仕事で成長する/しない人の違いとは?努力して仕事を速くする方法を紹介

仕事で成長が早い人といつまでも成長しない人っていますよね。そこで今回は、成長する人、成長しない人の特徴から、成長スピードが遅い原因や飛躍的に成長する方法まで詳しくご紹介します。成長して仕事ができる人になるためにも、ぜひ参考にしてみてください!

成長する人と成長しない人の徹底的な違いを解説!

仕事で「成長する人」と「しない人」の違い

仕事で成長が早い人もいれば、反対にいつまでも成長しない人っていますよね。自分がちゃんと成長できているのか、気になっている人も多いでしょう。

そこで今回は、成長する人と成長しない人の特徴から、飛躍的に成長する方法までを解説します。

今記事を参考に、成長して仕事ができる人になって、さらに活躍するためのヒントを手に入れましょう!


どんな人?仕事で成長する男女の特徴10個

どんな職場にも、飲み込みが早いためにどんどん成長していく人はいるものです。どうせなら、自分も成長する人になりたいですよね。

ここでは、仕事で成長する人に共通する代表的な特徴を10個ご紹介します。


成長する人の特徴1. 志が高く、夢や目標を明確に設定している

夢や目標を明確にし、自分の中で心に決めている人はモチベーションを維持しやすい傾向があります。

仕事で成長する人はそんなモチーベションをあげるための方法を理解しているため、より達成感を味わえるような大きな理想を持っていることが多いです。

そんな夢や目標に向かって直近では何をするべきかという具体的な過程も立てているため、着実に成長することができるのが特徴。


成長する人の特徴2. 素直な性格で人のアドバイスや助言をしっかり聞き入れている

どれだけ仕事ができて立派な人でも、欠点やウィークポイントは誰にでもありますよね。

ミスや欠点を、周りにさらけ出すのが怖いと感じている人も多いと思いますが、仕事で成長できる人は素直な性格をしていることが多いです。

そのため、人から指摘されたり、アドバイスされたりする時にそれを素直に聞き入れ、成長するためのきっかけにすることができ、欠点を改善する機会も多くなるという特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


成長する人の特徴3. 洞察力に優れ、優秀な人をロールモデルにしている

成長が早い人は、人の良いところを真似し、自分に取り入れて活用することができるという特徴があります。

視野が広く洞察力に優れているため、成長につながるようなお手本を探すのも上手く、自分の中でロールモデルになる人を設定していることも多いです。

トラブルがあっても「優秀な人ならどうするか」という冷静な考えができることもあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


