彼女を泣かせた時の仲直り仕方とは?許してくれない時の対処法も大公開!

彼女を泣かせた時ってどう仲直りすればよいか悩みますよね。別れの不安を感じたりするので、一刻も早く仲直りしたいもの。今回は、彼女を泣かせた時の仲直りの仕方を解説!さらに、謝っても許してくれない場合の対処法や、今後も付き合っていきたい場合にやるべきことも紹介します。

彼女が泣いた時の上手な対処法を知っていますか?

彼女を泣かせた時の対処法

お付き合いをしていると、彼女をからかっているうちに思わず泣かせてしまった、なんてこともありますね。そのまま2人の関係も気まずくなって別れてしまうのでは、と不安を募らせている男性も多いでしょう。

そこで、彼女を泣かせたときの対処法について詳しくまとめてみました。彼女と喧嘩してしまった人は、ぜひ仲直りするために役立ててくださいね。


どうしよう…。彼女を泣かせた時の男性が考えることとは?

彼女が泣いてしまうと、男性側はどうしたらいいのかわからず戸惑ってしまいますね。そんな時、まずは落ち着いて自分の気持ちを整理してみましょう。

ここでは、彼女を泣かせた男性が感じることや考えがちなことをご紹介します。


考えること1. 泣かせてしまったことに申し訳無さを感じる

大好きな彼女を悲しませたくないと思うのは、当然です。だからこそ泣かせた時には、たとえ悪気が無かったとしても申し訳なく感じて、彼女が心配になります。

悪いことをしたと心の中が罪悪感でいっぱいになり、落ち込んでしまう人も多いでしょう。「自分は何をやっているんだ、情けない」と、自身を責める気持ちも沸き上がりますね。


考えること2. 何で泣いてしまったの?と考えている

喧嘩をして泣かせたときは彼女が悲しむ原因も考えやすいですが、時にはなぜ泣いてしまうのかが理解できないケースもあります。

そこで男性は、まず彼女が泣いた理由を分析しようとするのです。理由がわかれば、その後どう対処すべきなのかも検討しやすくなりますね。

しかし実際は、いくら考えてもなぜ泣いたのか見当がつかないことも多いものです。


考えること3. 泣き止んで笑顔にする方法を考えている

彼女を泣かせたときに、まずは「早く彼女に泣き止んでほしい」と考える男性もいます。険悪な雰囲気に陥る事態を避けて、何とか場を落ち着かせようとするのは自然なこと。

もちろん、彼女を悲しませたくないという気持ちもあるため、「どうすれば泣き止んで機嫌を直してくれるか、彼女が笑顔になってくれるか」と、頭の中で考えを巡らしていることでしょう。


考えること4. 焦ってしまい、どうしたら良いかわからない

特に、彼女を泣かせたことがなかった男性は、女性の涙を見ると頭の中が真っ白になってしまいがちです。「泣かせてしまった」という事実に頭が支配されると、パニックになってただオロオロするばかり。

焦ってしまうとその場の収拾がつかなくなってしまいそうですが、男性は「悪いことをした」という罪の意識を少なからず持っています。


考えること5. 別れるのでは?と不安になる

自分のせいで彼女が泣いてしまうと、嫌われるのではないかと心配になる男性も。泣くほど嫌な気持ちにさせてしまったわけですから、彼女に別れたいと思われる可能性も十分考えられるでしょう。

彼女が好きであればあるほど、別れへの不安も大きくなりますね。できるだけ早く仲直りをして、心配になる要素を取り除きたいと思っています。

【参考記事】はこちら▽


【彼女の笑顔がまた見たい…】彼女を泣かせた時の仲直りの仕方

冗談のつもりだったとしても、彼女を泣かせたのであればできるだけ早く関係を修復したいところです。次に、ぜひ試してほしい仲直りの方法を3つ詳しくご紹介していきます。

後悔が残らないよう、きちんと彼女と向き合ってみてくださいね。


仲直りの仕方1. 心から「ごめんね…」と謝る

トラブルが起こった時は、お互い素直になることが大切です。男性はたとえ自分の言い分があったとしても、まず彼女を泣かせたことについて謝りましょう。

「冗談のつもりだった、傷つけたい訳じゃなかった」と誠意を持って伝えることで、寂しい彼女の気持ちも和らぎます。

謝罪までの期間が空いてしまうと、彼女の不満や不安が溜まってしまうこともあるため、できるだけ早く謝ることが大切です。


仲直りの仕方2. 泣かせたお詫びにちょっとしたプレゼントを贈って謝る

謝罪の言葉とともに、ささやかな贈り物を用意するのもおすすめです。小さな花束やお菓子などを用意して、彼女にプレゼントしてみましょう。

彼女も「彼なりに反省してくれたのかな」と、思ってくれますよ。「ごめんね」と一言書いたカードを添えるのもグッド。

ただし、プレゼントが高価すぎると、「物で解決しようとしている」と誤解されることもあるため、彼女のタイプに合わせて贈り物を選んでくださいね。


彼女のお願いごとを一つ聞いてあげるのもアリ

自分が彼女を泣かせたペナルティとして、行きたがっていたレストランやお出かけスポットに連れて行ってあげてもOKです。プレゼントを用意する代わりに、彼女の望みを一つ叶えてあげましょう。

