職場のストレス解消方法まとめ。明日から試せるオフの過ごし方を紹介

「会社での人間関係に疲れた」「連日の残業でもう仕事に行きたくない」など、日々ストレスを感じている人も多いでしょう。今回は、職場のストレス解消法とオフの効果的な過ごし方についてご紹介します。ぜひ参考にして、仕事のストレスから解放されましょう。

職場で受けた仕事のストレスはなるべく早く発散しましょう

仕事のストレス解消法

職場では、さまざまな場面でストレスを感じることがあるはず。上司や同僚、後輩との人間関係や連日の残業など、さまざまな場面でストレスは自然に溜まってくるもの。そのストレスをいつまでも溜め込んでおくと、体に悪影響を及ぼしてしまいます。そうならないためにも、職場でのストレスは早めに発散することが何よりも重要。ストレス発散方法をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


日常でできるストレス発散方法15個をご紹介

ここからは、今すぐできるストレス発散方法を15個ご紹介します。実はストレスを解消する方法はさまざま。「カラオケで大声を出す」「ストレッチする」「運動をする」など非常に幅広くご紹介しているので、自分に合った方法を取り入れてみてくださいね。ぜひ参考にして、普段どうしても溜め込みがちなストレスを発散しましょう。


1. お笑いを見たり楽しいことをして“笑う”

最初にご紹介したいのが、お笑いを見たり友達と何か楽しいことをしたりして笑うこと。ストレスが溜まると、交感神経が優位になりストレスホルモンの分泌が増加してしまいます。ですが笑ったときは副交感神経が優位になるので、ストレスホルモンの量が減少してストレスを発散してくれます。それだけでなく、笑うことは脳の活性化にもつながるのもポイント。笑うときは自然と腹式呼吸になるので、酸素の摂取量も必然的に3〜4倍の量に。それだけ脳に届く酸素の量も増えるので、細胞が活発化して脳の活性化につながるのです。


2. カラオケやライブに行って大声を出したり叫ぶ

笑う以外におすすめしたいのが「叫ぶこと」。思いっきり大声を出すことで精神的なストレスの発散が可能になり、脳も活性化されてマラソン選手によく起こりがちな「ランナーズハイ」に似たような状態が期待できます。さらに血行がよくなったり腹筋の収縮によるお腹の働きがよくなったりと、身体にもさまざまな効果が期待できますよ。カラオケやライブに行って大声を出すのもいいですし、絶叫マシンなどでも思い切って声を出してみるのもおすすめ。


3. ストレッチをする

ストレッチもストレス解消にはぜひおすすめしたい方法です。ストレッチをすると、ストレスへの対処を助けてくれる健康成分やエンドルフィンを放出してくれます。またストレッチによって筋肉を伸ばせば、意識がストレスの要因になることから筋肉へと傾くので、ストレスにおける緊張を和らげてくれますよ。普段忙しい人でも、寝る前の数分などを利用すればストレッチはできるはず。ぜひストレッチを取り入れて、心身ともに健康的に過ごしましょう。


何もしたくないときでも自宅で簡単にできます

ストレッチをすることの大きなメリットとして挙げられるのが、家で簡単にできること。もし叫んでストレスを発散する場合、場所や時間なども考慮しなければならないこともあるでしょう。ですがストレッチであれば、仕事で疲れて何もしたくないとき、もしくは毎日遅くまで働いているときでも簡単に行うことが可能。音も出さないので、周りに迷惑がかかることもありません。ちなみにおすすめのストレッチの時間帯は、寝る前の3分間。リラックス効果によって睡眠にもよい影響を及ぼしますよ。ストレッチの際は、「太ももの裏側」「腰やお尻」「肩甲骨」を重点的に伸ばすのがおすすめ。


4. ランニングや筋トレなど運動をする

運動することもストレス解消には効果的です。毎日デスクワークばかりしていると、運動する機会も自然と減ってしまいますよね。そうすると、仕事が終わる時、脳は疲れているのに体は疲れていないといった「アンバンランスな状態」になってしまうことも少なくありません。運動を取り入れることで、セロトニンの活性化による心の安定化や体に溜まった毒素の排出などさまざまな効果が期待できます。ちょっと時間ができたとき、気分転換にぜひ行ってみてください。


無心で何かをすることは結構ストレスを忘れられます

ランニングや筋トレなど、無心で何かに励むことは非常にストレス解消には効果的です。ストレスが溜まっているときは、ストレスの原因になることばかり考えてしまいがち。ですが、ランニングやウォーキングなど無心で何かに打ち込んでいるときは、そうしたストレスの要因になることは考えずに済みます。こうした効果は「気晴らし効果」と呼ばれており、ストレスの要因を忘れることはもちろんのこと、前向きな感情にしてくれる効果もあります。体の毒素も一緒に排出してくれるので、心身ともに効果的なストレス解消法のひとつだといえるでしょう。