成長する人の特徴4. 目標達成するために、日頃から努力を怠らない

仕事の成長が早い人は、誰から見てもわかりやすく、華やかな活躍をして目立っていることも多いはず。

運の良さや、持って生まれた能力ばかり注目されがちですが、目標達成のために、他人の目に見えないところで勉強をするなどの努力を怠りません。

少しずつでもコツコツと成長することで、大きな成果に結びつけています。

【参考記事】はこちら▽


成長する人の特徴5. 人や物事に対して興味や関心が強い

人のことを気にせず視野が狭くなってくると、自己中心的な考えが強くなり、他人のための努力が嫌になってきます。

それに対して成長が早い人は、職場の周囲の人に対する配慮やサポートを忘れず、そのための努力も惜しみません。

そのため結果的に仕事をこなす量が増えて、一般的な人よりも飛躍的に成長することができるという特徴があります。


成長する人の特徴6. 自分の弱点や苦手部分を自覚し、改善できる

成長する人は、何かまずいことをしてしまったり、失敗したりするとそれを素直に認めることができるのも特徴の一つ。

そしてそこから悩んで終わるのではなく、改善するにはどうするべきかをしっかり考え、努力します。

そうすることで、自分の苦手分野を減らしていくことで、さらに自信をつけ、周りからの信頼も厚くなっていくでしょう。


成長する人の特徴7. 視野が広く、物事を俯瞰して見れる

仕事で成長できる人は、行き当たりばったりの判断をせず、いつも冷静でバランスがとれた判断をすることが可能です。

視野が広く、どんなことに対しても客観的な視点を忘れないので、俯瞰して最適な判断を下せるという魅力的な特徴を持っています。

トラブルや想定していないことが発生しても、あたふたせず、落ち着いた判断を下すことができるでしょう。


成長する人の特徴8. 思考するだけでなく、実際に行動へと移せる

勉強や準備は着々と進められても、意外と行動へ移せる人は少ないものです。

しかし、仕事で成長する人は考えているだけでは何も結果が出ず、行動に移さなければ意味がないという考え方を持っていることが多いでしょう。

失敗やミスをしても、一つの経験をしたと捉え、そこから成長につなげようとすることもできます。


成長する人の特徴9. 人との約束は絶対に守る

いくら仕事ができる優秀な人でも、小さな約束を守らない人は信頼を得られません。

成長する人は、仕事をする上で助け合える職場の人間関係が何より大事だという考え方をしていることが多いです。

そのため、信頼関係を崩すような遅刻をしたり、約束していた予定をすっぽかしたりといったことは、絶対にしないという特徴があります。


成長する人の特徴10. メンタルが強く、どんな逆境でも最後まで諦めない

成長できる人は、過去のことに悩みすぎたり、うじうじしたりする時間が何も生み出さないということを理解しているもの。

いつもメンタルを強く保ち、失敗やミスをしても最後まで諦めないという特徴があります。

たとえ最終的に成功しなくても、粘り強く立ち向かうことで多くの収穫をつかみ、成長につなげることも得意です。

【参考記事】はこちら▽


違いは何?いつまでも成長しない人の5つの特徴

成長する人は、一旦成長するサイクルに入るとどんどん伸びていく傾向にあります。反対に、いつまでも成長しない人も残念ながら一定数いるもの。

続いては、そんないつまでも成長しない人の5つの特徴をご紹介します。成長が速い人との違いは何なのか、比較してみてくださいね。


成長しない人の特徴1. 責任感が弱く、すぐ人や環境のせいにする

成長しない人は、どんな仕事や環境においても、当事者意識が薄いという特徴があります。

いつも他人が言われたことしかやろうとせず、自分でなにかを改善しようとする動きを取りません。

そのため、良い結果にならないことや、自分がやりがいを感じられないことは、他人や環境のせいにしてしまうという傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


成長しない人の特徴2. 分からない事をそのままにする

成長が早い人は、いつも自分にとってプラスになる能力の伸びしろを探しているもの。

それに対し、成長しない人は、わかりやすい成長の機会に対しても鈍感で、ついつい見逃してしまいがちです。

分からないことや知らないことを、知ったかぶりしてしまって放置してしまうという傾向があり、改善することが苦手だという特徴があります。


成長しない人の特徴3. プライドが高く、周囲へアドバイスや助言を求められない

お手本となる人がたくさんいる恵まれた環境に置かれても、うまく自分に活かせないのも成長しない人の特徴の一つ。

変なプライドが邪魔をし、素直に周囲へ助けを求めたり、アドバイスを求めることができません。

結果的に、既に自分一人で問題なくできることしかやらないため、伸びしろを見つけられないという傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


