ベルギー旅行のおすすめ観光名所30選。都市別に人気スポットを詳しく解説!

美しい街並みが観光客から人気のベルギー。チョコレートやワッフルなど、グルメな国でもあります。今回はそんなベルギーのおすすめ観光スポットをご紹介!まだまだ知られていないベルギーの魅力や見どころを詳しく解説していきます。ベルギー旅行に出かける方は、ぜひ参考にプランを立ててくださいね。

ベルギーってどういうところ?

ベルギーでおすすめの観光スポット

中世ヨーロッパの雰囲気が漂う『ベルギー』。世界遺産を始め、美術館や博物館、教会など観光スポットとして人気を集めています。また、ワッフルやチョコレート、ビールなど、グルメな国としても有名です。

ベルギーは、日本で言う九州地方くらいの大きさのため、首都ブリュッセル以外にも観光で回りやすい特徴があります。今回は、そんなベルギーの観光名所をエリア別に30スポットご紹介しますね。


ブリュッセルのおすすめ観光スポット10選

ベルギーの首都、ブリュッセル。治安がよく、ヨーロッパ各国からのアクセスも良いため、観光客に人気の都市です。観光地が中心に集まっているので、徒歩でも多くの観光地を回れます。道に迷うことも少ないでしょう。

ワッフルやチョコレートなど、ベルギーグルメを片手に、世界遺産をはじめとする歴史的建造物を楽しんでください。


スポット1. グラン・プラス

ベルギーでおすすめの観光地はグラン・プラス

世界で最も美しい広場、グラン・プラス。1998年に世界遺産にも登録されました。歴史的な建造物に囲まれた広場では、毎日お花のマーケットも開かれています。観光客だけでなく、地元の人も賑わうベルギー随一の観光スポット。

2年に1度、8月に開催されるお花の祭典は、世界的な祭典としても有名。75万本ものお花を使って作り出されるフラワーカーペットを一目見ようと、たくさんの観光客が集まります。広場にあるカフェやレストランではベルギー料理も楽しめるため、食事もおすすめのスポットです。


グラン・プラスの詳細

公式サイトで見る


スポット2.小便小僧

ベルギーでおすすめの観光地は小便小僧

世界三大がっかり名所の一つとして知られる『小便小僧』。身長55.5cm・体重17kgの小さな小便小僧の名前は、ジュリアンくん。その小ささからがっかり名所とされていますが、世界中からコスチュームを送られるほど愛されています。

お祭りの際には、小便小僧からビールが出ていることも!小便小僧から出たビールは、観光客にも振る舞われるそう。運良くイベントのときに訪れた際は、味わってみてもいいですね。

世界遺産グラン・プラスから徒歩で1、2分の場所にあるなので、ベルギーに訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


小便小僧の詳細

公式サイトで見る


スポット3. アトミウム

1985年、ブリュッセル万国博覧会のために作られた『アトミウム』。アトム(原子)をイメージした外観が斬新で注目を集めました。今でも、観光客に愛されているスポットです。

不思議な形をしたアトミウムは、内部はエレベーターでつながっていて、まるで迷路のよう。ドームの中からは、美しいベルギーの街並みを一望できますよ。

フロアの中には、ホテルやレストラン、カフェなどが建設されています。ブリュッセルの郊外にあるため、予め長めに時間を取って出かけましょう。


アトミウムの詳細

公式サイトで見る


スポット4. ベルギー王立美術館

15世紀からの古代美術・19世紀からの近代美術が2万点以上並ぶ『ベルギー王立美術館』。元々は、ナポレオンがパリのルーブル美術館から持ち帰った作品を展示するために建設されました。

美術館内でも、画家・ピーテル・ブリューゲルの「ベツヘレムの人口調査」、画家・ピーテル・パウル・ルーベンスの「聖リヴィナスの殉教」は見逃せません。

ブリュッセルの主要な美術館・博物館のフリーパス『ブリュッセルカード』での入場もできるので、複数美術館を回る人はカードの購入がおすすめ。


ベルギー王立美術館の詳細

公式サイトで見る


スポット5. ブリュッセル市立博物館

ベルギーでおすすめの観光地はブリュッセル市立博物館

16世紀にカール5世によって、ゴシック様式で建設された『ブリュッセル市立博物館』。ブラバント公の行政庁が置かれ、その後スペインの王になったことから、ベルギーの人々に『王の家』と呼ばれています。

