【男女別】結婚したい理由は何?将来を意識するきっかけとタイミングを紹介

結婚したい理由って人によって様々ですよね。そこで今回は、男女別の結婚したい理由から、結婚したいと思った時にとるべき対処法まで詳しくご紹介します。さらに、結婚したくないと思ってしまう人の理由も解説。今の恋人と結婚を視野にいれる場合、ぜひ参考にしてみてください!

結婚したいと思う理由が何か、気になりますよね。

結婚したい理由

結婚したい理由やきっかけは、人それぞれ違うもの。年齢や環境の変化などの影響で結婚したいと感じる人は多いでしょう。特に、他の人がどんな理由で結婚したいと思っているのかを知りたい人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、結婚したいと思う理由やきっかけ、結婚したいと思ったらどう行動するべきかについてお送りしていきます。

結婚適齢期の男女は、一体どんな理由で結婚したくなるものでしょうか。


【男女別】結婚したいと思う理由やきっかけを大公開!

結婚する年齢やタイミングが人によって違うのと同様、結婚したいなと思う理由やきっかけは人それぞれ違うものです。ここでは、どのような理由で結婚したいと思ったのか、きっかけになったできごとを男女別に紹介していきます。


男性が結婚したいと思うきっかけや理由

男性は周りの目を気にする傾向にあるため、自分を取り巻く環境の変化がきっかけで、結婚したいと感じることが多いと言われています。

まずは、男性がどんな理由で結婚したいと思うのか、具体的に紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


男性の理由1. 周りに既婚者が増え始めたから

これまで独身の友人や同僚などと行動をともにしていた男性ほど、周囲の人が結婚し始めたら影響を受けやすいものです。周囲に独身者が減ったことや既婚者を見て羨ましく思うなどの理由から、自分もそろそろ結婚したいなと思い始めます。

周囲に独身者が少なくなってきたことが、「自分もそろそろ」と思うきっかけになるでしょう。


男性の理由2. 仕事で昇進や昇格をしたから

ある程度の経済力を身に付けるまでは、結婚を考えられない男性は多いものです。仕事で昇進や昇格をし、経済的に安定したことや仕事の地位が確立したことがきっかけで結婚を考える人は多いでしょう。

プライベートは二の次で仕事にまい進していた男性ほど、目に見える形での成果が現れたことがきっかけで結婚したいと思い始めます。


男性の理由3. 老後を一人で過ごしたくないと思ったから

今は両親と暮らしている男性でも、ずっと独身だと将来的には一人で暮らすことになります。老後を一人で過ごすのは寂しいなと考えたことがきっかけで、結婚したいと考える男性は多いです。

子供が欲しいとは思っていなくても、老後一人きりなのはつまらないため、避けたいと考えています。

老後の話し相手として誰かにそばにいて欲しいなと思うことが、男性が結婚したいと思う理由の一つです。


男性の理由4. 彼女とずっと一緒にいたいと思えたから

独身で結婚していない男性でも彼女がいる場合は、結婚を意識するきっかけは少なからずあるものです。彼女と過ごすのが居心地が良く、ずっと一緒にいたいなと感じたことがきっかけで、結婚したいと思う男性は多いでしょう。

彼女と一緒にいる日常の何気ない瞬間をこれからも大切にしていきたいと思ったことがきっかけで、彼女とずっと一緒にいたいと思うのです。


男性の理由5. 世間体が気になるから

男性は女性に比べてメンツをとても大切にします。30歳を過ぎた頃から、独身でい続けることに対して世間体が気になり始めたことがきっかけで、そろそろ結婚したいなと思い始める男性も多いでしょう。年齢的に後がないと、あわてて婚活し始める人も。

「結婚して家庭を持ってこそ一人前」という周囲の目を気にし始めたことがきっかけで、結婚を考え始めます。


男性の理由6. 自分の子供が欲しいから

男性・女性ともに、結婚したい理由ランキング上位に挙げられているのは、子供が欲しいということです。男性は女性と違って出産のタイムリミットはありませんが、働ける年齢にも限りがあります

さらに、あまりに高齢になると子育てできるような体力がなくなってしまうため、30代のうちにはと考える男性は多いでしょう。

自分の子供をつくって育てたいことがきっかけで、早く結婚したいなと考えるでしょう。


男性の理由7. 両親や身内から独身なのを心配されるから

独身で一人暮らし歴が長い男性は自活できている人も多く、結婚していなくても日常生活に不便はない人も多いもの。しかし、ずっと独身でいることで両親や身内から寂しいのではないかなど、心配をかけていることもあります。