5. 食べたかったもの、好きなものを食べる

ストレスが溜まって疲れ切ってしまったとき、ぜひおすすめしたいのが「食べること」。自分が好きなものや食べたかったものを食べることで、ストレスの発散が期待できますよ。とくにおすすめなのが甘いもの。甘いものを食べると、幸せホルモンともいわれている「セロトニン」の分泌が活性化されます。セロトニンが活性化されると幸福感や満足感が高まるので、ストレスの要因となることから解放されますよ。ですが食べ過ぎは禁物。食べ過ぎてしまうと、栄養が偏ってしまいストレスを助長してしまう可能性もゼロではありません。栄養のバランスも考えながら、食べたいものを食べてストレスを解消しましょう。


6. 気心知れた友達と遊ぶ

気心知れた、仲の良い友達と遊ぶのもいいでしょう。飲み会で普段溜まっているストレスを発散するのもよし、どこか遠出して解放的な気分になるのもいいでしょう。会社であれば、自分があまり好きではない人とも付き合い続けなければなりません。ですが気の知れた友達と一緒にいれば、そうした人間関係のストレスが一気に発散されることも。ストレスの発散に重点を置くならば、一緒にサイクリングしたり岩盤浴に行ったりなど、汗をかくとよりストレスの発散が期待できますよ。


7. 実家に帰省する

思い切って実家に帰省してみるのもひとつのストレス発散方法です。慣れ親しんだ土地であれば気兼ねなく過ごすことが可能で、家事も自分ひとりでする必要もなく、非常にリラックスできます。両親や親戚の人と話しながら、日々の疲れを癒してみるのもおすすめです。中には、帰省すると面倒な人付き合いが待っているという人もいるかもしれません。そんなときは、長期休暇などではないときを見計らって帰省するのもいいでしょう。のんびりと過ごすことで、「また頑張ろう」といった前向きな気持ちになれますよ。


一番わかってくれる存在を頼りに

帰省することの最も効果的なポイントとして挙げられるのが、両親の存在。ストレスで疲れ切ったときには、自分のことをよくわかってくれる存在を頼りにしてみるのもいいでしょう。両親はあなたの人生の先輩でもあります。これまでの人生で、さまざまな修羅場をくぐり抜けてきたはず。そうした人生の先輩に、日々の悩みやストレスの要因を思い切って相談してみてください。両親からさまざまなアドバイスをもらうことで、新たな解決策が出てくるはず。誰かに頼りたいときは、強がらずに思い切って頼ってみてくださいね。


8. 恋人を作ってみる

もしあなたに恋人がいない場合、恋人を作ってみるのもおすすめ。とはいっても、恋人を作ろうと思っても簡単に作れないと考えている人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、街コンやマッチングアプリを利用してみること。そうした場所ではお互いに恋人がほしいと思っているので、スムーズに交際まで発展することも珍しくありません。最近では街コンも毎週のようにさまざまな場所で開催されており、マッチングアプリの種類もさまざま。ぜひ活用して、恋人を作ってみてはいかがでしょう。


大切な人の存在は心を豊かにします

恋人を作ることは、あなたにさまざまな効果をもたらします。もちろんストレスの解消にも効果的で、ストレスの要因になっている悩みを打ち明けることで気持ちが軽くなるでしょう。ですがそれだけではありません。恋人というあなたの大切な存在は、同時にあなたの心も豊かにしれくれます。2人でさまざまな場所に遊びに行ったり、もしくは家でまったりしたりなど、一緒にいる時間が増えることで幸せホルモンが増えていきます。心も豊かになり、毎日がより楽しく感じることも。恋人ができればストレスの解消はもちろんのこと、よりあなたを幸せにしてくれますよ。


9. 趣味に没頭する

趣味がある人は、趣味に没頭してみるのもおすすめのストレス解消法。人は好きなことをしているとき、幸福感や満足感を感じます。そのようなときは、ストレスも発散されて体に良い影響を及ぼします。何かひとつでも没頭できる趣味がある人は、ぜひ空いた時間でストレス解消にやってみることのがおすすめ。もし趣味がないという人は、何か面白そうだと思えるものを新しく始めてみるのも良いでしょう。最初はうまくいかなくても上達してくると面白さを感じるようになり、さらに極めたい感情が湧いてくるはずです。


