六本木のおすすめ観光名所25選。デートにも人気のおしゃれスポットをご紹介

大地 2024.05.09
昼夜問わず観光客で溢れている『六本木』。眠らない街として有名な場所です。東京の中でも特に人気の観光地『六本木』のおすすめ観光名所を25スポット厳選してご紹介!誰もが知る定番スポットから穴場スポットまで『六本木』の魅力を徹底解説していきます。

六本木ってどういうところ?

六本木のおすすめの観光スポット

昼も夜も盛り上がる、眠らない街『六本木』。ショッピングビルや美術館など、さまざまな観光名所があります。東京の中でも人気がある観光地で、日本人だけでなく多くの外国人が訪れています。

今回は、六本木でおすすめしたい観光スポットを25個ピックアップしていきますね。デートで使える定番スポットやグルメスポット、一人で行ける穴場な観光地までご紹介します。六本木を観光する予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。


スポット1. 【六本木ヒルズ編】六本木ヒルズ

六本木でおすすめの観光地は六本木ヒルズ

2003年にオープンした複合商業施設『六本木ヒルズ』。六本木を観光するのに外せないスポットで、名前を聞いたことがない人はほとんどいないのではないでしょうか。

六本木ヒルズ森タワーをメインとして、レジデンスやテレビ局のビル、アリーナ、オフィス、映画館、買い物、レストラン、展望台、美術館など、遊ぶところがたくさん入っています。働く人や観光客でにぎわう、六本木の観光名所ですよ。朝から夜まで一日中遊んでも飽きないので、観光の際はぜひ訪れてみてくださいね。


六本木ヒルズの詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-11-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:ビルや店舗による
  • 電話番号:03-6406-6000
  • 定休日:ビルや店舗による
  • 予算(飲食費&入館料など):店舗による
公式サイトで見る

スポット2. 【六本木ヒルズ編】東京シティビュー

六本木でおすすめの観光地は東京シティビュー

『東京シティビュー』は、六本木ヒルズ森タワーの52階にある展望台です。この展望台からは、六本木の街並みだけではなく、東京タワーやスカイツリー、お台場、羽田空港などが眺められます。さらには、横浜方面の街も。天気の良い日だと、富士山が姿を見せてくれますよ。

そんな東京シティビューに行くなら、夜がおすすめ。キラキラと光る東京の夜景が楽しめるんです。ロマンチックな雰囲気になるので、カップルのデートにぴったりでしょう。


東京シティビューの詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:10:00 - 23:00
  • 電話番号:03-6406-6652
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般1,800円
公式サイトで見る

スポット3. 【六本木ヒルズ編】六本木ヒルズ スカイデッキ

六本木でおすすめの観光地は六本木ヒルズ スカイデッキ

『六本木ヒルズ スカイデッキ』は、六本木ヒルズ森タワーの屋上(54階)にあるデッキです。東京シティビューの入館料1,800円にプラスして300円支払うことで、スカイデッキに入れます。気持ちいい風を感じながら東京の街並みを一望できるのでとても人気の観光地となっています。外国人観光客もたくさん訪れていますよ。

そんな六本木ヒルズ スカイデッキの上には、夜になると星空が。東京のど真ん中できれいな夜景が見たくなったら、ぜひ足を運んでみてくださいね。


六本木ヒルズ スカイデッキの詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 54F
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:11:00 - 20:00
  • 電話番号:03-6406-6652
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般500円(森美術館- 東京シティビュー- 森アーツセンターギャラリーのいずれかのチケットを持っている場合)
公式サイトで見る

スポット4. 【六本木ヒルズ編】毛利庭園

六本木でおすすめの観光地は毛利庭園

六本木ヒルズの中にある『毛利庭園』は、回遊式が特徴の日本庭園です。その場所にはもともと、毛利邸がありました。4,300平方メートルもの広さがあり、観光客や会社員の憩いの場になっています。

そんな毛利庭園には、芝生や松、池、滝、川などの豊富な自然があります。芝生に座りながら一人でのんびりと景色を楽しむのが、おすすめの過ごし方。水の音に耳を澄ますのもいいですね。都会のオアシスに癒やされること間違いなし。


毛利庭園の詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-10-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:24時間
  • 電話番号:03-6406-6000
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):入場料無料
公式サイトで見る

