37歳の転職は厳しい?難しい転職活動を成功させた人の特徴とは

37歳で転職しようと思っている男性や女性は、「40歳手前の転職は厳しいのでは?」と不安になっている人が多いのではないでしょうか。今回は、37歳で転職を失敗しないための方法をレクチャー。未経験職種や資格なしでも成功可能な転職のコツをお教えします。

40歳目前!37歳での転職が厳しいと言われる理由とは?

37歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

40歳目前にして転職を考えている男性や女性は、企業側が求めている人材は若い20代が中心だと考えている方が多いのではないでしょうか。

たしかに、実際に企業の求人を見てみると、募集要項が20代中心で、応募できる年齢制限がかかっている企業は少なくありません。

特に、今まで仕事をしてきた業界とは違った、未経験の職種への転職を考えている人にとっては、難しい一面があるのは確かです。未経験者の募集を行っている企業は、やはりできるだけ若い人材を求めていることが多いようです。

未経験職種への転職含め、37歳の転職が厳しいと言われている理由について、早速詳しく見ていきましょう。


① 37歳を対象としている求人数が少ない

企業の求人を見てみると35歳という年齢を区切りとしているところが多く、転職業界でも「35歳限界説」があるぐらいです。求人数が少ないことから、37歳からの転職は男性も女性も厳しいと考えてしまう方が多いのです。

未経験や資格なしでも求人が多いように、企業が20代の若い世代を求める背景には、会社でしっかりと教育したいと考えていることが伺えます。

しかし、近年では社員を企業が教育をするという考え方よりも、すぐに会社のために働いてくれるような即戦力を求める求人にシフトしつつあるため、40歳手前でキャリアも実績もあるベテランの社会人でも求められている職種は必ずありますよ。


② 経験やスキルはあって当たり前のため、アピールポイントとしては弱くなる

30代後半の転職業界でミドル世代と呼ばれる年代の人々は、10年以上社会人として働いて来たことになります。

そのため、今まで経験してきたことやスキルがあることが当たり前になってしまうため、企業にアピールする材料ではなくなってしまう可能性も考えられます。

若い世代の転職であればアピールポイントになることでも、ミドル世代はアピールポイントにはならないのです。そういった点も37歳の転職を難しくしている要因のひとつになっています。

さらに、スキルや経験が備わっていて当たり前という風潮は、37歳で未経験職種に転職を考えている人からすると、特に不利になりがち。新しい職種に挑戦したいと思っても、転職が成功する確率が下がってしまうのが現実です。


③ 年収や役職が下がるリスクが大きい

アラフォー世代は、会社でそれなりの実績を積んできた年齢なので、37歳の方の多くは年収も安定しているでしょうし、役職についている人も多いでしょう。

そんな中、別の会社に転職をすると、今までよりも収入が下がってしまったり、役職が下がる可能性があるといった不安やリスクがあります。

例えば、結婚をして家族の大黒柱として家計を支えている既婚男性や、新入社員世代からキャリアアップをし続けてきた独身女性は、今の会社よりも収入を下げたくないでしょうし、役職も今より下になりたくないと思う方が多いですよね。

現在と同じ業界・職種であれば、上手にキャリアアップができるかもしれませんが、未経験職種に転職する方や、保育士やSEなどの専門職に転職を考えている方は、今の会社よりも条件の良い会社に転職したいと思っても、なかなかその望みが叶わない可能性があります。


④ 今までの経験やスキルが活かせるものが限られていくる

転職を少しでも有利にするために今までの経験やスキルを活かしたいと考える方は多いでしょう。しかし、それにより転職先が限られてしまうことも考えられます。

経験やスキルを活かすための転職となると、仕事内容が現在と似通った会社にしか転職ができないことになってしまい、同じ業界内でしか求人を探せないことになります。

経験やスキルを活かしたいといった考え方は決して間違ってはいませんが、もし未経験職種に転職をして年収を伸ばしたいと思っている方は、今までのスキルや経験が活かしきれなくなるということも頭に入れておきましょう。


⑤ 適応力や柔軟性が低くなってくる

アラフォーと言われる37歳という年齢は、会社でもそれなりのポストにいた方も多く、自分の仕事内容に自信を持っている方が多いでしょう。

自分に自信を持つことはプラスでもありますが、今までとは違った環境で仕事を始めて柔軟に対応することが難しくなる可能性もあります。適応力や柔軟性が低いことは転職には不利になります。

