人が怖いと感じる心理と原因|恐怖心を抱きやすい人の特徴&克服方法とは

人が怖いと感じる方へ。今記事では人が怖いと感じてしまう原因や心理から、人が怖いと感じるのを克服する方法まで詳しくご紹介します。さらに、人と会話する際のコツも合わせて解説。対人に対して恐怖心がある方は、ぜひ参考にして克服してみましょう!

人が怖いと感じるのはどうして?

人が怖いと感じる心理と原因

仕事や人間関係のトラウマ、人が怖いと感じる原因は人それぞれです。人が怖いという気持ちは、他人に話してもわかってもらえないことが多いですよね。

しかし、人が怖いという感情は、原因を突き止め対処することで消し去ることが可能です。

そこで本記事では、人が怖いと感じる原因や対処法について解説していきます。人が怖いという感情を克服して、前向きな人生を歩みましょう。


きっかけは何?人が怖いと感じてしまう原因とは

人が怖いという感情に対処するためには、まずはその原因を突き止める必要があります。人が怖いという感情は、一体どこからくるのでしょうか。

まずは、人が怖いと感じてしまう原因について解説していきます。


人が怖い原因1. 心配性で嫌われたらどうしようと思っているから

嫌われたらどうしようというネガティブな気持ちは、人付き合いが苦手な多くの人に共通する心理です。

「これを言ったら嫌われそう…」「こうしたら怒られるかな…」というマイナスな感情が、人と接することへの恐怖心へ繋がっていきます。

心配性で相手の気持ちを考え過ぎる人は、人が怖いと思ってしまう傾向にあります。


人が怖い原因2. 緊張して何を話せば良いか分からないから

人と話すたびに緊張するという人は、コミュニケーションが苦手なことが多いです。

何を話したら良いのか分からないという感情が、人と話したくないという感情に繋がります。この場合人と話すことに慣れない限り、恐怖心を克服することができません。

人が怖いと思う人には、人と会話をするのが苦手という人が多いです。

【参考記事】はこちら▽


人が怖い原因3. いじめや嫌がらせを受けたり、友達に裏切られたりなど、人間関係にトラウマがあるから

人間関係のトラウマは、人が怖いという感情に繋がります。

いじめや嫌がらせ、友達の裏切りなどを何度も経験すると、人を信用するのがだんだん怖くなってしまいます。人を信用した結果、また裏切られるのが怖いという心理状態です。

人間関係のトラウマで人が信じられないという気持ちになり、人が怖いと思ってしまう人はたくさんいます。


人が怖い原因4. 初対面の人の場合、相手の性格や価値観が全く読めないから

性格や価値観が全く読めない相手とは、どう接して良いのか分からないものです。

多くの人は初対面の相手であっても性格や価値観を探り探り接していくのですが、コミュニケーションが苦手な人にとって、正体の分からない初対面の相手には恐怖心すら感じてしまいます。

初対面の人との接し方が分からないというのも、人が怖いと感じてしまう原因の1つです。


人が怖い原因5. 職場の人が怖い場合、仕事でミスが多かったり、怒られたりする機会が多いから

よく怒られる相手に恐怖心を感じるというのは、人として当たり前の感情です。

会社でミスをしてよく怒られるという人は、失敗したらどうしようという気持ちが段々と大きくなっていく傾向が強いです。次は失敗できないというストレスが、職場の人とのコミュニケーションに対する苦手意識に繋がります。