自分は一人では問題ないと思っていても、両親や親族たちを安心させたいなと思うのが、結婚を考え始める理由です。


男性の理由8. 最初から結婚を前提に付き合っていたから

結婚適齢期に近くなると、彼女とは初めから結婚を前提に付き合っていることも多く、お互いの仕事が落ち着くタイミングや、何らかの記念日などをきっかけに、結婚を考えることも多いでしょう。

ある程度の年齢になるまでは仕事を頑張って、タイミングを見計らって結婚しようと考えています。

【参考記事】はこちら▽


女性が結婚したいと思うきっかけや理由

女性は男性と違って、出産にタイムリミットがある分、ある程度の年齢までには結婚したいなと考えている人が多いです。

次は、女性がどのようなきっかけや理由で結婚したいと思うのかを紹介していきます。


女性の理由1. 周囲の友達がみんな結婚し始めたから

女性の場合、何をするにも仲のいい友達と歩調を合わせたいと考える人は多いです。学生時代の友達やよく遊んでいる友達が結婚し始めた場合、周囲に後れを取りたくないことが理由で結婚したいと考える女性も少なくありません。

身近な存在である友達がみんな結婚し始め幸せそうな姿を見たことで、自分も結婚したいなと感じるようになります。


親友が結婚、出産をすると結婚願望が強くなる傾向にある

友達の中でも特に仲のいい親友に、女性は大きく影響されやすいものです。親友が結婚や出産をし、女性としての幸せを満喫している姿を目にすると、自分も同じように子供が欲しいなと、結婚を考え始めるきっかけになります。

苦楽を共にしてきた親友だからこそ影響を受けやすく、「自分も早く」という気持ちになりやすいです。


女性の理由2. 30歳を目前に控えているから

女性には出産のタイムリミットもあることから、30歳までに結婚したいと思っている人は多いです。いわゆるアラサーと言われる年代に突入すると、30歳が近付いていることから早く結婚したいなと考え、婚活を始める女性は多いでしょう。

30歳になるまであまり時間がないことが理由で、できるだけ早く結婚したいと思っています。


女性の理由3. 仕事でやりたい事は全部やりきったから

これまで勉強や仕事を必死で頑張ってきた女性ほど、結果を残すまでは結婚は二の次と考えていた女性も多いもの。

精一杯頑張ったからこそ、仕事でやりたいと思っていた事を全て成し遂げたと感じたら、もうやり残したことはないなと、ハードで不安定な仕事に区切りをつけてプライベートを充実させたいと考えます。

これからは安定した家庭を作っていきたいなと、結婚を考え始めるでしょう。


女性の理由4. 子供が欲しいと思ったから

結婚願望が低い女性でも、子供が欲しいなら結婚するのが一般的です。

私生児という選択肢もありますが、女性は妊娠・出産と働けない期間がある分、一人で育てるのはあまり現実的ではありません。女性は出産できる年齢にタイムリミットがある以上、子供が欲しければ早めに結婚を考え始めます。

子供が欲しいからこそ子供を望める年齢で結婚したいと思う人はとても多いです。


女性の理由5. 男性に養ってもらいたいと感じたから

女性が社会に進出しているといっても、日本ではまだまだ男性社会な部分が多く、女性が働きやすい環境とは言えない会社も多いです。精神的にあまり強くない女性ほど、世間の荒波に耐えきれません。仕事をするよりは家庭を守りながら、男性に養ってもらいたいと思う女性も多いでしょう。

家庭に入る方が自分に合っていると感じ、家族のサポートに周りたいと思うことが、女性が結婚したい理由の一つです。


女性の理由6. 親や身内からプレッシャーをかけられるから

自分に結婚願望がなくても、親や親せきなど身内から頻繁に「結婚はまだか」などと言われ続ける女性も少なくありません。押しが弱い女性ほど、反論するより言うことを聞いた方が楽だと感じ、早く結婚したいなと思い始めます。

親や身内からの度重なるプレッシャーから逃れたいと、結婚を焦って考え始める女性は多いです。


女性の理由7. 退職したいと思っているから

これまで仕事を頑張ってきた女性ほど、これ以上は頑張れないなと感じるタイミングが何度か訪れます。できるだけ世間体が気にならない理由で退職できたらなと感じ、結婚を理由に退職できないかなと考える女性もいるものです。

精一杯仕事を頑張ってきた女性だからこそ、これまでの経歴に傷が付かない形で退職するために、結婚を理由にしたいなと考えています。


女性の理由8. 今の彼氏となら結婚したいと思えたから

結婚願望が少なく子供も積極的には欲しくはない女性でも、今付き合っている彼氏を手放したくないと思ったことがきっかけで結婚したいと思い始めます。

結婚に対しての憧れがなくても、今の彼氏となら人生を共に歩めると、結婚を考えるでしょう。

この人とだから結婚したいと思ったことが、結婚を意識するきっかけになります。

【参考記事】はこちら▽


反対に、結婚したくないと思ってしまう人の理由とは

ある程度の年齢になると「老後寂しいかな」などの理由から、結婚したいと考える人が多い一方で、人によっては結婚したくないと思う人も。なぜ結婚したくないと思ってしまうのか、理由を見てみましょう。