求人を行なっている企業側も、そういった考えから若い世代を欲しがる傾向があるのです。37歳という年齢は、企業からもそう判断されてしまう年齢ですが、適応力や柔軟性があることをアピールできればプラスにできる可能性もありますよ。

転職を考える上で、自分の性格や仕事に対する態度を自己分析して見直してみることは、最も大切なことかもしれません。


⑥ そもそも転職活動はどの年齢でも厳しいという事実がある

転職活動は37歳という年齢に限ったことではなく、どの年齢でもそれなりに厳しい面があるのも事実です。転職の場合、特に企業側が求める人材と応募する人とのアピールポイントがマッチングする必要があります。

企業によって求める人物像が違うため、しっかりと自己分析した上で「自分が行きたい会社」と「自分と合ってそうな会社」をきちんと見極めてから応募をしなければ、転職の成功は厳しいでしょう。

転職を厳しくさせてしまう原因の一つとして、男性も女性も自己分析ができておらず、企業側が求めている人材でないのに応募してしまう人が多いからともいえます。


⑦ 特に女性は「結婚・妊娠・出産・子育て」のライフスタイルによって働き方が変わる

37歳女性の転職が厳しい理由として、ライフスタイルの変化は絶対に切り離せない問題。

20代と同じように独身のままキャリアアップを目指すのか、結婚・妊娠中で家庭との両立を大切にしていきたいのか、出産・子育て中で休みや勤務時間の融通が利く会社を選びたいのか…。

ざっと考えただけでも、こんなに働き方が変わるという問題があります。

女性は特に、年収・休日の取りやすさ・残業なし・福利厚生の良さなど、自分が何を一番大切にして転職先を探したいのか明確にしておかないと、希望通りの転職ができない原因となります。


37歳の転職は可能?転職が成功した人の特徴とは

決して簡単ではありませんが、37歳での転職は不可能なことではありません。37歳という年齢でも転職を成功させた人はたくさんいるのです。

では、アラフォーで転職を成功させた人とはどのような人なのでしょうか。転職できた人の特徴を知ることで、その成功の秘訣も見えてきます。

それでは早速、37歳で転職することができた人の特徴を5つご紹介します。


① 自己分析ができており、転職したい理由が明確で曖昧な部分がなかった

企業側は面接で「なぜ前の会社を退社したのか」「転職したいと思った理由はいったい何なのか」といった、転職活動を始めた理由を知りたがるもの。特に37歳というキャリアも積んでいる人が「どうして転職をしたいのか」は、その理由が最も気になります。

男性も女性も転職理由が明確ではなく、なんとなく曖昧になってしまっている場合は、やはり企業には良い印象を持ってもらえないでしょう。曖昧な理由で会社を辞職してしまう人に、自分の会社の仕事を任せたいとは考えないからです。

相手企業が納得できるような明確な理由を面接で述べることができるかどうかは、転職成功に大きく影響します。

そのために大切なことが自己分析。「自分はなぜ転職をしたいのか」を自分が納得できるまで追求してみましょう。


② 【結婚している男女】家族の理解を得てサポートをしてもらえた

転職は、キャリアアップをして年収が上がる場合もありますが、未経験職種の場合は年収がぐっと下がる場合もあります。

家族を支える既婚男性や子育てをしている女性に関しては特に、家族の理解やサポートがあるかどうかを重視する企業が多く、面接で聞かれることもあります。

企業の中でも家族が大切だという考え方が浸透してきたこともあり、家族の反対を押し切って辞職をしてしまい、家族の理解がない状態で始めた転職活動は、マイナスと取られてしまうでしょう。

逆に家族に理解をしてもらえサポートもあった人の転職活動は、サポートのおかげで心強く活動ができるため、プラスの効果の方が大きいのです。


③ 転職活動は期限を決めて内定を得ることを意識した

再就職の期限を決めずに転職活動をしていると、ついダラダラしてしまいがちです。

そういったことを避けるために、たとえサラリーマンから保育士への転職など未経験職種でも、自分で「この日までには転職しよう」と道筋を立てて期限を決めるとそれが目標になるため、活動も上手く行くことが多いですよ。

期限内に内定をもらうと自分で決めてしまえば、後は行動を起こすだけです。


④ 手当たり次第に応募せず、業界や職種を絞った

面接を受ける企業数を増やせば増やすほど、内定を得られる機会も増えるはずだと考えて、未経験職種やプログラマーなどの専門職にも手当たり次第に応募をしてしまう人がいます。

