ストックホルム旅行で絶対に行くべきおすすめ観光スポット25選

スウェーデンの首都『ストックホルム』。カラフルで美しい街並みを一目見ようと毎年多くの観光客が訪れています。今回はそんなストックホルムのおすすめ観光名所を25スポット厳選してお届け。ストックホルムへ旅行を考えている方はぜひ参考にしてプランを立ててくださいね。

ストックホルムってどういうところ?

ストックホルムでおすすめの観光名所

スウェーデンの首都『ストックホルム』。スウェーデンだけではなく、北欧を代表する都市とも言われていて、毎年多くの観光客が訪れる人気の観光地です。

今回は、ストックホルムで絶対にいくべき観光名所を25個ピックアップしました。映画の舞台になった定番スポットから穴場スポットまでご紹介するので、ストックホルムへ旅行に行く方はぜひ参考に旅行プランを立ててくださいね。


スポット1. 【定番編】ドロットニングホルム宮殿

ストックホルムでおすすめの観光地はドロットニングホルム宮殿

1686年に作られた、歴史の長い観光名所が『ドロットニングホルム宮殿』。スウェーデンのローベン島にあります。ストックホルムの街中からは、地下鉄とバスを乗り継いで約50分でアクセスできます。

そんなドロットニングホルム宮殿の見どころは、きれいな外観。パステル調でやさしい色合いのイエローとグリーンが使われていて、まさにフォトジェニック。建物や庭園は美しく手入れされているので、『北欧のヴェルサイユ宮殿』と親しまれています。1991年にユネスコの世界遺産に登録されてからは、さらに観光地としての人気が増していますよ。


ドロットニングホルム宮殿の詳細

公式サイトで見る


スポット2. 【定番編】ドロットニングホルム宮廷劇場

ストックホルムでおすすめの観光地はドロットニングホルム宮廷劇場

『ドロットニングホルム宮廷劇場』は、ドロットニングホルム宮廷の隣にある劇場です。1754年に、ルヴィサ・ウルリカ女王によって作られました。女王の息子であるグスタヴ3世が暗殺されてからは、約100年ものあいだ閉鎖。それから1921年に、再オープンを果たしました。1991年には、ドロットニングホルム宮廷と一緒に、ユネスコの世界遺産に登録されていますよ。

時期によってバレエや演劇などの舞台が上演されていますが、中だけ見たいなら観光ツアーに参加しましょう。建物の中は上品な雰囲気が漂っていて、セレブになった気分を味わえます。


ドロットニングホルム宮廷劇場の詳細

公式サイトで見る


スポット3. 【定番編】ガムラスタン旧市街

ストックホルムでおすすめの観光地はガムラスタン旧市街

『ガムラスタン旧市街』は、ストックホルムに訪れたら行くべき観光名所です。とてもかわいらしい街並みが特徴的で、スタジオジブリの人気映画『魔女の宅急便』のモデルにもなっているんです。

子連れの家族旅行でストックホルムに行くなら、絶対に行くべき観光地です。子どもたちが絶対に喜びますよ。石畳とカラフルな色合いの建物からは、ヨーロピアンな雰囲気が。実際に、中世ヨーロッパの歴史ある街並みをイメージしています。

また、ガムラスタン旧市街にはお土産ショップもたくさん。ショッピングをするのにおすすめです。


ガムラスタン旧市街の詳細

公式サイトで見る


スポット4. 【定番編】ヴァーサ博物館

ストックホルムでおすすめの観光地はヴァーサ博物館

子連れ家族やカップルなど、幅広い層に愛されている観光地が『ヴァーサ博物館』です。なんとこの博物館、1628年に沈没して1961年に引き上げられた戦艦『ヴァーサ号』が展示されているのです。

修復が繰り返され、今はほぼ元通りに復元されています。69mもの大きさがあり、迫力満点!実物を見ると、大人も子供も興奮すること間違いなし。

ヴァーサ号にちなんだお土産を販売するショップもあるので、戦艦好きはショッピングを楽しんでくださいね。


ヴァーサ博物館の詳細

公式サイトで見る


スポット5. 【定番編】スカンセン

ストックホルムでおすすめの観光地はスカンセン

ストックホルム・ユールゴーデン島の中にある『スカンセン』は、1891年にオープンした世界初の野外博物館です。スウェーデンの伝統的な建物や民族衣装などが展示されています。

展示物である建物は、18~20世紀にかけて作られた家屋を中心に、160棟もの数が。スカンセンを創設したハッセリウス氏が生まれた家も、この博物館にありますよ。

実際に民族衣装を着ている人の姿も見られます。ダンスや民謡などのパフォーマンスもあるので、盛り上がりながら楽しめる観光スポットです。


スカンセンの詳細

公式サイトで見る


スポット6. 【定番編】王立公園

ストックホルムでおすすめの観光地は王立公園

スウェーデン・ストックホルムにある『王立公園』は、広い敷地を持っているのが特徴です。のどかな雰囲気が流れているので、のんびりとお散歩を楽しみたい方にもぴったり。観光客だけでなく、地元民の憩いの場所にもなっているんですよ。

そんな王立公園は、春になると淡いピンク色の八重桜が花を咲かせます。実はこの八重桜、日本からスウェーデンに贈ったもの。季節が被れば、ストックホルムでお花見を楽しむのもおすすめ。


王立公園の詳細

公式サイトで見る


スポット7. 【定番編】ストックホルム王宮

ストックホルムでおすすめの観光地はストックホルム王宮

ストックホルム・ガラムスタンにある王宮『ストックホルム王宮』も、ストックホルムを観光するなら絶対に行くべき人気の観光地。もともとの建物は13世紀に完成しましたが、1697年に火事で消失してしまいました。現在の建物は、新たに再建されたもの。

大きい王宮が特徴的で、その大きさは世界最大級と言われているんですよ。部屋の数は608室もあり、一部ではありますが観光客も見学できるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

見学料は無料ではなく、ややお高めですが見学する価値ありです。ゴージャスなシャンデリアは見るだけで圧巻。子連れの家族旅行でもきっと子供が喜んでくれますよ。


ストックホルム王宮の詳細

公式サイトで見る


スポット8. 【定番編】北方民俗博物館

ストックホルムでおすすめの観光地は北方民俗博物館

ストックホルムの中でも一際目立つ、ゴージャスな雰囲気を持つ『北方民俗博物館』。スウェーデンの文化や伝統工芸、生活に関する品が展示されています。

展示品は、1500年代から現在に至るまでのものなので、「スウェーデンの歴史を学びたい」という観光客にぴったりのスポットです。

特に注目していただきたいポイントは、ストックホルムの人々のファッションが飾ってあるエリア。どのようにしてファッションが進歩してきたのかが、一目見て分かるようになっています。


北方民俗博物館の詳細

公式サイトで見る



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事