スポット5. 【六本木ヒルズ編】テレビ朝日

View this post on Instagram

ydyszさん(@ydysz)がシェアした投稿 -

六本木ヒルズのすぐそば、テレビ局『テレビ朝日』の本社ビルも観光名所になっています。ガラス張りのビルの1階は、観光客用に遊ぶところが設置されています。番組のセットが再現されているコーナーでは、出演者のパネルと一緒に写真撮影ができますよ。『相棒』『ミュージックステーション』『徹子の部屋』など、人気番組が勢ぞろい。

そんなテレビ朝日本社ビル1階の中でもイチオシのスポットが、人気アニメ『ドラえもん』のコーナー。のび太の部屋が忠実に再現されていますよ。子供も大人も楽しめること間違いなしです。


テレビ朝日の詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-9-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:[月〜土] 9:30 - 20:30、[日] 9:30 - 20:00
  • 電話番号:03-6406-1111
  • 定休日:不定休
  • 予算(飲食費&入館料など):入場料無料
公式サイトで見る

スポット6. 【六本木ヒルズ編】森アーツセンターギャラリー

View this post on Instagram

@lovebuzz311がシェアした投稿 -

『森アーツセンターギャラリー』は、六本木ヒルズ森タワーの52階にあるギャラリーです。1,000平方メートルほどの敷地の中では、時期によってさまざまな企画展が催されています。世界の美術品を集めた展覧会をはじめ、映画やデザイン、ファッションの分野まで。さらには、日本の漫画やアニメ作品の企画展が行われることも。

森アーツセンターギャラリーは、国内外問わず多くの観光客が訪れる人気観光地です。日本のアニメ作品の企画展のときはお土産を求めに来る外国人観光客の姿も。六本木を観光される際は、森アーツセンターギャラリーでの企画展もチェックしてみてくださいね。


森アーツセンターギャラリーの詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:展覧会による
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):展覧会による
公式サイトで見る

スポット7. 【六本木ヒルズ編】森美術館

View this post on Instagram

Takashi Yabuuchiさん(@takashi_yabuuchi)がシェアした投稿 -

六本木ヒルズの53階にある『森美術館』は、日本でも有数のミュージアム。日本で一番高い場所にある展示空間です。森美術館ならではのテーマで、さまざまな企画展をシーズンごとに開催しています。その企画の題材は、現代美術をメインとして彫刻や絵画、建築など。アジアの優秀な若いアーティストの発表の場にもなっているんですよ。

そんな森美術館は、休館日がなく22時までやっているのが特徴。仕事終わりのデートや、仕事で疲れたときに一人で訪れるのもおすすめ。ただし、火曜は早く閉まるのでご注意を。


森美術館の詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:[月- 水~日] 10:00 - 22:00、[火] 10:00 - 17:00
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般1,800円
公式サイトで見る

スポット8. 【六本木ヒルズ編】TOHOシネマズ六本木ヒルズ

View this post on Instagram

Hanitaさん(@hanii_10)がシェアした投稿 -

六本木ヒルズの中にある『TOHOシネマズ 六本木ヒルズ』は、スクリーンが9つもある巨大映画館です。『TOHOシネマズ』は全国にある映画館ですが、中でも六本木ヒルズ店はゴージャスな内装が特徴。20m以上もある大きなスクリーンでは、迫力満点の映画が楽しめます。ほかにも、最新の音響システム『ドルビーアトモス』や『アトラクション4Dシアター』など、楽しめるポイントがたくさん。

座席は、革でできた電動リクライニングシートが疲れにくいのでおすすめです。フットレストも付いているので、ぜひ選択してみてくださいね。


TOHOシネマズ六本木ヒルズの詳細

  • 住所:東京都港区六本木6丁目10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内
  • アクセス:「六本木駅」1C出口より徒歩3分
  • 営業時間:09:30(閉店は映画の上映時間による)
  • 電話番号:050-6868-5024
  • 定休日:不定休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般1,800円~
公式サイトで見る

スポット9. 【東京ミッドタウン編】東京ミッドタウン

六本木でおすすめの観光地は東京ミッドタウン

『東京ミッドタウン』は、さまざまなショップやグルメスポット、オフィス、病院、美術館、レジデンスなどが入った複合型商業施設です。六本木駅から歩いて5分ほどの場所にあり、昼夜問わず多くの観光客が訪れている人気の観光名所。高級ブティックも多いため、一人で買い物を楽しむマダムが多いのも特徴です。

