元彼に会いたい!LINEを送った時の心理と会いたい女になる方法を解説

別れてからも元彼が忘れられない女性へ。大好きな彼に「もう一度会いたい」と思う瞬間ってありますよね。そこで今回は、元カノからLINEが来て嬉しいと思う男性心理と、元彼から会いたいと思われるテクニックを詳しく解説していきます。元彼と復縁したい女性必見の内容ですよ!

ふと「元彼に会いたい時」ってありますよね。

元彼に会いたい

元彼に会いたい。本当に強い気持ちで好きになっていた元彼を忘れられないということがありますよね。

元彼に会いたいと思うのは、どうしてなのでしょうか。また、元彼に会いたいと思わせる方法があるのでしょうか。

この記事では、元彼に会いたくなる女性心理や元彼と会う方法について解説します。


元彼に会いたいと思う女性心理や理由

元彼に会いたいと思うのはどんな女性心理になのでしょうか。

実際に自分を分析してみて、自分の気持ちを確かめてみましょう。

ここからは、元彼に会いたいと強く思ってしまう6つの理由を詳しく解説していきます。


会いたい理由1. 未だに好きで、復縁したいと思っている

別れてしまったという事実に納得していないという場合は、元彼に会いたいと思うことがあります。次の恋を探す気にはまだなれないという心理になります。

ちょっとしたことでうまくいかないところがあったので、別れるという結果になってしまったのですが、いまでもできれば元に戻りたいという気持ちが強くあるので、会いたいと思うのです。

【参考記事】はこちら▽


会いたい理由2. 今の彼氏や旦那と上手く行っていなくて寂しい

元彼と別れたあとに、新しい恋を始めた場合でも、まだ前の彼氏のことが忘れられないということもあるでしょう。

今付き合っている彼氏とは、前ほどしっくりこないとか、既に結婚しているものの、やはり元彼と一緒にいることを妄想してしまうというケースです。

以前の彼氏がしてくれたことを思い出しては、寂しいという気持ちを募らせてしまいます。


会いたい理由3. ふと元彼を思い出すきっかけがあったから

元彼が使っていた香水の香り、二人でよく行っていたレストラン、元彼と同じようなイントネーションの話し方、元彼の好きなブランドの服などを見かけるたびに、元彼のことを思い出してしまうということもあります。

付き合っていたその当時の良かった思い出が懐かしくよみがえってきて、会いたいと思うようになるのです。


会いたい理由4. 今の彼氏と比較して魅力に気づいたから

別れてしまった当時にはちゃんと気づいてなかったけど、別れた後に初めて良さがよく理解できるということもありますよね。

元彼との関係でも、あとからその魅力に気が付いてしまうということがありえます。

新しい恋を始めてみたは良いものの、どうしても元彼と比較してしまい、別れなければ良かったとか会いたいと思うようになるのです。


会いたい理由5. 彼の近況が気になったから

昔の写真を懐かしく眺めたりしている時、友達と昔の話をしている時などに、ふと当時の思い出にふけってしまうということもありますね。

だいぶ前に別れることになってしまい、いまはそれぞれの道を歩んでいるけれど、「彼はいまどこで何をしているのだろうか」ということが、急に知りたくなってしまうというケース。

単純に、どうしているのか知りたいだけですが、いま会ってみたいと思ってしまうのです。


会いたい理由6. 自分を理解してくれて、悩み相談できる相手がいない

恋人であり、親友であり、よき理解者であった関係が終わってしまったら、寂しく感じるのは当然のこと。会いたいと思ってしまってもおかしいことではないでしょう。

自分を理解してくれて、様々な相談にも親身に乗ってくれるという存在は、本当に貴重ですから、親密な関係を失ってしまった後でも、一緒にいたいと思ってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


元彼に会いたい!連絡する前に確認しておくべきポイント

元彼に会わないと前に進めないという気持ちになっている時に、いざ会う前に確認しておいた方が良いことがいくつかあります。

むやみに猪突猛進してしまったら、会った時に何をするかを見失ってしまいますよね。

ここからは元彼に会いたい時に、初めに確認すべきポイントを解説します。


確認する点1. 会いたい気持ちは好きだから?寂しいから?

