お見合いから結婚するまでの決め手を大公開|踏み切れない時の見極め方とは

お見合いで結婚に踏み切れないと悩んでいる方へ。今記事では婚活の中でもお見合い結婚の決め手についてお伝えしていきます。恋愛結婚とは違い、相談所や親戚を介してるからこそ、結婚の決め手がわからなかったり、判断はなんだろう、愛情があるのかな?と不安な方は必見の内容になります。

お見合い結婚の決め手は何?失敗しない結婚を手にするための気をつけたいこと。

お見合い結婚の決め手はなに?

人生において結婚というのは大きな節目。

また、現在婚活中で中々踏み切れない人やこれから「お見合い結婚」を検討している人は「そもそも結婚の決め手がわからない」と不安に思う人も多いでしょう。人生をかけた結婚。だからこそ、失敗したくないですし当然悩みますよね。

そこで今回はお見合い結婚の決め手と相手を見極める上で大切なポイントについてお送りしていきます。少しでもお見合い結婚の不安を解消できたら幸いです。


お見合い結婚で相手を決める時の3つの注意点

お見合い結婚の注意点

恋愛結婚とは異なり、お見合い結婚はスタートラインが大幅に変わります。元々母数も少ない上に、結婚願望が強い人同士で関係をスタートさせますからね。

婚活中の方もこれから婚活をしようと考えている人も、相手を決める時の注意点をインプットしておきましょう。ここからはお見合い結婚で見るべきポイントに迫っていきます。


お見合い結婚を決める時の注意点1. 「容姿・学歴・収入」と外的なステータスにこだわり過ぎない

長い結婚生活を営む上で、収入やら容姿という条件をつい優先したくなる気持ちは誰しもあるでしょう。

人によって、容姿は譲れない。経済力は最低○○○万円以上ないと難しいと条件は様々。

絶対に譲れない外的ステータスは、1~2個に絞って後は内面に重きを追いた方がより幸せな結婚には近づくでしょう。やはり長い間、時間を共にする相手なので性格は重視しておきたいところ


お見合い結婚を決める時の注意点2. 毎回“ラストチャンス”と思って真剣に相手と向き合う

「もっと良い人がいるかもしれない」という思いを持ちながら、毎回お見合いに望んでいたらアウトです。

なぜならお見合い結婚に望む人たちは、元々母数が少ない上にみんな真剣に婚活をしているから。毎回「これがラストチャンスかもしれない」と丁寧に、真剣に相手と向き合いましょう。

お見合い中の1分、1秒でも相手の良い所を見つけて「どんな結婚生活を送れるか」イメージしながら相手と接していきましょうね


お見合い結婚を決める時の注意点3. 「好き」という感情に期待しない

お見合い結婚の注意点は好きという感情に期待しない

恋愛結婚を目指す感覚が抜け切れないまま「好き」という感情を大事にしてしまう人も中にはいます。

はじめから「この人かも」という感覚ももちろん大切ですが、「気になる」という気持ちにハードルを下げましょう。「気になる」という気持ちがあれば、交際に進めることは出来るはず

そもそもお見合いは、生涯のパートナーを見つけていくのですから。「好き」という感情に期待し過ぎないように注意しましょう。


お見合い結婚の決め手とは?相手を見極める5つのポイント

お見合い結婚の決め手

人によっては、1番最初のお見合い相手と運良くゴールイン。もしくは長期戦で婚活疲れして焦点が定まらないという人も。ただ、時間は有限です。

出来れば1日でも早く「この人だ!」という結婚相手を見つけたいですよね。そこで、相手を見極める上で欠かせない5つの極意をお届けします。

お見合い結婚だからこそ、両目で見ておきたいポイントとはなんでしょうか。


お見合い結婚の決め手1. 「どんな家庭を築いていきたい」か話して価値観が近いか

結婚生活はゴールではなく、スタートです。そこから長い結婚生活が始まっていくので、お互いに「どんな家庭を築いていきたいのか」という価値観が合うかが重要です。

お見合い結婚ならば、はじめからこの話題にストレートに触れることが出来るのが利点ですよね。

例えば、女性側に仕事をセーブして家庭をしっかり守って欲しいのか。それとも共働きで家事も家に入れるお金もきっちり半々にしたいのか。仕事、お金、生活の仕方などお互いが望む価値観をすり合わせてみて、近いかどうか確認をしていきましょう。


お見合い結婚の決め手2. 「この人なら嫌いにならなさそう」と思えるか

恋愛結婚の場合は、相手のことが好きで好きでたまらないから一緒に暮らすという思考で決断する人が多数派。

しかしその結果結婚してから相手の嫌な部分を知って、離婚という決断をする夫婦も目立ちます。

しかしお見合い結婚の場合、何度も会える訳ではないので「好き」という感情よりも「この人嫌な感じがしない。喧嘩しなさそう」と冷静に判断することが重要。つまり、加点法でいかに相手のことを見るかがポイントです。


お見合い結婚の決め手3. 家事に協力的か

お見合い結婚決めては家事に協力的か

結婚しても正社員としてバリバリ働きたい女性は、このチェックを忘れずに。

もし子供が産まれた未来を考えると、自分1人ですべて家事をする状況というのは中々しんどいかもしれません。男性も家事に協力的な人は、増えつつありますがまだ女性側が担うことが多いです。

男性側にどんな家事が得意か、家事が苦手だとしても代行サービスを取ることに賛成かどうかも、事前に質問しておくと良いかもしれません。女性が仕事を続けていくには、男性側の協力が必須なので聞き逃さないようにしましょう。


お見合い結婚の決め手4. 安定した経済力があるか

これは男女共に大切なこと。結婚生活を営む上で、経済的基盤は欠かせません。

共働きを望む男性なら、結婚後の女性のキャリアの展開を聞いてみましょう。女性側も男性の職業を聞いて、年収が高いかどうかよりも安定的に300万円以上稼いでいく人なのか確認をしていきましょう。

恋愛結婚と違い、お見合い結婚の場合は仲介の人がいるため、年収なども最初の段階で聞けたりできるメリットは大きいです。

現実的な話ですが、経済力は冷静に判断してみて下さいね。


お見合い結婚の決め手5. 相手の親が親切で優しいか

結婚は、そもそも2人だけのものではなく親御さんとの関係も関わってきます。

お見合い結婚の場合、「家族書」というものが用意されて、相手の親がどんな人なのか予め把握することができます。初回のお見合いで、親が同席というケースも。

親御さんと対面して良い印象を持つなら、結婚後の生活もリアルにイメージがつきますよね。お見合い相手本人だけでなく、相手の親御さんが親切で優しい人かどうかも欠かさずチェックしましょう。


お見合い結婚は、1秒でも惜しまず相手と真剣に向き合い続けましょう。

お見合い結婚は相手と真剣に向き合おう

お見合い結婚の決め手についてお届けしました。婚活中で中々踏み切れない人から、これからお見合いしようか悩む人も不安もあるかと思いますが、結婚は大切なイベントです。

自分がどの条件を譲れないのか、どんな結婚生活をしたいのかもう一度整理してゴールを明確にしていきましょう。

そして、相手も真剣に婚活をしている人達なので1秒でも惜しまず真剣に取り組んで相手と向き合うことも忘れずに。結婚の決め手がわからなくなったら、焦らずもう一度条件や理想を整理してPDCAを繰り返していって下さいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