そんな東京ミッドタウンは、時期によってピクニックやアイススケートなどのイベントが開催されています。特にクリスマスの時期になるとキラキラと輝くイルミネーションが見られますよ。都内有数のイルミネーションスポットとして大人気です。


東京ミッドタウンの詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:施設による
  • 電話番号:03-3475-3100
  • 定休日:施設による
  • 予算(飲食費&入館料など):施設による
公式サイトで見る

スポット10. 【東京ミッドタウン編】デザインハブ

View this post on Instagram

MIKA☺︎さん(@mikaaa3s)がシェアした投稿 -

『デザインハブ』は、デザインをテーマとして、職能・プロモーション・研究教育をすることを目的とした施設です。ワークショップや企画展示などを行い、デザインを通して多くの人々をつないでいます。

過去には、東北商品のパッケージデザインコンテスト『おいしい東北パッケージデザイン展 in Tokyo』や、グッドデザイン賞を受賞したデザインを紹介する『グッドデザインエキシビション2014』などが開催されました。東京ミッドタウンに来たら、デザインハブでどんな企画展示が行われているのかをチェックしてみてくださいね。


デザインハブの詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン- タワー
  • アクセス: 「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:企画展示による
  • 電話番号:03-6743-3776
  • 定休日:不定休
  • 予算(飲食費&入館料など):企画展示による
公式サイトで見る

スポット11. 【東京ミッドタウン編】21_21 DESIGN SIGHT

View this post on Instagram

Cherry Happyさん(@cherry_h_happy)がシェアした投稿 -

『21_21 DESIGN SIGHT』は、東京ミッドタウンのガーデンの中にある施設です。コンクリートのおしゃれなデザインが特徴的な建物で、建築家・安藤忠雄さんが設計を担当しました。期間を決めて企画展示を行っていて、最前線のアート作品が飾られています。

過去には『デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法』『雑貨展』といった企画展示が開催されていますよ。東京ミッドタウンに訪れたら、デザインハブと合わせて、21_21 DESIGN SIGHTの企画展示もチェックしてみてはいかがでしょうか。


21_21 DESIGN SIGHTの詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン- ガーデン内
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:10:00 - 19:00
  • 電話番号:03-3475-2121
  • 定休日:火曜日- 年末年始- 展示替え期間
  • 予算(飲食費&入館料など):一般1,100円
公式サイトで見る

スポット12. 【東京ミッドタウン編】サントリー美術館

View this post on Instagram

riさん(@owo_art)がシェアした投稿 -

東京ミッドタウンの中にあるミュージアム『サントリー美術館』は、「伝統と現代の融合」がテーマのミュージアムです。期間ごとに企画展示をしていて、伝統工芸品などを飾っています。1961年にオープンして以来、多くの観光客にアートの美しさを伝えてきました。

そんなサントリー美術館に訪れたら、ぜひお土産ショップで買い物してくださいね。展示品をモチーフとした、日常生活で使えるおしゃれなマグカップや急須などが販売されていますよ。


サントリー美術館の詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:10:00 - 18:00
  • 電話番号:03-3479-8600
  • 定休日:火曜日- 展示替期間- 年末年始
  • 予算(飲食費&入館料など):展覧会による
公式サイトで見る

スポット13. 【東京ミッドタウン編】フジフイルム スクエア

View this post on Instagram

写真と、ちょっといい暮らし。さん(@fujifilmjp_walldecor)がシェアした投稿 -

東京ミッドタウンのフジフイルム本社ビル1階には『フジフイルム スクエア』があります。この施設は、写真をテーマにしたショールームです。1階と2階に分かれているのが特徴。1階には写真ギャラリーの『PHOTO IS』と『フォトマルシェ ギャラリー&ショップ』、2階には公募作品などを飾る『フォトサロン』と『写真歴史博物館』があります。

写真好きの方には特におすすめの観光スポットです。六本木観光のお土産に、写真のポストカードを買ってみてはいかがでしょうか。


フジフイルム スクエアの詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-3
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:10:00 - 19:00
  • 電話番号:03-6271-3350
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):入場料無料
公式サイトで見る