ピーテル・ブリューゲルの作品「結婚式の行列」や小便小僧のコスチュームを始め、ベルギーのタペストリーや絵画などが展示されています。グラン・プラスから歩いて5分のため、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。


ブリュッセル市立博物館の詳細

公式サイトで見る


スポット6. サン・ミッシェル大聖堂

ベルギーでおすすめの観光地はサン・ミッシェル大聖堂

13世紀に建てられたゴシック調の教会『サン・ミッシェル大聖堂』。ベルギー王室の結婚式でも使われた、由緒正しい教会です。

中に入ると、ゴシック調の建物らしく、美しいステンドグラスが飾られています。きれいな色合いと細かい装飾のステンドグラスから差し込む優しい光は、一見の価値あり。

ブリュッセル駅から歩いて4分と、アクセスが良いのもポイント。十字架や電気のLEDキャンドルなど、教会らしいお土産も販売されているので、記念に購入するのもおすすめです。


サン・ミッシェル大聖堂の詳細

公式サイトで見る


スポット7. 市庁舎

ベルギーでおすすめの観光地は市庁舎

世界遺産グラン・プラスの中でもひときわ目立つ『市庁舎』。ベルギーの観光地として、いつも観光客で賑わっています。実は左右非対称ではなく、塔も真ん中にない不思議な建築物なので、観光で訪れた際はよく目を凝らして確認してくださいね!

さらに、中央の塔にあるドラゴンは、風の向きによって変わるので、行った時にどの方向を向いているのかぜひチェックしてみてください。

夜になるとライトアップされて昼と雰囲気がだいぶ変わるため、2度楽しめますよ。中を見学するには、ツアーへの参加が必要です。チアーチケットは、市庁舎内にある観光案内所で購入できますよ。


市庁舎の詳細

公式サイトで見る


スポット8. ギャルリー・サンテュベール

ベルギーでおすすめの観光地はギャルリー・サンテュベール

1847年に公開された、ヨーロッパ最古のアーケード『ギャルリー・サンテュベール』。アール・ヌーヴォー様式の装飾に、ガラス張りのドーム型屋根、大理石で構築された壁というゴージャスなアーケードです。

ベルギー王室御用達として認定されている8つのショコラトリー「ゴディバ」「ピエール・マルコリーニ」「ヴィタメール」「レオニダス」「ガレー」「ノイハウス」「マリー」「ヴァンデンダー」のチョコレートも、ギャルリー・サンテュベールで全て購入できますよ。

屋根付きのアーケードなので、雨が振っても安心してショッピングを楽しめます。お土産探しにおすすめの観光スポットです。


ギャルリー・サンテュベールの詳細

公式サイトで見る


スポット9. ビール博物館(ギルド・ハウス)

ベルギーでおすすめの観光地はビール博物館(ギルド・ハウス)

世界遺産グラン・プラスにある『ビール博物館』。市庁舎の左側にある、馬に乗った黄金の騎士のオブジェが特徴的な建物です。博物館は地下1階。18世紀のブルワリーで使われていた樽など、ビール好きにとってはたまらない展示物が並びます。

入場料は5ユーロ。館内見学の最後には、ベルギービールの2種類のうちから1種類を試飲できるので、嬉しいですね。17時には閉館するため、早めに訪れることをおすすめします。

ブリュッセルカードでも見学できるので、カードを持っているとお得に楽しめますよ。


ビール博物館(ギルド・ハウス)の詳細

公式サイトで見る


スポット10. メゾン・ダンドワ

ベルギーに来たら、絶対にワッフルは食べておくべきグルメでしょう。『メゾン・ダンドワ』は、外はカリッと中はふんわりしっとりしたブリュッセルワッフルが食べられます。ワッフルは甘さ控えめで、バターのコクとバニラの甘い香りが広がりますよ。

1枚1枚丁寧に焼き上げているのも、この店の特徴。アイスやキャラメルソースのトッピングをして、さらに美味しくいただくのもいいですね。テイクアウトして、グラン・プラスで食べ歩きするのもおすすめ。ぜひ本場のベルギーワッフルを味わってくださいね。


メゾン・ダンドワの詳細

公式サイトで見る



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事