45歳で転職は難しい?転職活動を成功させるコツと考え方とは。

管理職と呼ばれるポジションに就くことも多い40代。今いる会社に定年まで働くと決めている方も多い45歳の方が転職を決意するには色々な理由があります。ここでは、転職市場では難しいといわれている、45歳以降で転職を成功させるためのコツと考え方についてご紹介します。

45歳の社会人が転職活動中に陥りがちな思考とは

45歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

ある程度のキャリアも積んできた45歳の方が、今の会社での立場やキャリアを捨ててまで転職を選ぶには20代、30代の転職とは異なる背景があります。今まで自分が働いてきた実績があるからこそ陥りやすい、45歳の方が転職活動中に持ってしまいがちな思考について紹介します。転職を検討している方もぜひ参考にしてみてくださいね。


① 限られた情報源だけで45歳以降の求人数が少ないと判断してしまう

一般的に、40代の中でも特に45歳以降の転職は難しいとイメージされることが多いです。企業としては長く働いてもらえる人材が欲しい、または教育のしやすさなどで若い人材の方が好まれる傾向にあるからです。とはいえ、40歳は20代や30代にない仕事に対する実績や経験、知識の豊富さがあります。まずは「若くないと良い求人は得られない」といった先入観を捨てて、45歳だからこそ需要がある求人を調べてみましょう。


② 今まで、経験やスキルに依存した転職活動しかしてこなかった

45歳の転職活動では、自分の経験やスキルに強みを生かして即戦力となる求人を探し、転職活動を行うのがセオリーです。ところが、実は45歳は管理職を経験している方も多いため、マネジメント能力を他業種に活かして働くこともできます。マネジメント能力は幅広い分野で必要とされる能力のため、同業種内でなく他業種でも十分発揮できますよ。よって、管理職経験のある方はマネジメント能力が活かせる他業種も転職先の選択肢として選べるため、経験やスキルに頼る以外の転職も叶えられます。


③ これまでの実績やプライドのせいで転職市場での自分の価値を見誤っている

45歳以降で転職を希望する方は、今まで在籍していた会社や職場である程度の実績も積んでいます。また、大学卒業後に新卒として働き、同じ職場で勤め続けたのなら20年以上のキャリアがあるため、多くの部下を持つ立場でもあります。ところが、今まで積んできた実績はあくまでその会社内での実績で、部下の数が多くても自分の能力と比例するわけではありません。45歳で転職活動をすると、今までの実績やプライドが邪魔してしまい、自分自身の本当の価値を見誤ってしまうことも多く、採用試験や面接でもそれが見えてしまうため、転職活動の失敗に繋がりやすくなります。


④ 企業側の人材ニーズを理解していない

長い間勤め上げた実績やキャリアを積んでいるため、45歳以降で転職活動を行うと、仕事や企業に対して思い込みをしてしまうことがあります。よって、求人に対しても企業側の求める人材のニーズを理解していないため、自分の思い込みだけで転職活動を進めてしまう場合があります。この場合、自分の思い込みと企業側のニーズでミスマッチを起こしている状態のため、当然企業の求めている人材とは判断されず、採用に至るのは難しくなります。


⑤ 過去しか語れず、会社に入って何をしたいかを表現できていない

45歳以降の転職活動で陥りやすい思考の中でも、特に多いのが過去にこだわってしまうことです。自分が在籍していた会社で、どのような実績があるかをアピールするのは転職活動でも有効ですが、肝心なのがその実績を活かして次の会社でどのように働けるか、ということです。転職して新しい会社に入れば、どんなに実績があってもその会社では新人と同じです。実績や経験、知識やスキルを活かせる45歳以降の転職だからこそ、自分が持っている力をどのように活かして働けるか、自分がどんな風に役に立てるのかをアピールする必要があります。