スポット14. 【東京ミッドタウン編】ミッドタウン・ガーデン

View this post on Instagram

呂星九さん(@ssung_kun)がシェアした投稿 -

東京ミッドタウンの中にある自然豊かな『ミッドタウン・ガーデン』も、人気の観光名所です。くすのきや桜などの木々がたくさん植えられていて、地面には青々とした芝生が広がっています。色とりどりの美しい花も咲き誇っているので、自然に癒やされたい方はぜひ足を運んでくださいね。

そんなミッドタウン・ガーデンには、25種類ほどの鳥たちが生息しています。ハトやスズメ、カモ、サギなど。散歩を楽しみながら、バードウォッチングをするのもいいでしょう。


ミッドタウン・ガーデンの詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:24時間
  • 電話番号:03-3475-3100
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):入場無料
公式サイトで見る

スポット15. 【東京ミッドタウン編】ザ・リッツ・カールトン東京

六本木でおすすめの観光地はザ・リッツ・カールトン東京

東京ミッドタウンの中には、高級5つ星ホテル『ザ・リッツ・カールトン東京』があります。ロビーからゴージャスな雰囲気が漂っていて、足を踏み入れるだけでセレブになれたかのよう。ただ「高級ホテルに泊まるお金なんてない」という方も多いでしょう。そんなときには、ラウンジにあるバーへ行ってみてはいかがでしょうか。宿泊しなくてもリッチな気分に浸れます。

そんなザ・リッツ・カールトン東京のバーの特徴は、充実したカクテル。いちごのシャーベットにシャンパンをそそぐ『茜ロワイヤル』は、見た目がかわいらしく飲みやすいので、女子に大人気です。仕事終わりのデートにもぜひ利用してみてくださいね。


ザ・リッツ・カールトン東京の詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:[平日- 日- 祝] 9:00 - 24:00、[土- 祝前日] 9:00 - 25:00
  • 電話番号:03-3423-8000
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):4,000円〜
公式サイトで見る

スポット16. 【東京ミッドタウン編】アートワーク in 東京ミッドタウン

View this post on Instagram

ytaku0123さん(@ytaku0123)がシェアした投稿 -

『アートワーク in 東京ミッドタウン』は、アートディレクターの清水敏男さんとジャン=ユベール・マルタンさんがプロデュースしたアート空間です。ミッドタウン・ガーデンを中心として、東京ミッドタウンのさまざまなポイントにアート作品が置かれています。芝生の上にアート作品が並んでいる姿は、まるで屋外ミュージアムのよう。散歩しながら楽しむ観光客がたくさんいますよ。


アートワーク in 東京ミッドタウンの詳細

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩5分
  • 営業時間:24時間
  • 電話番号:03-3475-3100
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):入場無料
公式サイトで見る

スポット17. 【ミュージアム編】国立新美術館

六本木でおすすめの観光地は国立新美術館

六本木の定番観光名所『国立新美術館』は、国内最大級のミュージアムです。14,000平方メートルもの敷地を持っていて、さまざまな企画展示が開催されています。『さまざまな美術表現を紹介し、新たな視点を提起する美術館』というテーマをもとに、現代美術作品などを展示していますよ。

そんな国立新美術館でおすすめしたいのは『サロン・ド・テ ロンド』というカフェ。こだわりのお菓子や紅茶を堪能できます。どれを食べても絶品なので、国立新美術館に行った際はぜひグルメスポットも堪能してくださいね。


国立新美術館の詳細

  • 住所:東京都港区六本木7-22-2
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩10分
  • 営業時間:10:00 - 17:30
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 定休日:火曜日
  • 予算(飲食費&入館料など):企画展示による
公式サイトで見る

スポット18. 【ミュージアム編】スヌーピーミュージアム

View this post on Instagram

SNOOPY MUSEUM TOKYOさん(@snoopymuseumtokyo)がシェアした投稿 -

『スヌーピーミュージアム』は、世界的に人気のあるキャラクター『スヌーピー』に関する展示がされているミュージアムです。原画やアニメーション、コミックなどが飾られていて、スヌーピーファンにとってたまらない空間。