成長しない人の特徴4. 少しでも困難にぶつかるとすぐ投げ出してしまう

成長しない人は、チャレンジをした回数が一般的な人よりも少ないため、失敗やミスに対する耐性がありません。

そのため、ちょっとしたトラブルが発生すると、どうしていいかわからなくなり逃げてしまうこともしばしば。

若いうちに失敗を経験せずに逃げ続けているため、それが習慣になってしまっている場合もよくあります。

【参考記事】はこちら▽


成長しない人の特徴5. 自己分析が苦手で、同じ失敗やミスを繰り返してしまう

誰にでも苦手な分野や、努力してもできるようにならないことは多少あるものです。

成長しない人は、自己分析が苦手なため、自分ができることが何かを把握していない特徴があります。

そのため、同じ失敗やミスを繰り返すことで自己嫌悪に陥り、「自分は何もできることがない」という気になってしまうこともよく見られるケースです。


なかなか飛躍できない理由は?成長が遅い人に見受けられる主な原因

自分が成長している感覚が得られず、悩んでしまっている人も多いでしょう。

ここでは、成長が遅い人に見受けられる、飛躍できない理由を5つご紹介します。当てはまっていることがあれば、改善につなげましょう。


成長が遅い原因1. 復習や見直す習慣がないから

チャレンジをした後の結果は結果として、すぐに切り替えて忘れることは悪いことではありません。

しかし、どんな結果でも反省点や見直すべきところがあるはずです。

何が足りなくて、次はどう改善するかといった振り返りや自己分析をしていないことが、成長につながらない原因となってしまっているケースはよく見られます。


成長が遅い原因2. 目的を持って仕事に励めていないから

「今月中に何かを達成する」といった具体的な目的を持たず、惰性で仕事をしてしまっているのも成長しない大きな原因の一つ。

目的を持たずに仕事してしまうと、自分の能力がどの程度であるのかの判断もつきにくくなってしまうでしょう。

そのため、どんな結果がでても「このくらいか」といった感情にしかならないため、なかなか成長ができなくなります。


成長が遅い原因3. モチベーションや成長意欲がないため

単純に仕事はやらされるものだという感覚で、嫌々でしか取り組めていないという可能性もあります。

そもそものモチベーションが低く、「こんな風になりたい」という成長意欲がないため、仕事に身が入っていない状態です。

業務中は、ただ耐えるだけの時間になってしまうので、なかなか成長しない原因の一つになります。


成長が遅い原因4. 受動的で言われた事を作業としてこなしているから

成長が遅い人は、自分の頭で思考して仕事をこなすことがありません。

そのため、業務の本当の意味を理解せず、単なる作業だという考え方のため、楽しみを見つけられていない状態になっていることが多いです。

前向きに取り組めていないことが、成長が早い人と全く同じ仕事をしても、本人のスキルや能力に繋がりにくい原因となっています。


成長が遅い原因5. 努力が足りていない、もしくは努力の方向性が間違っているから

しっかりとした目標や目的を持って仕事しているはずなのに、なかなか成長しないこともあります。

その場合は、努力の量が不足しているか、やり方を完全に間違えてしまっているという可能性も。

独りよがりになって視野が狭くなり、周りが見えていない時に勘違いしていることに気がつかず、陥ってしまうケースの一つです。


長所をぐんぐんと伸ばして成長する方法とは

同じ仕事をやるのであれば、当然ながら成長が早い方が良いと思いますよね。どんな状況からでも、成長を早める工夫をすることは可能です。

ここでは、自分の長所を伸ばして成長していくための方法を7つご紹介します。


成長する方法1. 自分から主体性を持って行動することを心がける

どんな結果が起きても、周りが思うように動いてくれなくても、自分の責任だと思うことから始めましょう。

主体性を持つことで、自分の能力も冷静に判断できて、意味のある努力をすることができるようになります。

また、「より良い結果をだすにはどうするべきか」と考える癖がつき、アクティブに動けるようになるでしょう。


成長する方法2. 仕事が出来る人や優秀な先輩の行動や仕事術を真似てみる

自分の能力が完全には足りていないことを素直に認め、改善につなげることも必要です。

周りをよく見渡せば、優秀な人や、素晴らしい能力を持った人がいることに気がつきます。

近い環境で結果を出している人の仕事術や行動をどんどん盗んで取り入れることで、効率的に自分の能力が上がっていくことを実感できるでしょう。


成長する方法3. 「なぜ成長したいのか?」「どんな人材になりたいのか?」目標を明確にする

しっかりと目的を持っていないと、自分の努力が足りなかったのか、目標が高すぎたのかという判断ができません。

まずは自分が成長したい理由や、どんな人材になろうとしているかを明確にしておきましょう。

そうすることで、たとえ失敗してもポジティブに捉えられるようになります。


成長する方法4. 失敗した時はしっかりと原因を分析して、次への糧に変える

よくない結果を悲しんで、残念がるだけでは何の意味もありません。

失敗したということは自分の弱点が明らかになったということだと思って、しっかり原因を分析して改善し、ステップアップしていきましょう。

同じような状況は必ず後になっても現れるので、その時に成長を実感することができ、大きな自信になります。


成長する方法5. どんなに辛い状況でも最後まで諦めない

たくさんチャレンジをしても、すぐに諦めてしまっては、時間の無駄に終わってしまいます。

挑戦を続けていく以上、多くの困難がつきまとうこともありますが、最後まで諦めずにやってみることが大切

本気でやってみた結果の失敗は、程よく悔しさが残るので、改善しようというモチベーションも上がりやすいためおすすめです。


成長する方法6. 勉強や読書をして、思考力を高める

闇雲に行動力を増やして努力することも重要ですが、知識や思考力といった、内面を向上させることも重要。

自分で考える癖をつけて、判断力や分析力が上がると、成長のスピードも向上する傾向にあります。

よって、ノウハウを教えてくれるセミナーに参加したり、テーマにあった本を読むなどの努力も並行して行いましょう。

【参考記事】はこちら▽


成長する方法7. チャレンジ精神を持ち、新しいことへ果敢に挑戦する

まずは準備が不完全な状態であっても、手と足を動かして実行に移してみることが何より大事です。

多少は能力が足りないと思っても、チャレンジしている最中に、自然と必要な能力が身についていくこともあります。

経験を重ねることが一番の成長になるので、果敢に挑戦する心をいつでも忘れないようにしておくといいでしょう。


目的を見つけて、成長スピードをあげていこう!

成長が早い人と遅い人の特徴や、成長するための方法についてご紹介しました。

なかなか成長が感じられなくて、焦っている人も多いでしょう。

それでも、一旦素直な気持ちに立ち戻って、自分を分析し、謙虚に頑張れば必ず結果はついてきます。

こちらを参考にしてどんどん成長し、さらに魅力的な人材になってください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事