特に怒られることに対してネガティブな捉え方をしている人は、職場の人が怖いという気持ちになりがちです。


人が怖い原因6. 自己肯定感が低く、自分に対して自信がないから

自分に自信がない人は、常に他人と自分を比較し、他人がとても大きな存在に見えてしまいます。

自分は他人よりも下という気持ちを抱き続けることで、人と接するのが怖くなります。自分で自分を褒めてあげられないことが、他人に対する劣等感を強めていきます。

自己肯定感が低い人は他人と自分を比較するのが癖になってしまい、人に対して恐怖心を抱きがちです。

【参考記事】はこちら▽


心の中ではどんな事を思ってるの?人が怖いと感じている人の心理

人が怖いという気持ちは、なかなか他人に理解してもらうことができません。では、人が怖いと思う人は、心の中でどんなことを思っているのでしょうか。

ここでは、人が怖いと感じている人の心理について解説していきます。


人が怖い人の心理1. 当たり障りのない会話で場を乗り切りたい

人が怖いと思っている人は、仕事でもプライベートでも会話はなるべくしたくないと思っています。

苦手な人や初対面の人と深い話をしたくないという感情から、当たり障りのない会話をしがちです。天気の話や社交辞令など、誰とでもできる無難な会話のネタを選択する傾向にあります。

人との会話を乗り切るために当たり障りのない話をしたいというのが、人が怖いと思う人の心理です。


人が怖い人の心理2. 自分の本音を悟られたくない

ネガティブな気持ちは、人に知られたくないと思うものです。

相手に自分の中にあるネガティブな気持ちを晒したくないので、それを必死で隠そうとします。会話中も、自分の真の気持ちを相手に隠すのに必死です。

人が怖いと思う人は常にネガティブな気持ちを抱いているため、自分の本音を悟られないようにしています。


人が怖い人の心理3. なるべく人と関わりたくない

人が怖いと思う人は、基本的に他人とコミュニケーションを取るのが苦手です。

他人とコミュニケーションを取るのはストレスであるため、常に自分の殻の中に閉じ籠っています。自分の殻の中に閉じ籠ることで、自分自身のことを守ろうとしているのです。

他人とのコミュニケーションを避けるために人と関わらないようにするというのも、人が怖いと思う人の1つの心理です。


どんな人が陥りやすい?人と接するのが怖いと感じやすい人の特徴

人と接するのが怖いと感じる人には、いくつかの特徴があります。どんな性格の人が、人と接するのが怖いという感情を抱きやすいのでしょうか。

ここでは、人と接するのが怖いと感じやすい人の特徴について紹介していきます。


人が怖い人の特徴1. 控えめな性格で自己主張が得意じゃない

自己主張が苦手な人は、集団の中での生活を息苦しいと感じがちです。

他人に対して思ったことを言えないという状況が、次第にストレスに繋がっていきます。人と一緒にいるよりも、一人でいた方が楽だと思うことでしょう。

控えめな人は他人に対して自己主張ができず、人と一緒にいることが苦痛だと感じてしまう傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


人が怖い人の特徴2. 警戒心が強く、人をなかなか信じられない

人をなかなか信じられない人は、他人に対して常に距離を置こうとします。

いわゆる人間不信と呼ばれるもので、常に他人のことを警戒し、他人と深い関係になることを拒みがちです。相手を信じた結果、相手に裏切られるのが怖いという心理が隠されています。

人が怖いと思う人は、他人を常に警戒する人間不信の状態にあることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


人が怖い人の特徴3. 集団生活が苦手で単独行動を好む

人が怖い人にとって、集団行動は特に苦痛です。

集団生活をしているとストレスを感じてしまうので、基本的に単独行動の方が楽だと思ってしまいます。

しかし、常に一人で行動している分、いざ他人と関わろうとした時にどうやって接したら良いのかが分からなくなってしまいます。

単体行動を好む人は人と接する機会が少ないため、人が怖いという気持ちを抱きやすいです。


人が怖いと感じるのを改善して克服する方法とは

人が怖いと自覚しているのであれば、何とかしてそれを克服したいと思うもの。

人への恐怖心を克服できれば、よりポジティブな毎日を過ごすことができるようになります。

ここでは、人が怖いという感情への対処法について解説していきます。


克服方法1. 人と話す機会を意図的に増やして会話に慣れる

会話は場数を踏むほど上達するものです。

人と話せないほど会話が苦手でも、会話への慣れで克服することができます。人と会話をすることに対して苦手意識がなくなれば、人が怖いという感情も自然となくなるはずです。