お土産ショップでは、ここでしか買えないオリジナルスヌーピーグッズの買い物を楽しめます。特に人気なのは、スヌーピーが描かれたかわいらしいクッキー。お土産にぴったりです。とても人気で平日でも売り切れていることが多いため、早めに出かけてくださいね。

また、館内にあるカフェでは、キャラクターをイメージしたミルクセーキが飲めますよ。とてもキュートな見た目に、思わず写真を撮りたくなってしまうでしょう。


スヌーピーミュージアムの詳細

  • 住所:東京都港区六本木5-6-20
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩7分
  • 営業時間:10:00 - 20:00
  • 電話番号:03-6328-1960
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般2,000円
公式サイトで見る

スポット19. 【通り編】六本木けやき坂通り

六本木でおすすめの観光地は六本木けやき坂通り

『六本木けやき坂通り』は、六本木ヒルズのメイン通りともいえる場所です。400mほどの長さがあり、通りには高級ブランドのショップが並んでいます。一人でも買い物を楽しむ方が多いので、「六本木でリッチな買い物を楽しみたい」という観光客におすすめしたい観光スポットです。

そんな六本木けやき坂通りは、冬になるとイルミネーションが灯されます。通りの左右に植えられているけやきがキラキラと輝き、ロマンチックな雰囲気を醸し出してくれますよ。デートにもぴったりです。


六本木けやき坂通りの詳細

  • 住所:東京都港区麻布十番1-5
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:店舗による
  • 電話番号:店舗による
  • 定休日:店舗による
  • 予算(飲食費&入館料など):店舗による
公式サイトで見る

スポット20. 【通り編】芋洗坂

View this post on Instagram

senchanさん(@senchan_0323)がシェアした投稿 -

六本木駅から歩いて3分ほどの場所にある通り『芋洗坂』。昔、この場所に芋問屋があったことから、芋洗坂と名付けられました。六本木ヒルズや東京ミッドタウンほど混み合っていないので、穴場の観光スポットです。

そんな芋洗坂には、おしゃれな雰囲気が漂うレストランやカフェが並んでいます。六本木観光で歩き疲れたら、ぜひ芋洗坂のカフェで休憩してくださいね。おいしいコーヒーが飲みたいなら、水出しコーヒーが有名な喫茶店『珈琲たちばな』に行ってみてはいかがでしょうか。


芋洗坂の詳細

  • 住所:東京都港区六本木6-1-4
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:店舗による
  • 電話番号:店舗による
  • 定休日:店舗による
  • 予算(飲食費&入館料など):店舗による
公式サイトで見る

スポット21. 【グルメ編】キャンティ

View this post on Instagram

kin5さん(@01329taka)がシェアした投稿 -

『キャンティ』は、1960年に六本木の飯倉片町にオープンしたイタリアンレストラン。『子どもの心をもつ大人たちと 大人の心をもつ子どもたちのために』というコンセプトで、訪れる人々に料理を提供してきました。芸能人や著名人もお忍びで訪れるほど、人気があるレストランです。

そんなキャンティは、ランチ・カフェランチ・ディナーで分かれています。その中でも、1,200円ほどで食べられるセットもあるので、平日のカフェランチがおすすめ。『スマートカジュアル』というドレスコードがあるため、服装には注意しましょう。


キャンティの詳細

  • 住所:東京都港区麻布台3-1-7
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩10分
  • 営業時間:11:30 - 22:00
  • 電話番号:03-3583-7546
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):10,000円 - 15,000円
公式サイトで見る

スポット22. 【グルメ編】蒼龍唐玉堂

View this post on Instagram

Aki Spicy さん(@aki_spicy)がシェアした投稿 -

『蒼龍唐玉堂』は、坦々麺の専門店です。10種類を超える坦々麺が用意されているので、どれを選ぶか迷ってしまう人が続出。ただ辛いだけではなく、スープの中に旨味が凝縮されています。一度食べたら、ハマってしまうでしょう。

そんな蒼龍唐玉堂で、辛いもの好きな方におすすめしたいのが『無頼漢担々麺』です。唐辛子がこれでもかというくらい入っていて、ひと口食べると汗が吹き出すほど。辛さの中にコクもあるので、スープも味わってみてくださいね。