⑥ 年収や役職ダウンなど社会的な立場ばかり気にしている

45歳以降は、結婚して子供もある程度大きくなっている方も多い年代です。よって社会的な立場も気になるため、転職活動をして新しい会社に入る時の一時的な年収や役職ダウンもできれば避けたい、という方も少なくありません。しかし、年収や役職が一時的にダウンしても、今までの経験や実績、スキルが認められればその後役職が与えられたり年収が上がる可能性も十分にあります。目先の社会的な立場にとらわれるのではなく、先を見据えての転職活動が重要です。


45歳でも転職ができた人の特徴

45歳で転職活動をする際は、色々な思考に陥るため成功しずらいことが分かりました。しかし、転職市場では若年層よりも転職しずらいといわれている45歳以降でも、転職に成功した方は多くいます。次に、45歳でも転職に成功した方の特徴をご紹介します。今転職活動をしている45歳以降の方で、スムーズに転職活動が進まない方もぜひ参考にしてください。


① 企業の人事担当や面接官が求める人材を理解できていた

転職活動は、応募先の企業が求めている人材を理解した上で、応募書類の作成や面接対策をすると効果的なアピールになります。ところが、45歳以降の転職の場合、仕事や企業に対して一定の思い込みをしてしまうことも多く、求められている人材に対してミスマッチをしてしまっていることも少なくありません。45歳以降の転職活動でも、企業研究を入念に行い、どんな人材が求められているのかを踏まえた上で転職活動を行えば、採用に繋がる可能性が上がります。


② 年齢やポジションに甘えず働くという意欲を示せた

45歳以降は、管理職を経験している方も多いため、職場だけでなく社会的にも大きな立場にいる方が少なくありません。転職活動の上では、自分の実績や経験を活かして働きたい、というアピールは効果的ですが、自分の年齢やポジションに甘んじてしまい、転職活動でもその考えが態度に出てしまうことがあります。45歳以降だからこそ、新しく転職した先では自分の年齢やポジションに甘えず、新人と同様に働きたい、という意欲をアピールできた人が転職活動を成功させています。


③ 会社の社風や雰囲気に馴染める素直さを持っていた

45歳以降になると、自分が積み上げてきた実績や知識、経験に対して自信を持つようになります。さらに、ひとつの職場や企業に長年働いてきたからこそ、その会社ならではの「仕事のやり方」を持っている方も少なくありません。転職して新しい会社や職場にいけば、その会社に合わせた社風や雰囲気、そして仕事のやり方に合わせる必要があります。自分や前の会社の仕事のやり方のこだわりを捨てて、転職先の社風や雰囲気になじめる素直さや柔軟性を持っている方は、45歳以降の転職に成功しています。


④ 自分の都合を押し付けず、柔軟性を持って働ける状態だった

45歳以降の転職では、すでに家庭を持っていて子供もある程度大きい方も多いです。よって、転職活動でも「転勤の可能性がある」「残業や休日出勤をお願いすることがある」などの条件を出されると、自分の立場や家庭的な事情を考えて「できない」と言ってしまう方も少なくありません。ブラック企業のように無理な条件を無理やり飲む必要はありませんが、「単身赴任可能なら転勤も可能」「残業や休日出勤もある程度なら可能」など、自分の都合を押しつけずに柔軟性を持って働ける態度を見せれば、採用に繋がるケースも多いです。


⑤ 自分で求人を探さず紹介してもらった

45歳以降の転職が失敗する理由のひとつに、自分に適した求人探しができていないことがあります。特に、45歳以降の場合自分の実績やスキルのみで転職活動を進めていることも多く、正しい自分の転職市場での価値や需要を把握できていない場合も多いです。自分の価値観にとらわれ、自分の考える転職市場での価値に適した求人を自分で探すのではなく、第三者から紹介してもらうことで、企業側と求職者とのマッチングが成立し、転職に成功するケースも少なくありません。