普段から人と話をする機会が少ないという人は、積極的に人と話をするようにして会話に慣れましょう。


克服方法2. 友達などにあえて自分の弱みやコンプレックスを打ち明けてみる

人が怖いという悩みを自分だけで抱えていると、人への恐怖心は増すばかりです。

自分の悩みを人に打ち明ければ、気持ちは自然と楽になります。また、悩みを聞いた友達が親身になってアドバイスをしてくれるかもしれません。

人が怖いという弱みやコンプレックスは、他人に打ち明けることで解決する可能性もあります。


克服方法3. 日頃から本音を話すなど、自己主張する習慣をつける

自己主張ができないと、集団の中にいることが苦痛と感じてしまいます。他人に対して本音を話せないという気持ちは、他人と接することがストレスだという気持ちに繋がりがちです。

しかし、自己主張をする力は、日頃から本音で話すことを心掛けることで養うことができます。

日頃から本音で話すことで、集団の中にいても人が怖いという気持ちはなくなっていくはずです。


克服方法4. 小さな成功体験を重ねて自己肯定感を高める

自己肯定感があれば、他人と自分を比較することがなくなります。

他人と自分を比較しないことで、堂々と人とコミュニケーションを取ることが可能です。小さな成功体験を積み重ねて、自己肯定をできるようになることが大切。

他人と堂々とコミュニケーションが取れるようになるためにも、自己肯定に繋がるような経験を積極的に積みましょう。

【参考記事】はこちら▽


克服方法5. 何でも打ち明けられる親友を作る

何でも話せる親友がいれば、人が怖いという悩みも打ち明けることができます。

悩みを打ち明ければ、気持ちも楽になるもの。また、親友とのコミュニケーションを通じて人との会話に慣れることもできるはずです。

親友を作り、悩みを打ち明けられるような関係になれば、人が怖いというコンプレックスを解決することにも繋がります。

【参考記事】はこちら▽


人と話すのが苦手な人必見!簡単に実践できる会話のコツとは?

会話のコツを掴めば、人とのコミュニケーションも苦にならなくなります。最後に、誰にでも簡単に実践できる会話のコツについて紹介していきます。

人と話すことに苦手意識のある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


コツ1. しっかりと相手の目を見て話すことを意識する

相手の目を見て話すのは、会話における基本中の基本です。

会話の相手も、あなたが目を見てくれていれば、しっかり会話ができる人だと思ってくれます。最初は緊張して上手く話せないかもしれませんが、常に相手の目を見ることを意識することが大切。

会話上手になるためにも、会話の際はしっかり相手の目を見るようにしましょう。


コツ2. 相手が聞き取りやすいよう、ゆっくりとハキハキ話すことを心がける

言葉が吃っていたり早口だったりすると、相手はあなたの言葉が聞き取りづらいと感じてしまいます。

会話の際は、常に相手に聞き取りやすい話し方を意識することが大切。聞き取りやすい話し方を意識することで、会話もスムーズになります。

円滑なコミュニケーションを取るためには、常にゆっくりハキハキ話すことが大切ですよ。


コツ3. 相手の話には大きめのリアクションをとる

感情は言葉で上手く伝えることができなくても、会話中のリアクションを通じて伝えることができます。

特に相槌を打つ際は、表情や身振り手振りを交えると、会話が盛り上がりやすいです。相手もあなたと会話をしていて楽しいと思うはずです。

会話中のリアクションを大きくすることを心掛けると、相手に感情が伝わりやすくなります。


人が怖いと思ったら、自分に合う対処法を見つけてみよう!

人が怖いと感じてしまう原因は仕事や人間関係など、人それぞれです。人が怖いと思いながら過ごす毎日は、時には孤独感すら感じてしまいますよね。

しかし、人が怖いという感情は、きちんと原因を突き止めることで、対処することができます。本記事で紹介した対処法を実践して、人が怖いというコンプレックスを解決しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事