お金持ちに学ぶ”お金の使い方”とは?年代別に最適な使用方法も解説

お金がなかなか貯まらないのは、お金の使い方に問題があるって知っていましたか?本記事では、お金の使い方の基礎から、お金持ちに学ぶ正しいお金の使い方、年代別で最適なお金の使い方を大公開!さらに、使うのが下手な人の特徴や、参考になるおすすめの本まで紹介してきます。

お金の使い方の正解って、わからないですよね。

お金持ちに学ぶ”お金の使い方”

生きていく上で切っても切り離せない、お金の話。正しいお金の使い方がわからず、お金を浪費してしまっているという人も多いはず。

一体どうすれば、有意義なお金の使い方ができるのでしょうか。

本記事ではお金の使い方の基礎や、お金持ちに学ぶお金の使い方について解説していきます。正しいお金の使い方がわからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。


前提としてお金の使い方の基礎は「生きたお金」を使うこと

生きたお金の使い方とは、お金を使ってもなくならないものに変えるということです。

自分自身の成長や人間関係のためにお金を使えば、お金そのものは減るものの、今後の人生に役立つ何かしらの財産を得ることができます。

お金を無駄に浪費するのではなく、お金で新たな価値を生み出すことこそが生きたお金の使い方です。


お金持ちから学ぶ!正しいお金の使い方

ほとんどのお金持ちは、無駄なお金を使わないが故にお金持ちになっています。お金持ちは一体どんなことにお金を使っているのでしょうか。

ここでは、お金持ちに学ぶ正しいお金の使い方について紹介していきます。


お金の使い方① 自己成長を優先してお金を使う

自己成長は人生をさらに豊かにすることに繋がります。

娯楽のためだけにお金を費やすのではなく、自己啓発本をたくさん買って読み漁るなど、常に自己成長を意識しているのがお金持ちの特徴です。

お金持ちになりたいのであれば、純粋にお金を稼ぐ方法を考えるだけでなく、稼いだお金を自己成長のために使うのも大切です。

【参考記事】はこちら▽


お金の使い方② 大切な人間関係にお金を費やす

お金持ちは人間関係が人生を豊かにするということを心得ています。

身近な例で言えば、友達や知り合いとの食事に頻繁に出掛けるなどの心掛けが大切です。人間関係が広がることで、新たな挑戦やビジネスを始めるきっかけも生まれてくることも。

人間関係にお金を費やすことで人生は豊かになり、さらにお金を増やすきっかけを見つけることもできるでしょう。


お金の使い方③ 人を喜ばせることにお金を使う

人を喜ばせると、それは必ず良い形で自分に返ってきます。

見返りなど望まなくても、感謝を得ることでより良い人間関係を築けます。また次は相手があなたのことを喜ばせたいと思ってくれることで、お互いに幸せな気持ちになれるでしょう。

