転職エージェントの担当変更は可能。担当者を交代してもらう方法とは

転職エージェントに登録して転職活動を始めてみたものの、担当者との相性が悪くて思うように進まないと悩んでいる貴方。悩まないで、担当を変更してもらいましょう。担当者の変更は、考えているほど大変なことではありません。どのように担当者を変更してもらえば良いのかを解説していきます。

転職エージェントの担当変更について解説します。

転職エージェントの担当変更は可能

転職エージェントに登録し、いざ転職と張り切っていても、なんとなく担当のアドバイザーと相性が良くないということがあります。そうすると、転職活動も思うようにいかないかもしれません。そういう場合の対処方法を紹介します。


どうしても合わなければ担当エージェントの交代は可能です。

合わないなと思いながら、我慢している人も多いようですが、担当を変えることは意外と頻繁に行われています。担当者とは転職を一緒にするチームですから、合わない人とチームを組んでいるとうまくいかないことがあります。ネット上で簡単に担当者を変えてもらえるエージェントも多いので、あまり担当者に気を使わないで、変えてもらいましょう。


担当の変更は軽率にはしない。きちんと理由を添えること

簡単に交代が可能だとはいえ、軽率にすると仕事も簡単に変えてしまう人というレッテルを貼られます。きちんとした理由を添えて変更をすれば、反対に決断力のある人と思われますよ。メールで、きちんと伝えることが大切です。


担当者変更の際のメール例1

大変お世話になっております。

貴社に転職のためのお力添えをいただいております〇〇と申します。

現在、〇〇様に担当していただき、とても対応が丁寧でありがたく思っております。しかし、〇〇様のご意見は私が目指しているものと、若干、ずれを感じております。意思疎通がうまくできないのは、もちろん当方に問題があることは重々承知の上で、もし可能であれば、他のアドバイザーの方とお話をしたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

お忙しいところ、お手数をおかけいたしますが、お取り計らいのほどお願い申し上げます。


担当者変更の際のメール例2

お世話になっております。

現在、転職の支援をお願いしております〇〇と申します。

担当してくださっている〇〇様はとても熱意のある方で、とても感謝しております。しかし、今回初めての転職活動ということで、不安も大きく、もう少し情報が欲しいというのが、素直な気持ちです。可能であれば、もう少し志望しております〇〇業界についての情報をお持ちのアドバイザーの方と、お話をさせていただければ幸いです。

お忙しいところまことに恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。


変更の連絡の際のポイント

まずは、担当者の変更の理由をきちんと伝えることが大切です。変更の理由は、担当者と相性がよくない、または担当者が経験不足または知識不足ということなどですが、そのような理由をはっきりと、しかし、ちゃんとオブラートに包んでメールに記述します。また、気まぐれで担当者を変更したのではないことを、その後の転職活動できちんと証明しましょう。担当者の変更を頼むくらいに転職に「真剣」であったことを行動で示すと、新しい担当者はさらに協力してくれます。


別のエージェント会社へ移ることも検討する

たいていのエージェント会社は担当の変更をスムーズに行ってくれますが、エージェント会社によってはなかなかしてくれないところもあります。また、担当者が合わないと思っていたら、実はエージェント会社が合わないということもあるかもしれません。そのような場合は、別のエージェント会社へ移ることも検討してみましょう。それぞれのエージェント会社では、業界によって得手不得手もありますし、アドバイザーの雰囲気にも違いがあります。


転職エージェントの中でも、エージェントの質に定評のある会社をご紹介します

転職エージェントで担当を変更することは、思っているよりも簡単だということがお分かりになったでしょう。しかし、できれば担当者変更をお願いしないで済むようにしたいものです。そのために、満足できるアドバイザーが多く、あえて担当変更を依頼せずに済む転職エージェント厳選して3社紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