第三者の立場で的確なアドバイスをくれる転職エージェントはおすすめです

45歳の転職が成功するケースをご紹介しましたが、大切なのは自分自身の判断や思い込みで求人探しをするのではなく、客観的な視点から適した求人の紹介を受けるのが転職の成功に繋がると分かりました。転職市場の正しい価値を踏まえて、的確なアドバイスと求人の紹介が受けられるのが転職エージェントです。次に、45歳の転職で転職エージェントを利用するメリット・デメリットをご紹介します。


リクルートエージェント

転職支援実績ナンバーワンを誇る「リクルートエージェント」は、大手広告代理企業であるリクルートを母体に持つ転職エージェントです。大手広告代理店の強みを活かし、業界最大級の10万件の非公開求人の求職者への紹介が可能で、若年層だけでなく40代を求める求人も豊富な紹介実績があります。履歴書や職務経歴書の添削や面接対策など、幅広くきめ細かい転職サポートも充実していますので、初めて転職エージェントを利用する方も安心です。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、求職者の応募する企業の職種や業種ごとに、専門的な知識を持つ専任のアドバイザーがつき、転職サポートを受けられるというポイントがあります。職種や業界ごとの対策が受けられるだけでなく、求職者の希望やスキルに応じた求人の紹介も行っているので、思い込みや先入観だけで求人を探してしまいがちな45歳以降の方の転職にも有効です。さらに、求職者本人が気が付かないスキルや強みを見つけて効果的なアピールも可能ですので、45歳以降の方でも自分のスキルや強み、正しい市場価値を把握した上で効果的なアピールを行えます。よって、転職の成功にも繋がりやすいです。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

転職サイトや人材派遣サービスなど、幅広い就職・転職支援サービスを提供しているマイナビグループの転職エージェントが「マイナビエージェント」です。20代に一番信頼されている転職エージェントナンバーワンに輝くなど、第二新卒や20代、30代の転職に強みがありますが、40代以降の転職実績も少なくありません。求職者本人では気付きにくい、正しい市場価値を判断するだけでなく、より市場価値を高めるための転職サポートが充実しています。


マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントのおすすめポイントは、総合型の転職エージェントであることです。特定の職種や業界に特化している、高年収帯の転職に強いなど、特定の転職に強みのある特化型転職エージェントと異なり、幅広い職種や業界への転職サポートを展開しています。よって、自分の持っているスキルや実績にこだわってしまいがちな45歳以降の転職でも、求職者では気が付かない強みやスキル、市場価値を把握した上で、他業種や職種への転職も可能にします。さらに、取り扱っている求人の80%以上が非公開求人のため、一般では募集しない40代のスキルやキャリアを持つ人材を求めている求人の紹介も受けやすい転職エージェントです。

公式サイトで見る


DODA

勤務地や職種など自分の希望条件に合わせて求人が検索できる転職サイトのほか、専任のキャリアアドバイザーから転職サポートが受けられる転職エージェントサービス、企業側からスキルと希望に合わせた求人の紹介が受けられる転職スカウトサービスと幅広い転職支援サービスを展開しているのが「DODA」です。会員登録をすれば全てのサービスが利用できるので、転職エージェントからサポートを受けながらも、ほかの転職支援も併用できる利便性の高さを誇ります。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは、転職エージェントの転職サポートと、ほかの転職支援サービスを併用できることです。DODAは会員登録をしただけで全てのサービスを同一企業内で利用できるため、併用しやすく空いている時間で転職活動をしたい45歳以降の求職者の方にも便利です。また、年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断などサイト上で気軽に利用できる転職支援ツールも充実しています。さらに、特定職種経験者のための合同転職面談会や日本最大級の転職フェア、キャリアアドバイザーと一対一でアドバイスが受けられる個別相談会や面接や応募書類の書き方などが勉強できる各種セミナーも実施しています。