業種を絞りすぎない方が転職には有利なように感じますが、実はそれは大きな間違い。転職を成功させるためには働きたいと考える業界や職種を絞った方が効率が上がるのです。

業界や職種を絞り込むということは、自己分析をして自分がやりたい仕事を明確にするといった意味もあります。また、面接の効率も上がりますので、業界や職種は絞り込んで応募するようにしましょう。


⑤ 企業選定などは転職エージェントに任せて、時間を効率的に使った

37歳という転職が厳しいと考えられる年齢は、特に転職エージェントが大きな力になってくれます。

転職のプロからのアドバイスがもらえますし、どうすれば転職できるのかといったことを客観的な目で見極めてくれますよ。自分では気づかなかった自分のスキルに気づかせてもらえることもあるため、自己分析が苦手という人にもおすすめ。

独身でキャリアアップ・年収アップを目指したい男女も、子育て中の女性も、転職回数が多くて不安な方も、本気で転職を成功させるなら転職エージェントを利用してみましょう。


37歳の転職は、的確なアドバイスをくれる転職エージェントがおすすめ!

自己分析ができていると自信を持っている方なら必要ないかもしれませんが、転職エージェントは多くの人にプラスになってくれる転職のプロ集団です。

自分ではできて当たり前だと思っていたことが、実は転職では有利なアピールポイントになるかもしれません。それに自分で気づくのはなかなか難しいですよね。

転職エージェントを利用して、自分のことを客観的に見てもらいませんか?


37歳のおすすめ転職エージェント① リクルートエージェント

大手リクルートが運営するリクルートエージェントは、転職実績も業界No.1。登録者も多いですが求人数も業界内で圧倒的に多い数を保有しています。

会社の実績から非公開求人数も多く、他のエージェントでは転職ができない特殊な業界を希望する人でも、リクルートエージェントを利用したらすんなり転職できたといった成功例があります。

具体的には、保育士やSEなどの専門職から、プログラマーや医療関係の狭き門の求人まで数多く揃えていますよ。

転職を成功させたいなら、まずは登録をしておきたいエージェントのひとつです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントのおすすめポイントは、求人数の多さはもちろんですが、業界の内部事情に詳しいキャリアアドバイザーの存在があげられます。

エージェントとして20年といったキャリアを持つアドバイザーも在籍しているため、転職したいと思っている人の希望やスキルなども冷静に分析してもらえます。

また、大企業との取引が多い点もプラスですが、大企業だけではなく中小企業、地方企業までも幅広くカバーしている点も優れています。

首都圏で転職活動をしている人だけではなく、結婚などで地方への転職を考えている人、地方で転職活動をしている人も、リクルートエージェントなら転職を成功させることができるでしょう。

公式サイトで見る


37歳のおすすめ転職エージェント② マイナビエージェント

転職業界でも大手の「マイナビ」が運営するマイナビエージェントは、かつて新卒の就職活動でお世話になった方も多いのではないでしょうか。

そういった知名度や長年培ってきた企業との太いパイプがあるため、他社では見かけることのないような、マイナビエージェント独自で扱う求人も多いです。

そういった求人を探すためには、マイナビエージェントに登録するしか方法はありませんので、登録しておいても損はないエージェントだといえます。


マイナビエージェントのおすすめポイント

新卒者が一度は目にしたことがあるマイナビの新卒サイト。多くの企業情報を詳細にわかりやすく掲載しているサイトなので、掲載している企業とはそれなりの繋がりがあることが想像できますよね。マイナビエージェントの大きな魅力は、そうした企業との太いつながりです。

マイナビだから掲載できるような求人も数多く保有しているので、転職者にとってはありがたいポイント。

また、各業界に詳しいエージェントが多数在籍しているため、自己分析から未経験職種の情報提供、社会人マナーや職務経歴書の添削まで、至れり尽くせりでサポートをしてくれます。

公式サイトで見る


37歳のおすすめ転職エージェント③ JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、ロンドン発祥の日系転職エージェント。世界中でも広く知られていて有名な転職エージェントで、日本でも30年の実績がある会社です。

独自のパイプがあることから、他社では見かけないような大手の求人や外資系企業の求人も数多く扱っています。

今よりも年収をあげたいという方、もっと責任あるポストにつきたいという方のように、よりステップアップを望む方の満足度が高い転職エージェントでもあります。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

JAC Recruitmentは、他社では転職が難しいとされるハイスペックな方などハイクラスの方の転職に強い点がおすすめポイント。

また、スペックだけではなく経験豊富でスキルもあるような、年齢層が比較的高めな人の転職にも強い会社です。

アドバイザーもプロばかりが揃っており、各企業ごとに担当が決められていて、担当者が企業ごとに求める人材をしっかり把握しているため、面接や書類審査の通過率も高い傾向にあります。