仕事を忘れられる事が大切です

趣味でストレス発散するときに重要になるのが、仕事を忘れられるかどうか。あまり乗り気でないことをしていた場合、没頭できずに気づけば仕事のことばかり考えていることも少なくはありません。趣味を見つける場合、できるだけ自分が面白いと思うもの、もしくは好きなものをやってみましょう。仕事を忘れるくらい没頭できるものを見つけると、その間は仕事のことを考えることなくストレスの発散につながります。没頭できるような趣味が発展すれば、共通の趣味を持つ人たちとの新たな出会いも期待でき、趣味の幅も広がることもあるでしょう。


10. 自然の中に身を置く

自然の中にいると、なんだかリラックスしたような気分になることはないでしょうか。実は自然の中には、「フィトンチッド」といわれるストレスを解消する成分が出ています。この物質は副交感神経を刺激してくれるので、ストレスが発散されて落ち着いた気分にしてくれますよ。ちなみにより効果的にストレスを解消したいのであれば登山がおすすめ。自然の中に身を置きながら有酸素運動をすることで、心身ともにリフレッシュできますよ。


大自然の中でゆっくり深呼吸して気分を落ち着かせてみて

大自然の中にきたら、ぜひゆっくり深呼吸してみてください。深呼吸することで、大自然の新鮮なおいしい空気が味わえますよ。それだけでなく、深呼吸によってより多くの酸素が脳内に送られることになるので、脳の活性化の手助けもしてくれます。もしどこに行けばいいのかわからないという人は、ツアーに参加するのも「アリ」です。最近では、自然体験ができるストレス予防のツアーも開催されているほど。そうしたイベントに参加することで、非日常な体験ができるでしょう。それだけでなく、そうしたイベントで知り合った人と仲良くなることでさまざまなつながりも期待できますよ。


11. 部屋の掃除をする

部屋の掃除をするのも、ストレス解消にはおすすめです。さっぱり綺麗な状態にすれば、モヤっとした気分もすっかり晴れますよ。掃除をすることはストレス解消にも効果的だというデータも出ているほど。掃除をすれば達成感を味わえますよね。達成感や満足感を得たとき、体内にはドーパミンという物質が分泌されます。ドーパミンが分泌されるとやる気に満ちるようになり、生き生きとした感情が生まれるでしょう。そうなると、ストレスを抱えている状態から抜け出して心身ともによい状態が保てます。


12. 感動する映画やドラマを観て泣く

感動して泣くという行為も、ストレス解消には効果的な方法。感動したときに出てくる涙は、笑ったときや玉ねぎを切ったときに出てくる涙とは異なり、コルチゾールなど「ストレスホルモン」といわれている物質を体の外に流してくれます。それだけでなく、涙を流すとエンドルフィンとよばれる苦痛や痛みを緩和する物質が増加。泣いたあとはすっきりしてしまうことが多いのも、こうした物質のおかげなのです。最近泣いてない人は、ぜひ映画やドラマでストレスを解消してみませんか。


13. 思い切って引っ越しを検討する

なかなかストレスが解消できないというときは、思い切って引っ越してみるのもひとつの方法です。引っ越しをするということは、環境を変えるということ。環境が変われば、生活も大きく変わります。もしお金に少し余裕があれば、思い切って少し広い部屋や駅近の場所に引っ越してみるのも「アリ」。生活環境を大きく変えることで、ストレスが軽減されることもあるかもしれません。今までのストレスを一掃する意味でも、新たな環境に身を置くことで気持ちも入れ替えてみませんか。


14. ほしいものを買う

買い物好きな人は、ほしいものを買うのもいいでしょう。とくに女性の場合、買い物をすると物欲が満たされ、ストレスが発散される人も多いです。今まで頑張ってきたご褒美として、自分をときには甘やかすことも必要不可欠。ですが、あまりお金に余裕がないときは少々注意も必要です。クレジットカードの請求額をみて、かえってストレスに感じてしまうことも。買い物をするときは、あらかじめ予算を決めておいて計画的に買い物を楽しみましょう。


欲しいものを見るだけでも給料日までのモチベーションになる

あまりお金がないときは、ウィンドウショッピングをして欲しい商品を買わずに見るのもおすすめです。欲しいものを見ているだけでも、「次の給料日まで頑張ろう」とモチベーションにつながることもあるはず。それだけでなく、ウィンドウショッピング自体もストレス解消法には効果的。ほしいものばかりを目にしていると、購入後の自分をイメージするなど頭がほしいものでいっぱいになり、仕事での人間関係など嫌なことも忘れられますよ。できるだけ節約したい人は、ウィンドウショッピングでストレス解消しつつ給料日がきたら思い切って物欲を満たしましょう。