人を喜ばせるためにお金を使うということは決して無駄なことではなく、生きたお金の使い方と言えます。


お金の使い方④ 健康でいるために使う

いくらお金を稼いで幸せになったところで、重い病気になってしまったらたちまち不幸な人生を歩むことになってしまいます。

いつまでも幸せでいるために、自身の健康にはできるだけ投資した方が良いでしょう。

毎日の食事から定期的な健康診断、自身の健康維持にお金を使うことで幸せな人生をより長く歩むことができますよ。


お金の使い方⑤ 使うべき時に大きなお金を使う

大きな買い物をする際は、その買い物の真の目的を考えるのが大切です。

例えば仕事のためにパソコンを買いたいと思った時、ハイスペックなパソコンを買って仕事の効率化が図れるのであれば、それは良い買い物と言えます。

買い物をすることでどんな見返りがあるのかをよく考え、使うべき時に大きなお金を使うのがお金持ちです。


お金の使い方⑥ 人の知識を集めて物を買う

物を買う際はきちんと情報を集め、値段に見合ったより良い物を買うことが大切です。

お金持ちほどきちんと情報を集め、正しい買い物をしています。良い買い物をするためにも、他人からの情報を得ることが大切。

人の知識をたくさん集めることで人生における無駄な買い物は少なくなり、お金持ちへの第一歩を踏み出せます。


お金の使い方⑦ 時間のためにお金を使用する

「Time is money(時は金なり)」ということわざがあるように、人生における時間はとても貴重なものです。

お金持ちの社長が電車ではなくタクシーを使うのも、お金以上に時間の方が大事だと心得ているからだと言えます。

人生における時間は有限であり、お金で買える時間は積極的に買うのがお金持ちです。


【年代別】20代〜40代のに最適なお金の使い方

正しいお金の使い方は、年代によって異なります。お金の使い方が上手な人ほど、今の自分に最も合ったお金の使い方をしています。

ここでは、年代別(20代〜40代)の最適なお金の使い方について紹介していきます。


① 20代に最適なお金の使い方

20代の若いうちは、自分自身のスキルを磨くためにお金を使うのが正しいお金の使い方と言えます。

磨いたスキルは今この瞬間に役立たなくても、今後の長い人生において役立つ時がくるかもしれません。

資格や新しい知識、とにかく自分自身のスキルを磨くことで、今後の人生がより豊かで充実したものになっていきます。

【参考記事】はこちら▽


② 30代に最適なお金の使い方

30代であれば、将来に関わる人間関係にお金を使うことが大切です。

既に身の回りにいる人との人間関係を深めるも良し、新たなチャレンジをして人間関係をさらに広げていくのも良し。人間関係のために使うお金は惜しまないようにしましょう。

人間関係をより豊かにすることが、人生よりを豊かにすることに繋がりますよ。

【参考記事】はこちら▽


③ 40代に最適なお金の使い方

40代ともなれば老後のことも意識しだす年代でもあり、計画的なお金の使い方が求められます。

将来を見据えた際にまず大事になってくるのが貯金です。社会人であればそれなりの給料をもらえるようになっている年代でもあるので、お金を娯楽に費やすのではなく、貯金に回すという選択も大切。

働き盛りに蓄えた貯金が、今後の人生に安定をもたらしてくれます。


反面教師にしよう!お金の使い方が下手な人の特徴

生きたお金の使い方を知りたいのであれば、逆に下手なお金の使い方についても知っておき、反面教師にすることも大切です。

下手なお金の使い方とは、一体どんなものがあるのでしょうか。

ここでは、お金の使い方が下手な人の特徴について紹介していきます。


特徴① 買うことに満足する性格

買い物の目的はお金を使うことではなく、買ったものから何らかのメリットを得ることです。

確かに買い物をすると購買意欲が満たされ幸せな気持ちになりますが、それは一時的なものであり、時間が経てばゼロに戻ります。特に大きな買い物をする時ほど、買い物の真の目的を考えることが大切です。

買うという行為だけに満足する性格は、下手なお金の使い方の典型的な例と言えます。


特徴② 身の丈に合わない買い物をする

必要以上の高価な買い物は、自分の貯蓄をすり減らすだけです。

ブランド品や高級車は所有することで大きな満足感を得ることができますが、対価として大きなお金を支払うことになります。

身の丈に合わないけど「欲しい」という気持ちが先行してしまい、破綻してしまうという話も珍しくありません。

身の丈に合わない買い物は、これからの日々の生活を苦しくするだけですよ。


特徴③ ギャンブルにお金を費やす

ギャンブルは続ければ続けるほどお金が減っていくというのが基本です。

たしなむ程度の娯楽としてならまだしも、辞められないほどハマってしまうと若いうちから借金を背負うなんてこともあり得ます。特に一発逆転を狙ってギャンブルに大金を使うというのは、愚の骨頂です。