業界最大手の【リクルートエージェント】

国内転職実績No,1といわれるリクルートエージェントは、転職後の満足度99%以上で量だけではなく、質も素晴らしい転職エージェントです。リクルートのブランド力で求人の多さに定評がありますが、特に非公開になっている求人が多く、常時9万件以上もあります。それは、企業とのつながりが強いということでもあります。企業とつながりが強いということは、面接対策もそれぞれの企業によって傾向を把握し対策できる用意があるということ。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーの質が高く、細やかな指導をしてもらえることでも有名です。面接対策も万全で、それぞれの企業が面接でどのようなことに注目しているのか、過去のデータから、プラス評価される人や採用された人の情報を紹介し、的確なアドバイスをキャリアアドバイザーにしてもらえます。それだけではなく、面接日時の調整や就業条件の交渉までしてもらえるので、求職者は余計なストレスから解放されます。その他、転職成功のための独自サービスの充実しており、職務経歴書を効率良く作れる「レジュメNavi」や、企業の詳細がわかる「AGENT REPORT」などがあります。

公式サイトで見る


業界2位で若手転職者に強い【DODA】

DODA(デューダ)は、キャリアアドバイザーとの相性の良さでも定評のある転職エージェントです。求人数も多く、公開の求人だけではなく、エージェントサービスやスカウトサービスの求人を合わせると常時10万件以上の求人があります。それだけではなく、「DODA転職フェア」という参画する企業数も来場者数も国内最大級の転職イベントを開催しています。求人をしている企業の採用担当者や社員と直接話せ、社内の雰囲気なども掴めるイベントです。


DODAのおすすめポイント

DODAでは、2人の担当者がついてサポートしてくれます。1人は、キャリアアドバイザーで、求人を紹介し、応募書類の書き方や面接対策などをサポートし、面接日時の調整から条件交渉などを引き受けます。もう1人は、採用プロジェクト担当です。採用プロジェクト担当は、企業の内情にも詳しく、採用したいタイプを総合的に理解し、企業の人事担当者の立場でアドバイスをします。その他、ゼネラルマネージャーなどエグゼクティブ層の転職に特化したエグゼクティブ専門コンサルタントや、外資系企業で活躍を目指すバイリンガルやトリリンガルのためのバイリンガル専門コンサルタントなど専門的なコンサルタントのサポートも受けられます。

公式サイトで見る


初めての転職に心強い【パソナキャリア】

丁寧なサポートが人気のパソナキャリアは、初めての転職でも安心な転職エージェントです。職務経歴書の書き方がわからない、面接の時はどうやってアピールすればいいのだろうといった初歩的な悩みにもしっかり答えてくれます。情報量も多くひとりひとりにマッチした企業を紹介できるので、転職後の満足度もかなり高いのが特徴です。満足の原因は収入が増えたことも一因のようで、転職後の年収も67.1%の人が上がったという統計も出ています。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアは、カテゴリーごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しています。カテゴリーは業種や職種だけではなく、「女性の転職」というものもあり、細かく分けられているので自分に合ったカテゴリーのキャリアアドバイザーを選べます。キャリアアドバイザーは、就職したい企業にふさわしい職務経歴書の書き方から面接対策まで細やかにアドバイスをしてくれます。内定が決まった後も、在籍していた会社の退職から法的手続きまでフォローがあり、転職後も問題があれば相談しに来て欲しいという至れり尽くせりの転職エージェントです。

公式サイトで見る


相性の良い転職エージェント担当と、二人三脚で転職成功を目指しましょう。

転職エージェントで、担当者を変更してもらう方法と担当者に対する満足度の高い転職エージェントを紹介しました。担当者と合わないのに我慢するのはやめましょう。変更が言い出しにくければ、転職エージェントを変更すれば良いだけ。専門性が高く、情報量の多いアドバイザーのいる転職エージェントを選んで、満足のいく転職活動をしてくださいね。

【参考記事】数ある転職エージェントの中でも特におすすめの会社を紹介▽

【参考記事】転職エージェントってどんなサービス?求人紹介までの流れもご紹介▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事