台中でおすすめの観光名所25選。子連れも楽しめる穴場スポットとは

日本からもアクセスしやすく、旅行先として人気のある台湾。そんな台湾の観光都市である台北と高雄に次いで、「第3の都市」と呼ばれている台中をご存知でしょうか。今回は、観光地として人気が高まっている台中のおすすめ観光スポットを定番から穴場までまとめてご紹介します。

台中ってどういうところ?

台中のおすすめ観光スポット

台中は、台湾の中心部に位置する都市。首都・台北からは鉄道を利用して、約2時間ほどでアクセスできます。平均気温は約23度で、年間を通して過ごしやすい環境です。台湾人から“住みたい都市No.1”と言われており、国内でも人気が高まっていますよ。

新しく文化施設などが作られていく中で、豊かな歴史文化やアート、自然などのローカルな雰囲気もたくさん残っています。他の街にはない魅力がたくさん詰まった街といえるでしょう。

今回は、そんな台中の魅力が伝わる、定番から穴場までおすすめの観光スポットを解説します。子連れの方でも楽しめる名所をピックアップしていますので、台中旅行の参考にしてみてください。


スポット1. 台中駅

台中でおすすめの観光スポット「台中駅」

まずおすすめするスポットは、観光のスタート地点になるであろう台中駅。台中の玄関口の役割を果たすこの駅は、西部幹線全ての鉄道が停車します。

1905年から開業している駅で、旧駅舎は日本統治時代であった1917年に建設されたもの。赤レンガが美しい英国風のデザインで、どこかレトロな雰囲気を感じさせてくれますよ。現在は、2016年に建設された新駅舎が利用されています。旧駅舎は建物として残され、歴史的価値から国定古跡に指定されているのです。まずはこの場所で歴史を感じてから、台中観光へ出発してみてはいかがでしょうか。台北からアクセスすれば日帰り観光も可能ですよ。


台中駅の詳細

公式サイトで見る


スポット2. 台中市役所

台中でおすすめの観光スポット「台中市役所」

台中市役所も、台中の歴史ある観光スポット。近年、台湾では「日本統治時代をより深く知ろう」という動きが高まっています。その時代に建てられた建物の保存を強化して、風化しているものについても修復されています。台中市役所もその流れを受け、2016年に改修工事を終え、歴史を感じられる場所として注目されているのです。改修後は台中市役所文創園区として、アートと飲食が楽しめるスポットになりました。建物外観の美しさはもちろんのこと、館内にはカフェやレストランが入っているため、小休憩にも利用できます。他にも、2・3階はアートスペースとして無料で見学できるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


台中市役所の詳細

公式サイトで見る


スポット3. 道禾六藝文化館

道禾六藝文化館は、かつては台中刑務所演武場と呼ばれていた場所。日本統治時代の1937年、日本の武士道精神を台湾全土に広めることを目的に建てられました。台中市内で唯一残っている演武場で、保存状態もかなり良く、2004年には台中市文化局の歴史建築物にも登録されています。

道禾六藝文化館の武道場は、現在でも柔道や剣道などの練習に使用されています。台中駅からも比較的近い場所にあるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。歩き疲れたらお茶を飲んで一休みできる飲食店もありますよ。


道禾六藝文化館の詳細

公式サイトで見る


スポット4. 台中孔子廟

台中でおすすめの観光スポットは台中孔子廟

1976年に台中神社があった場所に設立された台中孔子廟。学問の神様として有名な、中国の儒教の創始者である孔子を祀っています。そのため、受験シーズンには多くの学生が合格祈願に訪れ、賑わっています。

台湾では珍しい宋代の建築様式が採用された建物で、台北や台南など台湾各地に孔子廟はありますが、台中が1番の敷地の広さです。緑も多いので、館内だけでなく、敷地内もぐるりと散策してみると良いでしょう。案内所には、日本語のパンフレットと音声ガイドも用意されているので安心です。


台中孔子廟の詳細

公式サイトで見る


スポット5. 宝覚寺

日本にもゆかりある宝覚寺。こちらのスポットも、日本統治下であった1928年に建設されています。当時日本から台湾へ移り住んだ人々の墓地や、第二次世界大戦時の台湾人日本兵の慰霊碑などもあり、わざわざ足を運ぶ日本人が多いスポットです。

本堂の右側で一際目立つのは、ニコニコと笑う金色の大仏様。その姿は七福神の布袋様のようであることから、台湾でも弥勒仏像と呼ばれています。足元に刻まれた「皆大歓喜」という文字に込められているのは、「皆んな喜んでいられますように」という願い。台中に訪れた日本人は、ぜひ見ておきたいスポットです。


宝覚寺の詳細

公式サイトで見る


スポット6. 大甲鎮瀾宮

台中でおすすめの観光スポットは大甲鎮瀾宮

大甲鎮瀾宮は台中市大甲の観光名所で、「台湾でこのお寺の名前を知らない人はいない」というほど有名なお寺です。場所は大甲駅から徒歩5分ほど、下町商店街の近くにあります。1732年に創設されたこのお寺は、200年以上の歴史を持っていて、1年中参拝客で賑わっていますよ。

祀られている主神は、媽祖という航海安全の神様。毎年旧暦3月23日には「大甲媽祖巡行」というイベントが行われていて、世界中から人が集まってくるパワースポットです。内部では、精巧に作られた石彫や人形など、貴重な伝統工芸の数々を見られます。


大甲鎮瀾宮の詳細

公式サイトで見る


スポット7. 紫雲巖

台中の下町である清水のシンボルにもなっている紫雲巖。台中で最も大きい観音廟で、観世音仏を祀っていることから別名観音亭と呼ばれることがあります。

2階建ての正殿には両側に鐘楼があり、真っ赤な提灯が無数に飾り付けられているのが大きな特徴。黄金色の瓦屋根は輝きを放ち、その上に色鮮やかな龍が乗っている様子はとっても華やかです。まさに台湾らしい色使いをしているので、見ごたえも抜群。廟の周辺にはたくさん屋台も出ているので、お参りの帰りにはぜひ台湾グルメも味わってみてくださいね。


紫雲巖の詳細

公式サイトで見る


スポット8. 20号倉庫

台中駅のすぐ近くにある20号倉庫。昔駅倉庫だった場所を利用して設計されたアートスペースです。台中駅からは、シンボルである水槽タワーが見えています。駅の裏側にあるのですが、少々入り口がわかりにくいので注意が必要です。20号倉庫という名前ですが、実際には20から26までの7つの倉庫から成っています。

このエリアに足を踏み入れると、ウォールアートやドラム缶アートなど、至る所に空間を活用したおしゃれな現代アート作品があります。そのため、フォトスポットとしても人気があるんです。併設されているカフェからは、台中駅のプラットフォームを眺められますよ。


20号倉庫の詳細

公式サイトで見る


スポット9. 台中国家歌劇院

台中でおすすめの観光スポット「台中国家歌劇院」

2016年にオープンしたばかりの台中の新しい観光名所台中国家歌劇院。日本の建築家・伊東豊雄氏が設計していて、「世界の9大新ランドマーク」にも選定されています。「美しい音の洞窟」をコンセプトに作られた建物は、不思議な曲線があったり穴が空いたりしている個性的な外観。館内にある時計やベンチからもこだわりが感じられます。

また、屋上には空中庭園があり、台中の景観が眺められます。公演とのタイミングが合えば、オペラやコンサートを観劇するのも良いでしょう。高層ビルが立ち並ぶエリアにあるので、夜は綺麗な夜景も楽しめますよ。


台中国家歌劇院の詳細

公式サイトで見る



お気に入り

注目の記事

関連する記事