突き止めて対処法を試してみても、気持ちが変わらないという場合は、仕事探しの視野を広げてみるのがおすすめ。

そこで、ここからは働きたくない人に向いてる仕事を8つ紹介します。

自分に合いそうなものがないか、ぜひ探してみてくださいね。


向いている仕事1. WEBライター・ブロガー

ライター・ブロガーの仕事は、読者にとってためになる情報をまとめたり、自ら取材をして文章に起こすなど。

言語化能力という汎用性が高いスキルを身に付けることができる上に、個人や業務委託という形で仕事を請ける場合がほとんどなので、就活せずに始められて在宅ワークも可能。

人と話すのが苦手な人や、通勤が苦痛な人におすすめです。


向いている仕事2. エンジニア

コンピューターのシステム開発やプログラミング、ネットワーク管理などを行うエンジニア。

打ち合わせはあるものの、基本的には自分でコードを打ったりするとパソコンに向かって仕事をする機会が多くあります。

誰かと仕事をするのが苦手で、一人で黙々と作業したい方は、ぜひエンジニア職を検討してみて。


向いている仕事3. YouTuber

自分の好きなテーマで動画を配信し、たくさんの人に視聴されることによって広告収入を得るYouTuber。

芸能人などの参入が増え、競争が激しくなりつつある業界ですが、非常に自由度が高く、自分という人間を表現することができます。

会社の縛られるのが苦手で、なるべく自由に生きたいと考える方におすすめです。


向いている仕事4. デザイナー

Webサイトや広告・商品パッケージなど、世の中のあらゆるものをクライアントの希望通り形にしていくデザイナー。

企業に所属して働く人もいれば、フリーランスとして活躍する人も多く、一度スキルを身に付ければ様々な働き方ができるのが魅力です。

地味な作業をいつまでも続けるのはキツイなと感じる方は、デザイナーのようなおしゃれな仕事を検討してみてはいかがでしょうか。


向いている仕事5. クラウドワーカー

クラウドワーカーとは、クラウドソーシングを通して仕事を受注する人のことを指します。働き方のことを指し、業務内容はライターやエンジニア・デザイナーなど様々。

未経験でも請けられる仕事が多く存在しているため、初心者でも安心して始められるハードルの低さが魅力。

まずは副業として始めてみたい人や、時間や場所にとらわれず働きたいという人に向いてる仕事です。


向いている仕事6. 小説家

自分だけの物語を作り、本を出版することで世の中に作品を発表する小説家。

小説家というと由緒ある賞を取らないと生計が立てられないイメージがあるかもしれませんが、最近ではライトノベルやWeb媒体に載せる小説など、文学作品に比べてハードルが低いものもあります。

ひたすら自分の好きなように筆を進められるので、会社に就職するよりも小説を書いて生計を立てたい方におすすめです。


向いている仕事7. 派遣社員

正社員のように企業に直接雇われるわけではなく、人材派遣会社を介して仕事をする派遣社員。

勤務地や勤務時間・期間など、自分の好みに合う条件から仕事を探すことができるので、働き方をコントロールしやすいのが魅力です。また、繁忙期に雇われるケースが多く、残業代を稼ぎやすいのもメリット。

とりあえずまとまったお金が欲しい人や、自分に合ったスタイルで働きたい人に向いてる仕事です。


向いている仕事8. 自営業

飲食店の経営やネット通販の運営など、自ら事業を手掛ける自営業。やりがいや自由度はピカイチです。

一からキャッシュフローの仕組みを作らないといけないのは大変ですが、自分の思い通りにビジネスを展開でき、会社に縛られるのが苦手な方に向いてると言えます。


働きたくない理由を整理し、仕事の仕方を見直してみてくださいね。

最近、若い人を中心に増えている、働きたくないという悩み。人間関係や待遇面など、その理由は様々です。

「自分に向いてる仕事なんてないのでは?」と不安になるかもしれませんが、諦めずに探せば、あなたの性格やライフスタイルに合った仕事がきっと見つかるはず。

今回ご紹介した対処法や仕事を参考に、自分の働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