公式サイトで見る


ビズリーチ

ハイクラス、エグゼクティブなどの高年収帯や管理職、専門職への転職に特化した転職エージェントが「ビズリーチ」です。今持っているスキルや実績を活かしてより高いレベルでの転職を求めている方にぴったりの転職エージェントで、無料で利用できるスタンダード会員と有料制のプレミアム会員を設けています。具体的な活動は考えていなく、転職を検討している段階でも気軽に相談できる無料会員のほか、有料会員ならではのクオリティーの高い求人の紹介や転職サポートを提供しています。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチのおすすめポイントは、高年収帯や管理職への転職に強みのある転職エージェントのため、年齢層が高い方の転職成功率が高いことです。ビズリーチを通じて転職活動に成功した半数以上の方が35歳以上のため、45歳以降50歳で初めての転職活動に成功した方もいます。ヘッドハンターによる求人紹介に加えて、求職者の実績やスキル、キャリアを実際に企業が見た上で直接スカウトをするスカウトサービスも提供しているので、自分では気が付かなかった市場価値への気づきにも繋がり、新しい自分の可能性の発見による他職種や業界へのステップにも繋がります。

公式サイトで見る


パソナキャリア

総合人材サービスの先駆者であるパソナが提供している転職エージェントの「パソナキャリア」は、パソナグループの持つ各業界や企業への多数のパイプを活かした豊富な非公開求人数が魅力です。さらに、転職サポートを提供している専任のアドバイザーは、幅広い職種や業界を経験した人材が多くなっています。各職種や業界ごとの専門的な知識や対策ノウハウを持っていますので、異業種や他業界への転職支援サポートにも強みがあります。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアのおすすめポイントは、25万人以上の転職者を支援してきた豊富な実績です。さらに、取引している企業も25,000社以上に及び、非公開求人を含めて常に新しい求人情報を得た上で、求職者へ紹介を行っています。また、非公開求人の紹介だけでなく、サイト上では公開求人の検索もできるので、自分の年齢層やスキルに合ったどんな求人が出されているのかも気軽に調べられます。さらに、サイト上では求められている求人情報だけでなく、インタビュー形式での企業紹介も掲載しているので、自分が知らない求人や企業とも出会えるチャンスもありますよ。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

サイト上で希望の条件に合わせた求人情報が検索できるだけでなく、あらかじめ条件を登録しておくと求人情報が更新された際に自動通知が受け取れるなど、幅広い転職支援サービスを展開している、万能な転職サイト型のサービスが「リクナビNEXT」です。さらに、職務履歴書を登録しておくと公開求人だけでなく、サイトに未登録の非公開求人の紹介が受けられるスカウトサービスを展開しているので、より細かく自分の求めている求人探しに繋がります。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTのおすすめポイントは、取り扱っている求人の更新頻度の高さです。毎週1,000件以上の新着および更新求人が掲載されるので、常に新しい求人を探せます。さらに、自分の希望条件やスキルを登録しておけば、新しい求人が掲載されたり、求人が更新されたりすると自動でメール通知が受けられるため、自分で求人を探す手間も省けますよ。職務経歴書を登録した上で受けられる、非公開求人のスカウトサービスも併用すれば、ほかの転職エージェントと一緒に利用も可能に。限られた時間内で転職活動をしたい、45歳以上の管理職の方の転職活動にも有効です。

公式サイトで見る


転職がきびしいと言われる40代半ばの45歳、まずは転職できるか相談してみて

45歳以降の転職活動で陥りやすい思考や、逆に45歳以降で転職に成功したケースについてご紹介しました。45歳以降の転職は、若年層と比べると難しいとイメージされがちですが、転職エージェントを利用すれば転職活動に最適なサポートも受けられます。まずは、自分の正しい市場価値を把握するためにも、転職エージェントに転職は可能かどうか相談してみるのがおすすめです。

【参考記事】転職エージェントの基本的な流れや情報をご紹介します▽

【参考記事】転職を成功に導く職務経歴書の自己PRの書き方とは?▽

【参考記事】40代の転職におすすめな転職エージェントをご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事