日本の企業だけではなく世界中とつながりを持つ会社なので、英語のスキルや資格を活かしたいといった、外資系に興味がある人にもおすすめできるエージェントです。

公式サイトで見る


37歳のおすすめ転職エージェント④ DODA

「パーソルキャリア」が運営するDODAは、業界でもリクルートに匹敵するほどの大手転職エージェントです。テレビのCMでもおなじみの会社なので、知名度も非常に高い会社。

扱っている求人数も多くトップクラスで、大手企業や優良企業の求人も幅広く保有しています。

エージェントとしての利用だけでなく、一般的な転職サイトとしても利用できる点は、他エージェントサイトと違う点です。エージェントを利用しなくても転職サイトとして利用するだけでも価値がありますので、転職活動をはじめたら登録をしておくと良いでしょう。


DODAのおすすめポイント

DODAは長年転職や就職活動を応援してきた会社なので、企業の内部事情に詳しいアドバイザーが多く在籍しています。そのためアドバイスが的確で、面接に不安を感じている人でも安心して面接に挑むことができた、といった声も聞かれるほど。

担当している業界で、かつて仕事をしていた経験を持つアドバイザーも多いので、安心して転職活動を支援してもらえるでしょう。

また、求人数が多いのも魅力ですし、エージェントとしての利用と転職サイトとしての利用のどちらも可能な点も大きな魅力。数多くの求人情報を得ることは転職には有利になります。

公式サイトで見る


37歳のおすすめ転職エージェント⑤ パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣業界で知名度の高い「パソナ」が運営する転職エージェントです。転職エージェントは人材派遣とは別事業ではありますが、長年人材派遣業界で培ってきたことが転職業界でも役立っていることは想像できます。

実際に他社では見かけることがないような非公開求人を多数扱っていますので、独自のネットワークを持っているエージェントだということがわかります。

転職希望者のサポートにも大変力を入れているので、アドバイスに満足している利用者の声が多いのもパソナキャリアの特徴です。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアが持つ独自のネットワークで質の良い求人を多く所有している点がおすすめポイント。求人数がいくら多くても質の良い求人でなければ意味がありません。その点、パソナキャリアの求人は質の面で満足している利用者が多いです。

また、人材派遣事業で働く人々を支えてきた会社なので、サポート面の充実もおすすめポイント。転職初心者でもわかりやすく書かれている転職に関する冊子がもらえるなど、陰ながらサポートする体制が整っています。

特に転職するのが初めてで、不安を抱えているといった人におすすめしたい転職エージェントです。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

転職サイトとして知名度の高いリクナビNEXT。大手リクルートといった安心感もあり掲載を希望する企業も多数あるため、掲載している求人数も業界トップクラスです。

リクナビNEXTのような転職サイトには、若手の求人は多く、ミドルエイジの求人は少ないイメージがあるかもしれませんが、実際は20代はもちろん、40代以降の求人情報も多数掲載されています。年収アップを試みるアラフォーの男性や女性も安心して使えますよ。

また、転職サイトとしては珍しい「スカウト機能」が使えるのも特徴です。


リクナビNEXTのおすすめポイント

圧倒的な数の求人数は、リクナビNEXTの最大のおすすめポイント。転職エージェントを利用している人でも転職サイトを同時に利用すれば、転職チャンスはさらに広がることになります。

そして登録をするなら、やはり求人掲載数が多いサイトがおすすめです。リクナビNEXTの特徴のひとつであるスカウト機能を使用すれば、非公開求人も紹介してもらえる点も魅力。

さらに、サイトに自分の情報を登録しておけば、採用したいと企業側からスカウト通知がくることがあります。転職エージェントと転職サイトの両方をうまく活用して転職活動を成功に導きましょう。

公式サイトで見る


若年層の就業者が減っている現代、37歳でもチャンスは十分にある。

就職を希望する若年層が減ってきている現在、37歳という経験豊富な年代にも転職のチャンスが広がってきています。

転職を強く願い、自分で進んで行動をすれば、きっと素晴らしい企業と出会うことができるはずです。

「自分なんて」と決してあきらめずに自分のため家族のために、転職エージェントや転職サイトを活用して、転職を成功させてくださいね。


【参考記事】内定に近づく自己PRの書き方とは。ポイントを押さえて転職を成功させよう▽

【参考記事】転職エージェントってどんなところ?内容や評判を徹底解説▽

【参考記事】東京で評判の良い転職エージェントの選び方とは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事