蒼龍唐玉堂の詳細

  • 住所:東京都港区六本木7-17-16 米久ビル 1F
  • アクセス:「六本木駅」2番出口より徒歩1分
  • 営業時間:[月~土] 11:30 - 翌7:00、[日] 11:30 - 翌5:00
  • 電話番号:03-3470-0451
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):1,000円 - 2,000円
公式サイトで見る

スポット23. 【グルメ編】イル・フィーゴ・インゴルド

View this post on Instagram

yuri❤︎さん(@___lily.an___)がシェアした投稿 -

六本木駅から歩いて5分ほどの場所にある『イル・フィーゴ・インゴルド』は、本格的なイタリアンレストランです。裏路地にあるので、都会の騒がしさから離れてゆっくりと食事を堪能できます。食材には、本場イタリアのものを取り寄せたり、日本国内で栽培されたイタリア野菜を使ったりと、強いこだわりが。肉や魚介も、厳選した新鮮な食材を使用しているんですよ。

そんなイル・フィーゴ・インゴルドのポイントは、約50種類ものパスタがあること。定番から珍しいものまであるので、お気に入りのパスタを見つけてくださいね。


イル・フィーゴ・インゴルドの詳細

  • 住所:東京都港区六本木7-19-1
  • アクセス:「六本木駅」2番出口より徒歩5分
  • 営業時間:[ランチ] 11:30 - 15:30(L.O.14:00)、[ディナー] 18:00 - 24:00(L.O.22:00)
  • 電話番号: 050-5872-5493
  • 定休日:日曜日
  • 予算(飲食費&入館料など):10,000円 - 15,000円
公式サイトで見る

スポット24. 【夜遊び編】エンターテイメントレストラン 六本木 金魚

View this post on Instagram

nisshi(Love &Peace !)さん(@nisshi0917_official)がシェアした投稿 -

『エンターテイメントレストラン 六本木 金魚』は、ニューハーフショーが楽しめるシアターレストランです。クオリティーの高いダンスを見ながら、料理やお酒が堪能できるエンターテイメント空間。『釜揚げしらすのピッツァ』は、ひと口食べるとしらすの風味が広がり、絶品ですよ。

そんな金魚の見どころは、なんといってもニューハーフショー。妖艶に踊る姿に、思わず虜になってしまうでしょう。ニューハーフの方々はみなさん美しいので、表情にも注目です!


エンターテイメントレストラン 六本木 金魚の詳細

  • 住所:東京都港区六本木3-14-17
  • アクセス:「六本木駅」より徒歩3分
  • 営業時間:18:00 - 23:30
  • 電話番号:050-5872-6320
  • 定休日:月- 年末年始
  • 予算(飲食費&入館料など):6,000円 - 8,000円
公式サイトで見る

スポット25. 【夜遊び編】MEZZO

View this post on Instagram

MEZZOさん(@mezzo_tokyo)がシェアした投稿 -

「六本木でワイワイとお酒を楽しみたい」という方におすすめなのが『MEZZO』というバー&ラウンジ。2017年にオープンしたばかりですが、若者を中心に、多くの港区民たちに愛されています。

フロアは、『VIPラウンジ』『スタンディングバー』の2構成。VIPラウンジは会員制なので、初心者はスタンディングバーで楽しみましょう。ビールやカクテル、ウイスキーなど、お酒の種類も豊富ですよ。入場料やチャージ料はないので、気軽に遊べるところも嬉しいですね。


MEZZOの詳細

  • 住所:東京都港区六本木5丁目1-7 六本木ストリートビル 1F2F
  • アクセス:「六本木駅」3番出口より徒歩1分
  • 営業時間:月~木 19:00~翌1:00,金- 土- 祝前日 19:00~翌3:00
  • 電話番号:03-6438-9711
  • 定休日:不定休
  • 予算(飲食費&入館料など):3,000円 - 4,000円
公式サイトで見る

まとめ

昼も夜もにぎやかな、眠らないおしゃれタウン『六本木』。ショッピングができるスポットやのんびりとくつろげるスポットまで、さまざまな観光地があります。六本木には美術館も多いので、アート好きはミュージアム巡りをするのもいいでしょう。事前にしっかりと観光計画を立てて、六本木の行きたいスポットを制覇してくださいね。

【参考記事】大人も子供も楽しめる!銀座のおすすめ観光スポットとは?▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

Enjoy Men's Life