会いに行く目的を自分自身の中で確かめておくことが大切です。会いたい理由がなんなのかを知ると会ってプラスになるのか、それとも、会わない方が良いのかがわかりますよね。

会いたいという気持ちの本当の意図は、別れた後でも忘れられないぐらい好きだからなのでしょうか。それとも、ただ単に一人でいることが寂しいという気持ちで、元彼のことを思い出しているだけなのでしょうか。

元彼と会ってどうしたいと思っているかを確認すると、どうすべきかわかりますよね。


確認する点2. 寂しかったり、相談したいなら女友達に話を聞いてもらいましょう

会いたいと思う気持ちだけで行動するのは、恋愛を上手に進めていく賢い方法とはいえませんよね。寂しい気持ちを埋めてもらうためだけなら、相手が男性でなくても良いはずです。

まずは、信頼できる女友達のところに行ってみて、自分の気持ちを打ち明けてみるのはどうでしょうか。第三者の冷静な意見を聞けるはずです。


確認する点3. 元彼と会ってどうしたいのか落ち着いて考える

ただただ会いたいという気持ちだけで会いに行った時に、もし相手もよりを戻したいという気持ちがあるという場合なら、付き合いを再開することになることもあるでしょう。

でも、それは自分が本当に望んでいることでないなら、成り行きで再開したとしても幸せになれるわけではありませんよね。ただ会いたかったというだけなら、よりを戻したとしても、別れるきっかけになってしまった問題点をぶり返してしまうだけで終わってしまいます。


彼とどうなって行きたいのかゴールを決める

会いに行く前に、元彼とどんな感じの関係になりたいのかということを、きちんと自分の中で明確にしておくようにしましょう。

この度会いに行くというイベントのゴールをしっかりと決めて置くなら、どう振る舞うべきなのかが分かるようになります。


元彼が元カノから連絡が来たときの心理を大公開!

元カノから連絡が来た時に、元彼は実際にどのような心理状態になるかを的確に予想できるなら、いざ会った時により冷静に対応できますよね。

ここからは、好意的に受け止めてくれるパターンとそうでないパターンの心理を解説します。


元カノから連絡が来たときの嬉しいパターン

実際にこちら側から勇気を絞り出して元彼に連絡を取ってみたなら、どんなリアクションを期待できるのでしょうか。元カノから連絡が来たら嬉しいと思うケースもたくさんありますよね。

どんな心理状況の時に、元カノからの連絡を嬉しいと思うのでしょうか。元彼の心理状態を、主な3つのパターンに分けて解説していきます。


1. 復縁したいと思っており、今も好きだった

些細なことが原因となってしまって別れるという結果になってしまったけど、元彼側としても、関係を続けたいと思っていたという場合には、こちら側の会いたいという気持ちを素直に受け取ってもらえます。

相手側としても、いまでも好きという気持ちがあって、もう一度一緒になりたいという希望を持っているというパターンです。


2. 近況が気になっていた

相手の男性も、自分自身の過去を振り返ったりすることが、写真を見返したり、友達たちと昔の話をしたりする時にあるはずです。

ふと、その当時付き合っていた相手のことを思い出して、会いたいと思うようになっているということも実際にありえますよね。

相手がこちらの近況が気になっているというタイミングで連絡をしたなら、好意的に受け止めてもらえます。


3. 付き合っていた頃の懐かしい気持ちを思い出した

今付き合っている女性との関係がうまくいっていないとか、今になってやっと元カノの魅力に気づいたということもあるはず。

そんなふとしたタイミングでこちらから連絡をするなら、昔付き合っていたころの懐かしい気持ちがよみがえってきて、もう一度よりを戻したいという気持ちにさえなることもありえますよね。