「謝罪の気持ちを表したい、彼女を喜ばせたい」という気持ちが伝わることで彼女の不満も解消され、許してくれることもありますよ。


仲直りの仕方3. 彼女が嬉し泣きなら、ギュッと抱きしめる

彼女が泣いてしまうのは、悲しい時だけとは限りません。プロポーズされた時など、男性の言動に感動して涙がこみあげてくることもあるのです。

嬉し泣きなら、何も心配する必要はありません。彼女の気持ちを素直に受け止めて、優しく抱きしめてあげてください。お互いを思う気持ちが通じ合って、より一層2人の絆が深まります。

【参考記事】はこちら▽


彼女を泣かせてしまった時にやってはいけないNG行動

泣いている彼女の気持ちを逆なでしてしまうと、中々仲直りできなくなってしまいます。ここでは、男性が思わず取ってしまいがちなNG行動を3つまとめたので、確認しておきましょう。

自分に非が無いと感じる場合でも、とにかく冷静になって対処してくださいね。


NGな行動1. 「泣いても無駄だよ!」とキツい言葉で責めない

喧嘩などで女性が泣いてしまうと、頭の中は混乱状態になります。パニック状態にある女性に対して、男性がキツい言葉を使うと精神的に追い詰められて余計に涙が止まりません。

当然、冷静な話し合いもできなくなってしまいます。相手を責めたい気持ちになっていても、「泣いても無駄」「ハッキリ言え」など、強い口調にならないように注意しましょう。男性がかたくなな態度だと、女性も別れを意識し始めてしまいます。


NGな行動2. 「何でこんなことで泣くの?」と見放す

特にすぐ泣いてしまうタイプの女性だと、男性も次第にうんざりしてしまいますね。思わず「冗談なのになぜ泣くのか」と責めたり突き放したりしたくなるかもしれませんが、グッとこらえましょう。

彼女は、自分の気持ちを理解してほしいと思っているため、見放されると余計に寂しい気持ちが膨らむばかりです。女性が落ち着くまで、きちんと見守ってあげてくださいね。


NGな行動3. 泣いている彼女を無視する

彼女を泣かせたときに、「冗談だったのにどうしよう」と、焦ってその場を立ち去ってしまったり無視してしまったりすることもあるでしょう。

しかし泣いている彼女を無視するのはNGです。彼女が男性から大事にされていないと感じると、気持ちが冷めて別れたくなってしまう可能性もあります。いたたまれない気持ちになっても、彼女から逃げずにしっかりと向き合ってください。


彼女に謝っても許してくれない場合の対処法をレクチャー

彼女を泣かせたあとに仲直りがしたくても、感情が高ぶっていてすぐ許してくれないことがあります。その場合は、すぐに解決しようとせず、少し時間を置いてから改めて対処してみましょう。

具体的な対処方法を2つご紹介します。


対処法1. 少し距離を置いて、冷静になるのを待つ

喧嘩で彼女が深く傷ついた場合などは、そう簡単に冷静にはなれません。感情的になっている時は、いくら謝ったり話し合いをしたりしようとしてもうまくいきません。

そのため、一旦距離を取って、ほとぼりが冷めるのを待ちましょう。時間を置くことで、彼女も一人で考える時間が持てて少しずつ気持ちも落ち着いてきますよ。


対処法2. 後日、LINEや電話で謝罪と愛情を伝える

その場で事態が収まらないと思ったら、日を改めて彼女にLINEや電話で連絡してみてください。辛い思いをさせてしまったことへの反省とともに、喧嘩をしても彼女を思う気持ちが決して変わらないことを合わせて伝えましょう

泣かせた彼女の気持ちを癒すために、できることは精一杯すると誠意を示せば、彼女も許してくれますよ。照れるからと言ってふざけるのはNG。まっすぐ思いを伝えるのが大切です。


彼女のことを泣かせたくない!彼女と付き合っていたい男性がやるべき2つのこと

彼女と無事仲直りできたら、その後は同じ失敗を繰り返さないようにしたいものですね。男性が気づかないうちに彼女の不満が溜まっていることもあるので、日ごろから気を付けてあげましょう。

次に、彼女と付き合っていくために心得ておきたいポイントを、2つまとめました。


やるべきこと1. 彼女を傷付けることはしないよう意識する

男性の中には、愛情の裏返しとして彼女をからかう人もいます。しかし、相手を嫌な気持ちにさせてしまうことがあるので、自分は冗談のつもりでも、からかうのは避けましょう

冗談やふざけあいを受け入れてくれるかなど、彼女の性格なども考慮した上で、上手な接し方ができるようになれたらベスト!

トラブルが起こってから後悔や反省をしないように、日ごろから注意しておいてください。


やるべきこと2. 一人で不安を抱え込まないよう、常に寄り添ってあげる

男性が仕事で忙しくしていると、彼女をしばらくほったらかしにしてしまうこともあるのではないでしょうか。特に遠距離恋愛の場合は、ちょっとしたことでも彼女は不安に感じてしまいがちです。

寂しい気持ちから不安や心配が募っていき、喧嘩で彼女が爆発してしまうこともありますよ。仕事に追われていても、時間を見つけてLINEや電話で連絡をして、彼女が心配にならないように配慮してあげてくださいね。


彼女を泣かせてしまった時は、優しく上手に対応してあげましょう。

女性と付き合っていると、からかうことや冗談を言うことで彼女を泣かせたり、喧嘩をして泣かせたりすることがあります。

別れてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、そんな時は素直になって謝罪の気持ちをきちんと伝えてください。

彼女に愛想をつかされてから後悔しないよう、仕事が忙しい時もきちんと連絡を取りあって、良い関係を築いていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事