お金の使い方が下手な人ほど、ギャンブルなどでお金を無駄に浪費してしまう傾向にあります。


特徴④ 目的がなく、セールの言葉に釣られやすい

目的のない買い物は、貯金をすり減らすだけです。

セールという言葉に釣られやすい人ほど、買い物をする真の目的を忘れがちなので要注意。いくらセールで安くなろうとも不要なものは不要であり、買う必要はありません。

セールという言葉だけで買い物をしたくなってしまう性格の人は、無駄な買い物をしてしまうことが多いです。


特徴⑤ 節約思考で全くお金を使おうとしない

無駄遣いはよくありませんが、全くお金を使わないのでは人生を有意義なものにすることができません。

特に自己投資にすらお金を惜しんでしまう人は、いつまで経っても成長できず現状の自分のままです。人生を有意義なものにするためにも、必要なことにはお金を使うという気持ちも大切。

極度の節約思考は、人生における可能性を狭めてしまいます。


特徴⑥ 自分へのご褒美が多い

自分へのご褒美とは、普段ならお金を払わないようなものにお金を払うということです。

「今日くらいは大丈夫」と自分を甘やかすのは自己抑制ができない人の特徴でもあり、自分へのご褒美を辞めない限りお金も思うように貯まっていきません。

お金の使い方が下手な人は、自分へのご褒美を言い訳に無駄なお金を頻繁に使おうとします。


特徴⑦ 収入と貯蓄のバランスを計算せずにお金を使う

身の丈に合ったお金の使い方ができない人ほど、貯蓄が増えていきません。

お金の使い方が下手な人は自分の気持ちを優先してお金を使おうとするため、お金の使い方に関して後先考えない傾向があります。収入と貯蓄のバランスを考えていないため、貯蓄を上手く増やすことができません。

身の丈に合ったお金の使い方ができないのは、お金の使い方が下手な人の典型的な例でしょう。


上手いお金の使い方がわかるおすすめの本4冊

上手なお金の使い方は、本からも学ぶことができます。ここでは、上手なお金の使い方がわかるおすすめの本について紹介していきます。

お金の使い方についてより深く学びたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。


おすすめの本① 『デキない人のお金の使い方 デキる人のお金の使い方』柴田 博人 (著), 竹松 祐紀 (著)

デキない人のお金の使い方 デキる人のお金の使い方

お金を「使う」ことで「増やす」方法について解説した本です。

青年実業家として成功した2人の著者がお金の使い方について語っており、お金を使って人生を変える方法を学ぶことができます。

「生きたお金の使い方」についてより深く知りたいという人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本② 『投資家が「お金」よりも大切にしていること』藤野 英人 (著)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家でもある藤野英人氏が「お金の本質」について解説しています。

お金をたくさん稼いでいる人のお金に対する考え方を学ぶことができます。

著者も「10代、20代に読んでもらいたい」と語っており、これから社会に出てお金を稼ぐ若い世代の人達にもおすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本③ 『人生が変わる! 賢いお金の使い方』逢坂 ユリ (著)

人生が変わる! 賢いお金の使い方 (SB文庫)

「みのもんたの朝ズバッ! 」でもお馴染みのコメンテーター、逢坂ユリ氏の著書です。

人生をより豊かにするためのお金の使い方が解説されています。誰にでも簡単に実践できるものばかりで、すぐにでも試してみたくなるはずです。

お金の正しい使い方がわからないと悩んでいる人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本④ 『お金持ちにはなぜお金が集まるのか』鳥居 祐一 (著)

お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか MILLIONAIRE BIBLE (PHP文庫)

「お金は使えば使うほど増える」というキャッチコピーが特徴的な本です。

学び・体験・人脈など、どんなことにお金を使えばお金を増やすことができるのかが解説されています。

「お金は使えば使うほど増える」という言葉が理解できない人は、ぜひ最後まで読んで欲しい一冊です。

Amazonで詳細を見る


正しいお金の使い方を学んで人生を豊かにしていきましょう。

お金の話は生きている限り、誰しもが真剣に向き合わなくてはいけない問題です。

とは言え正しいお金の使い方は1つではないため、何が正解なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、本記事で紹介したような「生きたお金の使い方」が実践できれば、人生はより豊かなものになっていくはず。お金の使い方に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事