【参考記事】はこちら▽


元カノから連絡が来たときの嬉しくないパターン

元カノからの連絡がきたときに、どうしても好意的にとらえることができないというケースも残念ながらありえます。そのようなタイミングで連絡したいとは絶対に思わないですよね。

どんな心理状態の時に元彼は、こちらからの連絡を嬉しく思うことができないのでしょうか。ここから3つの具体的な心理状態を紹介していきます。


1. なんで今さら連絡してきたのか分からない

元彼は、前の彼女との良い想い出を心に収めて、新しい恋を探していることでしょう。元カノとの想い出も大切に思ってくれていることでしょうけど、今は新しい恋に向けていろんな努力をしているのです。

そんな折に、元カノからの連絡があったなら、「なんで今さら?」と思ってしまうのも無理はないでしょう。前に向かっている時には、元カノの連絡は邪魔になってしまいます。


2. 別の女性と付き合っているのでやめて欲しい

既に元彼が、新しい恋人を見つけて、幸せになっているというケースも考えられますよね。そんな時に元カノから連絡がしてしまったなら、現在の彼女に説明するにもややこしくなってしまいますね。

その連絡がきっかけで、今の彼女との関係がギクシャクしてしまうようなことになったら、大問題です。新しい恋がうまくいっていれば、元カノからの連絡は好意的に受け取れません。


3. 既に結婚しているため迷惑

元彼は、もう既に新しい道を歩んでおり、もう一度依然付き合っていた女性との関係を戻したいという思いが一切ない状態にまで、人生を進めているということもあるでしょう。

既に既婚者であり、元カノは昔の良い思い出ではあるものの、彼の人生にはもう関係ないのです。連絡すること自体が迷惑になってしまいます。


「会いたい」と連絡する前に準備するべきことや確認するべきこと

いろいろ考えたうえでも、やっぱり元彼に連絡をして「会いたい」と伝えたいという気持ちの方が強いということもあるでしょう。

最善の結果を出すために、連絡する前にまず確認するべき大切なポイントが4つあります。


確認するべきこと1. 別れてから適切な冷却期間は設けたか?

別れるという決意をした時は、相当の覚悟を持ってその決断を下し、別れるための手続きを踏んできたことでしょう。まだ別れたときの決意が心に残っている段階のタイミングで「会いたい」と伝えても、会いたいと思わせることは難しいはずです。

別れてから適切な冷却期間を経てから伝えるようにしなければ、想いが伝わることはありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


確認するべきこと2. 付き合ったころに比べ、女性として綺麗になる努力をしたか?

元彼にぜひ会いたいと思わせるためには、付き合っていた頃よりさらに魅力的になっていることが条件として求められます。

別れた当時と同じのまま再びよりを戻すなら、別々の道を進もうとした決定が正しくなかったということになりますよね。

昔よりもっと女性として綺麗で魅力的であるように努力してから、元彼に連絡を取るようにしましょう。


確認するべきこと3. 別れた理由や原因になった事を受け入れているか?

仲良かったカップルが別れるという決定を下すには、それなりの正当な理由があるもの。

彼氏側に悪い点があって別れることを決意したなら、いまよりを戻したとしたら、またその彼氏の問題点と向き合うことになることを受け入れる覚悟ができていなければなりませんね。

そうでなければ、また同じ理由で別れることにもなりかねません。


確認するべきこと4. 元彼は既婚者ではないか?

元彼は、別れた彼女とよりを戻すために、幸せな結婚生活を捨てるということはまずしません。それで、元彼に「会いたい」と連絡をする前には、必ず、既に既婚者となっているかどうかを確かめることが大切です。

元カノが既婚者の元彼に連絡を取ることは、相手の人生を狂わせてしまう可能性もあるため、本当に注意が必要です。


既に結婚している場合はリスクが伴う

既に結婚している相手に連絡を取って、実際に会ったり、不倫な関係になったりするなら、もしその関係が公になってしまう事態になった時に、取り返しのつかないことになってしまいます。