15. 転職を検討する

日々のストレスにこれ以上耐えられないと感じた場合は、転職を検討してみるのもいいでしょう。昔と比べると、転職は一般的になってきました。「できるだけひとつの会社で長く勤務した方がいい」と自分に言い聞かせて働いていると、ストレスがさらに溜まって働けなくなるような状態になることも。我慢しすぎてそうなってしまえば、元も子もありません。もうこれ以上働けないと思ったときは、職場環境を変えるのもおすすめの方法です。


職場環境そのものがストレスなら転職も有効な一手

もし職場環境そのものがストレスを溜め込む原因であるならば、転職して職場を変えることが最も有効な手段のひとつになるでしょう。もしストレスの原因が上司であるならば、会社に相談して上司を変えてもらうことも不可能ではありません。ですが、職場環境そのものがストレスの原因であるならば、上司が変わってもストレスは溜まり続けます。世の中には自分に合う会社もあれば、そうでない会社もあるはず。同じ会社に属していても、感じることは人それぞれ異なります。思い切って転職してみれば、あなたに合った理想の会社に巡り会えるかもしれませんよ。


ストレスを感じないように日頃から心がけたいこと

ここからは、ストレスを日頃から溜めないために心がけたいことをご紹介します。ストレスが溜まってしまうのもよくないですが、重要なのはストレスを感じないようにしておくこと。心がけひとつ変えることで、ストレスが溜まりにくくなることもあります。ストレスを感じなければ、それで悩むこともありませんよね。ぜひ参考にして、ストレスフリーな毎日を目指しましょう。


1. 完璧を求めすぎない

完璧主義でいると、自分の思い通りにいかないときに怒りもしくは焦りを感じてしまいがち。切羽詰まってしまうと「思い通りにいかずにイライラしてしまう」とストレスを感じやすくなり、体に悪影響を与えてしまいます。そこで重要なのが「完璧を求めすぎないこと」。すべてにおいて完璧に物事が進むことは難しいです。何事も完璧にこなそうとするのではなく、ある程度のところで妥協点を見つけておけば、何かトラブルがあったときでも臨機応変に対応できますよ。


2. 過度に心配をしない

ストレスを感じやすい人に多いのが、さまざまなことに対して過度に心配してしまうこと。心配性の人の場合「明日のプレゼンうまくいくかな」「営業で予算を達成しなかったらどうしよう」など気になることがさまざま。このような心配をしても、何も状況は変わりません。心配してしまう方向に頭を使うのではなく、目の前のことを一生懸命こなすことに注力することをおすすめします。ときには「なんとかなるから大丈夫」といった楽観的な考えも、ストレスを溜めないためには重要なことですよ。


3. なんでも引き受けずに時には断る

「これやっといて」と何か頼まれたときに、なんでもかんでも引き受けてしまうのもストレスを溜めやすい要因のひとつ。引き受けすぎると自分のキャパオーバーしてしまい、仕事がタスクオーバーしてしまう可能性もあるでしょう。ときには断る勇気を持つこともストレスを溜めないためには重要なこと。何か頼まれたときに、できないことを伝えるのは悪いことではありません。もし引き受けてできなかったときは、迷惑をさらにかけてしまうことも。自分のできる仕事の範囲をしっかりと見定めたうえで、できないと思ったときは断りましょう。


4. 日々の睡眠を大切にする

毎日の睡眠時間が少ないと、イライラしてしまうことも多くなります。睡眠時間をしっかりととることも、ストレスを溜め込まないために重要。睡眠をとることで、「ストレス耐性が高まる」「脳の疲労を取り去ってくれる」「モチベーションアップにつながる」などさまざまメリットが享受できますよ。もし睡眠時間が短い場合、仕事で溜まったストレスは発散されることなく溜まってしまいがちに。身体の疲れも取れません。毎日すっきりと過ごすためにも、睡眠を大切にしましょう。


寝て終わる休日はもったいない。何か仕事以外のアクションを起こしましょう

ここまで職場でストレスが溜まったときの対処法、さらにはストレスを感じないように心がけてほしいことをご紹介しました。ストレスを発散する方法はさまざまです。休みの日だからといって1日中寝ているのではなく、何かしらのアクションをとることがストレスの解消につながります。ぜひ上記でご紹介したことを参考にして、自分なりのストレス解消法を見つけてみてくださいね。

【参考記事】仕事のイライラを解消する方法、教えます▽

【参考記事】転職エージェントのメリットとデメリットを大公開!▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事