結婚したくない理由1. 自由に使えるお金や時間が減りそうだから

独身の間は、生活費以外のお金は基本的に自分の思い通りに使えます。プライベートの時間も自分の思うようにできるため、基本的に自由です。

しかし、結婚するとお金の使い道は夫婦で話し合って、時間はお互いに配慮しながら決めなければなりません。

独身が長い人ほど、お金や時間での自由が制約されることを想像すると、結婚したくないなと感じがちです。


結婚したくない理由2. 理想的な異性に出会えていないから

たとえ結婚願望があったとしても、相手が誰でもいいわけではありません。一生を添い遂げる相手だからこそ、慎重に選びたいと考える人は多いでしょう。

結婚相手に思い描く理想と違っていることで、彼氏や彼女がいても結婚は考えられない人も多いです。

結婚相手としての理想像に合う異性に出会うまでは結婚したくないと考えています。


結婚したくない理由3. 結婚に対するイメージが良くないから

ある程度の年齢に差し掛かると結婚を考える人は多いですが、周りに何と言われようと結婚はしたくない人もいます。

両親や自身の過去の家庭不和や離婚などから、結婚に対していいイメージを持っておらず、どうしても結婚したいと思えません。

結婚に対してポジティブな気持ちになれず、たとえ独身で寂しい老後になろうとも結婚したくないのです。


結婚したくない理由4. まだまだ遊んでいたいと思っているから

結婚するということは、一人の異性と添い遂げるということなので、浮気は許されません。将来的には結婚したくても、まだまだ一人の異性に縛られたくないなと感じているなら、結婚はもう少し先でいいかなと思ってしまいます。

結婚することの意味を理解しているからこそ、まだまだ遊びたい自分にとって結婚はもう少し先でいいと思ってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


【男女共通】恋人と結婚したいと思った時にとるべき行動とは

今付き合っている彼氏や彼女がいる人なら、結婚を意識するタイミングや結婚したいと思う瞬間が少なからずあるでしょう。

最後に、恋人と結婚したいと思った時、どのような行動をしてみるべきなのかを解説していきます。


行動1. 結婚したいアピールをする

彼氏や彼女と結婚したいと思っているなら、日常会話の中で結婚や子供の話題を増やすなど、さりげなくアピールしていきましょう。

自然に話題にすることで、相手が結婚後の生活をイメージしやすくなり、具体的な結婚話に結び付きやすくなるでしょう。

直接「早く結婚したい」と言うとプレッシャーを与えすぎてしまいますが、自然な会話の流れであれば心理的負担が少なく結婚について話せます。


行動2. 節約して貯金しておく

彼氏や彼女と結婚したいなら、結婚に必要な資金を用意しておくことも大切です。結婚には、結婚式や新婚旅行、新居や家具家電購入など、たくさんのお金がかかります。いくら結婚したい気持ちがあっても、先立つものがなければ結婚式すら満足にできません

新しい生活をスムーズにスタートさせるためにも、節約して結婚資金を貯金しておきましょう。


行動3. 同棲をしておく

結婚を意識した付き合いを彼氏や彼女としたいのなら、生活を共にしてみましょう。仕事以外の時間を一緒に暮らすことで結婚生活を想像しやすくなります。

また、周囲の人にも同棲していることを伝えておくことで、結婚を考えていることのアピールにもなるでしょう。

彼氏や彼女と同棲をすることは、結婚準備の第一歩です。

【参考記事】はこちら▽


行動4. お互いの両親へ挨拶を済ませておく

現在の恋人と結婚したい気持ちが固まっているなら、お互いの両親へも紹介しておくことが大切です。

真剣に付き合っている相手がいることがわかれば、親も安心してくれます。また、挨拶することで具体的な結婚話を進めやすくなるでしょう。

結婚をしっかり考えているなら、お互いの両親へ結婚することを挨拶を忘れずに。ただ、結婚を決めてからじゃないと会いたくないという両親の意見もあるので、それは各家庭の意見を参考にしてみてくださいね。


結婚したい理由を明確にしてみよう。

結婚したい理由は、人によって異なるものです。結婚したいなと考えている人は、どう行動すればいいのか迷うこともあるでしょう。

「今の彼氏や彼女と本当に結婚できるかな」と不安もあるかもしれませんが、不安に思うだけでなく、貯金や同棲など具体的に行動することが大切です。

結婚したい理由やしたくない理由は人それぞれですが、自分や恋人の気持ちを大切にしながら、後悔のない選択をしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事