訴訟問題になって経済的な負担を課されることも考えられますし、不倫をしているというレッテルを張られるというリスクもあります。


元彼に会いたいと思わせる!会いたい気持ちをLINEやメールで伝えるテクニックを伝授

久しぶりに連絡を取る元彼に、会いたいと思わせるためには、相手の気持ちを揺さぶるようなLINEメッセージやメールを送ると良いでしょう。

様々なLINEメッセージにおけるテクニックをいくつかご紹介していきます。


テクニック1. 「久しぶり」と軽いノリで連絡してみる

久しぶりに元彼にLINEで連絡を取るというシチュエーションで、最初から想いをぶちまけてしまったら、元彼側はその気持ちを受け止める準備をしていないので、どう対処していいかわからずに混乱してしまいますよね。

最初は、「久しぶり」という挨拶分程度の軽いノリで連絡を取ることから始めるというのもテクニックのひとつとして使えますよ。


長文の返信に困るLINEはしないように気をつける

相手に挨拶程度の軽い気持ちで返信してもらうことからはじめたいなら、あまり長文にならないように工夫する必要があります。

長文のメールやLINEメッセージを送ってしまうなら、相手の側もその文章量に応じた長さの返信をしないといけないと感じることがあります。

男性は基本的に長文が得意ではありませんから、メールしようと思いながらも書けないまま日が過ぎてしまうということも。


テクニック2. 付き合っていたころの自分が変わったことを伝える

別れるきっかけとなってしまったネガティブな面を思い出されないようにするためには、こちらがその問題を十分に克服していることをアピールすることも大切です。

変わったことが伝われば、「もう一度よりを戻してもいいかな」と感じてもらうきっかけにすることにもなるでしょう。

新しい自分が元彼にとって貴重な存在となれるということをさりげなく主張するのです。


毎日が充実して楽しい日々を送っている自分を演出する

さりげないアピールのなかに、こちらの近況をちらちらと小出しに伝えながら、楽しい日々をエンジョイしていることをしっかりと伝わるようにしてください。

別れるという決定をしてしまったのが、なんともったいないことであったのかという後悔の念をもってもらうことが、イメージ戦略としてアピール大成功であるといえますね。


テクニック3. 即レスはせず、適度に間隔を空けて返信をする

相手の気持ちをコントロールするには、メールやLINEメッセージの返信を焦らすことが有効です。焦らされて待ちきれず、会いたいと思う気持ちを培わせることさえも可能なのです。

メールやLINEメッセージの返信のタイミングにちょっとした工夫を加えるだけでも、会いたいと思わせるためのテクニックとして活用できますよ。


テクニック4. 復縁したいという気持ちを全面に出さない

久しぶりに連絡をする時に、「会いたい」「よりを戻したい」というメッセージを含めてしまうなら、重々しく受け取られてしまいがちです。

復縁したいという気持ちを前面に出さずに、軽いノリでのやりとりをある程度続けられるようになっておくべきでしょう。

相手の方に会いたいと思わせることができるぐらい、焦らしてからなら気持ちを伝えることもできますね。


テクニック5. 「今度久しぶりにご飯でも行かない?」と軽い雰囲気で伝える

実際に会う約束をするようなシチュエーションでも、重々しい雰囲気にしないようにしましょう。想っている気持ちを話すのは、実際に会ってからでも遅くはないのです。

LINEメッセージやメールや電話でのやりとりの段階では、「今度久しぶりにご飯でも行かない?」などと軽い雰囲気で伝えるように徹することで、警戒されずに会うことが可能になります。


元彼と会いたい時は、自分の気持ちを一度整理してみましょう。

元彼に会いたい、よりを戻したいという願いを成功に導くには、自分の心理を確かめたり、会いたいと思わせるためのテクニックを駆使する必要がありますね。

寂しいという気持ちをよく分析して、元彼と会うことが自分にとって前向きなことなのかどうかをよく吟味することも大切です。

一度しかない人生、最良のパートナーを逃さないために、ベストを尽くしましょうね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事